子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

カテゴリ: LCCで行く家族旅行

image


夏の沖縄旅行に向けて、ネットで旅行記を読んだりして色々研究しております。

今回もLCCで行く我が家。

ネット上では賛否両論あって、突然運休になってしまった方なんかは、「もう絶対に使わない」という論調が多いように思います。

これって、定時運行が当たり前な日本人だからこそ、より一層強く感じる不満なんだろうなと思います。

我が家は去年11月のソウル(1人片道3900円)、今年2月の札幌(雪まつり期間に3人で8万円)と、2回LCCを使いました。

使ってみた感想は、

この料金で旅行できるのならば、また使いたい!

です。

もちろん、席は狭いし、ドリンクサービスもありませんよ。

でも、それって必要ですか??

だって、普段、新幹線に乗るときはペットボトルとお弁当買って乗るでしょ?

よっぽどのセレブじゃないと、飲み物係とかつかないと思うし(どんなセレブ?笑)

そして、買っていなければ、車内販売でコーヒー買ったり、ビール買ったりすればいいわけで。

逆に、私は飛行機の機内食が苦手だから、それがなくて、その分安くなるのならば、welcomeです。

また、運休に関してですが、台風で新幹線が止まったとしても、皆さん諦めて宿を探すなり、何なりしますよね。

仕事の予定に間に合わなくても仕方ないね…ということになるかと思います。

LCCも、そういうことなんだと思います。

いざそうなったら、「どこに泊まればいいんだ」とかパニックになりそうですが、大人なので、自分の口とネットがあれば、ある程度の情報は集められるのではないかと。

こと飛行機に関しては、「全部航空会社がやってくれる」という文化が根付いていますが、他の交通手段だったら、誰もがやっていることだと思います。

ちょっと長くなってしまったので、続きはまた

image


前回の続きです。

LCCを「新幹線の自由席のようなものだ」と書きました。

訂正します。

新幹線の自由席の方がよっぽど広いです(笑)

でも、安全で迅速に旅客を運んでくれるという意味では同じだなと思っています。

また、LCCの価格は新幹線並みだと思いますが、飛行機なので、スピードは当然早いです。

北海道や沖縄等、飛行機じゃないと絶対に行けないような場所(そのため、なかなか行けない場所)に、行くときには物凄い威力を発揮してくれます。

新幹線より席は狭いけど、2〜3時間の旅だったら多少の狭さも気にならないんじゃないかな。

ちなみに、LCCを利用したことがない方は、何となく苦手意識を持っていませんか??

「どうやって予約したらいいんだろう」とか、「ちゃんと飛ぶんだろうか」とか。

正直、私も最初はそう思っていました。

LCC元年と言われた昨年、「乗ってみたいなー」とは思っていたのですが、いまいち踏ん切りがつかず…。

で、何で乗ろうと思ったかというと、「ソウル片道3900円!」という、衝撃的な価格に尽きます。

この金額ならば、何でも許せちゃうという(笑)

そして、実際に搭乗し、1泊2日ソウル家族旅行をやってみて、何の問題もなかったので、「これは旅の楽しみが広がるツールだなー」と、しみじみ感じたのです。

だって、従来だったら、家族で1泊2日ソウル旅行なんて、考えられなかったですもの。

家族旅行って、当然、何でも×家族の人数だから、想定外にお金がかかります。1人分なら、「エイッ」と思いきれる金額でも、×人数分だと、かなり躊躇しますよね…。

そんな家族連れだからこそ、LCCの安さって、本当に有り難いのですよー。

と、つらつらと書きましたが、LCCを2回利用してみて、私が「これは知っていたほうが」と思った点を書いておきます。

◆日程が決まっていたら、早めに予約する。

LCCは、残席数などによって、随時価格を変えています。
例えば、我が家が乗る予定の8月中旬の沖縄便。
私が予約した3月の時点では、3人で5万円でしたが、昨日見てみたら、倍の金額になっていました。それでも安いと思いますが、早期予約は特にお得みたいです。

