子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

カテゴリ:子連れ海外旅行 > 2012.11エアアジアで行く子連れ弾丸ソウル旅行(7歳)



昨日、「エアアジアジャパン、ソウル路線就航。キャンペーンで片道980円も!」というニュースを見ました。

発売は、10月10日午後23時から。

まあ、熾烈な席取り合戦なんだろうなーと思い、夫に「取れないと思うけど、もし980円でチケット取れたらソウル行く?」と聞くと、「行ってもいいよー」。

で、何となく23時にipadを開いてアクセスしてみると、何と家族三人分片道980円で表示されているじゃないですか!

空港利用料を含めても、往復2万円弱(もちろん、家族3人で)。

おおーーと思い、必要事項を入力していったのですが、エアアジアの予約が初めてで要領得ない上に、ipadだったこともあり、チンタラしているうちに何故かページの表示がおかしくなり、キャンペーン料金でのキープは消えてしまいました(>_<)

チーン(-_-;)

一瞬夢見ただけに、ショック大きい…。

それでも、片道6980円という料金があったりして非常にお得だったのですが、家族3人で5万円か…と思い、当然予約しませんでした。普通に考えれば相当安いのにね(笑)

巷で話題のLCC、我が家は成田からまあまあ近いので、それもアリかなと思っています。

今回は逃しましたが、いつかまたチャレンジしてみたいと思います♪

image


おはようございます。

昨日は、帰りの電車の乗り継ぎが悪く22時過ぎに帰宅しましたが、まる子も元気に登校していきました。

今週はあと3日だし、頑張ります(^_^)

さて、昨日のブログを読んで「何故、突然弾丸ソウル??」と思われた方も多いかと思いますので(笑)出発までのいきさつを。

そもそもは、まる子の土曜登校の振替休日で1泊旅行にでも行こうか?というところから始まりました。

予算は交通費と宿代で一人2万円くらい。

日光が最有力で、奈良もいいなーなんて考えていました。

ところが、直後にエアアジアのソウル片道980円というキャンペーンがあり、「おおっ!」と盛り上がったものの、上手く予約できず、終了…。

でも、気分が盛り上がっていたので、諦めきれずモヤモヤしていたら、何とその後、「片道3900円!」というキャンペーン料金が出たのです!(Facebookで情報入手)

ソウルまで3900円!

充分安いのですが、980円程のインパクトがないからか枠に余裕があり、予約成功♪

ということで、片道3900円で行く弾丸ソウル旅行の企画が始まったのでした(^_^)

あ、ちなみに、私も夫も、もちろんまる子も、初めてのソウルです。

かなり無謀?(笑)な企画のため、事前準備はしっかりしていきましたので、それはまた別な記事で(^_^)

さて、出発1ヶ月前に片道3900円でソウル往復チケットは予約したものの、韓国に一度も行ったことがないから、旅の基礎知識が皆無なワタクシ…。

どうしよう…と思って、何度かソウルに旅行している後輩女性にヘルプを求めました。

最近は、韓国コスメや食事を楽しむために、若い女性が頻繁にソウルに行っているので、詳しいんですよね(^_^)

ということで、「初ソウルに、子連れ、一泊二日で行くんだけど、どこに泊まればいいかな?」(我ながら、かなりメチャクチャな質問。笑)

すると「明洞(ミョンドン)がいいですよ。すごく便利な場所なので」ということと、その他様々なアドバイスをいただいたので、ホテルは明洞地区に決定!

これがとっても助かりました。土地勘がないから、どの地区がいいとか、全く分からなかったので。

で、楽天やエクスペディア、その他諸々でホテルを探していたところ、明洞にソウルロイヤルホテルという、空港との無料シャトルバスを出しているホテルがあるのを発見。

お値段的にも、ロッテホテル等に比べると安い割にきちんとしてそうだし、何より3人で泊まれる部屋がある!

で、楽天でダブルベッド+シングルベッドルームの2ベッドルームをを18,000円で予約していたのですが、韓国旅行サイトのコネストを見ていたら、何とデラックストリプルルームが16,300円で出ているじゃないですか!

