子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

カテゴリ:まる子ダイアリー > まる子@6歳(2011.2.15−2012.2.14)

小学生一年生になってから、まる子が体調を崩したのはこれまで二回。

1.お昼頃に嘔吐し、保健室で休んだ後、早退→翌日には復活。

2.学童で熱っぽくなり早めに帰宅→翌朝には平熱となり、普通に登校。

親も驚く回復力のため、学童の先生からも「まるちゃん、強いですね〜」と、よく言われます。

すると、まる子が「まるちゃんも強いけど、ママも強いんだよ。まるちゃんがゲーしたの手で受け止めても、病気にならないんだもん」と言うので、先生は「???」

説明しますと、「冬の風物詩、感染性胃腸炎等で、まる子が嘔吐した時に、つい両手で受け止めちゃうんですよね。でも、うつったことないんです」

そうなんです、反射神経良すぎて(笑)ついナイスキャッチしちゃうんですよね〜。

なんて笑い話をしていたら、先生が「あら、まるちゃん、あなたは幸せね」とおっしゃいました。

今度はまる子が「???」

「だってね、吐いたものなんて、なかなか受け止められないものよ。まるちゃんは、本当に大事にされているのね」

あ、いえ、単にハハの反射神経が良すぎるだけなんで…。

でも、そう言われたまる子は何だかとっても嬉しそうでした。

こういうことを咄嗟に伝えてくれる先生って、本当に素敵だと思います。

そして、そのI 先生、実はまる子と誕生日が一緒なんです☆

願わくは、こんなに素敵な女性になれますように!

そう、明日は、まる子7歳のお誕生日です☆

先日、同じマンションに住むお友達が二人遊びに遊びに来てくれました。

お互いにとっても楽しみにしていたようで、何だかんだ言いながら賑やかに遊んでおりました。

3人なので、時に2対1に分かれてしまうのは仕方ないから、そこは傍観していたのですが、気になったのが子供達の大人(夫と私)への態度。

私が買い物に行っている間に、夫は豆をぶつけられそうになったとか(節分前後だったので)、私が出したおやつを一口だけ食べて「こんなのいらない」とか。

基本的に大人に対してタメ口なので、ちょっとびっくり。

まる子にはいつも「何かお願いする時は必ず、『〜して下さい』とか丁寧に言うんだよ」「大人に対して、お友達に話すように話してはダメだよ。丁寧にお話ししなさい」等と伝えているのですが、こりゃあ、まる子も余所の家に行ったらどんな口のききかたしているか分からないな…。

大人が優しいから、お友達感覚なんでしょうか??

私は優しくない大人なので、つい、みんながいる前でまる子に説教してしまいました(もちろん、聞こえることを想定して。笑)

また、お友達が帰宅した後、再度言い聞かせました。

・大人には丁寧な話し方をすること。

・もし、出されたおやつが食べられないようだったら「こんなのいらない」ではなく、「お腹がいっぱいなので、これはいりません」とお断りすること。準備してくれた方に嫌な思いをさせないこと。

と、こういうことって、しつこく、しつこく言わないと身に付かないんだろうな(特にまる子のような子供の場合…)。

でも、お友達と遊ばないとこういう問題点て分からないから、いい機会になりました。

少しずつでも改善するといいな〜(いつもご迷惑をお掛けしている皆様、申し訳ございません…)。

土曜日のママ会に参加した子どもは、まる子含めて6名。

3名→B型インフルエンザ確定

1名→既にインフルエンザ罹患済

1名→高熱出すも、インフルエンザ検査は陰性



そうだよね、こんな狭いところで↑はしゃいだり、堀ごたつの下に潜って遊んだりしていたのだものね…。

で、まる子ですが、昨日も学校からの呼び出しはなく、通常通り公文までクリアー。

念のため、フレックスで1時間早くお迎えに行きましたが、おもいっきり平熱!

現時点で平熱ならば大丈夫かな〜と思っております。

じゃあ、何で微熱が出たかって?

ハハ思うに、唐揚げの食べ過ぎなのではないかと(-_-;)

ママ会のお店は飲み放題、食べ放題で、唐揚げもそのメニューにあったため、子ども達は凄い勢いで唐揚げを。

中でもまる子は、両手で唐揚げ持って食べる始末…。お里が知れますわよ(>_<)

さすがにあれだけ食べると消化不良だったのではないかと思う、ハハなのでした…。

まあ、とにかくこの冬を元気に乗りきってほしいものです。

昨日の16時過ぎ。仕事をしていたら、学童から電話がありました。

この時間の電話は…

出ると、「まるちゃん寒い寒いというのでお熱を計ったら37.2度あります。まだあまりお熱はないんですが、だるそうにしているので、お布団で寝かせます」

とのご連絡でした…。

取り敢えず、16時半で仕事を切り上げ、お迎えに行くことに。

学童に行くと、やはりだるそうにしているため、近場で申し訳ないけれど、タクシーを呼んで帰宅。800円。

こういう時、やっぱりタクシーだと楽ですね。久々のセレブ通学でした(笑)

