子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

カテゴリ: 音楽

ライブ行きすぎなのは言われなくても分かっている夏休み中の子連れ狼です、こんにちは(^^)

昨日は、J-WAVE SPARK LIVE Vol.3ということで、クリープハイプとSHISHAMOの対バンを見に行ってきました。

image
image

オールスタンディングのライブ、キャパ1300人に対して整理番号A700番台後半と良くなかったので、のんびりしてから入場する作戦で。

image

クラブチッタ川崎の目の前にキリンシティがあったので入ったのですが、おつまみもお酒も美味しいし、空いているしで素敵でした

で、のんびり出ていったら、ちょうど自分の整理番号あたりが呼ばれているところで、すんなり入場。

image

今回、ラジオ局J-WAVE主催のライブで、番組の企画で尾崎さんがビールを作ったのを販売することになっていました。

数量限定なので買えるかな??と思ったのですが、難なく購入。

そうだよねー、SHISHAMOのファンとか高校生多そうだし、ビール買わないよね。

で、クリープハイプ×SHISHAMO対バンなので、当然SHISHAMOから始まるかと思いきや、舞台のセットはクリープ。

人に押されて3列目まで来たところで、クリープ始まりました

セトリは以下の通り。

HE IS MINE
火まつり
かえるの唄
リバーシブルー
ボーイズENDガールズ
大丈夫
5%
社会の窓と同じ構成
身も蓋もない水槽
手と手
イト
傷つける

最初からHE IS MINEという、最近多いパターンで始まり、そうしたら最初から盛り上がらないはずがない…。

もうね、前列グッチャグチャ。髪の毛結ぶのは必須だと実感しながら聴いてました。

ラストの「傷つける」まで堪能しました。ほんと、涙出てきたよ。

image

で、クリープの後は楽器設営の休憩があり、SHISHAMO!

ボーイズENDガールズ (クリープハイプカバー)
好き好き!
量産型彼氏
僕に彼女ができたんだ
バンドマン
きっとあの漫画のせい
夏の恋人
BYE BYE
タオル
君と夏フェス
明日も

まさかのボーイズENDガールズがかぶるという事態がありましたが(笑)SHISHAMO、メチャクチャ格好良かったです。

音がロックだったし、歌声も良かったなー。ガールズバンド苦手なんですけど、これは好きな感じでした。

image

image

ツイッターのフォロワーさんにちょっとしたお困り事があったので、その解決のためにお会いしたりして、今回もまた、珍しいパターンでした

image

終演後は、再びキリンシティ

ハートランドいただいて、ゆっくりしてから帰りました。いやー、最高な1日でした

このところ、ライブのことばかり書いていて呆れられそうですが、昨日はスピッツ武道館に行ってきた子連れ狼です、こんにちは(^^;

今回は、ライブ前にツイッターのフォロワーさん(自分のアカウントをフォローしてくれている方のこと)とランチするという、ドキドキな企画もありまして、いつも以上にドキドキした1日でした!

新幹線で遠方から来る方もいらっしゃったので、丸ノ内でランチして。

image

一休レストランで予約したプランが、1500円でスパークリングワイン+サラダ+メイン+デザート+コーヒーという、有り得ないバリューぶりで。

初対面なのに、共通の趣味があるとこんなに盛り上がれるんだー、という感じで、すんなりと仲良くなることができました

その後、武道館に移動して、ガチャの列に並び、戦利品を見せ合ったり、交換したり。

image

お陰さまで、これくらい集まりました

そうそう、ガチャですごいシークレットを引き当てたワタクシ。

image

て、このスーパーボールなんですけど(笑)

皆さんに羨ましがられましたが、スーパーボールどうしたらいいでしょう?笑

その後、武道館前の休憩所で会場までゆっくり過ごし、その間に他のフォロワーさんも合流したりして。

image

いやー、始まる前からお祭り気分で、楽しく過ごすことができました。いつも一人なのでね、たまにはこういうのもいいですね。

席は2階の南西という場所でしたが、全体が見えるし、結果的にいい席でした。

ライブはいつも通り素敵で、MCも楽しかったなー。

ちょっと覚えているところを。

■皇居1周ジョギング

前回の武道館の時に、「そうだ、話題作りにも皇居1周してみよう」と思ったマサムネさん。

ジョギングの格好して車に乗って、パーキングに停めたところでお財布を忘れたことに気付いたそうで。笑

車の中の小銭集めたら、40分くらいは駐車できそうだったので、すごい勢いで皇居1周したそうです

■ロビンソン誕生秘話

ロビンソンは、お正月にワンルームアパートで、どてらを着てこたつに入りながら作った曲らしい。

■今年2度目の(?)武道館

今年は新年早々、清水ミチコの武道館ライブに来たというマサムネさん。「それ以来の武道館です」と言っていたのですが、その後、田村さんに「コレクターズのライブにも来たよね?あれ、無かったことになってるの?」と突っ込まれてました。笑

そんな感じで、MCはユルく楽しく、演奏はメチャクチャ格好よい、という緩急の効いたスピッツ武道館でした。

セトリは、「続きを読む」に載せておきます。





続きを読む

今週は今日だけ出勤のため、「だるいー」と思いながら空いた通勤電車に乗っている子連れ狼です、おはようございます(^^)