ベッドが3つあるのに、2ベッドルームより安いなんて!と思い、すかさず予約。

でも、これ多分間違いだったんだと思います(笑)

しばらく後に、コネストを見たら同じ部屋が26,300円になってましたから(笑)

と、ここまでの手配費用は、

航空券(3,900×2×3人分) 23,400円
空港税(3人分) 13,290円
手荷物料金や座席指定料等 8,096円
機内食(復路3人分) 2,260円
------------------------------------------------
エアアジア 47,676円

ホテル 16,300円

→合計63,976円

ということで、1人21,325円にて手配完了!ほぼ予算通りです(^_^)

さて、旅行記1日目の始まりです。

と言っても2日間しかないんですが(笑)

例によって、記録のために細々書きますので、よろしくお願いします(^_^)

今回、エアアジアのソウル便を躊躇なく予約できたのは、飛行機の時間が子連れでも問題ない時間だったからというのが大きいです。

行き:成田14時15分発→ソウル(インチョン)17時着

帰り:ソウル17時45分発→成田20時着

LCCは早朝とか深夜とか、子連れには厳しい時間が多いので、その中では至って普通の時間設定になります。

ということで、日曜の朝はゆったり出発で、10時頃自宅を出発。

途中で京成成田スカイアクセス線アクセス特急に乗り換え、11時11分に空港第2ビルに到着しました。

我が家から成田空港は、片道1時間、電車代も1000円と、比較的近いんですよね。

でも今回は時間に厳しいLCCのエアアジアなので、時間に余裕を持って行動しました。

だって、国際線は搭乗時間の1時間前で完全にチェックインは締め切り。

また、チェックインは済んでいても、搭乗時間の20分前までに搭乗しないと、絶対に搭乗させてくれないと言うのだもの、ビビりますわ(笑)

ということで、チェックイン開始時間(搭乗時間の3時間前)の11時15分過ぎにはエアアジアカウンターに到着!

image


場所はFカウンターという、非常に分かりづらいところ。ただ、事前にメールでチェックイン時間の案内と共に場所の案内もあって「ユニクロの裏手です」とあったので、迷わずに済みました。

チェックインは混んでいるのかな?と思いきや、ガラガラであっという間に終了。

image


エアアジアの国内線はカウンターでチェックインすると手数料取られるようですが、国際線はパスポートのチェックがあり対人手続き必須なので、それはありません。

事前チェックインをしていこうかどうか迷っていたのですが、国際線の場合は敢えてしていかなくても大丈夫みたいです。

荷物も預けて身軽になったので、お昼ご飯に。

image


ベタですが、やっぱり海外旅行前は日本食でしょ!(笑)

まる子はいつも通り納豆巻をたらふく食べて終了。

ちなみに、ここの回転寿司はカードが使えませんでした。今回の旅行でカードが使えなかったのはここだけかも。

空港内でカード使えないなんて、外国のお客さんにとっては不便ですよね…。

食後は、さっさと出国審査を受けて、中へ。

image


といっても、やることないので、子供の遊び場にまる子を放牧したり(未就学児向けですが、結構遊んでいました)、飛行機眺めながらまったりビール飲んだり。

image


でも、時間が気になって仕方ないので(だって乗れなかったら泣けますから)、割と早めにゲートに移動。

あ、ちなみに、ゲート(70番)まではそんなに遠くないです。

image


すると、皆さん同じ気持ちのようで(笑)搭乗口付近には既に沢山の人が。ですよねー。

image


搭乗時間になり、飛行機前方に位置するホットシート(少し広い席)と予約席から先に搭乗開始。

image


といっても、バスに乗って搭乗口まで移動するのですが。

せっかくなので、一番前の席に陣取り出発。

image


普段は立ち入ることがない空港内が色々見られて結構楽しいです!

image


こんな写真が撮れるのも、LCCならではですよね♪

image


さて、いよいよ搭乗です!私としては、ビートルズ気分で(笑)タラップ登ります。

image


ようやくエアアジアの飛行機に搭乗!

何故か入り口でCAさんが「ソウル行きでございます」とお出迎えしてくれます。間違って乗る人がいるのか??(笑)

さて、機内は…

普通の国際線はクラスによって区切られているから視界が区切られますが、エアアジアはそれがないから、先頭から船尾まで見通せて不思議な感じ。

そして、座席がびっちりと続いています。

image


シートピッチは当然狭いのですが、まる子や私はさほど問題なく。

問題だったのは、夫(笑)

三列シートなので、夫が通路側に座ったのですが、それでもきつそう…。

しかも、無事に水平飛行になり、少し座席をリクライニングさせようとしたら、リクライニングボタンがない!

「こんな狭いシートだから、リクライニングできないようになっているんだね」と納得していたら、前の席の人がリクライニングしてきました(>_<)

どういうこと??と、CAさんに聞いたら「申し訳ありませんが、非常口の前の席なので、リクライニングできません」と、衝撃の一言が…

そう、我々が座った11列目は、1mmもリクライニングできない席なのでした(-_-;)

指定席料払ってこの席って…

チーン…

次回は絶対にこの席は選ばないようにしよう(T_T)

