子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

カテゴリ:まる子ダイアリー > まる子@7歳(2012.2.15-2013.2.14)

昨日はバレンタインデーでしたね。

私は例年のごとくギリチョコを(笑)会社の方々にお渡ししてきました。

賛否両論あると思うし、強制的にみんなでやるのはどうかと思うけど、1年に一度にくらい、こういう感謝を伝える機会があってもいいのかなーと思っています(私は独自にお渡ししています)。

ふと思い出して同期にもあげてみたところ、久しぶりにあげたのでびっくりしたみたいで、「え?どうしたの?期待していいの?(笑)」と聞かれたので、「期待しないで下さい(笑)」と答えておきました。



さて、我が家の本命バレンタインですが、まる子が「手作りしたい!」というので、夫が仕事で不在だった先週の土曜日に作りましたよ!

image


ほら、立派でしょ??

まあ、これを一から作っていたら威張れるんですが(笑)

最近は、こういうのを簡単に作れるキットがあるんですよ。

image


チョコを溶かして、デコレーションして

さほど手間がかからず、手作り感も出るのでいいですね。

チョコレートにパフを混ぜるようになっているので、サクサクしていてお味もおいしかったです

ちなみに、まる子にはまだ好きな子はいないようです。まだまだお子様ですな(^_^)

インフルエンザ包囲網の中、普通に元気なため、「狼さんの免疫力を研究したら、病気にならない因子が見つかるんじゃないか」と言われている子連れ狼です、おはようございます。

さて、以前も書いたことがあるかもしれませんが、私、めちゃくちゃ寝起きが悪いのです…。

もちろん平日はサラリーマンの責任感できちんと5時台に起きていますが、いけないのは休日…。

起きなくてもいい日というのが分かっているからでしょうか。全く目が覚めません(-_-;)

それでも、まる子が小さい頃は、平日と変わりなく起きてくるまる子に叩き起こされ、渋々(笑)一緒に起きていましたが、いつの間にやら夫が「ママを起こしたらいけないよ」と諭すようになり(笑)休日の朝は夫に託すことに。

そして、最近はそれも進化してきました。

何とまる子、休日の朝は妙にスッキリ一人で起きて、ゲームしたり好きなテレビ見たりして、一人の時間を楽しんでいるようなのです。

そう、親が寝ている間ならば、好きなだけiPadでゲームができると気付いたのです(^_^;)

しかも、パン(休前日は、いつも好きなパンを買っておく)やヨーグルトを自分で食べて、朝ごはんも済ましているし。

なんだか成長しましたね、あなた。

お陰でハハは日頃の疲れを睡眠で癒すことができ、病気もせず毎日を乗り切っています。

ありがたや、ありがたや(^_-)☆

去年の今頃も、こんな記事やあんな記事を書きましたが、インフルエンザ包囲網が迫っております。

って、今年はまる子ではなく、ハハに(-_-;)

先週の金曜日に、隣の席の先輩が発熱して早退。

また、同じ日に前の席に座る後輩も、体調不良を訴えて早退しました…。

結果は…

先輩→インフルエンザA型確定!

後輩→インフルエンザ検査は陰性だったが、高熱を出す(相当グレーです…)。

ちょっと、ヤバすぎるじゃないですか(>_<)

週末はのんびり過ごして休養に努めましたが、もう自分の免疫力に賭けるしかないです。

まあ、よく色々な方から「狼さんて、元気だよね…」と誉められているのか呆れられているのか分からないハハなので、ここは本領発揮したいところです(^_^;)

学童ルームにお迎えに行ったら、先生から「まるちゃん凄いんですよ!二重跳び30回もできたんです!」と言われました。

ほー、それは凄い!

ハハなんて、自慢じゃないけど1回もできませんから(笑)

そして、何よりも嬉しかったのが「できるようになるまで、ずーっと練習していたんですよ」ということ。

本人にも聞いてみたところ「20回できたから、少し休憩して、何度も練習したの。もっと沢山できるかなと思ったけど、疲れちゃって30回で終わっちゃった」とのこと。

いやいや、30回でも充分凄いよ!