帰宅後、寝かせようと思ったら、「学童で寝たから眠れない…」って本当か!?と思いましたが、気分転換にベッドでポータブルDVD見せたりして、休息。

プリンとアイスを欲しがり、ペロリと食べました。

実は、お休みの日に一緒に遊んだお友達がインフルエンザだというので、絶対ヤバイと思っていたのですが、熱は上がらず。

36度後半〜37度ちょっとくらいなので、発熱の範疇なのか微妙…。

結局、朝になって検温しても平熱で、本人がどうしても学校に行きたいと言うので、判断に悩みましたが、マスクつけて登校させました。

このまま、何事もないといいんですが…。

ハハはとにかく、優先順位つけて仕事片づけますわ(-_-;)



ママ会の帰り道に二人で歩いていると、まる子がつぶやきました。

「朝に戻ればいいのにな〜」

??と思っていると、

「タイムマシンで今日の朝に戻れば、またNちゃんと会えるでしょ」

…。

そっか、まる子はNちゃんのこと、本当に好きなんだね。

Nちゃんからも、「まるちゃん大好き。親友だよ」というお手紙をもらいました。

小学校でも仲良しのお友達ができて、自分の居場所が出来てきたように思うけど、やっぱり保育園の仲良しさんは特別なんだね。

なかなか会えないけれど、またみんなで遊ぼうね(^_^)



今日は保育園時代のママ達との少し遅めの新年会でした。

通常、こういう時にまる子は連れていかないのですが、他の街に住んでいる仲良しのお友達が参加するというので、急遽連れていくことに。

保育園で五年間一緒に過ごした仲は、やっぱり特別なんだよね。久々に会っても、変わらず仲良しでした(^_^)

途中で他のお友達との小競り合いもありましたが、みんなで「会議」(笑)できるようになったのだから、成長したよね。

↓何故か、この狭苦しいところに5人集まって会議中(笑)



さて、今回は居酒屋の女子会プランでしたが、料理が来るのが遅くて、三時間の枠なのに、結局四時間半くらいいたかな?

料理食べ放題、ドリンク飲み放題なので、これでお店としては元が取れるのかしら??とちょっと心配です。やっぱり、デフレなんですね…。



まる子は小さい頃から、好き嫌いが激しい子供でした。

量は結構食べるのだけど、緑色の食べ物(葉物野菜とか)を忌み嫌っていて(笑)、ちょっと混ざっていても選り出して避けていました…。

また、ご飯が大好きなのに混ぜご飯が苦手で、オンリー白飯LOVE。雑穀米さえも嫌だというので、選択肢が少なく困っていました。

まあ、でも、私も子供の頃、野菜嫌いで便秘になったくらいだったし、きっと子供は無意識のセルフコントロールとして、消化がよく栄養になりやすいものを食べたがるのだろうなと思い、あまり気にしないことにしていました。

まる子は運動量が多いから、食物繊維の摂取が少なくても、便秘知らずだしね(^_-)-☆

ところが最近、給食の影響なのか、それとも「これを食べないとデザート無しだよ」が効いているのか(笑。でも、昔はこの脅しも効かなかった…)、前より緑の野菜を食べるようになりました。

焦らなくても、時期が来ると、食べられるようになるものなのだな〜と思う次第です。

そして、オンリー白飯LOVEにも新しい動きが。

生協で玄米を買って炊いたところ、「このご飯おいしい!」と。

その後、玄米を使って、禁断の混ぜご飯系(とにかく、何かが混ざっているのが嫌い)である雑炊を作ったところ、かなりヒットだったようで、このところ、朝食は玄米雑炊のことが多いです。

玄米だと雑炊にしてもプチっとした食感が残るので、それがおいしいみたい(^_^)

玄米ご飯さえ炊いておけば簡単にできるので、寒い冬には特にお勧めします☆

こうして、子供の好き嫌いって改善されていくものなんですね。まだまだ嫌いな物は沢山ありますが、のんびり付き合うことにしましょう(^_^)

昨日、仕事をしていたらスクールメールが届きました。

何だろう?と思って読むと、まる子のクラスでインフルエンザ感染者が6名になったので早帰りさせます、というもの。

よもや、学級閉鎖か(>_<)と思ったのですが、学級閉鎖ではないただの早帰りだったので、そのまま学童も利用できて助かりました。

まる子曰く、同じ号車の子(まる子のクラスでは、列ごとに1〜4号車と分けています)のうち既に6名がインフルエンザにかかっていて、無傷なのはまる子含めて2人だけなんだとか…。

もうね、まる子の免疫力に掛けるしかないです(笑)

しかし、ここまでインフルエンザに振り回されるとは、想定外でした。

保育園で、学級閉鎖ってなかったものね…。

感染を防ぐためとはいえ、元気なのに学童でも預かってくれないとなると、恐怖ですわ。

どうか、これ以上、インフルエンザ感染者が増えませんように!