さて、スピッツ・香川テアトロン2日目。

勢いに乗って、ブログにアップしておきます。

image

前日は入場の誘導が上手くなくて、入場するまで40分以上かかったため、早めに入場待ちの列に並びます。

ただ、昨日の教訓が生かされたのか、非常にスムーズに入場できました

image

今日も本当にいい天気で。晴れ女伝説更新中です

image

急な階段を下り(下るのはいいんだけど、ライブ後の上りが本当にキツいのは前日実感済…)

開演1時間前には席につけましたので、ちょっと塩レモン補給したりしてね。

image

そうそう、詳細は別途書きますが、今日は同行の方がいらっしゃるので、灼熱の中待つのもさほど苦にはなりません

でもですね、昨日は指定席だったのですが、今日は芝生席という名の急斜面の自由席で、気を抜くと滑り落ちそうな足元悪い感じでした(^^;

そして、開演時間が近付いてきたら程よくお日様に雲がかかってきて。助かりました!!!

17:40さて、開演です!DUKEの社長による前説があり、suginami melodyが流れて、メンバー登場!!!

芝生席で、テツヤさん側の右正面近くを確保できたので、ステージ全体が見えます

image

こんなに近くはありませんが、正面からマサムネさんが見えますし(写真はスピッツの公式サイトからお借りしました)

image

暮れ行く瀬戸内海とスピッツという、もう、奇跡的な組合せが見られて、前日以上にトリップしてました

『ロビンソン』の「ルララ 宇宙の風に乗る」で、本当にそんな気持ちになりましたよ

ただね、芝生席は本当に過酷で(飛んだり跳ねたりするのがいけないんでしょうけど…)、爪先がメチャクチャ痛くなりました。

まあ、でも、そんなの関係ないしねー。

アンコールは、 前日と同じ『恋のうた』と『君は太陽』。

『君は太陽』に「斜めった芝生を転がっていくのだ」という歌詞があるんですが、本当に芝生転がりそうな勢いだったので、気持ちが一層盛り上がりましたよ

メンバーがはけた後に、花火も上がって、もう最高のライブでした!

セトリも、前日とは少し違って『さらさら』が聴けて嬉しかったなー。

セトリは、「続きを読む」に載せておきます。

続きを読む

今日はお休みいただいている子連れ狼です、おはようございます(^^)

この三連休で、スピッツの香川テアトロン公演2daysに行って参りまして、正に興奮冷めやらぬといったところです。

まずテアトロンという会場ですが、

image

このような場所にあります!

香川県高松市から臨時シャトルバスで1時間(公共交通機関なし)、目の前は美しい瀬戸内海!!!

image

そこに行くだけでも大変なんですが、最後にこの急な長い階段を降りた先に会場があります。

会場内は撮影不可なので、公式サイトの写真をお借りして、雰囲気だけでも皆様に。

image

もうね、夕暮れをバッグに歌うスピッツなんていう夢のような眺めでした。

ここは屋根の全く無い野外音楽堂なので、ファンの関心事は「雨が降りませんように!」でした。

ワタクシは強烈な晴れ女なわけですが、ツイッターでのお知り合いにはそれを頼りにしていただいていたので、責任重大でしたが(笑)2日間とも有り得ないくらいの晴れで(暑くて倒れそうでしたけど)、何とか責任を果たすことができたのでした

では、公演1日目の様子を徒然なるままに。

1日目の座席はスタンド席の田村さん側一番左、前から10数列目。

ステージ近くて素敵でしたが、ほぼ真横から見る感じなので、正面から全体の雰囲気を見ることはできません。

17:30開演予定が、お客さんの誘導等上手くいっておらず始まったのは17:45過ぎ。

まず、主催者のDUKEの社長による前説。2日間で12000人を動員したそうです。

ということは、1日6000人。交通手段ないところにこれだけ集めたら、そりゃあ大変なことですわな…。

で、本編ですが、そりゃあもう、常に最高ですから、こんなスペシャルな場所で聞いたら何だか判らないくらい最高なわけで。

かなりトリップしていたので、記憶曖昧ですが、覚えているMCを書き残しておきます(でも、ネタバレ満載なので、ご注意下さい)。

マサムネさん「テアトロンていうこの会場、自分が観客だったらどうなんだろう?ってスタレビとか観にきてみたかったんだけど。
でも、ここまで来るの大変だったよね。本当にありがとうございます」

マサムネさん「今は名前変わっちゃったけど、21年前に来た時は、『志度町』っていって、いい名前だなーと思っていたんですよね。シドって、ほら、シド・ビシャスとかそういうイメージでカッコいいじゃん」
テツヤさん「そういえば、今日、車でここまで来て、志度駅の近くまで着たときに、車に乗り込む家族連れがいたんだよね。お父さん、お母さん、子供二人だったかな。そしたらさ、お父さんの髪の毛、真赤なんだよ。すごいよね、さすが志度町。俺が住んでも目立たなくていいかな」
マサムネさん「ロックの街、みたいな町おこしもありだね」

