子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

カテゴリ:子連れ海外旅行 > 2011.8 子連れ台北旅行(6歳)

シェラトンの最寄駅は「善導寺」という駅なのですが、交通の要所である台北駅までも徒歩7〜8分の場所にあります。

到着初日ということもあり、夕食は近場の台北駅内のフードコートで食べようと思っていました。

このブログを以前から読んで下さっている方ならばご存知だとは思いますが、過去2回の海外旅行で初日の夜中にまる子は必ず発熱しています…。

もう6歳だし大丈夫だと思うのですが、ちょっとトラウマになっていて、初日は穏便に過ごしたいという気持ちが強くて(笑) だから、雷でプールに入れずお茶することなって、ちょっと安堵したりして(^_-)

で、やってきた台北駅のフードコート。

予想以上にでかい!です。

広ーい1フロアに、フードコートが4つくらいあり、その他にも独立した店舗が相当数入っています。

お客さんもすごい数だし、圧倒されながら1回りしてみて、取り敢えず中華料理メインのフードコートで食べることにしました。

006

まだ18時前なのに、すごい人。空席があまりないので、普通に相席して食べる感じです。でも、さすがにそんな度胸なくて席が空くのを待っていたら、割とすぐに空いたので席を確保して料理を買いに行きます。

「台南担仔麺」のお店が気になったので、まず担仔麺(70元)を注文。レシートに番号が印字されていて、料理が出来ると電光掲示板に番号か表示される仕組みです。

007


注文も料理の写真を見ながら指差しでできるし、言葉が分からなくても安心です。

まる子は担仔麺を気にいったらしく、1人で食べてました(^_^;)

夫も、同じお店で担仔麺セットを頼んだつもりだったのに、何故か丼物とスープのセットが(笑)でも、相当おいしかったようなので、結果オーライでした。

で、あまりお腹が減っていなくて様子見していた私も、ちょっとお腹が空いてきたので、周囲をキョロキョロ。

実は同じテーブルで食事していた男性が少し日本語できる方で、ちょこちょこお話していたのですが、その方の食べていた素麺みたいな麺がおいしそうだったので、「それはどこのお店ですか?」と聞くと、わざわざお店のカウンターまで連れて行ってくれたので、同じのを注文しました。

で、来たのがこちら。

008


予想外に肉々しくてびっくり(笑)

男性が食べていた時には既に肉がなかったので、こういう麺だとは思わなかったんですよね〜。ボリュームはありましたが、見た目よりはあっさりしていたので、おいしくいただきました。

でも、台湾の皆さんて本当に親切ですよね。お店で代わりに注文してくれたり、様子を気遣ってくれたりして。有難いことです。

その後、まる子がデザートにアイス食べたいと言うのでサーティワンでアイス(90元。坦仔麺より高い!)食べて帰りました。

ca0a7d9c.jpg


しかし、まる子が予想以上に適応力あって安心しました。違う国でいつもと違う食べ物を食べて(アイスはいつもと一緒だけど。笑)、違う言葉を話す人達に囲まれて。

まあ、違う食べ物と言っても、おいしくて違和感がないものばかりだからよかったんでしょうね。食べ物って、こういう時大事だわ(^_^;)

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ
子連れの場合、衛生面からもフードコートで食べるくらいがちょうどいいかもしれません。席もトイレも確保できるしね。

95f29f02.jpg
例年は各自夏休みを取る弊社ですが、今年は節電のため一斉休日でした。

ということで、休み明けの今日は、お土産のお菓子の山!!!

しばらくお菓子買わずに済みそうです(^_-)

しかし、北から南まで、色とりどりですわ〜。

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ

初日は早めにベッドに入り、ぐっすりと眠って2日目の朝を迎えました。いつも早起きなまる子も、割とゆっくり寝ていたので(といっても7時には起きていたけど)やはり疲れていたのだと思います。

そして、心配していた「まる子海外旅行初日に発熱する伝説」も、繰り返されることはなく、ハハはようやくそのトラウマから解放されたのでした(笑)

ま、エアコン切って寝るとか、パジャマは長ズボンにするとか、夜中布団剥いでいないかチェックするとか、出来る限りの注意は払っていたのですが。

とにかく、家族三人爽やかに目覚めることができたので、暑くなる前に散歩に出掛けることにしました。

行き先は、蒋介石の像のある中正紀念堂。歩いて10数分の距離です。

が、しかし、歩いてみると台湾の日射しはかなりきつく、朝から既に暑かったです…。



中正紀念堂の建物はまだ開いていなかったため(9時から)、周囲をそぞろ歩き。

暑くて若干疲れ気味のまる子は、「早くホテルに戻って朝ご飯食べたい」とかブーブー言っていましたが(笑)

太極拳をする集団や、屋外カラオケをする集団もいたりして、面白かったです(昼間通った時には、カラオケ用モニターは、カバーが掛けられて置いてありました。常設らしい。笑)。

そろそろホテルに戻ろうかと思っていると、不思議な物が目に入りました。



色鮮やかな魚のオブジェ??

近寄って見てみると、鯉の餌自販機なのでした!

この目立ちっぷり&分かりやすさは、すごいですよね〜。

10元で買えるということなので、まる子に「お魚に餌あげる?」と聞くと、「やる〜」と。

さっきまでのブーたれぶりが嘘のように(笑)嬉々として餌やりしてます。



この鯉の餌やり、まる子にとっては相当なヒットだったらしく、台北にいる間、時間があると「ねー、お魚の餌やりしようよ〜」と言われました。

子供には、こういう日常的楽しみが必要だったりしますよね(^_-)-☆

餌は10元(30円弱)だし、お財布にも優しいレジャーなのでした。

しかし、いい加減お腹も空いてきました。そろそろホテルに戻って、朝ご飯にしますか(^_^;)

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ

031


鯉に餌をやり終えた途端に空腹を思い出し(笑)騒ぎ出したまる子を連れて、シェラトンに戻ってきました。

前回訪台した時に屋台で朝ご飯を食べ、その安さとおいしさに驚いたので今回もそうしたかったのですが、ツアーに朝食がついていたため、主婦的には一流ホテルの朝ご飯を無駄にすることもできず(笑)素直にシェラトンで朝食取ることにしました。