ちなみに、我々の後ろはホットシートで、非常口横なだけあり、足元は相当広そうでした。

image


でも、日曜出発の便だからか機内は比較的空いていて、ホットシートには殆どお客さんがいませんでした。

普通の席の指定料が350円、ホットシートが1400円だから、なるべく安く行きたい人は指定なしで行くんでしょうね。

でも、この狭さで知らない人に挟まれた真ん中の座席だったらつらいから、350円払っても通路側指定した方が楽だと思います。

image


機内食等、一切の飲食が有料のエアアジア。

しかも、持ち込んだものを食べることもNGなので、何か食べたかったら機内で購入するしかありません。

行きの飛行機は14時15分発だったので、食事を頼む人もなく、飲み物を頼む人も少なかったように思います。

ま、我が家の場合、「おやつ食べたい!」とうるさい子供がいるので、プリングルス(確か200円)と、ミネラルウォーター(150円)をお願いしましたけど。

また、映画や音楽等が視聴できる設備は一切ないので、ipadとマンガを持ち込みました。

この辺りはさすが2年生。

静かにマンガを読み、時々ipadでゲームしたりして、過ごしていました。

あ、ちなみに、まる子のリュックの中は、クレヨンしんちゃん2冊とドラえもん1冊が入ってましたけどね。

そんなこんなで、1mmもリクライニングしないシートでまんじりともしないまま過ごし、首の痛さがつらくなってきた頃に(笑)ソウルに到着しました!

飛行機は17時到着予定でしたが、16時40分にはソウル仁川空港に着陸しました!

image


が、到着した場所が離れたゲートだったようで、沢山歩き、かつシャトルにも乗りました。

image


入国審査も混んでいて、17時40分にようやく外に出られました。

すると、出口前に「Mr.Ookami」という紙を持った男性が!

そう、今回は初めてのソウルだったので、日本語対応可能なタクシーを予約してあったので、そのお迎えの運転手さんでした♪

インターナショナルタクシー
仁川空港→ソウル市内 定額制75,000ウォン(5,714円)

で、運転手さんに会うなり「車を停めているところと離れているので歩きますよ」と言われ、すごい勢いで歩き始めたので、必死についていき、空港内を端から端まで歩き、ついには外まで出て、また相当歩き、ようやく運転手さんが車を停めていた駐車場まで来ました!

まる子、ぐったり(笑)

image


ということで、17時54分、タクシー乗車。着陸から1時間以上経過してしまいました。

やっぱり、LCCは辺鄙な場所に到着するからねー。

実は、今回泊まるソウルロイヤルホテルには、無料の空港シャトルバスがありました。

でも、その時間が18時30分発と17時到着にしては開いてしまうからタクシーを予約したのですが、これならホテルのシャトルバスでも良かったかも(^_-)

さて、インターナショナルタクシー。

ソウル市が運営している外国人向けのタクシーで、日本語や英語が話せる運転手さんが乗車しています。

韓国のタクシーは白タクのようなぼったくりタクシーが頻発しているようなので、予約制でかつ日本語が話せる運転手さんだと安心感があります。

仁川空港からソウル市内までは高速道路を使って1時間。イメージとしては、成田空港と東京都内の距離感です。

その間、運転手のキムさんと色々お話できて、勉強になりました。

あ、でもキムさんに「明日帰るので、あまり時間がないんです」と言ったら、「え?」と驚愕されましたけど(笑)

また、今日泊まる明洞近くでおいしいサムギョプサルが食べられるところはないか聞いたら、「明洞は、ぼったくりばかりだからね…」と言いながらも、電話で色々聞いてくれたのですが、やはり明洞にはお勧めのお店はなく、明洞から一駅離れたところにあるお店がいいと教えてくれました。

一部渋滞していた道路もありましたが、そもそも定額制なので気にならず。

多分、普通にタクシー乗るより割高だと思うのですが、万が一の際に「いくらかかるか分からない」という心配がないのはいいですね(^_^)

ちなみに、キムさんは3年程日本で働いていたことがあるのだとか。

失礼ながらその割には日本語はあまりお上手ではなく(意味を真逆に取り違えることあり…)、あまり込み入った話はできませんでしたが、「韓国の方は朝ごはん何食べるんですか?」等というよもやま話ができて、楽しかったです♪

朝ごはんには、やっぱり、ご飯とキムチと海苔を食べるそうですよ。野菜と海藻類なんて、パーフェクトな健康食ですよね。

なお、タクシー運転手さんですから、当然営業トークしてきます。

空港送迎だけでなく、観光タクシーとして時間制の貸切り利用もできるようなので。

でも、何せ我が家は明日帰る身なので、あまり営業されませんでした。貸し切るような時間ないしね。

乗車してから1時間10分後の、19時5分にソウルロイヤルホテル到着。

約束通り75000ウォン(5,714円)をカードで支払って、キムさんとお別れしました。

家族三人で乗って、この金額なら全然問題なし。キムさん、お世話になりました!