田村さん「日が明るい時は本当にみんなの顔が見えるんだよね。そしたら、すっごく真剣にスピッツ見ていてくれていて。もっとボケッと見ていると思っていたら(笑)」

メンバー紹介の時に散々話したテツヤさんが、突然「UFOを呼ぶ会」と言って、みんながシーンとしたところで(シーンとさせることを言うのが好きな方)「ボーカル!草野マサムネ!!!」とマサムネさんを紹介。

マサムネさん「今日はジャケットTシャツの方も多くて。それぞれのアルバムを出した時のことを思い出します」
(ジャケTとは受注販売で売った、スピッツの歴代アルバムジャケットをプリントしたTシャツ。ちなみに私はこの日、フェイクファーで参加)
image


マサムネさん「スピッツは夏らしい歌が少なくて。盆踊りとか音頭とかあるといいんだけど。
(と言ってギターを持ち)♪き〜みをわすれない〜 ♪まがりくねったみちをいく〜 」
テツヤさん「それ、チェリーじゃん!」
マサムネさん「そう、ちぇりー音頭。このステージの円形のところで、浴衣着た奥様方が踊るという。意外といけるんじゃないかと」
テツヤさん「ちぇりー音頭とか作るようになったら終わりだろ」

マサムネさん「インディーズ時代の国道353号のうた、というのがあるんですが、それのパーパーパパーパーパーのところを歌った下さい」と、今回も観客とコール&レスポンス。

『けもの道』の出だしは、「志度町の日の出すごいキレイだな」

『俺のすべて』で、田村さんが客席乱入!お客さんが入っていない座席のとこを駆け上がってきたので、私のかなり近くまで。それゃもう、盛り上がりました

アンコール1曲目は、テアトロンといえばの『恋のうた』。

21年前にテアトロンで公演した時に『恋のうた』の映像があって、そのイメージがファンには強くて、みんな聴きたいと思っていたんですよね。

始まった瞬間、泣きました。

そして、アンコール2曲目が終わり、メンバーも退場してしまったのですが、観客が再度アンコールの拍手をしたところで、何と花火が!!!

もうね、完璧過ぎて、涙倍増。

しかも、「花火大会?」っていうくらいの打上数で。本当に綺麗でした。

全てが最高過ぎまして、何だか分からない夜でした。

ということで、セトリは、「続きを読む」に載せておきます。


続きを読む

長野2日目。

朝から善光寺にお詣りして、その後、お蕎麦を食べよう!という目論見で、ホテルの朝ごはんはつけませんでした。

ホテルの目の前のバスターミナルから出る善光寺行きのバスに乗り(片道150円)、15分程で到着です。

距離としてはさほどないので、気候が良ければ歩いてもいいんでしょうね。

image

image

おお、善光寺だ!!!

この門には登ることができるので、500円払って登ります。

image

image

安全のためにネットはってあるので視界が悪いですが、門からの景色。

本堂
image


資料館
image


image

子供向けの展示で、巨大木魚とかあったの面白かった(もちろん、叩きました)

image

さて、善光寺詣での後は、お待ちかねの朝蕎麦!

門前に朝9時からやっている有名なお蕎麦屋さんがあるというので、やってきました。

「かどの大丸」です。

店内はね、鹿児島の祖父母がやっていたお店を思い出す、何だか懐かしい作り。

お店の方は丁寧だし、とっても落ち着きます。

image

image

朝ですけど、お蕎麦を前にするとやっぱり少し飲みたいですよね

お酒のお供をつけてくれるのが嬉しい

更科蕎麦をいただきましたが、さすが打ち立て、美味しかったです(^^)

image

その後、またバスに乗って長野駅まで戻りまして、チェックアウトの12時までホテルで休憩。

旅先だと休憩するところを探すのも難しいから、チェックアウトが12時って、本当に助かりました。

image

12時半の新幹線で帰宅。いやー、ほんと出来すぎな旅でしたよ。

image

image

なお、お土産に長野名物だという「ソースカツ丼」を買って帰りましたが、まる子曰く「うん、とんかつを乗っけた丼だね」ということで、想定内のお味に留まったようです(笑)

ビックハットでのライブの後はシャトルバスで長野駅まで戻ってきました。

バスはピストン輸送でどんどん来ますが、人数多いのでね、それなりに待ちました。

今回のホテルは、ホテルメトロポリタン長野。JR系のホテルなので、駅に直結しています。ライブの後なんかは、特に助かりますねー。

image

image

お部屋はこんな感じ。ダブルベッドルームだったので、ゆっくり眠れました。

やっぱり、一定以上レベルのホテルだと快適さが違いますね。

JR東日本のパックツアーでこのホテルだったのは、JR系ならではだし、かなりお得だったと思います

image

長椅子もあって、のんびり過ごせて良かったです

image

今回の長野旅は、JR東日本のパックツアーだったのですが、長野往復新幹線+ホテルメトロポリタン長野1泊で、17400円でした!

新幹線は高いので(飛行機ならばマイル使える)、こういうパックを使うのがお得だなーと思いました

新幹線あさまに乗って昼前には長野に到着し、ホテルに荷物を預けて、さて、何食べよう??

