子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

カテゴリ: 旅人になるなら今なんだ スピッツ旅

長野2日目。

朝から善光寺にお詣りして、その後、お蕎麦を食べよう!という目論見で、ホテルの朝ごはんはつけませんでした。

ホテルの目の前のバスターミナルから出る善光寺行きのバスに乗り(片道150円)、15分程で到着です。

距離としてはさほどないので、気候が良ければ歩いてもいいんでしょうね。

image

image

おお、善光寺だ!!!

この門には登ることができるので、500円払って登ります。

image

image

安全のためにネットはってあるので視界が悪いですが、門からの景色。

本堂
image


資料館
image


image

子供向けの展示で、巨大木魚とかあったの面白かった(もちろん、叩きました)

image

さて、善光寺詣での後は、お待ちかねの朝蕎麦!

門前に朝9時からやっている有名なお蕎麦屋さんがあるというので、やってきました。

「かどの大丸」です。

店内はね、鹿児島の祖父母がやっていたお店を思い出す、何だか懐かしい作り。

お店の方は丁寧だし、とっても落ち着きます。

image

image

朝ですけど、お蕎麦を前にするとやっぱり少し飲みたいですよね

お酒のお供をつけてくれるのが嬉しい

更科蕎麦をいただきましたが、さすが打ち立て、美味しかったです(^^)

image

その後、またバスに乗って長野駅まで戻りまして、チェックアウトの12時までホテルで休憩。

旅先だと休憩するところを探すのも難しいから、チェックアウトが12時って、本当に助かりました。

image

12時半の新幹線で帰宅。いやー、ほんと出来すぎな旅でしたよ。

image

image

なお、お土産に長野名物だという「ソースカツ丼」を買って帰りましたが、まる子曰く「うん、とんかつを乗っけた丼だね」ということで、想定内のお味に留まったようです(笑)

ビックハットでのライブの後はシャトルバスで長野駅まで戻ってきました。

バスはピストン輸送でどんどん来ますが、人数多いのでね、それなりに待ちました。

今回のホテルは、ホテルメトロポリタン長野。JR系のホテルなので、駅に直結しています。ライブの後なんかは、特に助かりますねー。

image

image

お部屋はこんな感じ。ダブルベッドルームだったので、ゆっくり眠れました。

やっぱり、一定以上レベルのホテルだと快適さが違いますね。

JR東日本のパックツアーでこのホテルだったのは、JR系ならではだし、かなりお得だったと思います

image

長椅子もあって、のんびり過ごせて良かったです

image

今回の長野旅は、JR東日本のパックツアーだったのですが、長野往復新幹線+ホテルメトロポリタン長野1泊で、17400円でした!

新幹線は高いので(飛行機ならばマイル使える)、こういうパックを使うのがお得だなーと思いました

新幹線あさまに乗って昼前には長野に到着し、ホテルに荷物を預けて、さて、何食べよう??

何せ方向音痴なので、この暑さの中迷いたくないなーと、当初の目論み通り、駅ビルMIDORIの中のお蕎麦屋さんへ。

10分程待って、席につきます。

お昼ですが、お蕎麦食べるのにお米のお水は不可欠でしょうと、こんな組み合わせに。

image

お蕎麦と味噌仕立ての牛鍋セット&日本酒(^^)

お蕎麦はね、普通でしたけど(笑)長野に来たことは実感できました

その後、13時から長野ビックハットまでのシャトルバス出るとのことで移動し、シャトルバス第1便に乗車。

image

着いたら既にCD売場はこんな行列でしたが、1時間並んで、サインつきCDを無事購入!!!

image

これ、ライブの度に100枚くらい書いて下さっているようなのですが、これだけメジャーなのに凄いことですよね。

image

グッズ買って、ガチャ回して、ファンクラブブースでくじ引きして。それでも、まだ15時前だったので、かなりスムーズに回れちゃったみたいです

ライブは18時開演なので、3時間何しようかな?と、まずファミレスに行ってみましたが、スピッツファンで長蛇の列で。

こりゃ待っていても無理だなと、シャトルバスの中から目をつけていたところに行ってみました。

image

スーパー銭湯(?)ぷらっと、です

スピッツファンの方もそれなりにいましたが、そんなに混雑してなくて。

image

まず、かき氷食べてクールダウンした後に入浴。

あのですね、まさかお風呂に入ると思わなくて、化粧品殆ど持っていなかったんですけど、汗がすごいし、思い切って顔バシャバシャ洗っちゃいました。さっぱり!(一層顔が薄くなった。笑)

で、どうしようかな、と思っていたら、洗面所に同じスピッツTシャツ着ている方が二人来て。

「お揃いですねー(笑)」なんて話していたら、「化粧品持ってなくて困りましたよね」という話になり、一人の方からアイブロウお借することができました本当にありがとうございます

ということで、眉なし星人は免れたので、お風呂上がりにまったりと休憩。

image

image

靴を脱いで休憩できて、汗も流せて、お風呂上がりのビールも飲めるなんて、最高でしょ!