シェラトンのすぐそばに、凄く有名な朝食屋さんがあったので、非常に残念だったのですが…。

朝食会場は、キッチン12というビュッフェレストラン。席数が多いからか、いつ行っても待たずに座れました。

033


洋食系は殆ど食べなかったのですが、パンの種類は多いし、オムレツやフレンチトーストはその場で作ってくれるしで、なかなか素敵です☆

でも、やっぱり、せっかくだからと中華を。

09a6f2e4.jpg


この麺も、コックさんがその場で作ってくれます。

つるっと食べてしまいました(^_^;)おいしい〜。

そして、屋台の朝食への未練たっぷりな私は、豆乳と焼餅(パイ生地みたいなの)を。

b57d9be7.jpg


豆乳は温かいもので、好みで砂糖を入れるようになっていました。昔、屋台で飲んだあのおいしさには及ばないですが(^_-)

036


その他、フルーツをたっぷり入れた贅沢なヨーグルト食べたり(そのまま食べる用とは別にジュースでマリネしてあります)、鶏肉と椎茸のおかゆ食べたり。いやー、中華粥ってほんとおいしいですよね。

037


ていうか、食べすぎですって…。

朝から散歩したら、いい具合にお腹すいちゃって(^_^;)

シェラトン台北の朝食は、「これがうまい!」というような名物はないけれど、万人に対応したきちんとした朝ごはんでした。

3日目以降、屋台の朝ご飯屋さんに行こうかどうか逡巡したのですが、この安定感ときちんとした接客に負けて(笑)結局、全部の朝食をシェラトンで食べたのでした♪

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ
丁寧な接客なのだけど、食べ終わると間髪入れずお皿を下げようとするのが台湾ぽかったです(笑)

d0cb5ecd.jpg
ゆっくりと朝食を食べた後は、一度部屋に戻ってから屋上にあるプールへと向かいます。

ハハのプランニングとしては、涼しい午前中に観光して、午後プールと思っていたのだけど、昨日雷雨で入れなかったものだから、プール、プールとうるさいムスメがいて…。

しかも、午前中でも普通に暑いから(笑)もう、いいやと。

着替えについては昨日で懲りたので、部屋で水着に着替え、上からワンピースとかTシャツを羽織ってプールに向かいます。

今日は文句なしのいい天気!

既に何組か先客がいて、デッキチェアは2つしか空いていませんでした。こじんまりとしたプールだからね〜。

でも、皆さん日焼け&まったりが目的のようで、静かなプールサイドです。そして、その静けさを破る(笑)まる子の歓声…。

プール自体は直線距離で20メートルくらいかな。深いところもあるので、小さいお子さんは浮き輪必須だと思います。

また、必須といえば、スイムキャップも。受付でも、毎回確認されました。我が家はいつも持ち歩いているので、問題ありませんでしたが(プールサイドにいるだけならば、なくても大丈夫なようです)。

その後、他にも日本人の家族連れが来て遊び始めたので、割と賑やかになりました。

プールサイドバーがあるわけではないので華やかさはありませんが、そんなに混んでいないし、普通に泳いだり遊んだりするには十分かな。

一応、監視員らしい人がいるのですが、そもそもプールサイドにいないで、室内からぼんやり眺めているだけ。こんな楽なバイトだったら私もやりたいよ(笑)

しかし、次第にスポーツクラブの会員らしい真剣に泳ぐ年輩の男性陣が増えていき、チビッ子は邪魔な雰囲気になってきたので、退却。

といっても、十分遊んだんですけどね(^_-)-☆

更衣室がなく、着替えはシャワーブースの中でしなければならないので、体を洗った後に、濡れないように気をつけて何とか着替えました。

でも、これなら水着のまま体をよく拭いて、ワンピース羽織って部屋に戻り、着替えたほうがよさそう…(翌日はそうしました)。

きれいだし、なかなかいいプールなんですが、更衣室がないのだけがネックですわ(-_-;)

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ
ロビーに紙コップ式の冷水機がありますが、あんまり冷たくないので、何か飲み物持っていったほうがいいかもしれません。

cdbe5eac.jpg

プールを切り上げ、「お魚に餌〜」とうるさいムスメを連れて、街に出かけます。

台湾の信号って、残り時間が出るんですよね。渡る時も「まだ56秒残っているから余裕だね」なんて分かって便利です。日本でも導入すればいいのに。

27b7d99f.jpg
で、これは先程の写真の使いまわしではありません(笑)

ムスメの要望に負け、再度、中正紀念堂で鯉の餌を買っているところです。この後、嬉々として餌やりをしていました。

他にも台湾人らしき家族連れが餌やりしていたので、皆さん知っているメジャーなスポットなのかもしれません(^_-)

餌やり後、公園内を歩いていると、「あ!」

c6679a9f.jpg


リスがいました〜。可愛いです。結構慣れている感じでした。

散々道草して、ようやく中正紀念堂へやってきました。

神殿のように、外側の階段から登れるようになっていますが、この暑さなので当然パス(笑)内部にあるエレベーターで登ります。 お約束の蒋介石像前での記念写真。 de816153.jpg
衛兵さんは、いつも通り微動だにしません。瞬きもしていないような…。この暑さでも正装だし、ほんとすごいです。

c200c466.jpg


そして、ちょうど12時になったので、交代の時間となりました(毎正午に行うので、その時間を狙うといいと思います)。

それまで全く動かなかったのが、交代要員が到着すると、クルミ割り人形の兵隊さんのように、突然動き出します!

3bcfb256.jpg


小隊長さんみたいな方を含め、総勢五名で、デモンストレーションを行います。一糸乱れぬとは、こういうこと言うんでしょうね。すごいな〜。

そして、交代式が終わると、交代要員は定位置につき、一時間動かない任務につくのです。

まる子も、全く動かない兵隊さんに驚いていました。ハハも、何度見ても尊敬しちゃいます。

その後、1階に戻り、様々な展示物を見ました。まる子には退屈かなと思いきや、「もっと見たい〜」と。意外でした(笑)

86f1cb19.jpg


でも、いい加減お腹が減ってきたので、適当なところで切り上げてお昼ご飯へと向かいます。スマン、向学心に燃えるムスメよ。 にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ

中正紀念堂で、さて、ランチはどうしようか??と相談したのですが、やっぱりここは鼎泰豊の小籠包でしょう!と、あっという間に決まりました(笑)

地図を見ても、割と近そうだしね、ということで、鼎泰豊本店に向かって歩きます。

近いつもりだったのだけど、真夏だけに暑くて、やたらと遠く感じました。

台北の街にはアーケードが多くて日除けにはなっているのですが、やっぱり暑いものは暑いです…。

アーケードが沢山あるところとか、人が優しい感じとか、鹿児島市内に似ているな〜と思いました。

さて、15分くらい歩いたでしょうか。ようやく、鼎泰豊に到着!

