子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

カテゴリ: ドーミーインの回し者ではありません。

image


小樽の街を散策しましたが、結構な時間になってきたので、そろそろ友人Yとはお別れ。

ここから十勝までは3時間くらいかかるのかな遠路ありがとうございました

それでも、きっちりとホテルの前まで送ってくれて、友人の有り難さを実感しました

またね、Y

今度は十勝に遊びに行くね(雪印パーラーではなく、六花亭の喫茶室でスイーツが食べたい。笑)

さて、本日のホテルです↑(写真は翌日撮影しました)

手配記で書いた通り、格安で予約したドーミーインPREMIUM小樽。

口コミの評価も高いし、少し前に泊まった他のドーミーインも快適だったので(今度記事にします)、期待が高まります

場所は、小樽駅の真ん前。

これだったら、私のような方向音痴でも、絶対にたどり着けます

チェックインすると、ロビーには無料のホットコーヒーと冷たいトウモロコシのお茶が

随時いただけるようでした。

これだけで嬉しいですよね

さて、お部屋です。

格安添い寝プランでしたが(朝食つき8890円)、ツイン指定なので…

image


こーんな感じ

二人座れるソファーもちゃんとあって、くつろげます(既にくつろいでいる人がいます。笑)

image


image


image


お風呂は、一晩中入浴可能な温泉大浴場があるので、部屋にはシャワーだけ。

image


温泉があるのならば、どうせお部屋のお風呂は使わないから、全然問題ないです!

逆に合理的だと思います

また、ドーミーインで素晴らしいと思うのが、この引き戸

image


分かります?

部屋の外扉を入ると、洗面所と冷蔵庫があるレイアウトなんですが、ベッドスペースとの区切りに引き戸があるのです。

これ1枚あるだけで、部屋がプライベートな感じになり、また、廊下の物音も遮断されます。

これ考えた人、素晴らしい

廊下の物音って、いつも結構気になっていたので

こんな感じで、大満足のお部屋

まる子も大絶賛でした

ハハの株がまた上がっちゃったかしら?(笑)

結局、ハハはお祭りで何も飲み食いせずに終わってしまいました…。

いやー、ランチのスープカレーが凄いボリュームだったということもありますが、出発前からの体調不良が、回復しきってなかったんでしょうね

ドーミーインPREMIUM小樽の下にはツルハドラッグというドラッグストアがあったので、気休めに胃薬買ってみました

食品も売っているお店だったので、愛しのサッポロクラシックビールも買ったのですが、飲む元気もなく、翌日持ち帰りとなりました

さて、そんな疲れた体を癒してくれるのは、温泉しかないということで、ホテルの大浴場に行きました

image


image


(温泉の写真は、ホテルのHPからお借りしました)

これが、予想以上に本格的で

洗い場が少なくて、少し待たなければいけなかったのはマイナスでしたが、お風呂自体はゆっくり入れました。

また、半露天風呂があるんですが(といっても、2階にあるので周囲はきっちりとガードされていて、多少の外気が入ってくるくらい)、そこのライトアップが小樽硝子らしい照明で、雰囲気ありました

もちろん、翌日には朝風呂しましたよ

なお、ドーミーインの温泉の素晴らしいところは、女風呂にはセキュリティがかかっていて、フロントで渡される日替わりの暗証番号を入力しないと入れないこと。

温泉て、時々、間違って入ってきちゃうオジサンとかいませんか?(笑)

一晩中入浴可能だから、深夜にも女性の安全を確保するという意味で、素晴らしいと思います♪(もともとがビジネスホテルで、女性客は少ないから、こういう仕組みにしたのかもしれないですね)

そして、お風呂上がりは、ドーミーインといえばの…

image


夜鳴きソバ

半ラーメンを、宿泊客ならば誰でも無料でいただけます

image


大人気のようで、番号札を渡されてから少し待ちましたけどね。

なお、ここでもハハは食欲がなく、まる子の食べたラーメンのスープをすするのみでした(笑)

さて、北海道旅行2日目です!