正直、経年劣化が否めない施設だったんですけど、従業員の方達が丁寧で、とっても気持ちよく過ごすことができました。

いやー、ライブ始まる前から素敵すぎます。

しかも、私がスーパー銭湯でまったりしている間に、外は雷雨に。グッズ販売も中断したようです。

17時半に会場に向かいましたが、その時には何事も無かったように空が明るくなっていて。

いやねー、何だか出来すぎな1日でしたよ。

その後のライブも、まさかの最高な3階席でしたしね

ライブが終わり、割とスムーズに電車に乗れたので、21時半頃にはホテルにチェックインできました。

今回は直前予約にも関わらず、大好きなドーミーインが取れたので、もちろんドーミーインです!

チェックインはスピッツ組で混んでましたが冷たいおしぼり出してくれたりして、気が利いているなーと思いました。

ドーミーインは、どこに泊まってもだいたい同じ作りなので…
image
image

初めて来た場所なのに、自分の家のような安心感

寝室と水回りを仕切る引き戸も、もちろんあります

image
image
ドーミーイン名物・夜鳴きそばも、もちろんいただにました!夕食代わりになって有り難かったです

image
image
で、温泉に入ってさっぱりして、本当に最高な1日でした(写真はホテルのサイトからお借りしました)

翌朝は、割と早めの新幹線だったので朝食はつけず、でも、朝風呂には入り

image

コーヒーをいただいて、前日買っておいたこれを朝ごはんに

image

image

掛川は、駅舎も風情があって

自販機も木で覆ってあって統一感ありましたよ。

10:05の新幹線だったので、12時半過ぎに帰宅

以上、急遽行った静岡エコパ&掛川旅、本当に楽しかったです

image

image

ドーミーインから掛川城までは歩いてすぐだったのですが、途中の街並みも風情がありました。

城下町として整備しているのでしょうね。新しい建物も、気を遣って建てているのが分かります。

image

掛川城が見えてきました!

昭和になってから再建されたお城とのことだったのですが、予想以上に雰囲気あります。

image

入場料400円払って天守閣の中に入りましたが、階段が急な本格的な作りで、転げ落ちそうで靴下脱ぎました(笑)

天守閣からの眺め

image

また、天守閣の隣には元々ある御殿と呼ばれる建物がありまして。

image

image

image

二条城が小規模になった感じの建築物で、これまた見ごたえありました。

お殿様の気分になって、しばしお城を眺めたりしましたよ

スピッツのライブで静岡に行った話は延々と書きましたが、今日はその手配について。

ライブに行くとこが決まったのが6日前だったので、慌てて何とか割安に行けないかと探したところ、じゃらんのJRホテルパックを見つけました。

直前なのに、ホテルは愛するドーミーイン。

しかも、期間限定(確かその日が最終日)クーポン3000円まであって

もうね、これは神様が私を呼んでいると思いましたよ(笑)

ということで費用は、

20100円−3000円(クーポン)−3000円(ポイント)=14100円

と、往復新幹線代くらいでホテルも取れてしまいました

当日は、こだまの指定席で。
image

こだまには出張でよく乗るんですが、指定席って初めて乗ったかも

この日は雨が降っていたのですが、晴れ女のワタクシが電車に乗っている間に止み、着いたらメチャクチャ晴れておりました。

image
荷物だけホテルに置かせてもらって、掛川観光に向かいます。

image

今週はスピッツネタが続くと思いますので、ご了承下さい(^^;

さて、スピッツ30周年ツアー初日。

東京駅〜掛川駅〜(寄り道して掛川散策)〜愛野駅〜徒歩15分〜静岡エコパアリーナ

と、結構な道のりを経て、会場に到着したのは15:15頃。

そこから、グッズ購入で1時間半並びまして…。

1時間10分並んだところでお腹痛くなった時は泣きそうになりましたが、お隣に並んでいた女性に「お手洗いに行きたいのですが、ここに戻ってきてもいいですか?」と聞いたところ、「大丈夫ですよ」と快く言って下さったので、安心してお手洗い行けました

image

image

ということで、無事にグッズ購入完了!

ご当地Tシャツという、そのライブ会場限定Tシャツが欲しかったのですが、16時過ぎには売り切れてしまい買えませんでした(>_<)

なお、グッズ購入列に並んでいる時に、チケットを譲って下さる方ともお会いすることができ、チケットも譲っていただけました

Twitterでのお知り合いで、双方顔を知らなかったのですが、私が目立つ色の昔のスピッツTシャツを着ていくと伝えておいたので、見つけてもらえました(^^)

私より大分若い、とっても爽やかなご夫婦だったのですが、お土産までいただいてしまって、恐縮しきりでした

image

お土産にいただいたベビースターは、ライブ後のビールのお供に大活躍したのでした

image

終演後は、急ぎ足で愛野駅まで戻り、タイミング良く電車に乗ることができたので、比較的スムーズに掛川まで戻ってくることができました

image

なお、掛川の街には、昼にチェックしたこんな屋台村があったりして興味津々だったのですが、さすがに疲れ果てていたので、大人しくホテルに戻ったのでした

週末にスピッツ関連のあれこれがあったのですが、今日はとにかく7月1日に開幕したツアーのことを書こうと思います!!!

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”

初日に行ってきました!

