子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

カテゴリ:子連れ国内旅行 > 2014.9熱海三世代旅行(9歳)

皆様、三連休いかがお過ごしですか?

沖縄旅行記の途中ではありますが、連休で三世代旅行に行ってきたので簡単に書き記しておきたいと思います。

今回は、私の母親が古希を迎えたので、そのお祝いということて近場の旅お誘いしました

三世代で泊まれて、そんなに高くなくて、そんなに遠くない場所…

ということでヒットしたのが、熱海にある「ラビスタ伊豆山」

ええ、最近利用頻度の高いドーミーインと同じ、共立メンテナンスの宿です。

2LDKの間取りで5人一緒に泊まれるということに惹かれて予約しましたが、さてさて、どんな宿でしょう…。



東京駅で両親と待ち合わせをして、こだまの自由席で熱海へと向かいます。

最初は回数券を購入しようと思っていたのですが、「新幹線お出かけきっぷ」という、二人以上だと新幹線の自由席にお得に乗れるチケットを発見したので、それを購入。

image


通常往復7340円のところ、5450円なので、非常にお得です♪

1泊2日までの旅にしか使えませんが、今回の我々にはジャストなチケットでした

車内でお昼ご飯を食べ&飲んでいたら、あっという間に熱海到着。

image


ホテルの送迎バスが来るまで、熱海銀座をぶらぶらと。

image


短い時間でしたが、温泉まんじゅうも食べちゃいました(既に満腹なんですが…)

さて、14:45の送迎バスでラビスタ伊豆山へ。

image


バスで5分とのことですが、すっごい山の中なので、歩いてはとても行けない場所にあります…。

image


到着

あれれ、イメージと大分違うんですけど…

「ホテルというよりリゾートマンション風」という口コミは見ていたので理解していたのですが、真実は、「ホテルというより昭和のリゾートマンション風」でした(笑)

さて、次は部屋へと向かいます

さて、昭和なリゾートマンション風のラビスタ伊豆山の室内に入ります。

外廊下なので、本当にマンションみたです。

image

そして、この造花のリースは外した方がよいと思います(笑)

image

入ってすぐがツインのベッドルーム。

image

洗面所とお風呂。

image

キッチン。

広さは十分あるんですが、水回りが超・昭和な感じでした(笑)

image

和室。ここに布団を三枚敷いて家族三人寝ました。


image

image


リビングは意味もなく広いです(笑)

五人座るには、ソファがちょっと小さいから、せっかくの広いリビングが生かされていないというか…

そして、各部屋が微妙にバリアフリーじゃなくて段差があるのが、またまた昭和な感じです(笑)

でもですね、「ラビスタ」が売りにしている眺望は…

image

さすがです

綺麗に海が見えました

image

夏季限定のプールを見に行ったところ…

image

そこからの眺めも素敵でした

建物の経年劣化が著しくて、ちょっビビりましたが(写真には細かい部分写らないので、分からないと思いますが。笑)、ホテルというより誰かの家に遊びに来たような、妙なくつろぎ感があり、徐々に馴染んできましたよー

3時にチェックインしたところ、夕食は「17:30と20:00の二部制になります」と言われたので、早めの17:30にした我々は、温泉に入ってしばらくしたところで夕食となりました。

image


温泉は思ったよりこじんまりとしていましたが、タイミングが良かったのか、さほど混んでいることはなく、ゆっくり入ることができました。

泉質は、普通かなー。

17:30過ぎにレストランに行くと、既にテーブルに料理が準備されておりました。

image

image


前菜・お刺身・寄せ鍋は決まったお料理となっており、それ以外にオーダー式の天ぷら食べ放題とお料理&デザート食べ放題がついています。

image

まる子はお子様ランチ。

もうね、前菜とお刺身と寄せ鍋だけで、かなりお腹いっぱい。

image


天ぷら食べ放題なので、オーダーを紙に書いて渡すのですが、そんなに食べられるものじゃないですよねー。

image


とか言いながら、天茶や天ぷらうどんにして食べたんですけど(笑)