1日が長すぎて(笑)ようやく2日目

前日に胃薬を飲んで寝たので、体調は大分回復しておりました。

朝から小樽の街をもう少し観光するという選択肢もありましたが、さすがにまる子も疲れているようだったので、チェックアウトまではホテルでのんびり過ごすことにしました。

何せ、今日の午後にはメインイベントがあるからねー(今はナイショ)

朝風呂に行き、その後に朝ごはん♪

ちなみに、今回は日曜日→月曜日の旅だったのですが、ホテルはかなりの混みようで、朝食も早い時間は行列ができていました。

熟年旅行者と外国人旅行者が多かったかな

私達は急いでいなかったから、のんびりと行って、のんびり食べました

ドーミーインPREMIUM小樽は、朝食ビュッフェも売りということで期待してました

胃の調子がいまいちなので、非常に控え目に取ってきましたが…

image


やはり、これは外せないでしょ

image


乗せ放題の海鮮丼です

イクラもホタテもイカも、本当に乗せ放題なのです

さすがにイクラは、味がしっかりついたバージョンでしたが、でも、好きなだけ乗せられるって、凄いですよね

まる子は、イクラ丼を作成し、わしわし食べておりました

その他、和食も洋食もあり、下手なシティホテルなんて目じゃないラインナップ

image

(画像はホテルのHPからお借りしました)

いやー、ドーミーインPREMIUM小樽、素晴らしかったです。

そして、しつこく言いますが(笑)今回は添い寝プランだったから、ツインのお部屋にまる子と泊まり、朝食もついて、二人で8890円ですからね☆

小樽に泊まる機会があれば、是非、次回もドーミーインに泊まりたいと思います!

1泊2日で、名古屋→大阪出張でした。

名古屋に朝9時、という非情なスケジュールのため(笑)家を出たのは5時半過ぎ。

まる子のお弁当は、生活クラブ生協様々の、レンジでチンする系で準備しました

新幹線で朝ごはん食べて。

image


9時前には名古屋支店に到着。

個人面談と研修をやって、お昼は時間がないのでお弁当を(500円)。

image


名古屋らしさはないけど、おいしかったです

午後も個人面談をして、その後、慌てて大阪へ。

またもや研修と面談を。

夕方は飲みに行ったのですが、ご当地メニューの全くないお店だったので、不完全燃焼…

宿泊は、最近お気に入りのドーミーイン

じゃらんポイントが1200円分あったので、朝食つき6200円で泊まれました。

image

image

image


部屋の間取りは、どこのドーミーインも似ているようですね。

ちゃんと、仕切りになる引き戸があります。

朝から動きっぱなしで疲れたので温泉に入り、静かな部屋で熟睡しました。

ちなみに、温泉は、とろみのあるお湯で、なかなか良かったですよ

大きいお風呂にゆっくり入るだけで、疲れが取れますよね

image


(あ、夜中にドーミーイン名物夜鳴きそばを食べたことはご内密に…)

翌朝は、せっかくなので温泉で朝風呂してから朝ごはん。

image


朝からモリモリ食べました。

で、また大阪支店に行って、個人面談&研修を。

さすがに、昨日からずーっと話しているので、疲れてきましたが…。

image


お昼ご飯は、普通の定食…。

大阪っぽいもの食べたかった

午後も面談をして、遅くならないうちに大阪を出たのですが、せっかく来たのにご当地メニューを何も食べていないのが悔しくて(笑)

image


意地で、新幹線構内にあるたこ焼き屋さんへ

中がトロトロで、おいしかったです

ということで、長ーい1泊2日出張はこれにて終了!

とってもダルいですが、今日は金曜日なので、頑張ります

ちなみに、まる子へのお土産はベタですが、こんな感じ↓

image


喜んでくれて良かったです



昨日から宿泊出張に来ております。

お盆ですから、新幹線の回数券も使えないし、東京駅なんて、ひどい混雑です

昨朝は新幹線の中で朝ごはんを食べ…

image


お昼は社食(240円)。

image


夜は懇親会があり、何故か二次会でまたカラオケ歌うことに(2日連続…)

そして、ついつい食べてしまいました、ドーミーインの夜鳴きそば。

image


夜中にこんなの食べるの良くないって、分かっているけど、やめられない(笑)

今日の朝食も、しっかりと!