さすがにこの夏はライブに行きすぎなので、ツアー初日は断念していたのですが、Twitterでお知り合いになった方が「チケットを譲ろうとしていた人に直前キャンセルされてしまって。どうしよう(>_<)」とつぶやいていたので、急遽行くことを決めたのでした。

なので、行くことを決めたのはライブ6日前。慌てて新幹線とホテルのパックを探して予約したりして、わくわくしてました(^^)

会場は、静岡エコパアリーナという、新幹線掛川駅から更に在来線で一駅行って、かつ徒歩15分という場所。

image

エコパアリーナに行く前に掛川城観光なんてこともしちゃったので、なかなかハードで、しかも、そこからグッズ購入列1時間半だったという

image

でもね、ライブが始まってしまえば、そんなの関係なくて。

一言で言えば、最高でした

ここからは、超個人的つぶやきなので、あんまり気にしないで下さい(笑)

ライブ全体の印象としては、メジャーな曲と、コアなファン向けの曲が混ざったセトリでした。

相当メジャーな曲のオンパレードだったので、初めての方でも楽しめたのではないかと思います(^^)

image
image
(写真は音楽サイトからお借りしました)

で、スピッツの凄さは、演奏は目茶苦茶カッコいいのに、MCはネタなしオチなしでグダグダという(笑)

ファンにはそれが堪らないのですが

以下、記憶をたどってMCを。

草野「アラフィフになって嬉しかったことといえば…。アンクルパンツを試着する時に、足首見えなかったらどうしよう?(草野さんはそんなに背が大きくない)と心配していたんだけど、着てみたら足首が見えたこと。店員さんには『お客様はウエストが細いから』と言われたんだけど」
三輪「それって、足が長いっていう自慢?」
草野「そういうことにしたいんだけど(笑)」

名曲『君が思い出になる前に』を歌った後に…。
草野「思えば、自分勝手な男ですよね。自分から別れようとしているのに、最後は優しくしてほしいだなんて」
三輪「え?そういうことなの?」
草野「いやー、都合のいい男だなと思って」
三輪「(この曲を作った)マサムネが言うと、解釈に影響力あると思うけど」
草野「いやー、色々な解釈があると思うけど、そうとも思えるな、と。まあ、25年くらい前の歌だからね。25歳くらいの男が書いた歌だからね。細胞とか全部入れ替わっていると思うから、何なら別人だよ」

草野「二人(田村さん、三輪さん)静岡出身なので、四捨五入すると静岡のバンドです」
三輪「とか言って、福岡(草野さんの出身地)に行くと『福岡のバンドです』って言うんだけどね」
草野「栃木(崎山さん出身地)に行くと『栃木のバンド』ね」

田村さんが話した時に、いまいち盛り上がらなくて…。
草野「これなら、さわやかにハンバーグ食べに行った話にした方が良かったんじゃない?」
田村「俺らの子供の頃は、さわやかも朝ラーも無かったんだけどね」
草野「さわやかのハンバーグ食べると、肉食べてるなって気分になる」

あだ名の話。
田村さんは『げんこつ』、草野さんは『さっち(くさのっち→くさっち→さっち)』、崎山さんは『とっつぃー(栃木出身だから)』。崎山さんの知り合いには、北海道出身の『北海さん』という人もいたらしい。

田村「今日は本当に楽しいよ!スピッツは、普通のバンドよりリハーサル期間が長いんだけど、リハーサルは見ている人がいないから嫌。反応ないし。だから、今日は本当に楽しい!!
何なら、リハーサル見に来て欲しいよ。ここ(エコパアリーナ)は高いかもしれなけど、1ヶ月くらい借りて」

草野「この年になると、勘違いが多くなって。友達とずっと話していて、『織田裕二ってすごいよねー。還暦過ぎても走り回って歌って』て言ったら、相手がキョトンとしていて。小田和正と勘違いしてた(^^; あ、二人とも面識ないんで、敬称略でした」

草野「今日は本当にありがとうございました。お客さんが5人くらいになっても、聞いてくれる人がいる限り続けたいと思います。バンドメンバーと同じ4人だと流石につらいから5人くらいはいてくれると嬉しい」

本編最後に、新曲の『1987→』を初披露してくれて、聞いた私はアンコールの間も泣き止まないくらい泣いてしまったのだけど…。
アンコールで出てきた草野さん
「新曲聞いてもらったんだけど、大事なところ間違えちゃって。『♪不思議な曲作りたい♪』という歌詞なのに、飛んじゃってふふふーんて」
確かに、聞きながら、こんな歌詞だったっけ??と若干引っ掛かったんだけど、感動してたし、まだリリースされていない曲だから気がつかなかったんだけど、敢えて説明(笑)

てな感じでした。演奏はひたすらカッコよく。MCは、ゆるゆる。今回も緩急きいてました

なお、セトリは、続きを書くの方に載せておきます。


続きを読む

image

函館旅行のお土産です。

ラッキーピエロものが多すぎますね(笑)

いやー、ラッキーピエロの人気が凄くて、お土産品もじゃんじゃん売れていました。

ハンバーガーは持って帰れないけど、お菓子とかなら持って帰れるものね。

レトルトカレーも買ってきました。

ラッキーピエロでは、ハンバーガーの他に、カレーやオムライスもあるようなんですが、さすがに食べられなかったので、気分だけでも、と。

あと、今回知ったのは、北海道の「きびだんご」は、岡山の「きびだんご」とは全く違うものということ。

北海道のは、もともと「起備団合」と表記し、原材料はもち米、水飴、さとう、あんの4種類だそうです。

買うときに、「何で北海道なのに、きびだんごなんだろう」と思ったのですが、そういうことだったんですねー。

ちなみに、これ1つ50円なので、ちょっとしたお土産に最適だと思います

その他、定番のトラピストバタークッキーとバター飴。

子供の頃、お土産でこれいただくと本当に嬉しかったなー。変わらずに美味しかったです

あ、そうそう、もう1つ忘れていました。

image

北海道限定のサッポロクラシックの中でも限定の、富良野vintage

密輸入品です

爽やかで美味しかったなー。

これにて、1泊2日24時間滞在の函館旅報告は終了!