何度も言うけど、母さん1回もできませんから…。

でも、本人はもっと頑張るつもりのようなので、近日中に40回できるようになるかもね(^_^)

いつの間にか、地道に努力してやりたいことを実現する力がついていたんだなーとハハは感動しました。

子どもには自分を越えて欲しいと親は思うものですが、こと二重跳びに関しては(笑)もう越えているものね。ほんと、凄いよ、まる子。

まる子の要望により購読していた小学生新聞を今月末で一旦中止することにしました。

というのも、当初は熱心に読んでいたのですが、最近は手に取ることのない日も増え…。

読むと結構面白いので私が読んだりしていたのですが(笑)月1,700円払うのは痛いなと思って止めることにしました。

実はこれまでもまる子に何度も「読まないのならば、止めるよ」と言ってきたのですが、返事は必ず「読むから止めないで」。

そうかーと毎回騙されていたんですが、当然読むはずもなく…。

もういいや!と思って、ハハの独断で新聞屋さんに電話して止めてもらうことにしました。

もし、まる子が2月から新聞が来ないことに気付いて「新聞読みたい!」と言ったら再購読しようと思いますが、それはないだろうな(笑)

ちなみに、小学生新聞の内容は小学校低学年だとちょっと難しいかも。4年生くらいからがいいのかもね(^_-)

image


皆さんにお尋ねしたいのですが、もうすぐ8歳の2年生女児でも、クレヨンしんちゃんのモノマネって、普通にするものなんでしょうか??

しかも、妙に上手なんですけど(笑)

image


授業参観に行った際に、廊下に掲示してありました。

「冬休みの思い出」は、大晦日に成田山に行ったことよりも、お正月に親戚一同あつまったことよりも、サンタさんが子ども携帯を持ってきてくれたことが印象に残ったみたいです。

モノより思い出

って、やっぱりCMのキャッチコピーに過ぎないのか(笑)

image


小学校から「授業で使うので、各年齢1枚くらいの写真を持たせて下さい。また、生まれたときの様子や、名前の由来等を書いて下さい」という指示があったので、大量の写真データを眺めながら写真を印刷しました。

いやー、こうして見ると本当に大きくなったなーと実感。

よく「小さい時と顔変わらないね」と言われる(笑)まる子ですが、さすがにお姉さんになったなーと思います。

A42枚に色々書いて持たせたのですが、昨日は「各年齢について自分で書くから教えて」と言われ、ちょっと困りました。

だってさ、「2歳の頃はどうだった?」と区切られても、継続して見ているから分からないって…。

で、こんな時に役立つのがブログ!ということで、ブログの過去記事見ながら思い出していくつかエピソードを伝えました。

ちなみに、却下されたのは「『鼻くそはおやつ』って言っていたよ」というエピソード。

さすがに恥ずかしかったようです(笑)

まだまだ4歳〜7歳までについてもインタビューされるようなので、ブログから楽しいエピソード探しておかないとね(^_-)

image


先週は、まる子の授業参観でした。

正確には、学校公開日という、1日の間にいつでも授業参観していい日。

何時でもいいというのは、様々な状況に対応できていいなーと思っていたのですが、聞くところによると、1時間目から5時間目までずっと見ているお母さんもいるらしい…。

なんて贅沢な時間の使い方☆

私はと言うと、朝イチで免許センターに行き免許更新、帰ってきて学童ルーム関係の事務をセコセコ作業。

で、何とか終わったので、せっかくの有休だからと前からランチに行ってみたかったスペイン料理屋でランチ。

1200円でしたが、ボリュームもありなかなか充実したランチで大満足でした(ワイン飲みたくなりましたが、顔に出るたちなので自粛。笑)