でも、案の定、すごい人だかり。取り敢えず、予約番号を取ろうと、店員さんに「三人です」と言うと、「70分待ちますがよろしいですか」と。

70分!

衝撃です…。

が、仕方ないので待つことに。

夫が本を見たいということだったので、隣にある本屋に入ってはみたものの、空腹を我慢できない子供が…。子供って、こういう時、困りますよね…。

この近くには他にもおいしいお店があるとのことなので、取り敢えず、まる子に何か食べさせることにしました。

通りを歩いていくと、渡辺満里奈の笑顔が。あ、度小月!

担仔麺で有名な、度小月を発見したので、麺好きムスメのために入ってみることにしました。

店内はこじゃれていて、非常に清潔でした。

しかし、メニューを見ると、担仔麺50元(150円しない)という衝撃の安さ!さすがです、台湾☆

一人当たりの最低消費額が100元ということだったので、当然のように担仔麺3人前と、小皿料理を2品頼みました。

ee7e4e41.jpg

担仔麺。小さめの丼ですが、それなりの量が入っています。にんにくが利いていて、おいしい!(事前に、パクチーとにんにく入れますか?という確認があったので、まる子のは抜いてもらいました。行き届いています)

2416405f.jpg

冷菜。鶏肉です。これも、おいしい!

1c66c6e7.jpg

海老の揚巻。うまいっす!!

担仔麺3人前+鶏肉の冷菜+海老の揚巻で、500元(1400円弱)。

ブラボーです!

日本語のできる店員さんもいて、色々と気を遣っていただけたし、満足な昼食となりました。

あ、でも、これだけでは終わりませんよ。当然(笑)

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ



70分待ちと言われた鼎泰豊でしたが、度小月で担仔麺を食べているうちに、程よい時間となりました。

待ち時間のうち、まだ50分くらいしか経っていないけど(時刻は14:30)、お店の前まで行ってみると、おっ、我が家の番号が電光掲示板に表示されている!

勢い込んで店員さんに申し伝えると、メニューを渡され、まず注文を決めて下さいとのこと。

当然、小籠包は頼まないとね〜。

急いで注文を決め、店員さんに渡すと、少し経ってから店内に案内されました。

恐らく、小籠包は常に蒸し続けているんでしょうね。程なく運ばれてきました。



念願の小籠包です!70分待ってよかった〜。

やっぱり、おいしいね☆間違いない味です♪

さて、小籠包初挑戦だったまる子。最初は気乗りしない風でしたが、一口食べたら、すっかりトリコに(笑)



度小月で担仔麺食べたはずなのに、結構食べていました。

その他には、夫リクエストの肉まんと、私リクエストのスーラータン、まる子リクエストのあんまんを注文しました(サービス料込みで、429元)。



あんまんは二個ずつだというので、大きいのだと食べきれないだろうと、ミニあんまんを注文したのですが、まる子的には物足りなかったようで、「大きいのがよかった!」と文句言われました(笑)

どんだけ食べるんですか、あなた…。

鼎泰豊は、サービス料10%取っているだけのことはあり、お茶のお代わりやら何やら、丁寧な接客でした。

しかし、台湾ではデフォルトなのかもしれないけど、お姉さん方のスカート丈が短くて(ピッタリしたタイトスカート)、「なんだか、アンナミラーズみたいだね」とか言っていました(^_^;)

いやー、本当にお腹いっぱいです。でもね、まだまだ行かないといけないお店があるんだよね〜。


◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ




度小月に続き、鼎泰豊でランチしたので、お腹がいっぱい。腹ごなしのために、鼎泰豊の隣にある本屋さんに行きました(いや、腹ごなしになるはずないけど…)。

いやね、夫が本格化に中国語勉強すると決意したらしく、関連の本が見たいと言うので、しばし店内をブラブラ。

辞書が格安だということで、何冊か購入していました。

英語、スペイン語、ポルトガル語に続き中国語も勉強しようと言うのだから、語学センスなしの私としては、ただただ尊敬です。

一応、「次回、台湾に来る時までに喋れるようになっておいてね」とプレッシャーかけておきましたが(笑)

さて、少し(本当に少し…)お腹がこなれてきたので、次なる目的へ向かいます。

鼎泰豊本店近くの有名店といえば、マンゴーかき氷の永康15!

この旅行の目的の1つがマンゴーかき氷だったので、もちろん行きますよ。

ところが、お店の前まで行くと、すごい人だかり。何故かテレビカメラまで来ています。

オープンエアのお店なので、この暑さの中、待っているのはつらいな…。特に子連れの場合、デザート食べたくて仕方ない子供を長時間待たせるのは無理!(笑)

ということで、永康15の手前にあった思慕昔(スムージーと読むらしい)へ。

ここは、コジャレたファストフードっぽい作りのお店なので、注文もしやすいし、店内も広くすぐに座れました。

マンゴーかき氷1つで十分かなと思っていたのですが、まる子が「苺のかき氷が食べたい」と。

苺のシーズンオフなのでかき氷はないとのことだったのですが、シャーベットのようなものならばあるとのことで、マンゴーかき氷とそれを頼みました(各150元)。

レシートに番号を書いてくれ、出来上がると電光掲示板に番号が出るので、自分で取りに行く仕組みです。

思ったより待ったかな。番号が表示されたので、勢い込んで取りに行くと、



デカっ!

大きすぎです!

