子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

カテゴリ:子連れ国内旅行 > 2013.7 鹿児島一人(?)旅

image


浜松町駅のNEWDAYSで、サッポロクラシックが売っているという情報を聞きつけ、昨日の帰り道に買ってきました!

札幌で飲んだサッポロクラシック生には負けますが、やっぱりおいしい☆

ナツキタという期間限定キャンペーンの一環のようなので、しばらくは帰宅時にビール買って買えることになりそうです(^_-)☆

さてさて、いつもの朝の通勤時間ではなく、昼過ぎの変な時間にブログを更新しておりますが…

実は、今日から4連休です!

お仕事中の皆さん、すみません

明日、親戚の結婚式が九州であるので、前泊のためお休みしたのです。

しかも、今回、夫とまる子は留守番のため、一人旅(まあ、現地に行けば親戚一堂いるかと思いますが)。

のんびりしてきたいと思います(笑)


image


さつま白波に、新しいバージョンが出ていたとは、知りませんでした。

何だか、お酒ネタばっかりですが。

あ、ちなみに。

出発前、羽田空港でのお昼は、こんな感じでした(笑)

image



image


色々なホテルに泊まっていますが、城山観光ホテルのホテルの朝食がやっぱり一番かと。

なんせ、お味噌汁に白味噌と赤味噌があり、ホテルの方が入れてくれますからね。

あと、お刺身があるのも凄いといつも思います。

image


また、一番のご馳走は、この景色かも。

曇っていますが、晴れていると桜島がよく見えます

控えめにしたつもりですが、やっぱり食べ過ぎました

image


夏の旅行の前に、先月一人で行った鹿児島について書いておこうと思います。

鹿児島って、やっぱり遠いから行ったことのある方は少ないと思いますが、本当にいいところなんですよ!

ご飯もお酒もおいしく、そして、人も優しくて

もっと色々な方にその良さを知ってほしいので、ブログに書き残しておこうと思います

さて、今回の旅。

親戚の結婚式に出るのが目的で、宿泊先も式場となる城山観光ホテルと決めていたため、LCCで行くことは考えず、ANAの旅作というパックにしました。

城山観光ホテルは、鹿児島で一番のホテルで、皇族の方も泊まったりするのですが、そこに2泊3日して49,000円だったので、やっぱりパックは割安だわーと思いました。

特に今回は一人旅だったので、普通にホテルを予約すると割高ですものね。

出発当日。

結婚式が三連休初日だったため、会社休んで前泊です。

午後便だったので、午前中は出勤しようかとも思ったのですが、荷物も多いし、家事もしないといけないしで、朝から休みました。

ANA国内線のため、当然、羽田空港出発。

浜松町までは毎日行っているけど、モノレールに乗るのは久しぶりだわ。

image


いつもの駅前の光景が見えるけど、でも自分は仕事休みって、いいね(笑)

でも、思ったより時間がなくて、羽田空港を漫喫できなかったのは残念…。

image


手荷物検査の後に遅い昼御飯を。すぐに食べられるものといえば、これしかなかったんですよ

そして、時間がないにも関わらず、自分の乗車するゲートからメチャクチャ遠いところにある、ねんりんやへ。

ここには、ねんりんやカフェがあり、ホットバームクーヘンが売っているというので、急いでゲットし、すぐさま自分のゲートに凄い勢いで戻ったら、もう搭乗時間。

今回は一人旅のため、子連れだとNGな非常口前の席を予約できたので、この広さ

image


足がのばしたい放題です!

そして、飲み物のサービスが来たのでアイスコーヒーをいただき、

image


先程ゲットした、ねんりんやのホットバームクーヘンを

買ってから時間が経っていたので、あまりホットでもありませんでしたが生クリームもついていて、なかなか素敵なお茶の時間となりました。

いやー、席は広いは、飲み物は出るは、やっぱりレガシーキャリアはいいですね(笑)

このところLCCばかりだったので、その広さが(しかも非常口席だし)驚異的でした。

エコノミーでこれなのだから、プレミアクラスとか乗ったら大変だわね

image


機内ではiPadでスピッツ聞いたりして、のんびりしていたら、あっという間に鹿児島に到着しました。

出てすぐのところにあった、さつま白波(芋焼酎)のディスプレイ↑

いつの間にこんなに可愛いさつま白波(いや、「さくら白波」というらしい)が出たんでしょう?