楽しかったし、美味しかったので、今度は家族で行ってみたいと思います(^^)

image

スタバでゆっくりした後は、古い建物は見ておきたいな、と少し街を散策しました。

image

image

image

ハリストス正教会、綺麗な建物でした。

青空に映えてます。

その次は、近くにあったカトリック元町教会へ。

image

image

こちらは中に入ることができました。

入ったら、私以外に誰もいなくて。

静かで不思議な空間でした。

上手く表現できませんが、ここに来られて良かったと思いました。

少し佇んでいたら他の方達も来たので、そっと外に出ました。

坂を下りていったら、ハセガワストアーがあったので、こちらでは家族へのお土産を購入!

image

後程ご紹介します(^^)

さて、そろそろ空港に向かう時間が近付いてきたので、ラビスタ函館ベイに戻って預けていた荷物を引き取り、空港行きのバスに乗ります。

image

空港では少し時間があったので…。

image

最後のサッポロクラシック生を

函館6食目です!

最後まで頑張りましたよ。

それで、家に帰ってきまして、お土産は…。

image

image

ハセガワストアーのやきとり弁当

函館7食目です!

やきとり弁当と言いながら、豚肉を焼いたものなんですが、ハセガワストアーというコンビニの中にキッチンがあり、その場で作ってくれるのですよ。

温め直して食べましたが、美味しい!!!

「たれ」と「しおだれ」両方買ってみたのですが、これは次回から「たれ」一択ですねー。

1食560円とは素敵

イートインスペースもあったので、その場でも食べられます。

持って帰ってくるのは、たれが漏れたらどうしようかと心配していたのですが(一応、ジップロックに入れた。笑)、意外と大丈夫でした。

夫もまる子も大喜びでしたので、函館土産に「やきとり弁当」お薦めです(^^)

函館2日目の朝は、のんびりと9時に起床し、朝風呂に入りました(余談ですが、客室の窓がブラインドだったため、朝日が射し込んできて難儀しました…。遮光は徹底してほしい)

ラビスタ函館ベイは、最上階に温泉があり、露天風呂もあるのです。

夜は混んでいましたが、朝は遅かったこともあり(一般的な観光客って、朝早いですからね)ガラガラで、のんびりつかれました。

なお、露天風呂は、屋上とはいうものの、視界を遮るものがないので、他のビルから見えるんじゃ?と思いましたが、まあ、実害ないのでね(笑)スルーして、源泉掛け流しの一人用浴槽に浸かってました。

image

さすがに、朝は食べませんでしたが、ラビスタ函館ベイの売りの「お風呂上がりのアイスキャンディー食べ放題」!

単価はたかが知れていると思うのですが、それだけで豊かな気持ちになれるのですから、商売上手ですよね(^^)

そして、朝ごはん

函館4食目です!

ラビスタ函館ベイといえば、「日本一の朝食」で有名なのですが、確かに充実していました。

まずは和食から。

image

image

イクラも盛り放題の海鮮丼とか、ホタテの味噌汁とか、写真はないけど鮭ののっぺい汁とか。

美味しかったです

次は洋食。

image

花畑牧場とコラボしていて、ケーキなんかは花畑牧場のでした。

ラビスタ特製のプリンが美味しかったなー。

さすが北海道、乳製品は全て美味しかったです

て、さっきから美味しかったしか言ってないけど(笑)

ちなみに、いつも混雑しているらしい朝食レストランですが、私が行ったのは終了30分前だったので、もうガラガラでした。

ここでも、のんびり(^.^)

閉店時間の10:30に食事を終え、11時にチェックアウトしました。

帰りの飛行機が14:45発なので、13時には空港行きのバスに乗る必要があり、みっちり観光するような時間はないので、じゃあ、ホテル周辺のベイエリアを散歩しようかと。

image

image

海沿いにスタバがあったので、ここで休憩。

函館5食(?)目!

image

ゆったりしていて、くつろげるスタバでした。

スピッツ聞きながら、しばし、まったりー。

一人旅は、好きなペースで動けるから楽ですね。

今回の函館旅は、土曜日の14時に函館に到着し、翌日曜日の14時に函館を出発するという、24時間滞在でした。

観光は無理としても、食べるべきものは食べないと!と、食いしん坊魂が叫びまして(^^;

なかなか頑張りましたので(笑)記録しておきます。

まず、出発前。

羽田空港のカードラウンジでトマトジュースと共にキムカツサンドを。

image


15時過ぎにラビスタ函館ベイにチェックインしまして。

函館1食目!(注:15時のおやつです)

塩ラーメンで有名な「あじさい」がラビスタ函館の隣にあったので、小生と共に。

image

image

image

image

このスープ好きです♪

麺も固めの細麺で、超好み。

スープ飲み干してしまいそうでしたが、結構塩分濃度高そうだったので、冷静になって止めときました。

函館2食目!