洗面器的サイズですわ(笑)

でも、やっぱりマンゴーはおいしい〜。

寒さ対策に上着を着ながら、頑張って食べました。3人で2つ、ほぼ完食です(^^)/

でも、流石に食べ過ぎで胃が重く、歩いて帰る気分にはなれなかったので、タクシーで帰りました。

永康15に行けなかったのは残念でしたが、ゆっくり休めたし、思慕昔、よかったですよ♪


◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ




小学校の夏休みも今日でおしまい。

ちびまる子ちゃんやサザエさんで「夏休みが終わっちゃう。こんなにグータラできるのは、夏休みだけなのに」とやっているのを見て、今更ながら「夏休み=グータラしていいもの」と刷り込まれたらしく、「学童になんか行かないで、グータラしたかった!」と叫ぶ娘にちょっと食傷気味です(笑)

アニメもネタがないんだろうけど、ステレオタイプ過ぎますわ…。

さて、まる子の自由研究ですが、なんとか無事に完成しました。A4版のスケッチブックにまとめた、「たいわんてどんなくに?」です。

では、ご覧下さい↓続きを読む

担仔麺と小籠包とマンゴーかき氷を食べ、満腹どころではない状態でシェラトンに戻ってきた我々。

ホテルでゆっくりしたいところですが、ゆっくりしないのが子供というもので…。

何故かまる子と私でホテル内を探検することになりました。といっても、地下のお店をブラブラ見るも、高そうなお店ばかりなので、「わー、すごい宝石!」とか叫んで終わってしまいましたが。

で、まだまだお腹は減っていませんが、夕食プランを早めに決めなければならないのが、旅先のつらいところ。

今回、北京ダックを食べてみたかったんですよね。台北だと、お手頃価格で本格的なのたが食べられると言うし。
ということで、ホテル探検のついでにコンシェルジュに相談してみることにしました。

ガイドブックやWebで見ると、有名なのは「陶然亭餐廳」と「天厨菜館」というお店。どちらがお勧めなのか聞きたかったのです。

が、コンシェルジュの方は日本語が分からず…。夫もいなかったので、私の必殺・単語英語が炸裂!

しかし、いまいち意思の疎通が図れず、困ったコンシェルジュ(若い女性)が、近くにいたベルガールにヘルプを(笑)

ベルガールの方は、日本にいたことがあるとのことで、日本語が堪能で、コンシェルジュと私の通訳をしてくれました。

その結果、以下のことが判明しました。

●陶然亭餐廳と天厨菜館を比較すると、天厨菜館はお値段高め。

●この2つ以外にお値段お手頃で北京ダックが食べられるよいお店がないか聞きましたが、「陶然亭餐廳はお勧めです」とのこと。

ということで、素直に陶然亭餐廳の予約をお願いすることにしました。こういう時、コンシェルジュサービスのあるホテルは楽ですね。

「北京ダックが食べたい」「18時30分に伺います」ということを伝えてもらいました。

その後、時間潰しに近所のセブンイレブンに行ったり、部屋でトランプしたりして過ごしました。

b7126ba8.jpg


そんなこんなするうちに、時刻は18時過ぎに。コンシェルジュが、ホテルカードの裏に陶然亭餐廳の住所を書いてくれていて、「これをタクシーの運転手に渡してくれれば分かります」とのことだったので、シェラトンからタクシーで向かいました。

予想していたより、時間がかかったかな。

恐らく、運転手さんは、きちんとお店の前に着くように考えて連れていってくれたようです。確かに、大きな通りだと、道路の反対側に連れてこられたら、分からないものね。その辺りが、さすがホテルに出入りしているタクシーです(^_^;)

さて、ビルの二階にあるお店に着き、「18時30分に予約していた子連れ狼です」と言ったところ(注:日本語は通じないので、夫が英語で話しております)、予約板らしきホワイトボードには、

「18:30 日本人 3」

の文字が(笑)

固有名詞ではなく、人種カテゴリーなのね。

それでも大きな問題はなく、席に通されました。同じ時間に日本人の予約が複数あったらどうするのだろう(笑)

通された席は、個室の中にある3つの円卓のうちの1つ。後の2つのテーブルには大家族が大集合していました。

その後、夫が英語で話し掛けられて事情が判明しましたが、台北に住む祖父母のところに、アメリカに住む息子さんのご家族等、遠方からの親族が集まったようでした(^_^)

さて、メニューは見たものの、家族三人なので、北京ダック意外のものが食べられるとも思えない…。

料金をプラスすれば、北京ダックの中身の肉をつかったスープや一品料理が頼めるとのことでしたが、これもパスしました。

また、円卓の上には最初から小皿料理が3品ありましたが(ピーナッツとか)、別料金ということでしたので下げてもらいました(絶対に食べ切れない。笑)。

ビールを飲みながら北京ダックを待っていると、サラダが運ばれてきました。

900b2ed7.jpg


「頼んでないですよ」と伝えると、「サービス」とのこと。北京ダックを頼んだ際のサービスのようでした。パクチーとピーナッツの効いたサラダだったので、好みが分かれるかもしれません。

結構時間かかるのかな?と、まる子に塗り絵などさせながら待っていると、予約していたかいあって、程なくして北京ダックが運ばれてきました!

e14116e9.jpg


カットしてくれるお兄さんに「写真撮ってもいい?」と聞くとポーズを取ってくれたので、そういう日本人が多いのかもしれないですね。

d375dc7b.jpg


また、サービス担当のお兄さんが、家族三人の写真を撮ってくれると言うので、お願いしました。

言葉は通じませんでしたが、フレンドリーで感じのよいサービスでしたよ。店内も、高級というより庶民的な感じでしたが、逆に落ち着く(笑)

しかし、カットされた北京ダック、すごい量です。サービス担当のお兄さんが、最初だけ、モチモチの皮にダックとネギと味噌を乗せ、巻いてくれます。

15e5e07b.jpg


「おいしい〜」と騒いでいたら、まる子が「まるちゃん、鶏肉の皮好きじゃないんだけど」と、この期に及んで衝撃的な告白を(-_-;)

これは普通の鶏皮じゃないんだよ!と説教したくなりましたが、言っても仕方ないので、パリパリのおいしい皮をを取り出して、身の部分の肉を巻き直してやりました。

まったく罰当たりなやつめ。大人になってから後悔するのだぞ(笑)

ようやく、「いただきます〜」

479a2f09.jpg


しかし、北京ダックって、かなり重たい料理ですね…。

今まで、中華料理のコースの中に組み込まれているのを食べてい際は、1人1つくらいしか配分されないから、「いつかお腹いっぱい北京ダックを食べてやる」という野望を抱いていたのですが、いざ食べると、そう食べられるものではないです。