image

image


食べ過ぎですが(笑)夏に負けないように、頑張ります

しかし、ドーミーインもほぼ観光客ばかりで、仕事っぽい人は稀でした。

お盆に出張なんてするもんじゃないですわー

image


今朝も通常出勤ですが、電車が空いていて快適な子連れ狼です、おはようございます

最近よくドーミーインを取り上げているのですが、各所で反響があるので(笑)私のドーミーイン初めを記しておきたいと思います

ちなみに、ドーミーインて何?という方のためにご説明しますと、ドーミーインとは、ただのビジネスホテルです

でもですね、殆どのドーミーインに温泉があり、寛げる仕組みがあるのです。

とある旅ブログで見て、前々から気になっていたドーミーインに初めて泊まったのは今年の6月。ドーミーイン三島でした。

部屋は特別広くないですが、一人用のソファーとフットレストがあるので、結構くつろげます。

image


また、洗面スペースとベッドスペースの区切りに扉があり、廊下の騒音等が聞こえづらいようになっているので、安眠できました。

image


温泉があるので、部屋のお風呂はシャワーだけ。

image

image


写真はありませんが、温泉の入浴時間制限がないから、いつでも入れるのは嬉しい!

ビジネスホテルならではのリセッシュも完備

image


飲み会で煙草の臭いとかつくから、これがあると有り難いです。

そして、ドーミーイン最大の特徴の(笑)夜鳴きそば。

image


いや、何てことない、醤油味の半ラーメンなんですが、無料でこれが食べられるのです。

特に、飲んだ後だったりしたら、この誘惑には勝てない(笑)

朝食は、初回泊まった時にはセミバイキングでしたが…(お膳の部分は固定)

image


2回目に泊まった時は普通のバイキングになってました。

image


初回の方が良かった気がしますが、何にしてもおいしくいただきました♪

という感じで、宿泊代はだいたい8000円前後。

ビジネスホテルとしては、少し高いと思いますが、温泉に入れて疲れが取れるし、お値段以上の価値があるかなーと思っています

さて、ドーミーインが気になってきた、そこのあなた(笑)

るるぶトラベルがよく安いプラン出しているので、よろしければ探してみて下さいね。

あ、私はドーミーインの回し者ではありませんからご安心を(笑)



皆様、三連休いかがお過ごしですか?

沖縄旅行記の途中ではありますが、連休で三世代旅行に行ってきたので簡単に書き記しておきたいと思います。

今回は、私の母親が古希を迎えたので、そのお祝いということて近場の旅お誘いしました

三世代で泊まれて、そんなに高くなくて、そんなに遠くない場所…

ということでヒットしたのが、熱海にある「ラビスタ伊豆山」

ええ、最近利用頻度の高いドーミーインと同じ、共立メンテナンスの宿です。

2LDKの間取りで5人一緒に泊まれるということに惹かれて予約しましたが、さてさて、どんな宿でしょう…。



東京駅で両親と待ち合わせをして、こだまの自由席で熱海へと向かいます。

最初は回数券を購入しようと思っていたのですが、「新幹線お出かけきっぷ」という、二人以上だと新幹線の自由席にお得に乗れるチケットを発見したので、それを購入。

image


通常往復7340円のところ、5450円なので、非常にお得です♪

1泊2日までの旅にしか使えませんが、今回の我々にはジャストなチケットでした

車内でお昼ご飯を食べ&飲んでいたら、あっという間に熱海到着。

image


ホテルの送迎バスが来るまで、熱海銀座をぶらぶらと。

image


短い時間でしたが、温泉まんじゅうも食べちゃいました(既に満腹なんですが…)

さて、14:45の送迎バスでラビスタ伊豆山へ。

image


バスで5分とのことですが、すっごい山の中なので、歩いてはとても行けない場所にあります…。

image


到着

あれれ、イメージと大分違うんですけど…

「ホテルというよりリゾートマンション風」という口コミは見ていたので理解していたのですが、真実は、「ホテルというより昭和のリゾートマンション風」でした(笑)

さて、次は部屋へと向かいます

さて、昭和なリゾートマンション風のラビスタ伊豆山の室内に入ります。

外廊下なので、本当にマンションみたです。

image

そして、この造花のリースは外した方がよいと思います(笑)

image

入ってすぐがツインのベッドルーム。

image

洗面所とお風呂。

image

キッチン。

広さは十分あるんですが、水回りが超・昭和な感じでした(笑)

image

和室。ここに布団を三枚敷いて家族三人寝ました。


image

image


リビングは意味もなく広いです(笑)

五人座るには、ソファがちょっと小さいから、せっかくの広いリビングが生かされていないというか…

そして、各部屋が微妙にバリアフリーじゃなくて段差があるのが、またまた昭和な感じです(笑)