食べていてふと気付いたのですが、お客さんは授業参観流れと思われるお母さん方ばかり。

優雅だな♪と羨ましく思ったのですが、朝から午後まで団体行動か…と思うと、私には無理だなと(笑)

やっぱり私には働く母が向いているみたいです(^_-)☆というか、個人行動の言い訳がつくから、働く母で良かった(笑)

なお、学校公開では、いつもは改まった服を着ている担任の先生のジャージ姿が見られたり(日常はジャージらしい)、子供達のグダグダなところが見られたりと、なかなか面白かったです。

先生方は大変でしょうけれど、日常が見られるのは面白いですね(^_-)☆

image


サンタクロースからのプレゼントだったまる子のキッズ携帯。

使用開始して、1ヶ月近く経過しました。

学校に確認したところ、校内では絶対に出さないことを条件に、登下校時の安全確認用として持たせるのはOKとのことだったので、一応持たせています。

まる子の場合、下校は必ずしも夫か私が迎えに行くから平常時は不要なんですが、近距離とはいえ、学童ルームから一時外出で、ピアノと公文に行っているので、その際は安心だなと思っています。

そして、本人的にはギャル気分らしく(笑)しきりにショートメールを送ってきます。

使い方なんて殆ど教えていないのに、普通に使えちゃうところが、やっぱり生まれながらの携帯世代なんだよなー。

なお、docomoのキッズ携帯を使っているのですが、これ、なかなか良くできています。

防犯ブザーがついていて、それを鳴らすと登録している携帯(我が家は取り敢えず私だけ)にショートメールが届くし、所在地を検索することもできます。

また、実際に届いて驚いたのが、充電が減ってきたところで届くショートメール。

「充電が30%以下なので充電して下さい」と、私の所にメールが届きます。

これがあると「いざという時に電源が入ってなくて連絡が取れない」ということが避けらるから、安心だなーと思います。

ちなみに、docomoは小学校高学年〜中学生をターゲットとしたキッズ向けのスマホを発売予定なんだとか。

スマホの世の中になり、まる子もスマホに憧れているみたいだから、これを知ったら欲しがりそうです。内緒にしておこう(笑)

image


三学期になったので、身体測定がありました。

身長134cm

体重33.8kg

2年生当初は129cmだから、5cmも伸びたことになります。

大きくなったなー。

洋服は140がきつくなってきており、靴のサイズも22cmだし、このままでは子供服売り場で買えなくなるのではないかと心配(笑)

もうキッズじゃなくて、ジュニアサイズなんだよねー。

それでも甘えん坊ぶりは変わらず、抱っこをせがんでくるので、時には頑張って抱っこして歩いております(10mが限界…)。

33圓蓮腰に来ますよー(笑)

こういう時、自分のガタイの良さに感謝するんですが(^_-)

さて、いつまで抱っこできるかなー。

image


今日は始業式。

普通、8日からだと思うのですが、冬休みの開始が早かったからか、今年は7日からのようです。

年始に、結局ジイジ宅へ4泊していたまる子。

まさか、そんなに泊まると思っていなかったので、勉強道具も持っていっておらず…。

帰宅後、必死に公文の宿題を片付け…

あ、でも、学校の宿題もあるんじゃない??と…

ペン習字は年末に終わっていましたが、毎日の九九の練習と音読は白紙で…

ということで、昨日は呪文のように九九の練習をしておりました(-_-;)

小2って、まだまだですなー(って、うちの小2だけかもしれないけど…)

写真は、その息抜きで買い物に行った際に見つけた子供の遊び場(有料…)にて。

こういうところは、小2までしか入れないらしく、「ギリギリセーフ!」と言いながら遊んでました。

そう、確かに「35キロ以上の方は遊ばないで下さい」って書いた遊具もあったから、ほんとギリギリセーフだよね(*_*)

ちなみに、まる子以外はほぼ未就学児でしたけどね(-_-;)