19時5分にソウルロイヤルホテルにチェックインしました。

思っていたより立派なホテルで(失礼!)、ドアマンもベルボーイもちゃんといるようなホテルでした。

韓国旅行サイトのコネストで予約してあり、支払いも済んでいたので、一応バウチャーを持参したものの、フロントで名前を言ってパスポートを見せただけでチェックインOKでした。

フロントの方がカードキーを2枚くれたので、念のため「トリプルルームですよね?」と確認したところ、間違いないとのことで安堵。

しかし、仁川空港出てからここまで、気付けば日本語しか話していません。すごいなー。

部屋までは各自で行くようになっていたので、スーツケースをガラガラ引いて、5階の部屋まで移動しました。

image


部屋は、予約通りデラックストリプルルームで、ダブルベッド1台とシングルベッド2台の組合せ。

掃除も行き届いていて、快適なお部屋でした!

ソウルロイヤルホテルは狭いとの噂でしたが、ソファーもあり、荷物を広げる場所もあったので、我が家にとっては全く問題ありませんでした。

まあ、これが女子三人組での旅行だったりすると、各々荷物があるから困るのかな??

なお、ホテルの従業員の方々は、全般的に淡々とした対応ではありましたが、アジア圏て割とそういう人の方が多いから全く気にならず。

やるべきことをきちんとやってくれているので、文句のつけどころはありません。

翌朝擦れ違ったハウスキーピングの女性がとっても感じ良く挨拶して下さったので、こちらも「アニョハセヨー」と挨拶を返しました。

私の中では、「ハウスキーピングの方がきちんと挨拶してくれるホテルは◎」という法則があるのですが、今回もそれは当たってました。

そして、このホテルの一番の売りは、とにかく立地が良いこと!

繁華街である明洞のど真ん中にあり、買い物にも観光にも便利なホテルです。

しかも、空港まで無料シャトルバスが出ているのだから、かなりお得ですよね(リムジンバスだと1人800円くらい)。

行きはタクシーで来ましたが、帰りはホテルのシャトルバスで空港に行こうと思って、前日のうちに予約しておきました。

当日シャトルバスに乗ったら満席だったので、帰りの便は早めに予約した方がいいと思います(^_^)/

と、諸々を総合して、3人で16,300円で泊まれたのは本当にお得でした☆

まあ、これが通常価格の26,300円だったら、ここまで高評価だったかどうかは不明ですけどね(笑)

19時過ぎにホテルにチェックインした我々ですが、くつろぐ間もなく、荷物を置いてすぐにお出掛け。

「お腹減ったよー」とうるさい子どもがいるものでね…。

今回の旅行、1泊2日だけに、何をどこで食べるか、相当なリサーチとシミュレーションをしてきました(笑)

ソウルで食事できるのは、3回。

到着日の夕食と、翌日の朝食&昼食です。

まず、夕食は、サムギョプサルが食べたい!!!

でも、明洞にはサムギョプサル専門店がないらしい…。

大人だけだったら遠くてもおいしいお店を目指すのだけど、子連れだと時間の制限があるから、今回は地の利が優先です。

インターナショナルタクシーのキムさんが、比較的近い、地下鉄で1駅離れたところにあるサムギョプサルがおいしいお店を教えてくれたけど、「お腹が減ったーーー」と叫ぶ娘を連れて、これ以上移動するのはやっぱり無理なので断念しました(せっかく教えてくれたのに、キムさん、ごめんなさい…)。

ということで、事前に調べておいたホテル近くにある景福宮という焼肉屋さんに行くことにしました。

ホテルからは徒歩3分くらいなので、方向音痴な私でも問題なくたどりつけました。

そうそう、夕食に関して、もう一つのお店選びのポイントは、日本語が通じるお店!ということ。

何せ、韓国で初めての食事なので、様子が分からないから、あまり高度な交渉が必要なお店は避けることにしたのです。

普段だったら、喜んでチャレンジするんだけどねー。残念!

結果、伺った景福宮は、予想以上に日本語が通じるし、お客さんも殆ど日本人という、恐らく日本人向けのお店。

でも、今回のような場合はそれが助かりました。

サムギョプサル2人前、ハラミ1人前、ユッケ、マッコリを頼みましたが、韓国のレストランは無料でおかずが沢山ついてくるので、テーブルはとってもにぎやか♪

image


って、食べるのに必死で、これしか写真撮ってないけど(笑)

おかずは、ナムル、チャプチェ、サラダ、キムチ、その他色々ありました。

お肉以外に野菜を沢山食べられるのはいいですね。食べきるのがやっとでしたが、お代わりも自由だそうです。

ちなみに、お味は、普通(笑)

「ここじゃなきゃ食べられない味!」というのはなかったかな…。

また、ハラミ1人前が22,000ウォン(1,700円くらい)と、結構いいお値段しました。

日本の感覚だとまあアリだけど、韓国の物価を考えると高いんじゃないかなー。

ここは、日本人向け対応価格ということで、納得しました。サービスも丁寧でしたしね。

最終的なお支払いは、コネストの割引クーポンがあったので74,800ウォン(5,699円)。色々食べられてこのお値段なので、満足です!