でもですね、「ラビスタ」が売りにしている眺望は…

image

さすがです

綺麗に海が見えました

image

夏季限定のプールを見に行ったところ…

image

そこからの眺めも素敵でした

建物の経年劣化が著しくて、ちょっビビりましたが(写真には細かい部分写らないので、分からないと思いますが。笑)、ホテルというより誰かの家に遊びに来たような、妙なくつろぎ感があり、徐々に馴染んできましたよー

3時にチェックインしたところ、夕食は「17:30と20:00の二部制になります」と言われたので、早めの17:30にした我々は、温泉に入ってしばらくしたところで夕食となりました。

image


温泉は思ったよりこじんまりとしていましたが、タイミングが良かったのか、さほど混んでいることはなく、ゆっくり入ることができました。

泉質は、普通かなー。

17:30過ぎにレストランに行くと、既にテーブルに料理が準備されておりました。

image

image


前菜・お刺身・寄せ鍋は決まったお料理となっており、それ以外にオーダー式の天ぷら食べ放題とお料理&デザート食べ放題がついています。

image

まる子はお子様ランチ。

もうね、前菜とお刺身と寄せ鍋だけで、かなりお腹いっぱい。

image


天ぷら食べ放題なので、オーダーを紙に書いて渡すのですが、そんなに食べられるものじゃないですよねー。

image


とか言いながら、天茶や天ぷらうどんにして食べたんですけど(笑)

あと、デザートも食べ放題なので、お酒も甘いのも両方いける夫が、どんぶりプリンしてたりして(笑)
image


いやー、よく食べました。

私の両親は、私の親だけあって(笑)健啖家ですわ。

そして、散々お料理いただいたところで…

image


サプライズ☆

お誕生日ケーキの登場です

いやー、自分で頼んでおいてなんですが、こんなに食べるのならば、ケーキはもっと小さくて良かったわ(笑)

image


ホテルからのご厚意で、お花と記念写真までいただいて、私もびっくりする結果となりました。

母も喜んでくれたので、良かった

さすがにこの場でケーキは食べられないので、お部屋に持っていって、後でいただきました

image

熱海のケーキ屋さんのケーキのようでしたが、甘さ控えめで良かったです。

なお、これだけ食べた後にも関わらず…

image


ドーミーイン系列名物の夜鳴きそばはスルーできず(笑)

親子三人で二杯頼み、分けあっていただきました(私の両親はさすがにリタイア。笑)。

通常の夜鳴きそばと比べて、チャーシューとナルトが入っているのが、ゴージャスかな

とにかく食べすぎの1日はこうして終わったのでしたー。

前日あんなに食べたにも関わらず…

朝風呂の後は、朝ごはん!

image


軽めにしようと思っていたのですが、ついつい、〆のパンケーキなんて食べちゃったことはご内密に

image


ちなみに、セルフのコーヒーマシーンがあったのですが、結構おいしいコーヒーでした。

終わり良ければ全て良し(笑)

三連休の割にお値段もお手頃で色々楽しめたので、ラビスタ伊豆山、結果的には良かったと思います(というか、あんまり高額だったら泊まらない方がいいです。笑)

11時のチェックアウト時間前にチェックアウトし、送迎バスに乗り込みます。

ラビスタ伊豆山はMOA美術館の近くにあるのですが、希望すれば送迎バスで連れていってくれるとのこと。

熱海駅まで送るバスで駅に行き、他のお客さんを降ろしてから、ホテルに戻る途中に美術館に寄ってくれます。

5人だとタクシーでも2台になっちゃうから、このサービスは有り難かったです

ということで、MOA美術館。

恐らく20年前くらいに来たことがあるのですが、記憶が薄れてます…

image


長いエスカレーターに7本乗って、ようやく入口という不思議な構造。

image


係の方の説明によると、高台からの眺めも美術館の一環なんだとか。

image


また、この外壁も、インド産の岩を割ってできた面を見せているそうで、1枚1枚違うそうです…。

いやー、どんだけお金かかっているんでしょ。

出来て30年経っているそうですが、内部も非常に綺麗です。

image


この気付かなければ見過ごしてしまいそうな彫刻は、ヘリコプターで運んできたものらしいです。

で、MOA美術館と言えば!の

image


秀吉の黄金の茶室です

御所で組み立てて献茶したという話に基づき設置されています。

これだけは印象的だったので、20年前に見たのを覚えています。

なお、ちょうど北斎の富嶽三十六景展がやっていたので、四十六枚全部見ることができました。

富嶽三十六景が四十六枚あるなんて、知りませんでしたよ

また、仁清の茶壺にも再会できました。さすがにこれも覚えていましたよ

そして、最後のミュージアムショップで…

image


まる子のためにばあばが、仁清の藤と紅白梅図屏風をモチーフにした箸置きを買ってくれました

いい思い出になったね

ちなみに、帰宅後まる子に「MOA美術館で一番印象に残ったものは?」と聞いたら、「エスカレーター」と述べておりましたが

まあ、そんなものです(笑)