函館市民会館に行ったものの、開場まで時間あるし、寒くて凍えそうだったので、周辺散策して「つぼ八」を発見。

迷わずに、芋の風味の白湯(笑)いただきました。

image

image

暖まって良かったー。

函館3食目!

ライブの後は、混雑した市電でホテルまで戻り、近くにある「ラッキーピエロ」へ。

お刺身系にするか迷っていたのですが、ライブでスピッツメンバーがラッキーピエロでハンバーガー食べたと聞いて、気持ちは一気にこちらへ。

image

image


何故かビールはサントリーモルツなんですが、ライブ後の一杯!美味しくいただきました。

image

で、本題のチャイニーズチキンバーガー。

image

image

いやー、これ、おいしいですね。

あまじょっぱいチキンなんて、日本人全員好きでしょ?

ちなみに、この時、時刻は21:30を回っておりましたが、まあ、細かいことは気にしないことにしましょう(^^;

ラキポテというポテトも美味しかったし、ビールのお供には最適な組み合わせでした(^^)

ライブ後の勢いで、函館旅についても記録しておきたいと思います(^^)

航空券は当初、特典航空券を取ろうと思っていたのですが、全く空席がなかったので、早割の航空券をeJALポイント使って支払いました。

往復35180円−30000ポイント=5180円は現金持ち出し。

ホテルは、格安のところにしようかとも思ったのですが、初めての函館なので、やっぱりあそこに泊まりたいなー、と。

あそことは、よく日本一の朝食と紹介されている「ラビスタ函館ベイ」。

私の大好きなドーミーイン系列のホテルで、もちろん、温泉もついてます!

でもね、そもそも空室ないし、高いしで、諦めかけていたのですが、しつこく検索していたら見つけたました。

穴場の(笑)東武トップツアーで、シングル朝食つき14040円

東武トップツアー、何気に他では予約いっぱいのホテルの枠が空いていて、かつ割安だったりするので、いざという時は頼りにしています(^^)

喫煙ルームしかなかったので、ホテルに直接電話して、可能ならば禁煙ルームへの変更をお願いしておきました。

ということで、持ち出しは19220円。2万円以内で済んだからいいかな?(って、誰に言われるわけでもないけど)

ラビスタ函館ベイはこんな感じでした。

image

image

いつもの間仕切り引戸があります。これのお陰で静かに安眠できる。ブラボー。

部屋全体が落ち着いた雰囲気です。

image

image

ベッドは結構大きくて、ゆったり眠れました。

image

思いっきり駐車場ビューでしたが、ちゃんと禁煙ルームにしていただいたし、全く問題ないです(^^;

洗面所。

image

image

すごいと思ったのが、歯ブラシ立てがあったこと!

ホテルに泊まる時って、いつも歯ブラシの置き場に困っていたので、これはポイント高いです

image

グラスと氷を入れる器がクリスタルでした。雰囲気ありますね。

image

また、一杯ずつ挽くコーヒーメーカーと共に花畑牧場のキャラメルポップコーンが。

分かってるなー(^^)

シングルの部屋の情報があまり無かったので、どんな部屋か心配していたのですが、コンパクトではあるものの、さすがドーミーイン系、快適なお部屋でした(^^)v



image

函館市民会館でのライブのプレイリストを作成し、通勤時にずっと聞いている子連れ狼です、おはようございます!

えーっと、大多数の方には興味のない事柄だと思いますが、函館ライブでのMCを記録として残しておきたいと思います(^^;

函館市民会館へは、市電(路面電車)で向かいました。

プチ鉄子としては、こういうのに乗ること自体が楽しい♪

image

市電に乗ること30分。

開演1時間前に、函館市民会館到着したものの、やはり既にモニャモニャは売り切れていました。まあ、仕方ないですね。

でも、他のグッズはすぐに買える態勢でしたので、北海道を仕切る運営側が有能なのだと思います(前橋では二時間待たされたので)

土曜日の公演だからか、開演はいつもより早くて、18時。

実際には、18:05にスタートしました。

席がホール中程の右端だったのであまり期待していなかったのですが、実際に行ったら、メンバー全員がまんべんなく見える素敵な席でした。

キャパ1370人、1階席しかないホールですからね。本当に近いし、よく見えました

以下、MCを順不同に。

マ「週末のお忙しい中〜。また、日本シリーズが気になる方もいると思いますが。クライマックスシリーズでソフトバンクと(日ハム)が戦っていた時に、心配していて。もうすぐ北海道なのに…。もし、ソフトバンクが勝ったら、野球ネタは厳禁て、メンバーに言っていたのだけど、無駄な心配でした(笑)」

マ「日本シリーズが気になる方は、(そっとスマホを見るジェスチャーしながら)途中で、こっそり見て下さい(笑)こっそりですよ」

なお、メンバーは、昨晩、北海道新幹線で函館に来たそうで。

マ「飛行機じゃなくて来ると、ワープしたみたいで不思議な気分でした」

テ「夜に乗ったから外は暗いし。トンネル多いし」

マ「青函トンネル通っていると思ったら、『次は新青森〜』とかね」

ご当地ネタ。

マ「函館は美味しいもの色々ありますよね。今日はラッキーピエロ食べました。昨日、到着した時にラッキーピエロのお店が見えて、『あれ、何ですか?』って聞いたら、「ラッキーピエロですよ(当然知っているでしょ?)」というニュアンスで(笑)知らなかったです」