何せ方向音痴なので、この暑さの中迷いたくないなーと、当初の目論み通り、駅ビルMIDORIの中のお蕎麦屋さんへ。

10分程待って、席につきます。

お昼ですが、お蕎麦食べるのにお米のお水は不可欠でしょうと、こんな組み合わせに。

image

お蕎麦と味噌仕立ての牛鍋セット&日本酒(^^)

お蕎麦はね、普通でしたけど(笑)長野に来たことは実感できました

その後、13時から長野ビックハットまでのシャトルバス出るとのことで移動し、シャトルバス第1便に乗車。

image

着いたら既にCD売場はこんな行列でしたが、1時間並んで、サインつきCDを無事購入!!!

image

これ、ライブの度に100枚くらい書いて下さっているようなのですが、これだけメジャーなのに凄いことですよね。

image

グッズ買って、ガチャ回して、ファンクラブブースでくじ引きして。それでも、まだ15時前だったので、かなりスムーズに回れちゃったみたいです

ライブは18時開演なので、3時間何しようかな?と、まずファミレスに行ってみましたが、スピッツファンで長蛇の列で。

こりゃ待っていても無理だなと、シャトルバスの中から目をつけていたところに行ってみました。

image

スーパー銭湯(?)ぷらっと、です

スピッツファンの方もそれなりにいましたが、そんなに混雑してなくて。

image

まず、かき氷食べてクールダウンした後に入浴。

あのですね、まさかお風呂に入ると思わなくて、化粧品殆ど持っていなかったんですけど、汗がすごいし、思い切って顔バシャバシャ洗っちゃいました。さっぱり!(一層顔が薄くなった。笑)

で、どうしようかな、と思っていたら、洗面所に同じスピッツTシャツ着ている方が二人来て。

「お揃いですねー(笑)」なんて話していたら、「化粧品持ってなくて困りましたよね」という話になり、一人の方からアイブロウお借することができました本当にありがとうございます

ということで、眉なし星人は免れたので、お風呂上がりにまったりと休憩。

image

image

靴を脱いで休憩できて、汗も流せて、お風呂上がりのビールも飲めるなんて、最高でしょ!

正直、経年劣化が否めない施設だったんですけど、従業員の方達が丁寧で、とっても気持ちよく過ごすことができました。

いやー、ライブ始まる前から素敵すぎます。

しかも、私がスーパー銭湯でまったりしている間に、外は雷雨に。グッズ販売も中断したようです。

17時半に会場に向かいましたが、その時には何事も無かったように空が明るくなっていて。

いやねー、何だか出来すぎな1日でしたよ。

その後のライブも、まさかの最高な3階席でしたしね

image

本日、月曜日ですが、有休につき長野におります。

何故かと言うと、昨日スピッツのライブがあったから!

いえね、本当は家族旅行と絡めて長野に来る予定だったんですが、夫の都合が悪くなり、やむ無く一人旅に(って、いつも一人旅してますけど…)

旅に関する色々は明日以降に記事にするとして、今日はスピッツライブのことを。

長野ビックハットというオリンピック会場だったアリーナでのライブ2日目。

スピッツのオンラインメンバーズ先行で当選したものの、3階席だったので、あれれ…と思っていたのですが、実際に行ってみてびっくり

ステージ横の3階席1番前、ステージがメチャクチャ近い場所でした。

正面からは見えないけど、これは素敵すぎる。

で、始まってみたら、演奏のグルーブ感がリアルに感じられる場所で。もうね、最初から感涙です

image
(写真はスピッツのサイトからお借りしました)

では、記憶の限りMCを書き残しておこうと思います。

■さかなくんネタ

マ「オンラインメンバーの企画で皆さんにも色々募集したんですが、会いたい人ということで、俺からさかなクンを指名したんだよね。
二面性あったらどうしよう、と思ったら、打ち合わせでもあのまんまだった。ギョキョ!とか(笑)
ずっと魚の話だった」

テ「俺たちが他の話をしても、何かと魚に持っていったよね(笑)」

マ「でも、弱点も分かったよ(笑)
海水魚に関しては1聞くと10返ってくる感じだったけど、淡水魚は1聞いて2返ってくる感じ。2でもすごいんだけどさ」

■ハライチ岩井さんネタ

マ「30周年ていうことで、ハライチの岩井くんもコメントくれたりして、有り難いよね。
でも1度も会ったことないんだのね。
実は避けられているという話があって。
確かに、すごいファンでいてくれていたら、実物にあったらがっかりするかもしれないね。
俺ら、さなかくんと違って二面性あるし」

テ「そうそう、実際はもっと身長高いんだよ

■メンバー紹介田村さん

田「初めてスピッツのライブに来た人?」

観客「(結構手が挙がる)」

田「初めての人も多いようだから言っておくけど、このメンバー紹介長いから、トイレ行っていいよ。最初に言っておかないと、テツヤに悪いし」

観客「(少しだけ場外に行く観客あり)」

田「行くなら今だよ、メンバーに注目される(笑)」

田「オープニングのMC盛り上がった?」

観客「(何のことかいまいち分からず反応薄い)」

田「あれ?今回さ、30周年記念ということで、毎回始まる前にイベンターの人が話してくれるんだけど、あれいいよね。
今回はFOB企画の人で、昨日話したんだけど、ギラギラしてるんだよね。32歳だって。
若いよね、俺らに比べて。そりゃ、ギラギラするよね。
『長野県でライブをするのは12回目』までが原稿で、後は彼のアドリブなんだけど、昨日、おれが煽りすぎちゃったかな…。
でもさ、ああいう人がいるといいよね。
ほら、マサムネとかテツヤはライブ前緊張するじゃん?もっと緊張している人がいると落ち着くんじゃないかと」