モチモチの皮、ダックの皮(当然、油分多し)、こってり味噌…。

やっぱりね、大人数で来て色々なものを頼み、その1品としてあるくらいがちょうどいいものだと思います。

結局、まる子1つ、私4つ(頑張ったのですが…)、夫たくさん(笑)食べたものの、食べきれず、持ち帰りをお願いしました。

今回の教訓:北京ダックは食べ放題するものではない(笑)

しかし、他にお料理を頼まなかったこともありますが、北京ダックとビール・ジュースで1,111元(約3000円)でした!なんという安さ。

今度来る時は、隣のテーブルの大家族みたいに、大人数で来て、他の料理も楽しみつつ、北京ダックも食べてやる〜。と心に誓ったのでした(今度って、いつ?という突っ込みはなしです…)

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ

06552948.jpg
前日の食べ疲れで、シェラトン台北の朝食会場に行っても、一向に食欲わかない子連れ狼でした…。

そりゃそうだよね、担仔麺食べて、小籠包食べて、マンゴーかき氷食べて、北京ダック食べたんだものね…。

そして、不覚にも寝る前に胃腸薬飲まなかったのよね(*_*)やっぱり、予防が大事だわと思いながら、お粥をすすったのでした。

朝食後、まる子はもちろんプール入る気満々なので、夫と二人で行ってもらい、疲れ気味のハハは残留することにしました。

シェラトン台北には、15歳以上しか入れないスパがあるので、優しい夫が「行ってきたら」と言ってくれたのでした。

ということで、部屋で少し休んでからスパへ出陣!

プールとスパは同じ受付なのですが、日本語不可なものの、何となく意思の疎通は図れ、ロッカーの鍵を渡されました。

ロッカールームには浴衣みたいなのと、シャワーキャップが置いてあったので、取り敢えずそれに着替えて、浴槽がありそうなところに歩いていきました。

よく分からなくてウロウロしていたら、お客の台湾マダムが片言の日本語で、「お風呂」と案内してくれ、飲み物の場所まで教えてくれました。「レモン水」とまで教えてくれて感激!やっぱり、台湾の方って優しいです☆

スパには、スチームサウナ、ミストサウナ、ジャグジー、打たせ湯、水風呂がありました。

ジャグジーに入っていると、先程のマダムが、別な浴槽を指差して、「あのボタンを押すと、お湯が出てくる」と教えてくれました。

よく分からぬまま、その浴槽に行き、ボタンを押すと、頭上から滝のようにお湯が!そう、結構激しい打たせ湯なのでした。

シャワーキャップ被っていたので、心置きなく打たれてみました(笑)頭をマッサージされているみたいで、気持ち良かったです。

スパのお客さんは、観光客というより、ホテルのスポーツクラブに通う地元の有閑マダムのような方ばかり。そりゃ、そうだよね、平日の午前中にこんなところでのんびりできるのは、お金持ちだけだよね。

そんなお金持ちマダムに紛れながら、平民ものんびりさせてもらいました。

休憩所にはリクライニングの椅子があったので、お風呂上がりにレモン水飲みながら、まったり。

大分、体が休まったので、そろそろ部屋に戻ります。父娘と合流して、お昼ご飯について検討しないと!(何だかんだ言って、いつも食べ物のことばかり考えているような…)。

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ

朝飲んだ胃薬とスパのお陰で、大分元気になりました。

教訓:胃薬は早めに飲みましょう(笑)

胃腸が活発になってきたところで、次なるターゲットはお昼ご飯。

ムスメに「お昼何が食べたい?」と聞いたところ、「小籠包!」と予想通りの回答だったので、再び鼎泰豊に行くことに。普段は、食に対してチャレンジャーな私ですが、鼎泰豊の小籠包だったら、何度食べてもいいです♪

でも、本店の混雑ぶりは昨日身をもって知ったので、今日は支店に行くことにしました。

シェラトン台北のある「善導寺」駅から三つめの「忠孝敦化」駅の近くにある、忠孝店です。

いつでも朝から夜まで営業している本店とは違い、平日は14:30〜16:00までは休憩時間があるようなので注意が必要ですが、我々は12時前に行ったので、問題なしでした。

さて、今回の旅では初めて乗るМRT。

チケットを買う際に気になったのは、子供料金でした。自販機にはそれらしい表示がないので、駅員さんに聞いてみると(もちろん、夫が担当。笑)、「Same!」とのことだったので、同じ金額で購入しました。

大人と同じといっても、とっても安いから全く問題ないです。

e82d0ea4.jpg


切符は、コインみたいな感じ。降りる時に回収され、再利用されるようです。合理的!

ちなみに、これ、我が家では「セルメダル」と呼ばれていました(仮面ライダーオーズをご覧の皆様ならばお分かりかと。笑)。

降りる改札でこれを投入口に入れる際は、何故か各自効果音つけてました(笑)



さて、「忠孝敦化」駅に到着し、出口どこかな?とキョロキョロしていると、きちんと案内表示板に「鼎泰豊」の文字が!さすが、人気店です。

5c1f7a8d.jpg


ということで、3番出口から出て、思ったより歩くけど(勝手に駅の目の前だと思ってたので)徒歩3分程で到着。

やはり、混んでいますが、本店のような混みようではなく、受付してもらいメニューと注文票を受け取り、何を食べるか決めて少し待っていたら呼ばれました。待ち時間としたら、10数分というところでしょうか。

駅からも近いし、お勧めです。

さて、前日は2回目のランチだったので控え目に注文しましたが、今回はそれなりに頼みました。

もちろん、小籠包。

cb33bacc.jpg


何回食べても、うまいっす!

まる子も、真剣に食べています。

その他、冷製きゅうり、クウシン菜炒め、肉まん、あんまん(今回はフルサイズ。笑)等。

f419db5c.jpg


でも、今回出色だったのが、これ↓

9497bfd7.jpg


海老豚焼売です!