あと、デザートも食べ放題なので、お酒も甘いのも両方いける夫が、どんぶりプリンしてたりして(笑)
image


いやー、よく食べました。

私の両親は、私の親だけあって(笑)健啖家ですわ。

そして、散々お料理いただいたところで…

image


サプライズ☆

お誕生日ケーキの登場です

いやー、自分で頼んでおいてなんですが、こんなに食べるのならば、ケーキはもっと小さくて良かったわ(笑)

image


ホテルからのご厚意で、お花と記念写真までいただいて、私もびっくりする結果となりました。

母も喜んでくれたので、良かった

さすがにこの場でケーキは食べられないので、お部屋に持っていって、後でいただきました

image

熱海のケーキ屋さんのケーキのようでしたが、甘さ控えめで良かったです。

なお、これだけ食べた後にも関わらず…

image


ドーミーイン系列名物の夜鳴きそばはスルーできず(笑)

親子三人で二杯頼み、分けあっていただきました(私の両親はさすがにリタイア。笑)。

通常の夜鳴きそばと比べて、チャーシューとナルトが入っているのが、ゴージャスかな

とにかく食べすぎの1日はこうして終わったのでしたー。

前日あんなに食べたにも関わらず…

朝風呂の後は、朝ごはん!

image


軽めにしようと思っていたのですが、ついつい、〆のパンケーキなんて食べちゃったことはご内密に

image


ちなみに、セルフのコーヒーマシーンがあったのですが、結構おいしいコーヒーでした。

終わり良ければ全て良し(笑)

三連休の割にお値段もお手頃で色々楽しめたので、ラビスタ伊豆山、結果的には良かったと思います(というか、あんまり高額だったら泊まらない方がいいです。笑)

11時のチェックアウト時間前にチェックアウトし、送迎バスに乗り込みます。

ラビスタ伊豆山はMOA美術館の近くにあるのですが、希望すれば送迎バスで連れていってくれるとのこと。

熱海駅まで送るバスで駅に行き、他のお客さんを降ろしてから、ホテルに戻る途中に美術館に寄ってくれます。

5人だとタクシーでも2台になっちゃうから、このサービスは有り難かったです

ということで、MOA美術館。

恐らく20年前くらいに来たことがあるのですが、記憶が薄れてます…

image


長いエスカレーターに7本乗って、ようやく入口という不思議な構造。

image


係の方の説明によると、高台からの眺めも美術館の一環なんだとか。

image


また、この外壁も、インド産の岩を割ってできた面を見せているそうで、1枚1枚違うそうです…。

いやー、どんだけお金かかっているんでしょ。

出来て30年経っているそうですが、内部も非常に綺麗です。

image


この気付かなければ見過ごしてしまいそうな彫刻は、ヘリコプターで運んできたものらしいです。

で、MOA美術館と言えば!の

image


秀吉の黄金の茶室です

御所で組み立てて献茶したという話に基づき設置されています。

これだけは印象的だったので、20年前に見たのを覚えています。

なお、ちょうど北斎の富嶽三十六景展がやっていたので、四十六枚全部見ることができました。

富嶽三十六景が四十六枚あるなんて、知りませんでしたよ

また、仁清の茶壺にも再会できました。さすがにこれも覚えていましたよ

そして、最後のミュージアムショップで…

image


まる子のためにばあばが、仁清の藤と紅白梅図屏風をモチーフにした箸置きを買ってくれました

いい思い出になったね

ちなみに、帰宅後まる子に「MOA美術館で一番印象に残ったものは?」と聞いたら、「エスカレーター」と述べておりましたが

まあ、そんなものです(笑)

美術館鑑賞の後は、路線バス(Suicaの使えない片道170円のバス)で熱海駅まで来て、駅弁を買い込んで、こだまで帰りました。

image

image


昼過ぎの時間だったので新幹線は空いていて、のんびりできて良かったです

ということで、1泊2日、熱海3世代旅行は終了

近場でのんびりできました

お父さん、お母さんもありがとうございました♪また企画しますねー。

このページのトップヘ