美術館鑑賞の後は、路線バス(Suicaの使えない片道170円のバス)で熱海駅まで来て、駅弁を買い込んで、こだまで帰りました。

image

image


昼過ぎの時間だったので新幹線は空いていて、のんびりできて良かったです

ということで、1泊2日、熱海3世代旅行は終了

近場でのんびりできました

お父さん、お母さんもありがとうございました♪また企画しますねー。

image

image

札幌駅から快速エアポートの指定席で小樽に向かいます。

前回の小樽への行き来で、海を見るにはAB列がいいことを知ったので、窓際のAB列を確保しましたが、皆さんお疲れで、あんまり車窓は見ていなかったかな(笑)

image

image

さて、小樽です。

硝子とランプの街だけあって、駅舎も素敵です。

image

ホームもこんな感じ。

小樽って、街作りに成功した例ですよねー。誰かセンスのいいリーダーがいたのかな。

今回のお宿ですが…。

image

もちろん(笑)ドーミーインプレミアム小樽です

駅からすぐなので、チェックインして少し休憩。

image

image

お部屋も前回と同じツインのお部屋で、変わらず快適でした

さて、少し休憩して、小樽観光へと向かいます

image


夕食からの帰り道、お祭りに出会いました。

そうそう、去年と全く同じ時期だから、地域のお祭りをやっていたのです。

ちらと覗いてみましたが、さすがに疲れていたので早々に撤収。

でも、同じお祭りにまた出会えるなんて、帰省したような気分でした

その後はドーミーインに戻り、温泉を堪能。

image

(写真は、ドーミーインのホームページからお借りしました)

やっぱり、いいお風呂でしたよ

ちなみに、ドーミーインといえばのあれ。

あれって?

あれですよー。

温泉に入る前はまる子も「お腹いっぱいで食べられない」と言っていたのですが…。



image

怖いですねー。十代女子の食欲って

食べちゃいました、ドーミーイン名物夜鳴きそば!

半ラーメンなんですが、罪深い食べ物ですよね(笑)

さすがに私はスープを一口もらって終わりにしましたよ

こうして2日目の夜は更けていくのでした

さて、散々食べた1日が明け、朝食の時間となりました。

ドーミーインプレミアム小樽宿泊ですから、もちろん朝食つきプランです

image

(画像はドーミーインのホームページからお借りしました)

もちろん食べたのは…

image

image

ご飯極少の海鮮丼

ビュッフェの朝食なので、イクラもエビも食べ放題なのです

私はこの程度ですが、まる子はイクラ丼をわしわしと食べておりました

そうそう、マンゴーが沢山あって、結構おいしかったので、ついつい食べてしまった記憶が…。

image

あ、いや、マンゴーだけじゃないじゃんというツッコミはなしでお願いします

朝食の後は小樽観光の続きをする予定でしたが、母も私達も疲れてしまったので、ホテルでのんびりすることにしました。

が、この中で最年長の父は、その間、小樽の山の方を散策しに行ったそうで(運河とは逆方向)、「小樽商科大学があったよー」なんて嬉しそうに帰ってきました。

相変わらずお父さんが一番元気すぎる(笑)

ライブ後の勢いで、函館旅についても記録しておきたいと思います(^^)

航空券は当初、特典航空券を取ろうと思っていたのですが、全く空席がなかったので、早割の航空券をeJALポイント使って支払いました。

往復35180円−30000ポイント=5180円は現金持ち出し。

ホテルは、格安のところにしようかとも思ったのですが、初めての函館なので、やっぱりあそこに泊まりたいなー、と。

あそことは、よく日本一の朝食と紹介されている「ラビスタ函館ベイ」。

私の大好きなドーミーイン系列のホテルで、もちろん、温泉もついてます!