■メンバー紹介崎山さん

崎「(お約束のシンバルに頭ぶつけるの)」

崎「初めての方も多いようなので言っておくけど、これはネタなんです。もう1つネタがあって、ドラムの椅子を鼓みたいに鳴らすの。
で、昔それをライブハウスでやって、『よーっ』て言うのをテツヤに頼んだら、『よーっ』って言ったところで照明が落ちて真っ暗になっちゃったという(笑)」

マ「ちゃんと照明さんと打ち合わせしておかないとね」

崎「ほんと、打ち合わせの大事さを知ったよ」

■メンバー紹介テツヤさん

テ「最近、言い間違いが多いんだよね。(長野名物)おやきが食べたくて、おやき食べたいと言ったつもりが、ずっと『おかき』『おかき』って言っていたみたいで。おかき持ってきてくれて、あれ?って」

マ「確かに、普通に『チューリップの財津一郎さんが』とか言うよね。財津和夫さんだっていう。財津一郎さんは、あっちの『きびしー』の方だからね」

観客「(一定年齢以上が笑う)」

テ「こういう、まばらな笑いが堪らない(笑)」

テ「後さ、最初に言っておくの忘れたよね。このコーナー座っていいから!(笑)」

■メンバー紹介マサムネさん

マ「インディーズ時代の「353号線のうた」というのがあって。レクチャーするから、一緒に歌ってくれる?
(一人ギターで弾き語って)『パーパーパパーパパーパー』のところを歌って」

(メンバーも参加して1番分くらいは演奏し、観客も参加♪)

終わったら非常に満足げで、マ「インディーズの頃の夢が叶いました。もうこれでかなり満足しちゃったけど、まだ続きます」

■小芝居

マ「今はスタッフとかローディーさんがいるけど、昔は全部自分でやらないといけなくて。ライブ中にギターの絃が切れて、『切れちゃったから張り直してくるね』と5分後に戻ったら、メンバーもお客さんも5分間無言でそのままだったという(笑)
まさかさ、MCとかでつないでくれていると思うじゃん」

テ「いや、俺らずっとチューニングしてたんだよ(笑)」

マ「じゃあ、試しに5分間無言やってみる?あ、靴紐がほどけた」

テ「あ、俺も忘れ物した」

マサムネさんは、崎ちゃんのドラムの後ろにのローディーさんの横に隠れてずっと靴紐結び直すふり。

テツヤさんはステージの横でいないふり。

田村さんと崎山さんはチューニングしているふり。

観客が笑っちゃって、変に盛り上がったのでマサムネさんが出てきて、「無言になるかと思ったのに。もう1回無言でやってみる?」

田「え?でも、そうしたら1曲減るよ。いい?」

観客「やだー」

ということで、小芝居終わり(笑)

■フラワーカンパニーズにMCやってもらおうネタ

マ「仮にMCつないだとしても、俺らMC得意じゃないからね。さかなクンとかにやってもらいたいよね。
それか、フラカンの鈴木くんとかグレートって子とかにね。
グレートっていう子って(笑)俺らの1つ下だから、子っていう年齢でもないね。
本当に弁が立つからさ。俺らが演奏して、終わったらステージ脇にフラカンがいて、MCしてくれるのいいな(笑)あ、でもこれ、フラカンに言うの止めておこう」

■女装の写真

マ「クリスピーの時に女装した写真があって。その時はとんでもない!って思ったけど、アラフィフになって見てみたらいけてる(笑)
自分としてはOK出したけど、事務所的にはNGかもね(笑)
いつか表に出るかもしれません」

■恒例の呼掛け

恒例の「後ろのほう〜、右のほう〜、左のほう〜」っていう呼掛け。

マ「左のほう〜」

(ちなみに、私は左の方)

マ「今日はそっちの方あんまり見られなくてごめんね」

が、その後、「俺のすべて」でタンバリン持って歌いながら花道をこっち側の端まで来てくれたという

以上、個人的備忘録でした

セトリは「続きを読む」からどうぞ。続きを読む

主要SNSのアカウントは一応持っているのですが、最近は主にツイッターを活用しています。

何故ならば、音楽関係の情報を集めるのに非常に有効だから。

同じ趣味の方とつながるには便利なツールだなーと思います。

先日のスピッツ静岡ライブのチケットもツイッターのフォロワーさんに譲っていただきましたしね。

で、ツイッター見ていると、取れなかったあのチケット、このチケットが、直前になって「行けなくなったので安価でお譲りします」と出ているのが多くて!