ところで、帰り際に気付いたお店に飾ってあるこの絵。

image


実は同じ絵が(どちらも、もちろん複製ですが)、成田空港に行く途中で乗り換えた駅のコーヒーショップに飾ってあったのです。

何だか不思議な縁を感じながらお店を後にしたのでした(^_^)

19時半すぎに、景福宮(焼肉屋)に行った我々ですが、20時20分には夕食終了!

早っ(笑)

まあ、子連れにはこの手際のよさが有り難く(^_^)

せっかくなので、賑わう明洞の街を散策してみようと、屋台の並ぶ街中を歩いてみたのですが、とにかく寒い!

お腹がいっぱいだから、屋台で何か買おうとも思わないし、ぎっしり立ち並ぶコスメショップに行く余地もないし…。

ということで、スターバックスでコーヒーを、コンビニでデザートやビールなんかを買ってホテルに戻りました。

ソウルロイヤルホテルは、目の前にセブンイレブンがあるので、便利でしたよ。

ちなみに、セブンイレブンで買ったデザートがこれ。

image


アイスモナカでしたが、もっちりした食感で、おいしかったです♪

また、よく韓国旅行記で見かけて気になっていたこのジュースも購入。

image


日本ではあまり見かけないペットボトル入り生ジュースで、おいしかったです!

同じようなジュースがスタバにも売っていたので、韓国はこういう生ジュースが主流なのかな??日本でも、こういう商品出して欲しいです(^_^)

と、少しまったりした後にまる子はお風呂に入り、22時過ぎには就寝しました。

大人だけだったら、眠らない街に繰り出すというのもアリなんでしょうけど、子供連れではね(^_^)

ソウルに到着してまだ5時間。

そして、残り19時間(笑)

大人も早く寝ることにします!

ソウル旅行二日目(最終日。笑)となりました。

限られた時間しかないから早起きしようと思っていたのですが、予想以上にまる子が疲れていたようで(確かに、近いとはいえ移動時間長いしね)、結局起きたのは7時40分でした…。

今回はホテルの朝食を頼んでいなかったので(数少ないソウルでの食事の機会なので敢えてそうしました)、外に朝食を食べに行くことに。

事前調査の結果、ソウルロイヤルホテルの向かいに「神仙ソルロンタン」という、ソルロンタン屋さんがあるというので、迷わずそこにしました。

画像3


↑私の頼んだ豆腐ソルロンタン。

画像1


↑まる子のキッズソルロンタン。

夫は普通のソルロンタンを注文して、三人で20000ウォン(1,528円)でした。

ソルロンタンは、牛骨のスープなのですが、比較的あっさりしていて、朝食にはちょうど良かったです。

お味は薄味ですが、そもそも自分で塩を入れて調整するものらしく、ちょっと入れたら劇的においしくなりました!

また、ここは24時間営業のチェーン店なので、淡々とした対応ではありますが、写真入りメニューもあり、入りやすいお店でした。

そうそう、当然のことながら、キムチは食べ放題です。

これだけのキムチ、日本で買ったら高いよなーと思いながら食べていました(^_^)

で、親は大満足の朝食だったのですが、まる子的にはいまいちだったようで、何故かソルロンタン食べた直後にクリスピークリームドーナツへ(笑)

ドーナツと飲み物で、12700ウォン。

画像4


月曜の朝だからか、すっごい空いていました。

ここの店員のお兄さんは普通に英語が通じたので、韓国の若者は英語できるんだなーと実感したのでした。

はー、しかし、ついついドーナツまで食べちゃって、本当に満腹!

しかも、まったりしていたら、結構な時間じゃないですか!やばい!と急いでホテルに戻りました。

のんびりとクリスピークリームドーナツでお茶なんてしていたら、時刻は9時半近くに!

やばい、10時には景福宮へ行っていたかったのに(>_<)

なお、景福宮というのは、昨晩の焼肉屋さんではなく、その名前の由来となっているだろう、古宮のことです。

10時から無料の日本語ガイドがあるというので、絶対に参加しようと思っていたのに…。

ドーナツに負けました(-_-;)

ということで、急いでホテルに戻ってチェックアウトし、荷物はホテルのクロークに預けて景福宮に出発!