テ「知らなかったよねー。昔からあったんだよね?何で知らなかったんだろう」

マ「ラッキーピエロは、あの柔らかさがいいよね。チキン(有名なチャイニーズチキンバーガーのことかと)は結構噛みごたえあったけど、ハンバーグのは柔らかかった。老後は、函館もいいなと思ったよ(笑)」

別な時に、「疲れていると、キャベツとかも固くて嫌なときがある」と言っていたので、柔らかさを求める気分の時があるようです(^^;

マ「ラッキーピエロには『美味しゅうございました』って、書いてあったしね(笑)岸朝子さんが5回来たらしい(ご高齢の方にも好かれているという)。有名人だものね」

テ「今に、マサムネも『6回来ました』とか、書かれるようになるんじゃない?」

マ「いや、俺は有名人じゃないから(さらっと言ってました)」

ラッキーピエロの話をしていた時に、マサムネさんが「(今日ラッキーピエロ食べたから)今の俺はラッキーピエロで動いている」と言って、クネクネして妙な(可愛らしい)手の動きを見せていました(^^)

マサムネさんの衣装は、最初はブルーデニムっぽい長袖シャツと黒いパンツ。アンコールは、SMN Tシャツでした。

ちなみに、アンコールのTシャツは、マサムネさん&田村さんがSMN、三輪さんと崎山さんが気球Tシャツと、半々になってました。

携帯電話ネタ。

マ「行きの新幹線の中で、iPhoneが固まって動かなくなってしまって。再起動したりしたけど、それでもダメで。すごい落ち込みました」

テ「そのシャツ(ブルーデニムシャツ)くらいブルーになっていたよね」

以降、マサムネさんのブルーシャツくらいブルーだったというのがネタに(笑)

マ「5年くらい前かな。まだガラケーだった頃に、携帯ないなーと探していたら、洗濯機からガラゴロ音がして。見てみたら、携帯でした。電源入らないから、気分を落ち着けようと紅茶入れたりして。それでもダメだったから、結局ドコモショップに持っていったんですが…」


マ「ソフトバンクファンけど、携帯はドコモで(笑)何とかメモリーカードは助かって、みんなとの大事な写真とかは残せたのだけ、本体は買い換えになりました。ということで、携帯は大切に扱わないといけないという話です」

テ「スマホは俺の臓器の1つとか言ってたものね」

マ「なくても問題ないとか言えるといいんだけどね」

ブルーネタが続く。

崎「カレンダーの撮影の時、衣装のポケットにスマホを入れて。綺麗な小川があったから、覗きこんでいたら、スルッと落ちて…。落ちているのは見えるのだけど、衣装だから、すぐに川に手を突っ込めないし。結局スタッフが取ってくれたんだけど、動かないから、できる限り分解して夕方から夜まで車の中に干しておいたんだけど…。何と復活しました!」

テ「俺も撮影の時の話なんだけど。移動の車の中で、何か臭いな、田舎の香水か?って騒いでいたら、自分が犬の糞を踏んでいたという…。何が悲しいって、ホテルのトイレで、ヘラみたいなのでこすって取ったんだけど、取れないんだよ…。その後しばらくは、撮影の時に草むらに入るときは犬の糞に気を付けろ!って言ってた」

醒めないツアー最小の会場(1370名)である函館市民会館ネタ。

田「コンパクトな会場だよね。2階席がないからね。学園祭みたいだよねー。お客さんは学生ではなさそうだけど(笑)」
「また函館に来たいと思います。隣は(隣にある函館アリーナは)大きいから、次もここがいいな」

等々。

スピッツは、演奏はメチャクチャクオリティ高くてカッコいいんですが、いざ喋りだすと、グダグダで、そこが堪らないんですよねー。

ということで、自己満足なMC記録でした(^^;

リアルタイムではTwitterでアップしていたので、【続きを書く】に元ネタを貼っておきます。続きを読む

image

函館に行ってきました!

もちろん、スピッツ遠征での一人旅です。

image

image


函館市民会館は、今回のツアーでは最もコンパクトな会場ということで、キャパ1370人!

1370人ですよ

隣にGLAYがライブしたという真新しい函館アリーナ(5000人収用)がありましたが、卓球のマスターズ全国大会が開催されていました

MCで田村さんが「隣は大きすぎるから、次回もここ(市民会館)がいいな」と言っていましたが、さすがスピッツですわ(^^)

さて、そんなコンパクトなホールでのライブ。

席はホール中程の右端という微妙な位置でしたが、これが行ってみたら、メンバー全員がもれなく見える(正面席だとマサムネさんとドラム崎山さんが重なったりしてしまう)席で、しかも、距離が結構近い!