◆有料で荷物を預けるのならば、宅急便で送った方が楽(国内線に限りますが)

LCCの受託手荷物が有料なのは、有名な話だと思います。
そのため、そもそも荷物が少ない方は、機内に持ち込めばよいかと思います(もちろん、基準の範囲内で)。
でも、例えば旅先に長期間滞在するので荷物が多くなってしまうような時は、発想の転換で、先に宿に荷物を送ってしまえばよいのではないでしょうか。
日本が誇る宅急便システムならば、迅速かつ低料金で運んでくれます。そうすれば、空港までかさ張る荷物を運ぶ必要もないですし、荷物が出てくるのを待つ時間もありません。
残念ながら、海外便の場合には使えない技ですけどね…。

◆エアアジアは持ち込み飲食物の飲食一切NG。ジェットスターはOK

同じLCCでも、このあたりの方針は全く違うんですよね。
個人的には、機内食有料なのだったら、持ち込んでもいいじゃんと思いますが、各社の方針なので、それに従うしかないですね。

◆キャンペーンの格安料金が出たら、取り敢えず席だけ予約して、オプションは後日追加する。

一番最初に980円ソウル便を予約しようとして失敗したのですが、敗因は「オプションどうしよう…」ということでした。
なんせ、初めてのLCC。
荷物は?ブランケットは?機内食は?保険は?
分からないことだらけで、躊躇しているうちに時間が経過して予約取れませんでした。
が、その失敗を経て気づきました。
「オプションなのだから、後で追加すればいいんだ」
そうなんです。受託手荷物の料金は当日払うと割高ですが、何も最初から加えておかなくても、ある程度前に追加しておけば大丈夫なのです。
どんな旅で、どんな荷物が必要なのか、よく考えてから追加すればよいのではないかなと思います。

◆座席は、追加料金を払っても指定しておいた方が楽。

LCCは、3列シートが2つ並んでいる座席配置なのですが、3列シートの真ん中で知らない人に挟まれたら、かなりきついと思います…。
特に1人で乗る時なんかは、数百円のことなので、通路側を指定しておくと楽だと思います。

◆ホテルは直前までキャンセル可能なプランで予約する。

この夏の沖縄旅行。
私は究極の晴れ女なので心配していませんが、でもやっぱり、台風は気になります(南国の台風の怖さは薩摩おごじょの母からよく聞いているので、とにかくそうなったら室内にいるしかないかと)。
万が一、運休になった場合に備えてのホテル予約は、こんな感じです↓

初日:那覇市内のビジネスホテル。前日までキャンセルOKかつ安い。
2日目以降:リゾートホテルを、ホテル直サイトで予約。2日前までキャンセルOK。
⇒万が一飛行機が運休になっても、キャンセル料をなるべく抑えるための方策です。
 
◆余裕を持ったプランにする。

繁忙期とか、「明日は必ず出席しなければいけない会議がある」なんて時には、使わない方がいいと思います。
夏休みの旅行は、最悪その週ずっと沖縄でも問題ないので(お金は問題だけど。笑)、いざとなったらジタバタせずに過ごそうと思います。また、そんな時のためのホテルの目星もつけています(^_-)     
 
ふー、こんな感じですかね。

とにかく、「LCCは新幹線の自由席」だと割り切って使ってみて下さいね。

そうしたら、「時間が1分過ぎたからって、搭乗を締め切るなんてヒドイ!」という論調にはならないのではないでしょうか(実際にそうなったら、ショックだとは思いますが)。

だって、新幹線なんて、指定券あろうが、グリーン券あろうが、時間になったらベルを鳴らして発車するだけですからね(置いていかれた経験あります)。

とにかく、発車ベルに間に遅れないよう、時間厳守でいってらっしゃい!