でもね、そもそも空室ないし、高いしで、諦めかけていたのですが、しつこく検索していたら見つけたました。

穴場の(笑)東武トップツアーで、シングル朝食つき14040円

東武トップツアー、何気に他では予約いっぱいのホテルの枠が空いていて、かつ割安だったりするので、いざという時は頼りにしています(^^)

喫煙ルームしかなかったので、ホテルに直接電話して、可能ならば禁煙ルームへの変更をお願いしておきました。

ということで、持ち出しは19220円。2万円以内で済んだからいいかな?(って、誰に言われるわけでもないけど)

ラビスタ函館ベイはこんな感じでした。

image

image

いつもの間仕切り引戸があります。これのお陰で静かに安眠できる。ブラボー。

部屋全体が落ち着いた雰囲気です。

image

image

ベッドは結構大きくて、ゆったり眠れました。

image

思いっきり駐車場ビューでしたが、ちゃんと禁煙ルームにしていただいたし、全く問題ないです(^^;

洗面所。

image

image

すごいと思ったのが、歯ブラシ立てがあったこと!

ホテルに泊まる時って、いつも歯ブラシの置き場に困っていたので、これはポイント高いです

image

グラスと氷を入れる器がクリスタルでした。雰囲気ありますね。

image

また、一杯ずつ挽くコーヒーメーカーと共に花畑牧場のキャラメルポップコーンが。

分かってるなー(^^)

シングルの部屋の情報があまり無かったので、どんな部屋か心配していたのですが、コンパクトではあるものの、さすがドーミーイン系、快適なお部屋でした(^^)v



今回の函館旅は、土曜日の14時に函館に到着し、翌日曜日の14時に函館を出発するという、24時間滞在でした。

観光は無理としても、食べるべきものは食べないと!と、食いしん坊魂が叫びまして(^^;

なかなか頑張りましたので(笑)記録しておきます。

まず、出発前。

羽田空港のカードラウンジでトマトジュースと共にキムカツサンドを。

image


15時過ぎにラビスタ函館ベイにチェックインしまして。

函館1食目!(注:15時のおやつです)

塩ラーメンで有名な「あじさい」がラビスタ函館の隣にあったので、小生と共に。

image

image

image

image

このスープ好きです♪

麺も固めの細麺で、超好み。

スープ飲み干してしまいそうでしたが、結構塩分濃度高そうだったので、冷静になって止めときました。

函館2食目!

函館市民会館に行ったものの、開場まで時間あるし、寒くて凍えそうだったので、周辺散策して「つぼ八」を発見。

迷わずに、芋の風味の白湯(笑)いただきました。

image

image

暖まって良かったー。

函館3食目!

ライブの後は、混雑した市電でホテルまで戻り、近くにある「ラッキーピエロ」へ。

お刺身系にするか迷っていたのですが、ライブでスピッツメンバーがラッキーピエロでハンバーガー食べたと聞いて、気持ちは一気にこちらへ。

image

image


何故かビールはサントリーモルツなんですが、ライブ後の一杯!美味しくいただきました。

image

で、本題のチャイニーズチキンバーガー。

image

image

いやー、これ、おいしいですね。

あまじょっぱいチキンなんて、日本人全員好きでしょ?

ちなみに、この時、時刻は21:30を回っておりましたが、まあ、細かいことは気にしないことにしましょう(^^;

ラキポテというポテトも美味しかったし、ビールのお供には最適な組み合わせでした(^^)

函館2日目の朝は、のんびりと9時に起床し、朝風呂に入りました(余談ですが、客室の窓がブラインドだったため、朝日が射し込んできて難儀しました…。遮光は徹底してほしい)

ラビスタ函館ベイは、最上階に温泉があり、露天風呂もあるのです。

夜は混んでいましたが、朝は遅かったこともあり(一般的な観光客って、朝早いですからね)ガラガラで、のんびりつかれました。

なお、露天風呂は、屋上とはいうものの、視界を遮るものがないので、他のビルから見えるんじゃ?と思いましたが、まあ、実害ないのでね(笑)スルーして、源泉掛け流しの一人用浴槽に浸かってました。

image

さすがに、朝は食べませんでしたが、ラビスタ函館ベイの売りの「お風呂上がりのアイスキャンディー食べ放題」!

単価はたかが知れていると思うのですが、それだけで豊かな気持ちになれるのですから、商売上手ですよね(^^)

そして、朝ごはん

函館4食目です!