このチケットはファンクラブ先行で取れたのですが、スピッツベルゲン会員で良かった

表情なんかもよく分かり、臨場感ありありでした

ライブ本編は、本当に素敵で、歌声が胸に届きすぎて感極まり、涙ぐんじゃったりしました。

前橋の時とは演奏曲も微妙に違っていて、それも嬉しかったなー。

当日のセトリは以下の通り。

1. みなと
2. 恋する凡人
3. 日曜日
4. 運命の人
5. コメット
6. チェリー
7. ビギナー
8. アカネ
9. グリーン
10. 子グマ
12. ヒビスクス
13. モニャモニャ
14. 雪風
15. 楓
16. 醒めない
17. スパイダー
18. けもの道
19. トンガリ 95
20. 8823
21. こんにちは
22. 魔法のコトバ
23. ナサケモノ
24. 野生のポルカ

ちなみに、ライブに付帯してとっても嬉しいことが

image

何とですね、スピッツメンバー全員の直筆サインを入手しました

あ、直接いただいたわけではないですよ。

最新アルバム『醒めない』を買うと各会場先着でサインがもらえるのですが、函館はキャパが小さいからか普通に買うことができたので、買っちゃったのです。

誰ですか?「え?もう『醒めない』限定版のCD持っているじゃん」とか言うのは(笑)

いいんです!グッズ買うより、こっちの方が嬉しいしねー。

函館のイカが可愛いでしょ??

ということで、しばらく変なテンションが続くと思いますが、ご容赦下さい

大阪2日目。

この日は、ロクロクに匹敵するくらい重要なイベントがありました。

それはブログを通じて10年近いお友達である、関西在住ワーキングマザー・はやんさんとお会いすること

プライベートで大阪に行くことは滅多にないので、図々しくもお声掛けしてランチすることになったのでした。

待ち合わせの30分前になって、「そういえば、お互いの顔知らないじゃん」ということに気付き、見た目の特徴を伝えあったという(笑)

いやー、ずっとお知り合いなので、顔知らないということに気付かなかったんですよね(^^;

image

待ち合わせしたのは、ヒルトンの近くにあるyasai french NRという野菜メインのフレンチのお店です

お店の前には他に人がいなかったので、すぐに分かりました

いやー、はやんさん、想像していた通り、というか、想像していた以上に素敵な方でした。

明朗快活というのが一番近い表現でしょうか。

お仕事で色々大変なことがあったと思いますが、それを消化して昇華しているというところがすごいな、と思いました。

image

美味しいフレンチ食べたのですが、話すことのほうに気を取られて、いまいち覚えていません

ちなみに、はやんさんもスピッツファンなので、ロクロクのお話をして盛り上がりました!

でも、あまりにロクロクが素晴らしかったので、行けなかった方に自慢するのは(笑)良くないかと自重

いや、ほんと、スピッツファンでライブ行ったことがない方(1年前の自分含む)には、絶対にライブ行ってほしいです

ワンマンライブのチケットは本当に取りづらいですが、ロクロクとか夏のイベント系は比較的取りやすいように思いますので、まずはそこからでも

てな感じで色々お話ししているうちに、時間になってしまい、リムジンバスで空港へ。

image

image

まる子へのお土産も無事に入手し、ほぼ定刻で帰宅したのでした

これにて、楽しかったロクロク旅の記録は終了。

そして、そんな余韻に浸ったまま、今日は「新木場サンセット」です

何だろう、この素敵すぎる流れ。

ロクロク→はやんさんとランチ→5日間働く→3連休→新木場サンセット

しかも、7月27日にはスピッツのニューアルバム「醒めない」が発売になりますからね。

夏が楽しすぎるー。

苦しかった今年の前半への神様からのプレゼントだと思って、楽しみます

image

1人打ち上げの後は、部屋に戻ってきてスピッツを聞きながら余韻に浸りつつお風呂に入り、のんびり(ダラダラとも言う)してから眠りました。

翌日も大事な用事があるので、朝ちゃんと起きないといけないですからねー(^^)

ということで、翌朝、(休日の私にしては早い)9時に起きて、エグゼクティブラウンジで朝ごはんを。

ラウンジでもレストランでも、どちらでもいいと言われていましたが、お昼ご飯をしっかり食べる予定なので、ラウンジで軽めにね。

image

て言いつつ軽くはありませんが

ヒルトン大阪のラウンジは、思ったより種類があり、かつ、ちゃんとした物が置いてありました。

夜のカクテルタイムも行きたかったですが、旅の目的はロクロクですからねー

image

時間が遅かったこともあり空いていて、窓からの景色眺めながら、のんびり食べられて良かったです

さて、部屋に戻って、今回の旅のもう1つの大イベントに向かいますか

image

大阪城ホールにやってきました!