2012年11月18日(日)〜19日(月)、1泊2日で行った初めてのソウル子連れ弾丸旅行記録です。

下記のリンクからご覧下さい(手抜きでごめんなさい…)

http://blog.livedoor.jp/bungakutei/lite/archives/cat_50054510.html

手配費用は以下の通りです。

航空券(3,900×2×3人分) 23,400円
空港利用料料(3人分) 13,290円
手荷物料金や座席指定料等 8,096円
機内食(復路3人分) 2,260円
--------------------------------------------------
エアアジア 47,676円

ホテル (ソウルロイヤル) 16,300円

→合計63,976円

よく分からず手荷物受託を頼んでしまいましたが、大して買い物もしなかったし、我が家としては不要でした…。

そして、航空券代がこれだけ安いと、空港利用料が高いなーと、しみじみ(笑)

2013年2月10日(日)〜11日(月)に1泊2日で行った、これまた初めての札幌旅行記録です。

もちろん、雪まつりも初めての経験でした☆

↓詳細はこちらをご覧下さい(手抜きですみません…)。

http://blog.livedoor.jp/bungakutei/lite/archives/cat_50054657.html

手配費用

航空券 80,100円(26,700×3人)
ホテル 20,000円(ツイン。まる子は添い寝)
--------------------------------------------------------------
合計 100,100円

今回は荷物は預けず、機内食も頼みませんでした。

手配したのが2か月前だったので、航空券代は激安ではありませんでしたが、雪まつり期間の三連休にこの金額で行けたので大満足です。

ANA、LCCを一本化 エアアジアとの合弁解消へ :日本経済新聞

ANA、LCCを一本化 エアアジアとの合弁解消へ
「ピーチ流」移植、テコ入れへ 2013/6/10 23:09

 アジア最大の格安航空会社(LCC)エアアジア(マレーシア)がANAホールディングスとのLCC合弁事業を解消する方針を固めた。鳴り物入りで国内市場に参入したエアアジアだが、利用率の低迷が響いた。ANAは合弁会社を100%子会社化して、同社系のピーチ・アビエーションとのブランド一本化を検討する。

 「長い歴史を持つ航空会社と若い航空会社が理解し合うのは難しい」。エアアジアのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)は10日、クアラルンプールのホテルで日本経済新聞記者の質問に答え、こう語った。提携解消については「まだ決まっていない」としつつも、ANAとの溝の深さをうかがわせた。一方、ANAホールディングスは「(合弁解消が)正式に決まった事実はないがなるべく早く結論を出す」(幹部)とした。

 エアアジアとANAが合弁解消に踏み切る理由はエアアジア・ジャパンの低迷だ。昨年3月に関西国際空港を拠点にするANA系のピーチ、同7月に日本航空が出資するジェットスター・ジャパン、同8月にはエアアジア・ジャパンと、LCCが相次いで就航した。だが3社の中でエアアジア・ジャパンは平均利用率で唯一60%台と低迷。4月には50%台と回復の兆しが見えなかった。

 低迷の理由としてネット予約システムの使い勝手の悪さがあげられる。他社に比べ時間がかかるうえ、英語の表現が多いなどでリピーターが広がらなかった。国内の航空券販売では旅行会社経由が一定割合あるにもかかわらず、ネット予約だけに固執したことも痛かった。ネット予約も販売手法も、エアアジアが東南アジアで成功した格安モデルだが、日本では本領を発揮できなかった。

 一方、同じANAグループのピーチは事業開始にあたり、利用者の動向を綿密に調査した。バーコードで手軽にチェックインできるなどの独自システムを導入し、高齢者など利用者取り込みに成功している。

 今後ANAは、エアアジア・ジャパンを100%子会社化してピーチブランドへの一本化を検討する。ピーチとは独立した会社として運営し、首都圏のLCC事業をテコ入れする。