ちょっと調べたところ、平成23年の九州新幹線開通の時に発売されたようです。西日本限定販売とのことなので、見たことないはずだわ

振り返ってみると、前回鹿児島に来たのは、まる子8ヶ月の時だったから、もう8年近く前なんだわー。月日がたつのは早いです。

空港からは鹿児島市内行きのリムジンバスが頻繁に出ているので、券売機でチケットを買って乗り込みます。

そこで、ちょっと分からないことがあったので係のおじさまに聞いたのですが、その返答が鹿児島弁で、柔らかいんですよね

一気に「鹿児島に帰ってきたーー」という気分になりました。

もちろん住んだことはないのだけど、子供の頃からしばしば来ているので、心の故郷なんです

空港から鹿児島市内へはリムジンバスで1時間弱くらい。

リムジンバスで鹿児島中央駅のバスターミナルに行って、そこから城山観光ホテル行きの無料シャトルバスに乗るつもりだったのですが、若干バスが遅れてしまい、1〜2分の差で乗れず…。

シャトルバスは30分おきなので、あと30分待つのはつらいなーと思い、仕方なくタクシーで行くことにしました。

城山観光ホテルは、とても素晴らしいホテルなんですが、城山というだけあって高台にあるため、車でないと行けない立地なのです。

タクシー乗り場に行って、「ここから城山観光ホテルまでだと、どれくらいかかりますか?」と聞くと、運転手さんが「あれ、さっきシャトルバスが出たところなんだよねー」と。

うちひしがれて「そうなんです、タッチの差で置いていかれてしまって…。千円くらいで行けますか?」と話すと、「そうですね。正面玄関まで回ると高くなるから、裏側でよければそちらに停めますよ」と、やっぱり優しい

ということで、ホテルの裏側の入口に車をつけてくれたので、千円弱で行けました。何て親切なんだ!

裏側の入り口なので、フロントまでは若干距離がありましたが、そんなの問題なし

フロントに行くと、すぐにチェックイン手続きをしてくれ、ベルボーイさんがお部屋まで案内してくれました。この辺りはさすがです。

image


シングルのお部屋なので、ベッドと机だけでいっぱい。

image


でも、ダブルベッドなので、ゆっくり眠れました。

ただ、残念だったのが水回り…。

image


ユニットバスにも程があるというか(注:これでも、かなり遠慮して写真撮っています。笑)

経年劣化もひどいし、ここだけさびれたビジネスホテルみたいでした

まあ、城山観光ホテルには桜島の見える絶景の温泉大浴場があり、このお風呂には入らなかったからいいんですけどね。

ツインに泊まっていた両親の部屋に行ったときにお風呂を見せてもらったら、当然、とても綺麗なお風呂だったので、シングルルームはビジホ的な利用を想定しているということなんでしょうね。

なお、海側だと桜島ビューで絶景なのですが、安いパックなので山側のお部屋で、こんな感じの眺めでした

image


でも、山が綺麗ですね

やっぱり、いいところだわー、鹿児島

image


鹿児島1日目の夜は、遠い親戚がやっている居酒屋に、親戚一同集まりました♪

私は従兄弟の子供達と遊んでいたのであまり飲みませんでしたが、翌日が結婚式だというのに、みんな結構飲んでいて

初日からとばしてました(笑)

なお、今回は母方の親戚の結婚式だったので、私の家族は両親&兄が鹿児島へ来ていました(妹は仕事のため欠席)。

その他にも叔父と叔母がそれぞれ夫婦で、また鹿児島の遠縁の方達等も来ていて、とにかくお店がいっぱい!正直、半数以上「どなたでしょう??」という感じでしたけど(笑)

さて、翌朝。

城山観光ホテルといえば、朝食!というくらい有名なここの朝ご飯。

朝はのんびり寝ていたいところですが、ちゃんと起きて食べに行きました

かなり混んでいましたが、整理券番号制で、規律をもって案内いただけるのでストレスもなく、さすがでした。

image


食事は、和洋両方あり、それぞれ「きちんと」おいしいです

例えば、コーンポタージュも、手作りの味というか、丁寧に作られた味がします。

そういう朝食ブッフェって、なかなかないんですよねー。

また、ブッフェにも関わらず、係の方が沢山配備されています。

オムレツを焼いてくれる方はもちろん、席に案内してくれる係、お盆を渡す係、お味噌汁を入れる係、等々。

お味噌汁を「白味噌と赤味噌どちらにしますか?」と確認して、お椀に入れてくれるんですよすごいです。

しかも、それぞれがバイト感なく、きちんと仕事されているのです(私の言うバイト感は、実際の雇用形態云々ではなく、職務に対する責任感の有無です)。

↓3日目の朝食です。

image


たらふく食べた後に、カレーがあることに気付き、ついつい食べたくなってしまいました。

すると、運悪くカレーがなくなってしまい…。

係の方が追加手配してくれたので待っていたのですが、なかなか来なかったので、「諦めようかな…」と思っていたら、「お席にお持ちします」とのことで、後から席まで持ってきてくれました。

しかも、福神漬を別皿に添えて。

さすがです!

あの混雑の中で、こうした気配りができるのは、素晴らしいなと思いました。


披露宴で、食べ過ぎ飲み過ぎたので、夕方近くまで部屋でまったりして、天文館に行ってみることにしました。

天文館というのは、鹿児島の繁華街のことで、たくさんの飲食店があります。

この時期、天文館といえば、むじゃき

image


そう、かき氷の白熊で有名なお店です。

夕方だったので、そんなに混んではいなさそうでしたが、一同、全くお腹は空いていません。

でも、ちょっと食べたいよね、ということで、テイクアウトのハンディ白熊を数名で食べることにしました。

かき氷を手持ちで食べるって、初めての経験だわ

image


白熊の顔をしているのが分かりますか??