最寄駅の大阪城公園駅は、環状線で大阪駅から5分だったので、ヒルトンからも近かったです。

普段行かないところって、距離感がよく分からないですからね(方向音痴とも言う…)。

今回は指定席なので慌てる必要はないのですが、入場にすごく並んでいて、結構時間かかりました。

image

アリーナではなくスタンド席だったのですが、想像よりもステージに近くでよく見える席でした(といっても、表情なんかは分かりませんが)

ライブに関しては先日書いた通り。

image

16:30〜21:15までの長丁場ですから、途中、こんなもの飲んじゃったりしてねー。

ですが、ビールの利尿作用をなめてました(笑)

大阪城ホールはトイレが少なくて、スピッツが始まる前にトイレ行ったら大混雑。何とか間に合いましたが、こういう時、ビール飲んだらダメだなーと反省

ライブ終わって混雑を心配しながら環状線に乗ったのですがで、後ろの方の車輌に乗ったら全然混んでなくて、普通に座って大阪駅まで戻ってこられました

image
image

ホテルに荷物を置いてから、1人打ち上げ

ツイッターを見ると「今日はぼっち参戦」みたいなことがよく書いてありますが、大人になるとそういうことどうでもいいのです。大人で良かった(笑)

1人打ち上げしたお店はたこ焼きのお店だったのですが、自分で焼かないといけないとのことで、関東者には上手く焼ける自信がなかったため、日和ってお好み焼にしました(これは焼いて持ってきてくれる)

キャベツ多めで美味しかったです

ちなみに、今回のロクロクは、20周年ということでグッズ売り場は長蛇の列でしたので、さっさと諦めました(スピッツのグッズはすぐに買えました)。

だからというわけじゃないのですが、今回着ていったのはこちら↓

image

天の邪鬼ですからね、7月19日〜20日開催の新木場サンセットTシャツを事前に入手しまして、敢えて着ていきましたよ可愛いので気に入ってます

ヒルトン大阪のカフェはいまいちゆっくりできなかったので(笑)15時前にダメ元で「もう、お部屋の準備できましたか?」と聞いてみたところ、無事にチェックインできました。

「狼様はゴールドメンバーですので、アップグレードさせていただきました」と、エグゼクティブルームに

ポイント&マネーなので一番低いカテゴリーのお部屋を予約していたのですが、ありがとうございます

image

1人で泊まるのでキングのお部屋にしてもらいました。ベッド広い!

image

image

image

窓際にある長いソファ、とっても居心地良かったです。

最近よくこういうのありますが、ゆっくり座れていいですね(^^)

image

image

トイレとお風呂が分かれていて、かつお風呂は洗い場つきだったので、快適でした

やっぱり、バストイレは日本式が一番いいですよね

image

image

アメニティはいつもの感じ。

しかし、なぜヒルトンはヘアブラシじゃなくて櫛なんだろうと、いつも謎で仕方ありません。ビジネスホテルでも、結構ちゃんとしたブラシが置いてあったりするのにね。

エグゼクティブルームだからだと思いますが、バスローブがありました。

そうそう、せっかくのエグゼクティブルームなので、エグゼクティブラウンジにも行ってみました。

image

こんな感じであまり広くないラウンジでしたが、お客さんもさほどいなかったので、のんびりとアフタヌーンティーを。

image

image

何だかまったりしてしまって、このまま本題を忘れてラウンジでダラダラしそうになったのですが(笑)そういうわけにもいかないので、大阪城ホール行ってきます

しばらく続きます、ロクロクネタ。

今回の大阪は、新幹線ではなく飛行機で行きました。

何故に飛行機かと言うと、これでも主婦なので(笑)なるべくお金を使わないようにという思いで、貯まったJALマイルで航空券取ったのです。往復で12000マイルでした(^^)

マイルは飛行機に乗ったり買い物したりした副産物ですから、現金使わなくて済むという

調べてみたら、羽田→大阪は1時間に1本出ているし、大阪空港から大阪市内へはリムジンバスで行けば近そうだし、問題ないかなと。

image

ということで、11:30発の大阪行きに搭乗したのですが、機材の遅れ&滑走路の混雑で、45分遅延しました…。

羽田→大阪間は、飛行機時間1時間ですから、それで45分の遅延は大きいですわ。

時間に余裕あったから問題ないですけどねー

image
image

でもね、そんな短い飛行時間でしたが、空弁食べましたよ(^^;

食べ終わった瞬間に着陸体制になりましたけどね

大阪空港からは、リムジンバスで大阪駅前へ。

image

30分かからずに到着。ホテルのすぐ近くに止まるから、本当に便利でした。

今回の宿は…

image

贅沢ですが、ヒルトン大阪です

いえね、最初は安いビジネスホテル探していたのですが、大阪のホテルが高くて。

外国人観光客が増えてホテル高騰しているとの噂は聞いていたのですが、大したことないホテルでも高いから、いっそのことヒルトン泊まろうということで。

もちろん、普通になんて泊まれませんので、貯まったヒルトンポイントと現金の併用で予約。

20000ポイント+12000円でした。

ヒルトンに着いたのはチェックイン時間の大
大分前だったので、ダメ元で聞いてみたら、「アップグレードさせていただいているのですが、そのお部屋がまだ準備できないので、15時までお待ち下さい」と。

そっかーと、荷物を預けて周辺散策しようと思ったのですが、これからライブなのだから体力温存しないと!と思い返して、ヒルトンのカフェでお茶することに。

image

ホテルのカフェだから、ゆっくりできるだろうと思って入ったら、周囲はお見合い?初デート?みたいな、カップルだらけ。

混雑していて、座席の間隔も狭いです。

休日なのに男性は全員スーツで、女性はキレイ目な格好してました。

狭いから話丸聞こえで、隣の男性が延々と仕事の話しているのを、「いくら話題がないからといって、そりゃアカンだろ」と思いながら聞いてました(笑)

こういう場所なのね、ヒルトン大阪のカフェ

ある意味面白かったですー(^^)

このページのトップヘ