 ただエアアジアの拠点である成田空港が抱える問題は残る。都心から遠い成田空港は早朝深夜のアクセスが悪く、国内線の拠点として認知度もまだ低い。しかも、離着陸の制限時間があるため機材の稼働にも限界があり、運営上の障害が多い。「施設の使用料など空港コストの引き下げもお願いしなければならない」(ANA幹部)だけに、経営改善には時間がかかりそうだ。


この記事を読んでびっくりしたのですが、エアアジアジャパンて、他のLCCに比べて搭乗率が低く、経営不振だったんですね。

この半年間で2回、エアアジアジャパンを使った我が家としては、何だか不思議な感じです。

2回とも、結構混んでいるなーという印象だったし、特に問題も感じなかったので。

今後、同じANA傘下のピーチと統合される可能性もあるようですが、どうか撤退だけはしないで欲しいなと思います。

従来のフルサービス航空会社とは別に、LCCの選択肢は是非とも確保しておきたいので。

しかし、安くてもそれなりのサービスを求めるのは、日本ぽいですよね。

ネットだけでの販売でも、全く問題ないように思うんですが、それが障壁となっているというのとは、ネットのメインユーザーでもある若年層が、意外と使っていないんでしょうか?

100円ショップで丁寧な接客を受けると、「日本のソフト力は凄いなー」と、いつも思います。

まあ、それが良い部分でもあり、時に悪い部分にもなるんでしょうね。チップのない文化の弊害というか。

安い=最低限のサービス

というように捉える人が少なくて、「安くたって、それなりのサービスがあるんでしょ?」思っちゃうんですよね。

チップって、海外旅行に行くと煩雑で嫌なんですけど、「労働の対価を金銭で評価する」という意味では、シンプルでいいのかもしれないですね。

なお、話は変わりますが、関空を拠点としているピーチが、ついに関空→成田路線を飛ばすようですね。

関空からの格安海外航空券て多いから、関東在住者の選択肢が広がりますね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130612-00000057-impress-ind

H.I.Sとチャーター便航空会社「アジ ア アトランティック エアラインズ」 共同発表会 / 成田・関空〜バンコクが1万円、ビジネスクラス バンコク4日 間で4万9800円
Impress Watch 6月12日 17時0分配信

H.I.S(エイチ・ア イ・エス)は6月12 日、2012年12月に子会社として設立した 国際チャーター便航空会社の正式名称を 「Asia Atlantic Arilines(アジア アトラン ティック エアラインズ)」とすることを 発表。アジア アトランティック エアライ ンズと共同で、夏のチャーター便に関する発表会を開催した。

アジア アトランティック エアラインズ は、本社をタイのバンコクに置き、資本 金は5億4000万タイバーツ。株主は、株式 会社エイチ・アイ・エス(49%)、エイ チ・アイ・エスのタイ現地法人 H.I.S TOURS CO.,LTD.(39.0)、Mr.Panlert Baiyoke(12.0%)から構 成されている。

チャーター便とは、ある一定期間就航 する便で、イメージとしては、鉄道の臨 時電車に近いものとなる。アジア アトラ ンティック エアラインズ社長のHaque氏 は、当初発表した社名「Asia Pacific Airlines(アジアパシフィックエアライン ズ)」から、アジア アトランティック エ アラインズに変更したことについて、 「太平洋を超えて、大西洋まで届くよう な航空会社にしたかった」と語り、将来 的には欧州路線開設を目指している。

当初開設する路線は、いずれも日本と タイを結ぶもので、成田国際空港〜バン コク線(7月19日〜9月29日)と、関西国 際空港〜バンコク線(7月27日〜9月27 日)の2路線。いずれも毎日運行し、初便 就航記念価格は成田・関空〜バンコク間 が、片道1万円となる。

2機のボーイング 767-300ERをリースで 運用し、LCC(格安航空会社)モデルでは なく、フルサービスの航空会社として、 食事などのサービスのほか、ビジネスク ラスも用意される。ドリンクに関して は、ビジネスクラスはソフトドリンクお よびアルコール類とも無料、エコノミー はアルコール類のみ有料となっている。