5時半まで仕事して、しかも最後になって色々あって超過して、猛ダッシュで特急に乗車。

何とかいつもの時間にお迎えに行ったら(6時40分)、まる子が最後から2番目の子どもでした。

そうだよねー、みんな最終日は早く終わるよね…。

と思いながら、まる子と二人でとんかつ和幸に行った(笑)仕事納めでした(^_-)☆

サンタクロースからキッズ携帯をもらったまる子。

毎日ウヒウヒしながら、操作してます。

このドコモのキッズ携帯、電話番号が10件まで登録でき、その番号にショートメールを送ることもできます。

ということで、まず登録したのは、夫、私、ジイジ、バアバの携帯。

すると、普段自分から電話したがらないまる子が、「バアバに電話する」と言い出し、いきなり電話を掛け始めました。

が、知らない番号からの電話だったので警戒され(笑)電話に出てもらえなかった様子。

「メールしてみる」と、ショートメールを送ったところで、びっくりしたバアバから電話がありました。

確かに、孫から突然メール届いたらびっくりするわね(^_-)☆

普段の電話だと緊張してあまり話さないまる子も、自分の携帯を自慢したいのか(笑)色々話しているし、何よりですわ。

ちなみに、まる子の携帯はキッズ割で半年間基本使用料無料、その後30カ月は半額となっています。

ジイジ、バアバも含め、家族間の通話は無料だから、そんなにコストはかからない見込みです。

GPS付で、いざという時に位置情報を確認できるから、安心だしね。

まる子がサンタクロースにお願いしなければ考えもしなかったキッズ携帯ですが、導入タイミングとしてはなかなか良かったみたいです(^_-)☆

image


この間、母娘でカラオケに行って以来、まる子がカラオケにはまっています。

ある時はスイミングの帰りにお友達まで誘ったりして(笑)カラオケ。

そして、先日は、またまた母娘でカラオケに行ってしまいました。

徒歩圏に格安カラオケがあるので、つい「一時間くらいならいいかー」と思ってしまうんですよね(^_^;)

ところで、最近思うのは、ハハ1人ではなかなかできないことも、娘と一緒なら、何となく許されるなーということ。

例えば、1人カラオケとか、外でご飯食べながらビール飲むとか(笑)

よくテレビに「一卵性母娘」みたいな方が出てきて、「それはないなー」と思っていたんだけど、別な意味であるかもね(^_-)

クリスマス前に、まる子がこんな要望書を書いていました。

image


ええと、3DSとゲームソフトが欲しいんですね。

これを見たサンタさんは会議を開きました。

サンタ(男):毎日寝言のように言っているし、プレゼントしてあげようよ。何なら、本体は俺が準備するから、ソフトだけ準備してよ。

サンタ(女):えっ?だって、本体15,000円、ソフト1本5,000円だよ。ゲームはiPadでもできるし、いらないよ。

そして、サンタ(女)が主導権を握り検討したところ、「そろそろ1人で出掛けることも増えるから、第2希望のキッズ携帯を持たせることにするのが現実的なんじゃないか」という結論に至り、クリスマスプレゼントはキッズ携帯に決まりました。

で、サンタ(女)がドコモショップに行ったら、「今なら、家族で買えば、1台1万円引き」というドコモの戦略に引っ掛かり(笑)何故か家族全員分携帯買ったんですけどね…。

image


でも、まる子の携帯自体は1万円引いてもらてたので、無料で入手でき、しかも何故か3000円分の子ども商品券までもらえました☆

ということで、キッズ携帯にまる子の大好きなリラックマグッズなどもプラスすることができ、なかなか豪華なプレゼントに。

image


あ、ラッピングはサンタ(女)が試みたものの、あまりの惨状にサンタ(男)が綺麗に包んでくれました。

↓出来上がりはこちら。

image


さて、今朝目が覚めたまる子は、これを見て大喜び!良かった、良かった。サンタさんも、懐があまり痛まず嬉しいと思うよ(笑)

