子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

カテゴリ:旅人になるなら今なんだ スピッツ旅 > 2017.7 掛川ご縁の旅

週末にスピッツ関連のあれこれがあったのですが、今日はとにかく7月1日に開幕したツアーのことを書こうと思います!!!

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”

初日に行ってきました!

さすがにこの夏はライブに行きすぎなので、ツアー初日は断念していたのですが、Twitterでお知り合いになった方が「チケットを譲ろうとしていた人に直前キャンセルされてしまって。どうしよう(>_<)」とつぶやいていたので、急遽行くことを決めたのでした。

なので、行くことを決めたのはライブ6日前。慌てて新幹線とホテルのパックを探して予約したりして、わくわくしてました(^^)

会場は、静岡エコパアリーナという、新幹線掛川駅から更に在来線で一駅行って、かつ徒歩15分という場所。

image

エコパアリーナに行く前に掛川城観光なんてこともしちゃったので、なかなかハードで、しかも、そこからグッズ購入列1時間半だったという

image

でもね、ライブが始まってしまえば、そんなの関係なくて。

一言で言えば、最高でした

ここからは、超個人的つぶやきなので、あんまり気にしないで下さい(笑)

ライブ全体の印象としては、メジャーな曲と、コアなファン向けの曲が混ざったセトリでした。

相当メジャーな曲のオンパレードだったので、初めての方でも楽しめたのではないかと思います(^^)

image
image
(写真は音楽サイトからお借りしました)

で、スピッツの凄さは、演奏は目茶苦茶カッコいいのに、MCはネタなしオチなしでグダグダという(笑)

ファンにはそれが堪らないのですが

以下、記憶をたどってMCを。

草野「アラフィフになって嬉しかったことといえば…。アンクルパンツを試着する時に、足首見えなかったらどうしよう?(草野さんはそんなに背が大きくない)と心配していたんだけど、着てみたら足首が見えたこと。店員さんには『お客様はウエストが細いから』と言われたんだけど」
三輪「それって、足が長いっていう自慢?」
草野「そういうことにしたいんだけど(笑)」

名曲『君が思い出になる前に』を歌った後に…。
草野「思えば、自分勝手な男ですよね。自分から別れようとしているのに、最後は優しくしてほしいだなんて」
三輪「え?そういうことなの?」
草野「いやー、都合のいい男だなと思って」
三輪「(この曲を作った)マサムネが言うと、解釈に影響力あると思うけど」
草野「いやー、色々な解釈があると思うけど、そうとも思えるな、と。まあ、25年くらい前の歌だからね。25歳くらいの男が書いた歌だからね。細胞とか全部入れ替わっていると思うから、何なら別人だよ」

草野「二人(田村さん、三輪さん)静岡出身なので、四捨五入すると静岡のバンドです」
三輪「とか言って、福岡(草野さんの出身地)に行くと『福岡のバンドです』って言うんだけどね」
草野「栃木(崎山さん出身地)に行くと『栃木のバンド』ね」

田村さんが話した時に、いまいち盛り上がらなくて…。
草野「これなら、さわやかにハンバーグ食べに行った話にした方が良かったんじゃない?」
田村「俺らの子供の頃は、さわやかも朝ラーも無かったんだけどね」
草野「さわやかのハンバーグ食べると、肉食べてるなって気分になる」

あだ名の話。
田村さんは『げんこつ』、草野さんは『さっち(くさのっち→くさっち→さっち)』、崎山さんは『とっつぃー(栃木出身だから)』。崎山さんの知り合いには、北海道出身の『北海さん』という人もいたらしい。

田村「今日は本当に楽しいよ!スピッツは、普通のバンドよりリハーサル期間が長いんだけど、リハーサルは見ている人がいないから嫌。反応ないし。だから、今日は本当に楽しい!!
何なら、リハーサル見に来て欲しいよ。ここ(エコパアリーナ)は高いかもしれなけど、1ヶ月くらい借りて」

草野「この年になると、勘違いが多くなって。友達とずっと話していて、『織田裕二ってすごいよねー。還暦過ぎても走り回って歌って』て言ったら、相手がキョトンとしていて。小田和正と勘違いしてた(^^; あ、二人とも面識ないんで、敬称略でした」

草野「今日は本当にありがとうございました。お客さんが5人くらいになっても、聞いてくれる人がいる限り続けたいと思います。バンドメンバーと同じ4人だと流石につらいから5人くらいはいてくれると嬉しい」

本編最後に、新曲の『1987→』を初披露してくれて、聞いた私はアンコールの間も泣き止まないくらい泣いてしまったのだけど…。
アンコールで出てきた草野さん
「新曲聞いてもらったんだけど、大事なところ間違えちゃって。『♪不思議な曲作りたい♪』という歌詞なのに、飛んじゃってふふふーんて」
確かに、聞きながら、こんな歌詞だったっけ??と若干引っ掛かったんだけど、感動してたし、まだリリースされていない曲だから気がつかなかったんだけど、敢えて説明(笑)