H.I.Sは、このアジア アトランティック エアラインズから、座席を買い、ホテル などと組み合わせて旅行商品を作ってい く。その商品は、デラックスホテルに滞 在する成田〜バンコク4日間プランが3万 9800円、スイートルームに滞在しビジネ スクラスを利用する成田〜バンコク4日間 プランが4万9800円というものとなる。 もっとも早く売り出すプランはビジネス クラスのプランで、6月13日10時からWeb で受け付ける。また、航空券について も、H.I.SのWebサイトで販売を行ってい く。

●アジア アトランティック エアラインズ

http://www.his-j.com/tyo/special/asia_atlantic_airlines.html

日本では、昨年LCCの就航が相次ぎ、大 きな話題となっている。このLCCとチャー ター便航空会社の違いについてH.I.S 代表 取締役社長 平林朗氏は、「お盆やお正月 などにおいては、航空料金が通常の2倍、 3倍になる。それをチャーター便を飛ばす ことで引き下げることができる」と説 明。チャーター便の、繁忙期における航 空座席供給数の不足を補う役目に期待す る。

アジア アトランティック エアラインズ は、H.I.Sが多くの出資をするものの、 H.I.S専門のチャーター便会社というわけ ではなく、国内のほかの旅行会社も、タ イの地元旅行会社においてもチケットを 取り扱える。実際、成田・関空〜バンコ ク路線は9月で終了し、10月以降は中国・ 韓国〜バンコクを結ぶ路線となるため、 タイでの販売強化が必要になる。

Haque アジア アトランティック エアラ インズ社長は、将来構想として20機の運 用を目指し、タイ〜成田〜グアム路線 や、タイ〜成田〜ハワイ路線の開設を視 野に入れている。これは、アジアの経済 発展に伴い、今は日本を目指しているア ジア地域からの観光客が、いずれその先 に目を向けるだろうという見通しによる ものだ。


昨日はLCCに関しての記事を書きましたが、H.I.Sがチャーター便を運航するというのが気になったので、今日はそれについて。

このチャーター便の画期的なところは、アジア各国の休みのピークに合わせて、時期をずらして運航すること。

例えば、日本はお盆を中心とした夏、中国は旧正月の2月、といったように、アジアは休みのピークが上手くずれているので、各国の繁忙期に運航させるようです。

ふむふむ、それって、かなり賢いかも。

閑散期に運航させるロスがなくなるから、繁忙期の搭乗であっても、そんなに高くならないとうことですね。

また、LCCのようにサービス面を切り捨てということもないようなので、受け入れられやすいかもしれないですね。

LCCって、パックツアーには向かないから、H.I.Sとしては、チャーター便を活用していこうということのようです。

H.I.Sは、過去の経緯もあって苦手ですが(笑)こういうビジネスモデルは気になるなー。



image


以前、旅行会社のH.I.S.が、チャーター便を運行する航空会社を設立したという記事を書きました。

夏の旅行のピーク時だけ飛ばすため、従来型のサービスをしてもコストが抑えられ、かなり安い航空券代となるので、合理的だわ!と感心していたのですが…。

「ガイアの夜明け」を見て知ったのですが、就航が1ヶ月延期になったのですね

理由は、単なる手続きの遅れ…。

スケジュール管理が甘かったということです

もちろん、既に沢山の予約を受け付けていたので、その分は他社便に振り替えたそうですが、お粗末過ぎてびっくり…。

過去に痛い目にあったことのある私は、「やっぱり、H.I.S.はこういう会社なんだわ…」と、再認識した次第です。

しかし、本当は「ガイアの夜明け」で取り上げてもらって、華々しくデビューしたかったでしょうにね…。

期待していただけに、がっかりです


miffy (ミッフィー)とのコラボモデル!折りたたみキャリーカート≪C2295≫【フーアーユーシリーズ】SSサイズ(約1日〜2日向き)【同梱対象】【機内持ち込み可】[siffler シフレ キャリーケース キャリーバッグ 子供用 キッズ ショッピング エコ ママ トート バッグ]
miffy (ミッフィー)とのコラボモデル!折りたたみキャリーカート≪C2295≫【フーアーユーシリーズ】SSサイズ(約1日〜2日向き)【同梱対象】【機内持ち込み可】[siffler シフレ キャリーケース キャリーバッグ 子供用 キッズ ショッピング エコ ママ トート バッグ]