まあ、玉石混交で詐欺みたいなこともあるようなので、信頼できる方とやり取りする必要があるんですが、上手く使うと本当にいいツールだなと思います。

ただね、「〜のチケットあります」と見ると、つい行きたくなっちゃうのが危険すぎます。行きすぎに注意しないと。笑

月曜日。

まる子が卓球部の県大会の応援に行くというので、お弁当用意。

6:30に家を出るってどういうことなんですかねー(笑)

ということで、週初めから早起きだったのですが、そんなこと置いておいて、ライブに行ってきました

いえね、クリープハイプの尾崎さんが出演している#ハイ_ポールというテレビ番組のフェスがありまして。

14時からなんて無理だよなーと思っていたら、2部制で、クリープハイプのライブは19時以降ということが分かったので、ギリギリになってチケット入手したのでした。

公開収録兼ねているから2500円と破格

普通に仕事してから新木場スタジオコーストへ。

image

都内勤務で良かったと思う瞬間です(^^)

既に他のバンドの演奏は始まっているので、そっと入って見始めます。

そして、19:40にクリープハイプ登場。

いやー、フェスと言いながら、レア曲ばかりのすごいライブでした。

セトリは以下の通り。

1.愛の標識
2.イノチミジカシコイセヨオトメ
3.リバーシブルー
4.あ
5.ラブホテル
6.かえるの唄
7.火まつり
8.5%
9.マルコ
10.イト
11.二十九、三十

アンコール
12.オレンジ
13.さっきの話

13曲、1時間で終了!

気が付けば前から4列目くらいまで来てまして、汗だくでした


image

なお、グッズがついてくるというので、何かな?と思ったらこんな感じ。

image

粗品感バリバリで(笑)もし、これが無地のタオルだったらどうしようと思ったのですが、ちゃんとロゴ入りタオルでした(^^)

image

三連休でしたね。

ただ、何やっていたか思い出せない三連休でした(笑)

まあ、普通の週末が1日増えて、少しのんびりしたということかな。

そうそう、地元のCD屋さんに行ったらスピッツコーナーがあってテンション上がったんだった

7月17日でスピッツは30周年迎えましたしね

image
image

これが一番のイベントか?(笑)

これ以外は、サーキットトレーニングに真面目に通ったり、ずっと休んでいたゴルフを再開したり、地味だけど結構体を動かした三連休だったかな


いつもハハばかりアホみたいにライブに行っているので(笑)セカオワのライブがある時は、できるだけまる子を連れていってあげたいと思っています。

というとで、ファンクラブ先行で申し込んだライブチケット、当選しました

image

日にちは2018年5月。

2018年?そう、来年のライブなのです(^^;

あまりに先すぎて、その日、本当に行けるのか心配ではあるんだけど

昨晩、塾のお迎えに行ってまる子に伝えたところ、喜びの雄叫びをあげておりました

スピッツ祭、沈静化したかと思われたかもしれませんが、全く静まっておりません(笑)

現在、タワーレコード渋谷では、スピッツとのコラボカフェをやっておりまして、ワタクシもまんまと行って参りました(^^)

6月30日(金)、いわゆるプレミアムフライデーの日に午後半休取りましたよ(初めてのプレミアムフライデーでしたけど。笑)

お昼過ぎに行ったら、行列になっておりまして、小さな炊飯器型プレーヤーから流れるスピッツを聞きながら待ちます。

image

30分くらい待ったでしょうか。

待っている間にメニューも見せてくれるので、何を頼むかは熟考済み

image

入口から、テンション上がりますね

image
image
image

元々あるタワレコカフェがコジャレているので、店内もいい雰囲気です(^^)

で、プレミアムフライデーなので、もちろん、これ

image

スピッツラベルを貼った地ビールです。

程よく苦味が効いていて、美味しい

お昼ご飯がまだだったので、「夏の魔物」カレー。
image

お断りしておりますが、コラボカフェなので、それぞれのメニューにはスピッツの曲名がついております

デザートは「涙がキラリ☆」パフェ

image

最後にスピッツ30thラテアートも楽しみまして。

image

店内の大きなスクリーンでスピッツのライブ映像を流しているのに、何故かそれが全く見えない席だったりしましたがまあ、お祭りなのでね、参加できて楽しかったです。

image

image



ライブが終わり、割とスムーズに電車に乗れたので、21時半頃にはホテルにチェックインできました。

今回は直前予約にも関わらず、大好きなドーミーインが取れたので、もちろんドーミーインです!

チェックインはスピッツ組で混んでましたが冷たいおしぼり出してくれたりして、気が利いているなーと思いました。

ドーミーインは、どこに泊まってもだいたい同じ作りなので…
image
image

初めて来た場所なのに、自分の家のような安心感

寝室と水回りを仕切る引き戸も、もちろんあります

image
image
ドーミーイン名物・夜鳴きそばも、もちろんいただにました!夕食代わりになって有り難かったです

image
image
で、温泉に入ってさっぱりして、本当に最高な1日でした(写真はホテルのサイトからお借りしました)

翌朝は、割と早めの新幹線だったので朝食はつけず、でも、朝風呂には入り

image

コーヒーをいただいて、前日買っておいたこれを朝ごはんに

image

image

掛川は、駅舎も風情があって

自販機も木で覆ってあって統一感ありましたよ。

10:05の新幹線だったので、12時半過ぎに帰宅

以上、急遽行った静岡エコパ&掛川旅、本当に楽しかったです

image

image

ドーミーインから掛川城までは歩いてすぐだったのですが、途中の街並みも風情がありました。

城下町として整備しているのでしょうね。新しい建物も、気を遣って建てているのが分かります。

image

掛川城が見えてきました!

