子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

カテゴリ:ネズミーリゾート > 2016.2 バースデーネズミーシー(11歳)

13日(土)に行ってきました!

image

え?どこ?って思いますよね?

ディズニーシーです

シーのシンボルである入口の地球が工事中だったんですよ。

こんなシンボリックなものが工事中だったりするんだーと、ちょっとびっくり。

image

なお、夫はディズニー戦線から離脱したため(笑)今回もまる子と二人で入国しました。

夫は、宿泊する荷物を持ってホテルに直行だったのですが、これだと私は荷物を持っていったり、ホテルに預けたりする手間がないので、楽でした。

4月からまたパスポート代が上がるようですし、我が家は当面これでいきます

■乗ったもの、見たもの

・アクアトピア

image


(昼食)

image


・ストームライダー(ファストパス)

・トランジットスチーマーライン(船)

image


・テーブルイズウェイティング(ショー。外から立ち見)

image

・護送車(笑)

image

(ホテルにチェックイン)

(何故か二時間昼寝)

・レイジングスピリッツ(ファストパス。やはりジェットコースター系苦手…)

・ファンタズミック(ショー)

image

・キャラバンカルーセル

・マジックランプシアター(何度見てもこれは面白い。実はシーで一番好きかも)

・センターオブジアース(乗り終わったら閉園時間過ぎてました…。残業させちゃってごめんなさい)

朝9時に家を出るというやる気のない感じの我が家でしたが、結果的にはそれなりに楽しめて良かったです。

そして、例年だと厳寒のディズニーなんですが、この日は暖かくて、ニット帽やイヤーマフが邪魔になるくらいでした

このところ毎年、まる子の誕生日前後にディズニーに行っていますが、こんなに過ごしやすかったのは初めて。いつも苦行ですからね

ということで、本日、2月15日でまる子が11歳になりました

もうすぐ小6だなんて信じられないのんびり具合ですが…、健康でここまで成長してくれてありがとうこれからも、健康第一でね

今回のディズニーも、定番のヒルトン東京ベイに宿泊しました。

1年前に予約してあり、1泊38610円がヒルトンプレミアムクラブの20%割引で30888円でした。

お部屋は、前回と同じセレブリオだったので、写真に撮るの忘れました

冷蔵庫のソフトドリンクが無料なので、今回もまる子が大喜びしてましたけどね。

image


また、バースデーカードとウェルカムスイーツがありました

image

image

今回は喧嘩にならないようにマドレーヌが3つありました(笑)

あと、前回は気づかなかったのですが、浴室で音楽が聞けるシステムがあり、室内でwalkman等を再生すると…

image


浴室の天井のスピーカーで音楽が聞けるのでした。

image

我が家は各々音楽プレイヤーを持ち歩くような家なので(趣味は全く違いますが)、これは嬉しかったです

ディズニーシーから帰ってきて、音楽聞きながら入浴しました(音が小さいのは改善してもらいたいですが…)

翌朝は9時過ぎにのんびり起床して、朝ごはん。

image

image

ビュッフェは食べ過ぎるので、プールで一時間ほど遊び…

image


お腹が少し減ったところでお昼は中華レストランの王朝へ。

image

ランチコース×3人分

デザートビッフェでスイーツ色々食べたあとに、まる子のバースデーケーキ登場

image


さすがに食べられないので持ち帰りさせていただきましたが、美味しいチョコレートムースでした

image

ということで、今年もめいっぱいヒルトン東京ベイを活用させてもらったバースデーだったのでした

image

ディズニーのキャラクターにはさほど興味がないんですが、今回つい食いついてしまったのがこちら↓

image

image

image

ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニの車両があり、それぞれのイメージでデコレーションされています。

座席がぬいぐるみのモフモフで、ツボでした。

image

image


全部の車両がラッピングされているわけではないようですが、4回乗って2回ダッフィーリゾートライナーだったので、ラッキーでした

しかし、今回ディズニーシーに行って感じたのが、ジェラトーニの普及率の高さ(笑)

こうやって、新たな商品を生み出し、欲しいと思わせるディズニーの戦略ってすごい!としみじみ感じました

このページのトップヘ