昨日は終業式で午前中授業→午後は学童ルームでクリスマス会だったまる子。

「クリスマス会に出たい」と言っていたので、お迎えコールが来ないようにとドキドキしながら仕事し、フレックスで早めに切り上げてクリスマス会の終わる16時過ぎにお迎えに行ったのですが…

何事もなかったように、元気に遊んでました(笑)

学童ルームの先生にも「まるちゃん元気いっぱいで、『外で遊ぶ』と言って遊んでましたよ」と言われ。

なんだ、これなら普段通りのお迎えでも大丈夫だったじゃんと思いましたがでも、ここで無理させないことが大事なのよねーと思いながら帰ってきました。

なお、問題の通知表ですが、1学期に続き皆勤賞だったから、それでよしとします

今日は小学校の終業式。

元気に登校していきました、と書きたいところですが、まる子が一昨日から体調を崩しております…。

19日(水)の夕方、学童ルームから「まる子ちゃん、37.2℃お熱あります」と電話。

お迎えに行き、家に着いたらすぐに寝てしまって、途中でうどんを食べたものの爆睡継続。

20日(木)は平熱に戻っており、皆勤賞を狙うまる子が登校したがったので、登校させました。

すると、夕方、また学童ルームから「まる子ちゃん、38.2℃お熱あります」と連絡あり。

夫がお迎えに行き、早々に寝かせました。

で、今朝を迎えましたが、平熱+αではあるものの本人が「休みたくない」と言うので、暖かい格好をさせて登校させました。

学校自体は午前中授業なので、私がフレックスで早めに仕事を切り上げ、いつもより早くお迎えに行く予定です。

一応、昨日の時点で「明日、多分休みます」根回しはしてきたんですが

しかし、「学校休みたくない」なんて、見上げた根性だわ。その気持ちがあることにハハは「よくできました!」をつけたいと思います☆

image


まる子が持ち帰ってきた体力テストの結果です。

ほぼ平均値なんですが、何故か握力だけ抜きん出ています。

もしや、力持ち??(笑)

まる子が、「大変だから公文の国語をやめたい」と言い出しました。

当初算数だけだったのに、本人がどうしてもやりたいと言うから始めたのにです。

もちろん「自分でやりたいと言ったことなんだから、少し大変でも続けてみなさい」と却下しましたが…。


そんなことを、夫と話している時に、まる子の国語力が話題になりました。

まる子は、国語の文章問題が苦手なようで、結構どうでもいいところを間違えるのです。

狼「あの辺は、私とは違うな…と思うんだよね」

そう、私は国語だけは(笑)昔からできていたので、「国語が分からない」という気持ちが分からないのです。

夫「ああいうところは、自分に似ていると思う。国語が苦手だったし、『作者の気持ちはどうだったでしょう』と聞かれても、いつも、そんなの分かるはずないじゃん。仮に分かると言うのならば、それはでっちあげだと思っていたから」

ふーん、なるほど、そういうことを考える人もいるんだね。

私にとっては、国語のテストって「答えは全部その文章に書いてあるじゃん。何で敢えてそれを聞くんだろう??」というものだったから、全く苦労することがありませんでした。

文章を読んで、作者の意図を直感的に理解する力があったのだと思います。

まあ、それだけに、文学部に進学した際に「自分の直感的な読解では、文章の深淵にはたどり着けないんじゃないだろうか」と悩んだし、「学問的じゃないな」と思ったものでしたけと。

夫も本を沢山読む人なんですが、読み方が私と違って難解な理解をするんですよね。

夫に「きっと、夫さんみたいな人が文芸評論家とかになるんだろうね」と言うと、「そうだね。でも、多分その前に受験で挫折すると思うけど(笑)」とのことでした。

と、つらつら書きましたが、言いたかったのは「まる子は公文の国語を続けるべきだ」ということ(笑)

直感的な理解力がなければ、練習するしかないですからね。

それなりに公文も進んでいるようなので、上手くおだてつつ(^_-)続けさせたいと思います。

このページのトップヘ