ソウル、札幌とLCCを利用して、しみじみ感じたのは「荷物はできる限り持ち込みにした方がよい」ということでした。

預けるとお金がかかるのはもちろん、飛行機が到着してから荷物が出てくるまで時間がかかるので(多分、LCCターミナルは遠いから…)、それならば機内持ち込みしてしまった方がロスがなくていいんです(^_^)

ということで、沖縄旅行に際して、機内持ち込み可能なキャリーケースをもう1個買うことにしました。

ただ、既にスーツケース2個(大・小)+キャリーケース1個あるので、これ以上は収納に困る…。ていうか、既に困ってますから

どうしようかな…と思ってかばん屋さんを見ていた時に、折りたたみ式のキャリーケースを発見!

おお、そんな素敵なものがあるのね

同じようなものをネットで探したら、ちょっと可愛らしいのですが、ミッフィー・スヌーピー・キティちゃんなんかのキャラのがあったので、特徴があった方が間違えないかなと思って、敢えてキャラ物にしてみました

車輪の部分が外れるので、折りたたむと確かにペタンコになります。

フレームはそんなに頑丈そうではないので、あまり重たい荷物を入れるのは無理かもしれませんが、うちは通常のキャリーケースに衣類、折りたたみキャリーケースにお土産というように分けて使っていたので、問題ありませんでした。

場合によっては、もう1つ買って、1人1キャリーでもいいかなと思っています(^_^)



先日、「LCCのバニラエアに問い合わせをしたけれど、一向に回答が来ない」と書きましたが、ようやく回答が来ました…。

3月2日に問い合わせて、3月19日に回答とは

座席指定で一番前の席に3人並んで予約しようと思ったら、まる子だけできなかったので、その件を問い合わせた次第で…(一番前の座席指定には年齢制限がありますが、9歳はOKとの記載だったので)

この度はバニラエアへお問い合わせいただきまして誠にありがとうございます。

バニラエア航空券発売にご関心を寄せていただきましたことお礼申し上げます。

お問い合わせフォームが大変込み合っておりました為ご返答が遅くなりまして申し訳ございませんでした。

お子様の1列目のお座席指定でございますが、実際は可能でございます。

ただ、現在お子様の1列目のお座席指定が弊社ウェブサイトよりできない不具合が発生しております。

ご迷惑をおかけ致しまして、大変申し訳ございません。

恐れ入りますが、お子様のお座席指定をせず、ご予約をされた後、弊社予約センターへご連絡をいただけますでしょうか。

予約センター手数料を免除の上、お座席指定をさせていただきます。

※お座席代金のお支払い方法はクレジットカード払いとなります。

**バニラエア予約センター**

予約・変更・解約・払い戻しの手続きや、各種お問い合わせを承ります。

0570-6666-03(通話料有料)

営業時間 10:00〜18:00 月−金曜日(祝祭日、年末年始を除く)

お手数をおかけいたしますが、何卒宜しくお願いいたします。

社員一同      ○○様とお会いできますことを心よりお待ち申し上げております。


上記のような回答だったのですが、予約センターが土日お休みでは、どうにもならないですよね…(しかも電話代有料)。

その隙に、他の方が座席指定してしまうこともあるでしょうし

エアアジアジャパン改めバニラエアには、非常に期待しているだけに、こういう基本的なことには早く対応して欲しいなと思います

取り敢えず、回答があったのは良かったけどね

このページのトップヘ