昨年2月から始めたスイミング。

赤帽子→黄色帽子と来て、先日、ついに白帽子さんになりました。

白帽子は、クロールがなんとなくできているレベルのようですが、カナヅチのハハから見ると、小学一年生でそんなレベルになっているだけで感動的です(笑)

さて、まる子のお稽古事を振り返ると、

プール→とにかく大好き。楽しくて仕方ない。

ピアノ→音楽は好きだけど、練習はあまり好きではない。

公文→賢くなりたいらしい(笑)ので、頑張る。でも、宿題への意欲は薄れてきた…。

というような感じです。

ピアノに関して言えば、明らかに低調ですが(-_-;)まあ、本人が「今日は音楽の授業があるから楽しみ♪」と言うほどの音楽好きなので、その楽しい感覚を持ち続けてもらえれば充分かな。

お弾き初め会で「皆勤賞」をもらえて(17人中、2名が受賞)、ちょっとやる気出たみたいだし(単純。笑)

プールは放っておいても楽しんできて覚えていきそうだし、日常生活で親が教えることはないから、楽かも(^_-)-☆

ホテルのプール等で、名コーチの夫が泳ぐコツを上手に教えてくれてもいるし、このまま普通に泳げるようになって欲しいです(^_^)





まる子のピアノ教室では、発表会は隔年ですが、毎年年始にお弾き初め会があります。

これは、同じお稽古をしている生徒みんなで集まり、お稽古の成果と新年の目標を発表するというもの。

今日はそのお弾き初め会だったので、参加してきました。

弾く順番はくじ引きで決めるのですが、まさかの一番目!

これまでの散々な結果を見ているので(笑)心配していたのですが、なんと、みんなの前で「おおかみ まる子です。『牧場の歌声』を弾きます」としっかり言うことができました☆

いやー、びっくり。

ピアノの演奏は、家で全然練習していないこともあり、あまり進歩は感じられませんでしたが(T_T)両手で弾けるようになっただけでも成長したのかなと思っています。

こういうお稽古事って、やめてしまうとそこで途切れてしまうから、のんびりでも続けさせたいなぁ。

さて、終了後、先生からも顔見知りのママからも、「きちんとお名前言えて、成長を感じました〜」と言われました。

だよね(笑)

褒められポイントが他の子とは違いますが、これがまる子。ゆっくりとでも成長していって欲しいものです(^_-)-☆



子供は雪が好きですよね。

月曜の晩に降った雪で、まだまだ遊んでいます。

このところ寒いので、綿の半袖の下着+ヒートテック長袖+厚手のトレーナー+モコモコのパーカーを着せているのだけど(従来に比べて、ヒートテック長袖を追加)それで全然寒くないみたいです。

時に、「暑い」と言って、上着脱ごうとしたりして…。

ヒートテック効果なのか??

いずれにしても、もうヒートテックのない冬は考えられないですわ(ハハも愛用中!)。



まる子の学校のインフルエンザ罹患者は落ち着いてきたようで、かなり減りました。

まる子のクラスでは、まず最初にまる子の後ろの席の子がかかり、その次はまる子の前の席の子、次にまる子の隣の席の子がかかって、今に至ります。

つまり、インフルエンザウイルスがまる子を避けて通った模様(笑)

まあ、何故か本人もインフルエンザにかからない自信があるようで、「まるちゃんは強いから大丈夫!」と言っておりました。

って、そんな話を職場でしたら、「誰かにそっくりだね。咳が出ていても『風邪じゃない!』とか言い張る人」と言われました。

えっ?それって、もしや、私のこと??(笑)