しかし、時刻は9時55分…。

ホテルのドアマンが止めてくれたタクシーに乗り込んだものの、結局景福宮に着いたのは10時10分でした…(タクシー代4100ウォン、313円)。

しかも、何故か正門ではなく国立民俗博物館側の入り口に止まってくれたので、日本語ガイド受付に間に合うはずもなく。

まあいいやと思って、中を見学することにしました。

最初に目についた建物が立派だってので、その前で父娘の写真を撮影。

image



で、いつも旅行の際の写真が殆どないハハは、そうだ、夫に言って撮ってもらえばいいんだと思い直し(言えば撮ってくれる)、母娘の写真を撮ってもらいました。

ちなみに、これがその写真。

image


何かお気付きになりましたか??

そう、夫撮影の母娘写真は、お城みたいな建物が全く写っておらず…。

だいたい、この場で横向きにに撮影する人の気持ちが分からない…。

まあ、夫の写真アングルの凄さは既にネタみたいなものなんですが(笑)

この後、広場に十二支の石像があって、それぞれの干支の前で写真撮ったのですが…

↓ハハ撮影の酉年(まる子)

image


↓夫撮影の寅年(ハハ)

image


あのー、私の頭、切れているんですけど…(笑)

気を取り直して、国立民俗博物館の中を見学することに。

image


ここは入場無料なんですが、見所が沢山あって、面白かったです!

image


こういう再現ものとか、結構好きなんですよね。可視化されているから、まる子も飽きずに見学していました(^_^)

image


そして、何よりここの素晴らしい点は、とっても暖かいこと(笑)

いやー、予想以上に寒かったソウル(最高気温も6〜7℃)。

博物館の中が快適で、外に出た途端に寒くて震えました(>_<)

それでも、主目的の古宮を見るために、
入場料大人3000ウォン、子供1500ウォン、合計7500ウォンを支払い、見学。

image


一応、ぐるっと一周しましたが、寒さに負けて(笑)11時45分には見学終了。

image


image


さて、次はこの冷えた体を暖めることができる場所に向かいたいと思います!

なお、ソウル市内にいくつかある古宮ですが、月曜日は我々の行った景福宮以外はお休みのようなので、ご注意下さい(景福宮は、火曜日休み)。

おまけ(のネタ)。

image


当然、夫による撮影…。右側のブルーのお兄さん、切れちゃってます(-_-;)

ソウル旅行に当り、夫に「何かソウルで食べてみたいものある?」と聞いたら、「サムゲタン」と即答されました。

私も食べたかったし、辛くないからまる子も食べられる♪と思ってお店を事前に調べてみたところ、景福宮の近くに有名なサムゲタン屋さんがあるというではありませんか!

ということで、景福宮見物で凍えた体を暖めるべく、サムゲタン屋さんに向かって出発しました。

徒歩5〜6分だったかな。とっても近かったです。

で、ここが、その有名なサムゲタン屋さんの「土俗村」。

image


え?鶏が回ってるだけだろ!って?(笑)

すみません、いつもながら外観の写真を撮る余裕などなく…。

大通りに看板は出ていますが、お店自体の入口は路地に入ったところにあり、入口でこのようにローストチキンが回っております。

到着したのが11時55分頃と、ギリギリお昼前だったのですぐにお店に入れましたが、その後は行列していました。

店内は、様々な国からのお客さんでいっぱい。もちろん、韓国の方もいます。

image


お店の方は、当然サムゲタンだろ?というノリで「サムゲタン2つ?」と聞かれましたが、一応メニューを見て検討。

店頭のローストチキンが気になって仕方なかった夫がどうしても頼みたいというので、食べきれるかな??と思いつつ、サムゲタン2つ、ローストチキン1つを注文。

image


結構待つのかな?と思いきや、程なくして、まずローストチキン登場!

image


でかっ!

何なら、家族三人、これだけでも良さそうなんですけど(笑)

次に真打ちサムゲタンが!

image


グツグツ煮えております。

一口食べると…

熱い!でも、おいしいーーー。

様々なエキスが出ていて滋味深い☆

この時点で私はローストチキン攻略を放棄し、サムゲタンに集中することに(笑)

ローストチキンは、まる子用という意味もあったのですが(サムゲタン食べたことないので)、予想に反し、まる子もサムゲタンが気に入り、結構食べました。

つまり、ローストチキンは夫に託されました(笑)

さすが大食いの夫、何とかローストチキンをクリアー。

サムゲタンは、もったいないことにスープを残してしまいましたが、具材は全て食べたようです。

すごい。

ていうか、頼みすぎです、我々(笑)

サムゲタンに集中した私も(何とか完食!)、限界までお腹いっぱいで、この日は夕食の時間になってもお腹空かなかったですから…。

でも、本当においしかったです!夫も「これは、また食べたい味だね」と言っていました(^_^)