ラビスタ函館ベイといえば、「日本一の朝食」で有名なのですが、確かに充実していました。

まずは和食から。

image

image

イクラも盛り放題の海鮮丼とか、ホタテの味噌汁とか、写真はないけど鮭ののっぺい汁とか。

美味しかったです

次は洋食。

image

花畑牧場とコラボしていて、ケーキなんかは花畑牧場のでした。

ラビスタ特製のプリンが美味しかったなー。

さすが北海道、乳製品は全て美味しかったです

て、さっきから美味しかったしか言ってないけど(笑)

ちなみに、いつも混雑しているらしい朝食レストランですが、私が行ったのは終了30分前だったので、もうガラガラでした。

ここでも、のんびり(^.^)

閉店時間の10:30に食事を終え、11時にチェックアウトしました。

帰りの飛行機が14:45発なので、13時には空港行きのバスに乗る必要があり、みっちり観光するような時間はないので、じゃあ、ホテル周辺のベイエリアを散歩しようかと。

image

image

海沿いにスタバがあったので、ここで休憩。

函館5食(?)目!

image

ゆったりしていて、くつろげるスタバでした。

スピッツ聞きながら、しばし、まったりー。

一人旅は、好きなペースで動けるから楽ですね。

image

スタバでゆっくりした後は、古い建物は見ておきたいな、と少し街を散策しました。

image

image

image

ハリストス正教会、綺麗な建物でした。

青空に映えてます。

その次は、近くにあったカトリック元町教会へ。

image

image

こちらは中に入ることができました。

入ったら、私以外に誰もいなくて。

静かで不思議な空間でした。

上手く表現できませんが、ここに来られて良かったと思いました。

少し佇んでいたら他の方達も来たので、そっと外に出ました。

坂を下りていったら、ハセガワストアーがあったので、こちらでは家族へのお土産を購入!

image

後程ご紹介します(^^)

さて、そろそろ空港に向かう時間が近付いてきたので、ラビスタ函館ベイに戻って預けていた荷物を引き取り、空港行きのバスに乗ります。

image

空港では少し時間があったので…。

image

最後のサッポロクラシック生を

函館6食目です!

最後まで頑張りましたよ。

それで、家に帰ってきまして、お土産は…。

image

image

ハセガワストアーのやきとり弁当

函館7食目です!

やきとり弁当と言いながら、豚肉を焼いたものなんですが、ハセガワストアーというコンビニの中にキッチンがあり、その場で作ってくれるのですよ。

温め直して食べましたが、美味しい!!!

「たれ」と「しおだれ」両方買ってみたのですが、これは次回から「たれ」一択ですねー。

1食560円とは素敵

イートインスペースもあったので、その場でも食べられます。

持って帰ってくるのは、たれが漏れたらどうしようかと心配していたのですが(一応、ジップロックに入れた。笑)、意外と大丈夫でした。

夫もまる子も大喜びでしたので、函館土産に「やきとり弁当」お薦めです(^^)

image

函館旅行のお土産です。

ラッキーピエロものが多すぎますね(笑)

いやー、ラッキーピエロの人気が凄くて、お土産品もじゃんじゃん売れていました。

ハンバーガーは持って帰れないけど、お菓子とかなら持って帰れるものね。

レトルトカレーも買ってきました。

ラッキーピエロでは、ハンバーガーの他に、カレーやオムライスもあるようなんですが、さすがに食べられなかったので、気分だけでも、と。

あと、今回知ったのは、北海道の「きびだんご」は、岡山の「きびだんご」とは全く違うものということ。

北海道のは、もともと「起備団合」と表記し、原材料はもち米、水飴、さとう、あんの4種類だそうです。

買うときに、「何で北海道なのに、きびだんごなんだろう」と思ったのですが、そういうことだったんですねー。

ちなみに、これ1つ50円なので、ちょっとしたお土産に最適だと思います

その他、定番のトラピストバタークッキーとバター飴。

子供の頃、お土産でこれいただくと本当に嬉しかったなー。変わらずに美味しかったです

あ、そうそう、もう1つ忘れていました。

image

北海道限定のサッポロクラシックの中でも限定の、富良野vintage

密輸入品です

爽やかで美味しかったなー。

これにて、1泊2日24時間滞在の函館旅報告は終了!

楽しかったし、美味しかったので、今度は家族で行ってみたいと思います(^^)

このページのトップヘ