ただの焼売かと思いきや、下には肉汁たっぷり!ある意味、小籠包でした。

うーまーいー。

これを食べられただけでも、2回も鼎泰豊に来た甲斐がありました。

そして、鼎泰豊で驚いたのがお手洗い。

非常に清潔なのですが、誰かが使用する度に係の方が掃除をしているのです。凄い徹底ぶりです。

鼎泰豊の店員さんて、盆と正月がいっぺんに来た書入れ時が365日続いているわけで、凄くハードな仕事だと思います(だって、暇な時とかなさそう…)。

でも、非常に一生懸命で、モチベーション高かったです。これなら、サービス料10%取られても納得かな。

それでも、合計で1029元(2800円くらい)でした♪大満足です(^_-)

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ

鼎泰豊で大満足の昼食を食べた後は、故宮に向かいました。

台北に着くまで、「まる子連れて故宮行くのは無理かな(退屈しちゃうかな)」と思っていたのですが、中正紀念堂で展示物に興味を持ったので、「台湾にはね、もっとすごい博物館があるんだよ」と言ったら、本人「行きたい!」と乗り気だったので、スケジュールに入れてみたのです。

「忠孝敦化」から再びMRTに乗り、台北駅で乗り換え、故宮最寄りの「士林」駅へと向かいました。

しかし、MRTはいつも混んでいますね。日本だとお昼過ぎの電車って空いているイメージなのですが、台北のMRTは「乗れるのか?」と心配になるくらいホームで待っている人が沢山いました。もちろん、無事に乗れましたが(^_-)

また、乗車口付近は混んでいるので、まる子を連れて車両の中程まで行ったら、男性が席を譲って下さいました。

まる子は体力があるとはいえ、混んだ慣れない電車に乗り、若干元気なかったので、助かりました。台湾の方って、本当に優しいです!

「士林」駅からはタクシーで故宮博物院へと向かいます。運転手さんには、一応ガイドブックを見せましたが、まあ、殆どの外国人は故宮に行くんでしょうね。

さて、入館料を払うにあたり気になったのが、「子供料金」。

窓口で夫が「娘は六歳で」等と説明したところ、無料とのことでした。

入館後は、お約束の「白菜」と「角煮」を見たり、沢山ある展示品でも比較的分かりやすそうな、家具や食器等の生活用品を見たりしました。

しかし、白菜は大人気ですね!

展示室の前では入場制限していて、少し待ちました。

見るたびに思うけど、よく宝石で白菜作ろうと思ったよな〜(笑)

しばらく見学していたのですが、案の定、まる子が飽きて疲れたと言うので、上の階にある喫茶室に行きました。

8c922049.jpg


まる子が生まれる前、夫と二人で故宮に来た時も、ここでお茶飲んだんですよね。

値段が少し高めなのも、サービスがいまいちなのも、変わらないな(笑)

まあ、そんな中、ハーゲンダッツ食べて満足している子供もいるんですが(^_^;)

990872e8.jpg


休憩後は、退館し、ミュージアムショップでお土産買って帰りました。

帰りも士林駅までタクシーで行こうと、タクシーを捕まえて紙に「士林」と書いた物を見せ、「士林ステーションまで」と言って乗りました。

OK!みたいな感じだったので安心して乗っていたのですが、あれれ、気付けば駅らしきところを過ぎ、商店街の入口付近で降ろされました。

「こっちに行けばOKだから〜」みたいなジェスチャーだったので、すぐに駅なのかなと思い歩き出したものの、歩けども歩けども、商店街なんですけど…。

暑い中、疲れた子供を連れているので、ほんと勘弁してほしい(>_<)

途中、警察署があったので渋る夫を促して(笑)「士林駅はどこか」聞いてもらったところ、あと少し歩けば着くことが分かり安心しました。

しかし、台湾のお巡りさんは優秀ですわ!きちっとした英語でしたでしたもの。日本じゃ無理だよね(笑)なんて言いながら歩きました。

お巡りさんの言う通りに歩くと、数分で士林駅に到着!無事にMRTに乗り帰宅することができました。

沢山歩かされて不機嫌な中(笑)どうしてタクシーの運転手さんは我々を駅に連れて行ってくれなかったのか考えたところ、もしかして「士林」駅ではなく、「士林」市場に連れて行ったのではないかということに思い至りました…。

まあ、それが故意なのか勘違いなのかは、分かりませんが、紙に書くときにきちんと「士林車{立占}」と書いておけばよかった…と後悔したのでした(>_<)

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ

74812d5c.jpg
台北旅行の際に、まる子が「ママ、見て〜」と。

何事だろうと思ったら、コーラのペットボトルのバーコードが写真の通り、ボトル型でした!

なんか、可愛いね♪

そして、子供の視点てやっぱり面白いです(^_-)-☆

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ

故宮からホテルに戻り、少しゆっくりしていたら、もう夕食について考えないといけない時間。

当初は、メジャーな夜市である士林夜市に行って、ご飯食べようと思っていたのですが、先程、士林駅周辺をさまよったこともあり、何となくそちらには足を向けたくない…。

それに、以前台湾に来た時に、一度行っているしね。

ということで、シェラトン台北から比較的近い寧夏路夜市にタクシーで行ってみることにしました。ガイドブックによると、食べ物メインのようだし、ちょうどいいかなと。

さて、タクシーの運転手さんの指示通り、タクシーから降りて道路を渡った先には確かに夜市がありました。

40d84b32.jpg


しかし、予想以上に夜店!って感じ。

士林夜市には屋根がある常設の飲食店街がありましたが、寧夏路夜市は道端に屋台が沢山出ている場所というイメージ。

圧倒されるがままに端から端へと歩いてみましたが、何を食べていいのやら。寿司の屋台もありましたが、さすがにここでそんなチャレンジは(笑)

そう、道のど真ん中にあるので、水とか衛生面はどうなんだろう…というのが心配なところ。子連れだしね。

とにかく、お腹の空いたまる子用に、何か麺類はないかなと思って探したのですが、それも見つからず。

ふと見ると、割とお客さんの多いビーフン屋さんみたいなお店があったので、そこで食べてみることにしました。

席が若干詰まっていたのですが、他のお客さんが空けてくれたので無事に座ることができました。こういう優しさ、さすがです☆

711ba5e6.jpg


写真、左が焼きビーフン、右が魚介スープのようなもので、それぞれ60元くらいだったように思います。

取り敢えず、1つずつ頼んで、まる子にビーフンを食べさせてみたのですが、いつもとあまりに違う環境に戸惑ったのか、箸が進まず…。

困ったな…と思っていたら、隣の席で食事していた大学生くらいの若者が、どこかに行って戻ってきたと思ったら、「これ、おいもです。子どもは好きだと思うから。よかったらどうぞ」と言って、パックに入ったサツマイモをくれたのです!