昭和になってから再建されたお城とのことだったのですが、予想以上に雰囲気あります。

image

入場料400円払って天守閣の中に入りましたが、階段が急な本格的な作りで、転げ落ちそうで靴下脱ぎました(笑)

天守閣からの眺め

image

また、天守閣の隣には元々ある御殿と呼ばれる建物がありまして。

image

image

image

二条城が小規模になった感じの建築物で、これまた見ごたえありました。

お殿様の気分になって、しばしお城を眺めたりしましたよ

スピッツのライブで静岡に行った話は延々と書きましたが、今日はその手配について。

ライブに行くとこが決まったのが6日前だったので、慌てて何とか割安に行けないかと探したところ、じゃらんのJRホテルパックを見つけました。

直前なのに、ホテルは愛するドーミーイン。

しかも、期間限定(確かその日が最終日)クーポン3000円まであって

もうね、これは神様が私を呼んでいると思いましたよ(笑)

ということで費用は、

20100円−3000円(クーポン)−3000円(ポイント)=14100円

と、往復新幹線代くらいでホテルも取れてしまいました

当日は、こだまの指定席で。
image

こだまには出張でよく乗るんですが、指定席って初めて乗ったかも

この日は雨が降っていたのですが、晴れ女のワタクシが電車に乗っている間に止み、着いたらメチャクチャ晴れておりました。

image
荷物だけホテルに置かせてもらって、掛川観光に向かいます。

スピッツ30周年記念のシングルコレクションが、本日(7月5日)発売されます!!!

ベスト盤じゃないのがミソですね。何故って、スピッツは「ベスト盤を出すとバンドの終焉みたいで嫌だ」と、頑なにベスト盤出しませんからね。

とはいえ、ヒット曲を売りたいレコード会社の思惑もあり、その折衷策が「シングルコレクション」なのだと思われます

image

もちろん私も買いました!(昨日入手)

新曲が3曲入ってますからね、既存のファンも絶対に買っちゃう仕組みですね(笑)

でもね、その新曲のクオリティが半端ないのが、さすがスピッツ

今年でメンバー全員が50歳になるのですが、その瑞々しさに驚きます

3枚組CDボックスなのに、サンキュー価格で税抜3900円ですからね、買うなら今ですよ!!!(年内限定販売らしい)


image

今週はスピッツネタが続くと思いますので、ご了承下さい(^^;

さて、スピッツ30周年ツアー初日。

東京駅〜掛川駅〜(寄り道して掛川散策)〜愛野駅〜徒歩15分〜静岡エコパアリーナ

と、結構な道のりを経て、会場に到着したのは15:15頃。

そこから、グッズ購入で1時間半並びまして…。

1時間10分並んだところでお腹痛くなった時は泣きそうになりましたが、お隣に並んでいた女性に「お手洗いに行きたいのですが、ここに戻ってきてもいいですか?」と聞いたところ、「大丈夫ですよ」と快く言って下さったので、安心してお手洗い行けました

image

image

ということで、無事にグッズ購入完了!

ご当地Tシャツという、そのライブ会場限定Tシャツが欲しかったのですが、16時過ぎには売り切れてしまい買えませんでした(>_<)

なお、グッズ購入列に並んでいる時に、チケットを譲って下さる方ともお会いすることができ、チケットも譲っていただけました

Twitterでのお知り合いで、双方顔を知らなかったのですが、私が目立つ色の昔のスピッツTシャツを着ていくと伝えておいたので、見つけてもらえました(^^)

私より大分若い、とっても爽やかなご夫婦だったのですが、お土産までいただいてしまって、恐縮しきりでした

image

お土産にいただいたベビースターは、ライブ後のビールのお供に大活躍したのでした

image

終演後は、急ぎ足で愛野駅まで戻り、タイミング良く電車に乗ることができたので、比較的スムーズに掛川まで戻ってくることができました

image

なお、掛川の街には、昼にチェックしたこんな屋台村があったりして興味津々だったのですが、さすがに疲れ果てていたので、大人しくホテルに戻ったのでした

週末にスピッツ関連のあれこれがあったのですが、今日はとにかく7月1日に開幕したツアーのことを書こうと思います!!!

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”

初日に行ってきました!

さすがにこの夏はライブに行きすぎなので、ツアー初日は断念していたのですが、Twitterでお知り合いになった方が「チケットを譲ろうとしていた人に直前キャンセルされてしまって。どうしよう(>_<)」とつぶやいていたので、急遽行くことを決めたのでした。

なので、行くことを決めたのはライブ6日前。慌てて新幹線とホテルのパックを探して予約したりして、わくわくしてました(^^)

会場は、静岡エコパアリーナという、新幹線掛川駅から更に在来線で一駅行って、かつ徒歩15分という場所。

image

エコパアリーナに行く前に掛川城観光なんてこともしちゃったので、なかなかハードで、しかも、そこからグッズ購入列1時間半だったという

image

でもね、ライブが始まってしまえば、そんなの関係なくて。

一言で言えば、最高でした

ここからは、超個人的つぶやきなので、あんまり気にしないで下さい(笑)