お会計も、これだけ食べて44,000ウォン(3,361円)でしたから、ほんと、近くにあったらすぐにでも食べに行きたいです☆

image


大満足のサムゲタンランチを終えた我々は、明洞に戻ることにしました。

土俗村の前からタクシーに乗ろうと思い、道路にタクシーを止めてタバコを吸っていた運転手さんに、夫が英語で話しかけると流暢な英語で「すみません、この方が乗ることになっているので」と言って断られたのですが(お客さんが用事を済ますのを待っていたよう)、「でも、すぐに他のタクシーが来ますよ」と教えてくれました。

たまたまなのかもしれないけど、普通のタクシーの運転手さんがこれだけ英語話せるのは、日本では考えられないなぁ。

ということで待っていたら、本当にすぐタクシーが来ました。

今度の運転手さんは韓国語オンリーだったので、ガイドブックのロッテデパートのところを見せて、「ロッテデパートに」というとすぐに理解してくれ、車を出してくれました。

子連れだからかすごくこちらを気にして下さっていて、信号待ちの時にしきりに夫に話しかけています。

運転手さんの顔をおさえて、まる子と夫を見比べて「パパ!なんたらかんたら」。

???

あ、もしかして、パパとまる子が似ているということかな?(笑)

「そうだねー」と何となく伝わり、みんなで笑いました(^_^)

今回の旅行、国と国の関係が少しゴタゴタした時期だったので心配される方もいましたが、我々が旅行中に嫌な思いをすることはありませんでした。

子連れだったからもあるかもしれませんが、総じて優しかったなぁ(あ、アジア系特有の淡々とした対応はもちろんありましたが)。

ロッテデパート前に到着。

タクシー料金は、3,000ウォン(229円)でした。

ロッテデパートでは、デパ地下に行き、お土産になるようなお菓子を買いました。

免税店は、そもそも興味ないのでパス。例によって、自分のものは買わない旅行です(笑)

買い物が終わった後も少し時間があったので、ソウルロイヤルホテル近くのスタバに移動し、お茶を。

おっと、その前にあれを買わないと!

「あれ」というのは、事前にネットで見て気になっていたココホドのくるみまんじゅう。

食べた方がみんな「安くておいしい!」と絶賛していて、かつお店がホテル近くのようだったので、会社へのお土産はここで買おうと思っていたのです。

image


こんな感じのすぐに食べる用の袋入りと、ご進物用の紙箱入りがあり、会社には紙箱入りを買いました。

1つオマケしてくれたので、まる子とその場で食べてみると、「おいしい!」。

代金は、紙箱入り(12個入り3,500ウォン)と紙袋入り(13個入り3,000ウォン)両方合わせて6,500ウォン(496円)でした。

こんなに安くておいしいのだったら、もっと買ってくれば良かったよと、後悔先に立たず(笑)

ココホドは、チェーン店のようで、サムゲタンの土俗村近くにもお店を見つけたので、もし見かけられた方は是非食べてみて下さい。

あまり日持ちはしませんが、万人受けするお土産だと思います(^_^)/

image


ココホドでクルミまんじゅうをゲットし、スタバで少し休憩したら、もう空港バスの時間となりました。

ソウルロイヤルホテルでは、宿泊者専用の無料のシャトルバスを運行しているので、それに乗って仁川空港に向かいます。

写真の通り、14時発のバスは満員。殆ど日本人でした。早めに予約しておいた方がいいようです(^_^)

しばらく走っているうちに、まる子撃沈…。

image


まる子は車酔いしやすいので、ちょうど良かったですけどね。

途中で金浦空港に寄ってお客さんを下ろしましたが、それでも1時間強、15時過ぎには仁川空港に到着しました。

飛行機は17時45分発なので、時間には余裕あり。

まず、エアアジアのカウンターでチェックインしてもらいます。

混雑しているかな?と思いましたが、さほど待つこともなく手続き完了。

ちなみに、仁川空港での業務は大韓航空に委託しているようです。搭乗券が大韓航空の書式でした(^_^)

image


出国審査も無事に済んだところで免税店にてお買い物。

といっても、大したものは買わず。

今回、唯一自分のために買ったものがこちら↓(笑)

image


日本で売っているのより、柔らかい食感でした。

さて、まだまだ時間があるので、前もってリサーチしてあった場所に向かいます。

それは、無料で韓国の伝統文化に触れられるスポット。

image


外国語の分かる係りの方がいて、組み紐の作り方を教えてくれました。

完成形はこんな感じ↓

image


キットがあるので、作るのはごく一部分なんですが、こんなに素敵なのが自分で作れるなんて嬉しい☆

しかも無料(笑)

バスといいこれといい無料尽くしの1日ですわ(笑)

でも、こうやって外国人に自国の文化を知ってもらう努力をするのは大切なことですね。

仁川は乗り換えの欧米人も多いようで、「乗り換えまで六時間あるんだけど、どこか観光できるか」なんて聞いている方もいました。

そんなこんなするうちに、やばい、搭乗時間が近づいています。

エアアジアは時間に厳しいから、急がないと!!!