てな感じでした。演奏はひたすらカッコよく。MCは、ゆるゆる。今回も緩急きいてました

なお、セトリは、続きを書くの方に載せておきます。


続きを読む

image

今週はスピッツネタが続くと思いますので、ご了承下さい(^^;

さて、スピッツ30周年ツアー初日。

東京駅〜掛川駅〜(寄り道して掛川散策)〜愛野駅〜徒歩15分〜静岡エコパアリーナ

と、結構な道のりを経て、会場に到着したのは15:15頃。

そこから、グッズ購入で1時間半並びまして…。

1時間10分並んだところでお腹痛くなった時は泣きそうになりましたが、お隣に並んでいた女性に「お手洗いに行きたいのですが、ここに戻ってきてもいいですか?」と聞いたところ、「大丈夫ですよ」と快く言って下さったので、安心してお手洗い行けました

image

image

ということで、無事にグッズ購入完了!

ご当地Tシャツという、そのライブ会場限定Tシャツが欲しかったのですが、16時過ぎには売り切れてしまい買えませんでした(>_<)

なお、グッズ購入列に並んでいる時に、チケットを譲って下さる方ともお会いすることができ、チケットも譲っていただけました

Twitterでのお知り合いで、双方顔を知らなかったのですが、私が目立つ色の昔のスピッツTシャツを着ていくと伝えておいたので、見つけてもらえました(^^)

私より大分若い、とっても爽やかなご夫婦だったのですが、お土産までいただいてしまって、恐縮しきりでした

image

お土産にいただいたベビースターは、ライブ後のビールのお供に大活躍したのでした

image

終演後は、急ぎ足で愛野駅まで戻り、タイミング良く電車に乗ることができたので、比較的スムーズに掛川まで戻ってくることができました

image

なお、掛川の街には、昼にチェックしたこんな屋台村があったりして興味津々だったのですが、さすがに疲れ果てていたので、大人しくホテルに戻ったのでした

スピッツのライブで静岡に行った話は延々と書きましたが、今日はその手配について。

ライブに行くとこが決まったのが6日前だったので、慌てて何とか割安に行けないかと探したところ、じゃらんのJRホテルパックを見つけました。

直前なのに、ホテルは愛するドーミーイン。

しかも、期間限定(確かその日が最終日)クーポン3000円まであって

もうね、これは神様が私を呼んでいると思いましたよ(笑)

ということで費用は、

20100円−3000円(クーポン)−3000円(ポイント)=14100円

と、往復新幹線代くらいでホテルも取れてしまいました

当日は、こだまの指定席で。
image

こだまには出張でよく乗るんですが、指定席って初めて乗ったかも

この日は雨が降っていたのですが、晴れ女のワタクシが電車に乗っている間に止み、着いたらメチャクチャ晴れておりました。

image
荷物だけホテルに置かせてもらって、掛川観光に向かいます。

image

image

ドーミーインから掛川城までは歩いてすぐだったのですが、途中の街並みも風情がありました。

城下町として整備しているのでしょうね。新しい建物も、気を遣って建てているのが分かります。

image

掛川城が見えてきました!

昭和になってから再建されたお城とのことだったのですが、予想以上に雰囲気あります。

image

入場料400円払って天守閣の中に入りましたが、階段が急な本格的な作りで、転げ落ちそうで靴下脱ぎました(笑)

天守閣からの眺め

image

また、天守閣の隣には元々ある御殿と呼ばれる建物がありまして。

image

image

image

二条城が小規模になった感じの建築物で、これまた見ごたえありました。

お殿様の気分になって、しばしお城を眺めたりしましたよ

ライブが終わり、割とスムーズに電車に乗れたので、21時半頃にはホテルにチェックインできました。

今回は直前予約にも関わらず、大好きなドーミーインが取れたので、もちろんドーミーインです!

チェックインはスピッツ組で混んでましたが冷たいおしぼり出してくれたりして、気が利いているなーと思いました。

ドーミーインは、どこに泊まってもだいたい同じ作りなので…
image
image

初めて来た場所なのに、自分の家のような安心感

寝室と水回りを仕切る引き戸も、もちろんあります

image
image
ドーミーイン名物・夜鳴きそばも、もちろんいただにました!夕食代わりになって有り難かったです

image
image
で、温泉に入ってさっぱりして、本当に最高な1日でした(写真はホテルのサイトからお借りしました)

翌朝は、割と早めの新幹線だったので朝食はつけず、でも、朝風呂には入り

image

コーヒーをいただいて、前日買っておいたこれを朝ごはんに

image

image

掛川は、駅舎も風情があって

自販機も木で覆ってあって統一感ありましたよ。

10:05の新幹線だったので、12時半過ぎに帰宅

以上、急遽行った静岡エコパ&掛川旅、本当に楽しかったです

このページのトップヘ