お味はもちろんおいしかったのですが、外が暑い上に手持ちなので、どんどん溶けていき…。

やっぱり通常の白熊とは違うんだろうなーと思います。

白熊の後は、「焼酎飲みたいー。きびなご食べたい!」ということで、天文館をウロウロ。

良さそうなお店が満員でシヨックを受けていたら、怪しげなお店(笑)の客引きのおじさまが、「ここが満員だったら、あそこがいいよー。魚屋さんがやっているお店だからねー」と教えてくれて…。

結託していたらどうしようと思ったのですが(笑)教えてくれたお店も普通に人気店のようだったので、入ってみることに。

image


image


ちょうど個室が空いていたので、タイミングよくそこに入ることができ、久々に八幡も飲めたし、きびなごも食べられたので、ラッキーでした。

おじさま、疑ってすみません(笑)

鹿児島の人って、こういうところが親切なんですよね困っている人を放っておけないというか

こうして、天文館の夜は更けていったのでした


続きを読む

image


沖縄旅行記の前に、書きかけの鹿児島旅行記をアップしてしまおうと思います

鹿児島って、皆さんなかなか行く機会がないと思いますが、本当にいいところなんですよ!

今回、時間がないながらも、1日でかなり色々楽しめたので、モデルプランとしてご参照いただけると幸いです。

長くなるので、【続き】をご覧下さい




続きを読む

image


鹿児島港に帰ってきました。

本日のランチは、もちろん鹿児島ラーメン!!!

ご存知ない方も多いと思いますが、鹿児島ラーメンて本当においしいのです

今回伺うお店は、B級グルメに関する嗅覚の異常に鋭い(笑)兄が探した桃源らーめん。

どんなラーメンが食べられるのか、期待大です

鹿児島港からバスに乗って天文館へ。

桃源ラーメンは、かき氷で有名なむじゃきの裏手にあります。

image


ぎりぎりランチタイム終了前だったので、なんと500円でラーメンが食べられます

image


もちろん、ランチラーメンをお願いして

image


鹿児島ラーメンには必須のお漬物を食べながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

こちらの店主の方は、非常にしっかりとした接客をされていて、気持ちよく食事することができました

image


ラーメン来た!!!

スープを一口飲むと…

お、おいしい

とんこつだけど、魚介の風味もするし、複雑な味がします。

久し振りに、こういうおいしいラーメン食べました

そのおいしさは、「炭水化物をあまり摂らないストイックな兄が替え玉をしていた」ことからも、よくお分かりいただけますでしょうか(笑)

近所にあったら、間違いなく通うなー

大変おいしく頂戴しました

次回、鹿児島に行くことがあったら、ラーメン好きの夫とまる子にも食べさせてあげたいです

image


おいしいラーメンの後は、やっぱり白熊が食べたいよねーと、むじゃきを見に行ったのですが、すっごい行列で、断念…。

どうしよう?これから観光するにしても、荷物が邪魔だよねーと歩いていると、叔父夫婦にばったり出くわしました

聞くと、天文館の中に荷物を預かってくれる観光案内所のようなものがあるとか。

早速、そこに行ってみることにしました。

「天まちサロン」というそこは、荷物を1つ100円で預かっていただけるし、観光案内もしていただける、素敵な場所でした。

身軽になったところで、短時間で観光できる場所や、むじゃき以外においしい白熊が食べられるお店を聞いたりしました。

その中で、穴場だったのが蜂楽饅頭の白熊!

むじゃきのすぐ近くにあるのですが、昔ながらのお饅頭屋さんなので、誰もその存在に気付かず(地元の方は、普通にお饅頭食べて休憩してますけど)、すんなり入ることができました。

image


ミニ白熊を食べて、大満足です!

その後、観光しようかとも思ったのですが、暑いので断念し、天文館をブラブラ。

image


image


プチ鉄子的には、路面電車乗りたかったなー。

image


最終的には、天まちサロンで叔父夫婦と合流し、リムジンバスで早めに鹿児島空港へと向かいました(両親は鹿児島から屋久島に向かうため、お昼前には出発済)。

image


鹿児島空港には、足湯があるんです

疲れた足を癒すことができて、有り難いですねー。

飛行機は直前になって機材の変更があり、何かと話題のボーイング787に。

image


帰りも非常口席を指定していたので、広々

しかも、隣の方はいなかったので、超のんびりでした。

ボーイング787、綺麗だし、快適でしたよ。安全性だけは、妥協しないで欲しいですが

こうして、2泊3日の一人旅(途中は家族親戚沢山)は、無事に終わりました。

7年ぶりの鹿児島、やっぱりいいところだったなー。

近いうちに夫とまる子を連れてきてあげないとね



このページのトップヘ