こちらがお金を払おうとすると、「いいですから」と。台湾の方って、どうしてこんなに素敵なんでしょう!

「おいも」は日本語だったように思うのだけれど、それ以外は英語だったので「謝謝」くらいしか伝えることができず、自分の語学力のなさがもどかしかったです。

5ec29f94.jpg


いただいた「おいも」は、なんと大学芋の味だったので、大学芋好きなまる子はおいしそうに食べていました。

多分、よその国から来た子供が慣れない物を食べているのを見て、「甘いものなら」と思ってくれたのではないかと思います。おにいさん、本当にありがとう!

2320d8db.jpg


その他、夫が中華風ハンバーガーみたいなのを食べたりしましたが、あまりピンとくる味ではなかったようでした。夜市って、結構難しいですね。初心者には士林夜市のような、観光客が沢山来るような夜市のほうがいいように思いました。

まる子も疲れてしまったようなので、コンビニでアイス買ってデザートにし(ここまで来て、コンビニでアイスとは…)、帰ることにしました。

今回の夜市、目的の一つは果物屋台だったのに、それらしきものを見つけることができなまま、タクシーをつかまえて乗りました。

すると、乗ってすぐの道端に果物屋台か沢山あるのが見え…。

あーーー、と後ろ髪引かれながらシェラトンに戻ったのでした。

で、シェラトンに戻ってきたのはいいものの、大して何も食べていないので空腹を覚え、ホテル周辺で何か食べることにしました。

子連れとしては遅めの時間だったので、なるべく早く食べようと、ホテル裏手のアーケード街の一角にある食堂へ。家族経営っぽい牛肉麺のお店のようでした。

さっぱりした物が食べたいなと思い、酸菜麺(正確な名前忘れてしまいました)という麺を。

34161a69.jpg


さっぱりしたスープに高菜漬っぽい味付けの酸っぱい野菜とお肉が乗っています。

最初はあまりに味が薄いので、失敗したかなと思いましたが、優しい味のスープに酸味のある野菜がアクセントになり、やみつきになる味でした。気付けば、スープまで完食!ごちそうさまでした(^_^;)

こうして、盛りだくさんだった3日目も終了。明日は、ついに帰国の日となります。楽しいと、時間が過ぎるのは早いですね〜。

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ

台北旅行も、ついに最終日となりました。

当初は近場を見て回るつもりだったのですが、シェラトン台北の喫煙所で夫が台湾の方と話した時に、「台北101に行ったのか?」「いや、行っていない」「そりゃ、いかん!是非とも登らないと」という話になったそうで、「地元の方がそこまで言うのだから、行ったほうがほうがいいかな…」と話していたら、まる子が「行ってみたい!」と騒ぎ出し、行くことが決まりました。

ちなみに、台北101とは、世界で何位かの高さを誇る展望台兼ショッピングモールのようなものです。正直、高いところ苦手だからパスしようと思っていたのですが(笑)せっかくなのでね。

で、最終日になってガイドブックを見てみると、11時オープンとなっています。ツアーバスのピックアップ12時45分だから、行って帰ってきて、ギリギリというところ。

とにかくパッキングを終わらせてホテルをチェックアウトし、11時すぐに台北101に入場できるようにしようということになりました。

※ちなみに、11時オープンということで我々のスケジュールを撹乱した台北101ですが、どうもショッピングモールが11時オープンなだけで、展望台はもっと早くから開いていたらしいということが、後々判明しました(-_-;)慌ててガイドブック見るものじゃないですね…。

さて、勢い込んでチェックアウトしたものの、台北101のオープンまでにはまだまだ時間があります(と、その時は思っていました)。

シェラトンの近くに小さな市場があるとのことなので、そこまで行こうとシェラトン前の通りを台北駅とは逆方向に歩いていると、おお、こんなところにスーパー発見!

c3326974.jpg


ずっとスーパー探していたんですが、こんなところにあったのね…。灯台もと暗し。

ああ、何故にシェラトンのコンシェルジュに一言聞いてみなかったのだろう…。悔やまれてなりません。

入ってみると、間口は狭いけど奥行きがあって、品揃えも豊富。

e785a186.jpg


渇望していた果物(特にマンゴー!)も、お手頃価格で売っています。ホテル滞在中ならば、買って帰って部屋で食べたのですが、もうチェックアウトしちゃったものね…。

今回の旅行、果物とはとんと縁がなかったな(>_<)まあ、マンゴーかき氷食べられたからよしとしますか。

店内を見ているうちに、海外スーパー好きとしてはテンションが上がり、すっかり買い物モードに。

f613aab0.jpg


だって、お土産に良さそうなパイナップルケーキなんかが、お土産屋さんと比べたら格安で売っているんだもの。

あと、烏龍茶のティーバック。これも安いんですが、日本で買うティーバックに比べて香りかよくておいしいのです(前回行った時に購入して実感)。

その他、マンゴーのお菓子とか、色々買い物かごに入れて、いざお会計。

台湾元が残り少ないのでクレジットカードで払おうと握りしめていたら、レジのお姉さんが「Cash only」と非情な言葉を…。

えー、こんなに大きなスーパーなのにカード使えないの(>_<)

案の定、現金が足りなくなり、お姉さんに言って品物を減らしてもらうことに…。

お姉さんからは「パイナップルケーキか多すぎる」という的確なアドバイスをいただきましたが(笑)これはお土産なのでそんなに減らせない。仕方ないので、家で飲むために購入した烏龍茶を減らしたりして、何とかお金を払いました。合計1112元でした。

レジのお姉さんは、こんな鈍くさい私に優しく付き合ってくれました。台湾の方って、本当に皆さん優しいです。

大荷物を持って観光できないので、シェラトン台北に一度戻り荷物を預け、今度こそ台北101へと向かいます!