ライブ全体の印象としては、メジャーな曲と、コアなファン向けの曲が混ざったセトリでした。

相当メジャーな曲のオンパレードだったので、初めての方でも楽しめたのではないかと思います(^^)

image
image
(写真は音楽サイトからお借りしました)

で、スピッツの凄さは、演奏は目茶苦茶カッコいいのに、MCはネタなしオチなしでグダグダという(笑)

ファンにはそれが堪らないのですが

以下、記憶をたどってMCを。

草野「アラフィフになって嬉しかったことといえば…。アンクルパンツを試着する時に、足首見えなかったらどうしよう?(草野さんはそんなに背が大きくない)と心配していたんだけど、着てみたら足首が見えたこと。店員さんには『お客様はウエストが細いから』と言われたんだけど」
三輪「それって、足が長いっていう自慢?」
草野「そういうことにしたいんだけど(笑)」

名曲『君が思い出になる前に』を歌った後に…。
草野「思えば、自分勝手な男ですよね。自分から別れようとしているのに、最後は優しくしてほしいだなんて」
三輪「え?そういうことなの?」
草野「いやー、都合のいい男だなと思って」
三輪「(この曲を作った)マサムネが言うと、解釈に影響力あると思うけど」
草野「いやー、色々な解釈があると思うけど、そうとも思えるな、と。まあ、25年くらい前の歌だからね。25歳くらいの男が書いた歌だからね。細胞とか全部入れ替わっていると思うから、何なら別人だよ」

草野「二人(田村さん、三輪さん)静岡出身なので、四捨五入すると静岡のバンドです」
三輪「とか言って、福岡(草野さんの出身地)に行くと『福岡のバンドです』って言うんだけどね」
草野「栃木(崎山さん出身地)に行くと『栃木のバンド』ね」

田村さんが話した時に、いまいち盛り上がらなくて…。
草野「これなら、さわやかにハンバーグ食べに行った話にした方が良かったんじゃない?」
田村「俺らの子供の頃は、さわやかも朝ラーも無かったんだけどね」
草野「さわやかのハンバーグ食べると、肉食べてるなって気分になる」

あだ名の話。
田村さんは『げんこつ』、草野さんは『さっち(くさのっち→くさっち→さっち)』、崎山さんは『とっつぃー(栃木出身だから)』。崎山さんの知り合いには、北海道出身の『北海さん』という人もいたらしい。

田村「今日は本当に楽しいよ!スピッツは、普通のバンドよりリハーサル期間が長いんだけど、リハーサルは見ている人がいないから嫌。反応ないし。だから、今日は本当に楽しい!!
何なら、リハーサル見に来て欲しいよ。ここ(エコパアリーナ)は高いかもしれなけど、1ヶ月くらい借りて」

草野「この年になると、勘違いが多くなって。友達とずっと話していて、『織田裕二ってすごいよねー。還暦過ぎても走り回って歌って』て言ったら、相手がキョトンとしていて。小田和正と勘違いしてた(^^; あ、二人とも面識ないんで、敬称略でした」

草野「今日は本当にありがとうございました。お客さんが5人くらいになっても、聞いてくれる人がいる限り続けたいと思います。バンドメンバーと同じ4人だと流石につらいから5人くらいはいてくれると嬉しい」

本編最後に、新曲の『1987→』を初披露してくれて、聞いた私はアンコールの間も泣き止まないくらい泣いてしまったのだけど…。
アンコールで出てきた草野さん
「新曲聞いてもらったんだけど、大事なところ間違えちゃって。『♪不思議な曲作りたい♪』という歌詞なのに、飛んじゃってふふふーんて」
確かに、聞きながら、こんな歌詞だったっけ??と若干引っ掛かったんだけど、感動してたし、まだリリースされていない曲だから気がつかなかったんだけど、敢えて説明(笑)

てな感じでした。演奏はひたすらカッコよく。MCは、ゆるゆる。今回も緩急きいてました

なお、セトリは、続きを書くの方に載せておきます。


続きを読む

image

ライブハウスでは、ステージ向かって右手(ギタリスト側)前方にいることが多いのですが、だいたいそこには大きなスピーカーがあって、相当な音量で音楽が流れます。

何時間も大音量を聞き続けると、終わったあとも耳がボワーンとしてなかなか治らないことがあって…。

調べてみると「ライブ難聴」という症状であり、深刻な状態になると耳が聞こえなくなることがあることが分かりました。

この状態が続くと怖いな、と思って、ライブ難聴になった方が薦めていた「ライブ用耳栓」を買うことにしました。

↓色々種類はありましたが、Amazonでスタンダードなこれを買いました。

耳栓といっても、音が聞こえなくなるわけではなく、耳へのダメージは軽減しつつ、必要な音はきちんと伝えるので、快適に音楽を楽しむことができます。

先日のクリープハイプ+UNISON SQUARE GARDENは前方に行きましたので、ライブ開始前にこれをつけたところ、とっても快適に音楽を楽しむことができました。

つけていても違和感ないし、何ならつけていることを忘れて、そのまま帰りそうになりましたよ(^^)v

加齢で回復力低下してますからね(^^;こうやって自分の状態をキープして、年を取っても音楽を楽しめるようにしたいです



このページのトップヘ