大晦日に何なんですが…11月の弾丸ソウル旅行記、年内には終わらせなくては!と滑り込み(笑)

一泊二日なのに長い旅行記でしたが、ようやく今回が最終回です(^_^)

*******************

さて、仁川空港で伝統文化体験をしていたら、結構な時間になってしまった我々。

若干焦りぎみで、搭乗口に移動します。

そしたら、これが予想以上に遠くて(>_<)

LCCって、虐げられているんだな、と実感(笑)

いやいや、その分安いから当然なんですが。

でも、搭乗時間に遅れると普通に置いていかれるから、こっちも真剣です!

かなり焦りながら104ゲートに行くと、搭乗が遅れているようで、搭乗開始の17時10分になっても、まだ人の動きはなく…。

間に合ったー。

しかし、よく考えると成田から仁川への便が着くのが17時。

その10分後が搭乗開始時間だなんて、さすがLCC。

多分、清掃も最低限だろうし、機内食も成田から積んでくるだけなんだろうな…と想像します。

と、程なくして搭乗が始まりました。

今回も前方の座席だった我々はすぐに搭乗。

あ、でもご安心下さい、今回の座席は往路のような1ミリもリクライニングできない座席ではありませんでした(笑)

そして、あっという間に機内は満席に。週末旅行の帰りの方が多かったんでしょうか?

image


スムーズに離陸となりました。

普通の航空会社だと遅れているお客さんを待ったりしてロスがあるけど、LCCはそれがないから爽快ですねー。

さて、水平飛行となり、CAさんが「機内食のご予約ありがとうございます。すぐにお持ちします」と、優先的に持ってきてくれました。

そうそう、帰りは20時成田到着だったので、特にまる子の食事は飛行機の中で済ませておかなければと思って、機内食予約しておいたのでした。

まず、まる子の食事(キッズメニュー。900円)

image


普通においしかったようです。可愛いし、喜んでいました☆

次は大人用に頼んだビビンバ(680円)。

image


これ自体はおいしかったのだけど、何せお昼のサムゲタンを食べ過ぎた我々…。

あの大食いの夫でさえ、「え、機内食食べるの??」という反応。

まあ、1人で鶏を2羽食べればそりゃあお腹も空かないよね(笑)

ご飯を残して、ナムルメインでいただきました。でも、ソウルでビビンバ食べられなかったのが心残りだったので、よかった♪

やはり夜の便だからかその場で食事を頼む方が沢山いたようで、途中で売り切れていました。

あまり多くは積んでいないようなので、必要な方は事前予約しておいた方が良さそうです(^_^)

サムゲタンとビビンバで膨らんだお腹を狭い座席に押し込めるのはつらかったですが(笑)所詮二時間半の飛行。

あっという間に成田空港に到着しました。

あ、そうそう、飛行機の中で1つだけ買い物をしました。

image


写真のエアアジアベアです☆

行きの飛行機でまる子にねだられたのですが、ソウルで何か買うかもしれないと思い「もし、ソウルで買いたいものなかったら旅の記念に買ってあげる」と言っていたもの。

ソウルでは買い物の時間殆どなくて、まる子の欲しいようなものは買えなかったから、約束通りエアアジアベアをお土産としました。

でもこのエアアジアベアくん、お値段もお手頃だし(1,000円)、制服(整備士さん?)着ていて可愛いから、お土産にはいいかもしれません。まだLCC珍しいしね(^_-)☆

成田にはほぼ定刻の20時に到着。

入国審査もサクッと終わり(自分の国に帰ってきた!と思う瞬間)、これなら結構早く電車に乗れるかなーと思ったのですが、預けていた荷物がなかなか出てこない…。

image


仕方ないよね、飛行機も離れたところに止まるから荷物の移動にも時間かかるよね。

で、結局、当初想定していた電車には乗れなかったので、家に着いたのは22時過ぎていました。

まる子が翌日学校だったので心配だったのですが、すぐにお風呂に入れて寝かせたので、翌朝はすんなりと登校できました。

さて、今回の弾丸ソウル旅行。

1泊2日でも海外旅行できちゃうんだーといい経験になりました。なら、国内で1泊2日だったら余裕で色々な場所に行けるなーと思ったり。

ということで、また画策しています。

子連れ弾丸旅行、シリーズ化しちゃおうかな(笑)

そして、こんな私のブログですが、今年も1年間お付き合いいただいてありがとうございました(^_^)

また来年もどうかよろしくお願いします。

あ、新年は年末の「遠くに行きたい(笑)近場の旅」をお届けする予定です(^_-)☆

image

このページのトップヘ