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ



おはようございます。昨日は工場勤務の新入社員が出張してきて、懇親会があったため、若干だるい子連れ狼です。ねむい…。

さて、今日は台湾旅行の際に買ってきたインスタントラーメンをご紹介します。

外国のインスタントラーメンが結構好きなのですが、台湾のは種類が豊富でもそれぞれの差異がいまいち分からん(みんな似て見える)ということで、どれを買うべきか迷いました。

結局、写真の海鮮ぽいのを買ってみたのですが、実際に作ってみたらこんな感じ…。



まあ、パッケージはお約束の「調理例」というやつなんでしょうが、インスタントラーメンにこんなの乗せて食べる人、いるか?(笑)

ちなみに、お味はアジア地域のインスタントラーメン特有の「麺のび気味、粉っぽい出汁」でした。まあ、これはこれで好きなんだけどね(^_-)

しかし、台湾はおいしい麺がお店で200円くらいで食べられるお国柄だから、インスタントラーメンなんていらないような気がします〜。


◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ
入れ物が紙で出来ているので、持つと「アチッ」でした。熱湯入れるのにこれで大丈夫なのかしら??


794a9332.jpg
旅行記の途中ですが、昨日ドコモから携帯電話の請求書が届いたので、その話題を。

この夏の台北旅行中、現地からスマートフォンでブログの更新やメール送信等をしました。

事前調査によると、台北シェラトンはロビーで無料の無線LANが使え、部屋にもそれが飛んできているので使えるとのことでした。

また、TPE−FREE という公共エリアでの無料インターネットアクセスがあり、外国人でも登録すれば使えるとのこと。

ただ、実際に使えるかどうか分からなかったので、ドコモの海外パケホーダイ設定について勉強してから出国しました。

ドコモの海外パケホーダイは、20万パケットまでは1日最大1980円、20万パケットを超えると、どれだけ使っても2980円という仕組み。到着後、ドコモと提携している現地の通信事業者を登録する必要があります。

さて、台北到着後、TPE−FREEの登録場所はよく分からなかったので諦め、ドコモの海外パケホーダイ設定をしました。

万が一、それなりに使ってしまって、高額請求してしまったら恐いので。そして、とりあえず私がネット使えれば問題ないので、夫のスマホはネットに接続しない設定にしました。

シェラトン台北は確かに無線LANが使える状況だったのですが、部屋の中だと入ったり入らなかったりなので、結局パケホーダイを使うことが多かったように思います。

でも、初めての海外パケホーダイなので実は心配で、「うまく設定されていなくて、請求書が届いたら数万円!」とかだったらどうしよう…と思っていたので、ドキドキしながらドコモの請求書の封筒を開けたのですが、普通の金額だったので安心しました。

1980円×4日間=7920円ということなのだと思います。まあ、7920円は安くはないけれど、これくらいだったら許容範囲です。

ただ、ネットが使えるのは便利だけど、ちょっとそれに追われてしまうような感じがするので、最初から使わないというのも選択肢の一つだなと思いました。

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ

スーパーで買い物した荷物をシェラトン台北に預けて身軽になり、台北101へと向かいます。

開場の11時までには時間があるので(その時はそう思っていましたが、実際は午前10時から開いています)、MRTで最寄りの市政府駅まで行き、駅前のデパートで時間を潰してから、台北101に行こうということになりました。

が、市政府駅に着き、デパートを見てみると…

どのお店も11時オープン…

嗚呼(>_<)

唯一、10時から開いていたのが、オサレ書店で有名な誠品書店。雑貨や衣類も扱う、デパートみたいな書店です。

ここも、書店部分のみ10時開店で、衣類のフロアは11時開店でしたが、とにかく涼める!ということで、入ってみました。

いやー、綺麗だし、すごい本の数です。料理本とか、言葉が分からなくても結構面白い♪

日本語の本だけでも、結構な数がありました。

21614c10.jpg


マックのブースがあり、アイパッドを見たりしているうちに、あら、結構な時間。

急いで台北101に向かい、11時すぎに到着しました。

7077035f.jpg


しかし、ここでも失敗してしまったのですが、ショッピングモールの入り口から入ってしまったので、展望台の受付まで直行できず、妙に時間がかかってしまいました。慌てるといけないね…。

大人400元、子供370元を支払い、ようやく展望台へ行くエレベーターへ。

d280bf7a.jpg


東芝製の有名なエレベーターで、ビューンと89階へ!

おお、本当に早いです。会社のエレベーターて8階に登るより、このエレベーターで89階に登る方が早いよ(笑)

af441da5.jpg


0d63a102.jpg


が、ですね、いかんせん、高い所にあまり興味のない我々(笑)

時間も迫っているし、サラッと見て退却することにしました。

BlogPaint


しかし、降りるエレベーターに乗るには、珊瑚の細工物が山ほど置いてあるフロアを通過しなければならないのて、疲れている身には苦痛でしかなく…。誰か、ここで珊瑚のネックレスとか買うんだろうか…。

ようやく脱出して、エレベーターで下界まで降り、時間がないのでタクシーでシェラトン台北まで戻ってきました。時刻は12:15。

集合時間の12:45まで少し時間があるので、取り敢えず腹ごしらえしようと、近くにあるお弁当屋さんに。

しかし、ここ、日中はガラガラなのに、お昼時は激混み!

お弁当屋さんと言っても、持ち帰る人より店内で食べている人の方が多い感じで、席を確保するのも大変でした。

お弁当の注文は、写真のメニューがあるので、それを指差して何とかクリア。お店の方も、言葉の分からない私の注文に丁寧に対応して下さいました。

鶏肉の乗っているのが90元(250円くらい)、牛肉の薄切りの乗っているのが85元(230円くらい)でした。本当は、牛肉ではなく海老のを頼んだのですが、時間もないし、無問題です(多分、私の注文が間違っていたのだと思います…)。

5e8c533b.jpg


時間がないので慌てて食べ、小走りでシェラトン台北に戻り、ベルボーイに預けていた荷物を出してもらっていたのだけど、おや、ツアーのガイドさんらしき人がいない…。

もう、時間なんだけど、前のホテルのピックアップが遅れているのかな〜、なんて呑気に考えていたら、ベルボーイさんが緊迫した表情で荷物とメモを持ってきました。

見ると、「時間ですが、いらっしゃらないので、先に行きます。戻られたら連絡して下さい。ガイドより」

ええーーー、姉さん、事件です。最後の最後にこれですか…。

次回に続きます。

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ

このページのトップヘ