病は気からというか、言霊を信じているというか…。

とにかく、私が風邪じゃないと言えば風邪じゃないし、かからないと思えばかからないのです(^_-)-☆

でも、まあ、まだまだ寒い時期が続きます。体調崩さないように、これまで以上に気を付けないとね。



この週末、天気が悪くて外で遊べないので、ショッピングモールのミニ遊園地へ。

明らかに対象年齢低そうだけど(笑)嬉々として遊んでおります。

まる子のベネッセ歴。

1歳〜2歳:
こどもチャレンジ受講。おもちゃや教材が多すぎて持て余し、退会。

6歳(年長さん):
さすがに、平仮名くらい理解していないとまずい…と思い、再入会。

ということで、年長さんからこれまで続けていたチャレンジですが、1年生の3月末で退会することにしました。

何故かと言えば、公文で国語と算数両方習い始めたら、チャレンジにまで手が回らなくなったから。

また、チャレンジは変なおもちゃみたいな教材が多いのですが、一時的にはやるものの、結局ごみになることが多く、無駄だな…と感じていたこともあります。

最終的に本人の意思を確認したところ、「もう辞める」とのことだったので、潔く決断しました。

公文は教科書に準拠していませんが、まあ、低学年のうちに大切なのは「読み書きソロバン」の繰り返しなのかなと思うので、さほど心配していません。

浮いた受講料で(月3000円)、好きな本でも買ってあげようと思います。必要ならば、市販のドリルも沢山あるしね(^_-)-☆

1年前にルンバを購入した際、ユーザー登録をしておきました。

昨年末にアイロボット社から封書が届いたので、「何だろう??」と思ったら、無料メンテナンスのご案内でした。

通常7000円かかるメンテナンスが無料とのことだったので、早速依頼。

ネックは「メンテナンスには2週間程度掛かります」という間の掃除をどうするか…でしたが(笑)実際には出した4日後には戻ってきたので、大変助かりました。

メンテナンス前と後を比べると、掃除が軽快になった気がするし、誤作動もなくなりました。何より、以前紐を絡めてしまい一部千切れたクリーニングブラシを交換してもらえたので、掃除の精度が上がったように思います。

これだけ効果あるなら、有料でも来年もやったほうがいいかな。

何せルンバくん、今や我が家にはなくてはならない存在ですから。

何で今まで買わなかったんだろう、とここまで思った家電は、食洗機以来かな。

いつか、全自動洗濯機のように、ほぼ全世帯に普及するのかな。もしくは、本当の家事ロボット(エプロンしていたりするの。笑)が掃除するようになっていたりして(^_-)-☆

おはようございます。

学級閉鎖の危機ですが、今のところまる子のクラスでは2名しかお休みが出ていないとのことで、何とかなるかな…と思っています。

でも、1名がインフルエンザ、1名が高熱とのことなので、油断はできないです(>_<)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、まる子が最近よく語る、将来なりたいもの。

流石に「犬」とは言わなくなったので、母さんちょっとつまらないのですが、「学校の先生」になりたいそうです。

もちろん、まる子にとって「学校」は小学校なので、小学生の先生になりたいようです。

最初は気紛れだと思って聞き流していたのですが、頻繁に言っているので、現時点では本気みたい。

でも、実はまる子にはもう1つ夢があるのです。

それは、保育園後半から言っている「パン屋さん」。

諦めたのかな?と思っていたら、「まるちゃん、学校の先生もやって、パン屋さんにもなる」。

ほー、子供らしい大言壮語だなーと聞いていたら、「普通の日は学校の先生で、お休みの日にパン屋さんやるの」と、真剣。

そんなに働かなくても(笑)

でも、まあ、「だるいから働きたくない」とか言われるより、ずっといいよね(^_-)-☆

働くことにポジティブイメージを持ってくれているようで、働くハハとしては嬉しいです♪

昨日の午前中、小学校からスクールメールが届きました。

「1年×組(まる子の隣のクラス)で、32人中、15人がインフルエンザで欠席したため、今日から金曜日まで学級閉鎖とします」

えーーーー。

隣のクラスで学級閉鎖ですか(>_<)

しかも、×組といえば、同じマンションの女の子二人もそうだし、学童で仲良しのお友達もみんな×組…。

ヤバい、ヤバ過ぎる。

上司に相談したら、「もしそうなったら、席空いているし、連れてくる?」と冗談混じりに言われましたが、ホント、本人が感染せずに元気だったらそうするかも(笑)

しかし、学級閉鎖になると元気でも学童にも預けられないって、働く親はどうしたらいいんでしょう(-_-;)

願わくは、まる子のクラスの子供達の免疫力が強いことを(笑)

一応、仲のよい×組のお友達は、今のところ発症していない模様。まる子にも感染していないといいな〜。



金曜日に体調を崩したまる子ですが、その後は至って元気で、今朝も通常通り登校していきました。

やっぱり、体力ついたんだな〜と実感。これが乳幼児期だったら、1日では快復しないものね。

さて、今回、久々に近所の小児科に行きましたが、何せ滅多に風邪も引かないので、ほぼ1年振りの診察(定期的に行く天女先生の皮膚科は別の病院)。

前回来たときは、アトピー的症状が悪化し、取り敢えず薬を処方してもらおうと診察を受けたのですが、薬が全く効かなかったため、結局、混んでいるけれど素敵な天女先生のいる皮膚科に行ったのでした。

で、そういえばその時に、初めての診察にも関わらず、いきなりアレルギーの血液検査をされることになったので、ついでにまる子の血液型を調べてもらったのですが、何せ病院に行かないので、なかなか結果が聞けず…。ようやく今回、聞くことができました。

(って、前置きが長くてすみません…)

結論は、まる子、A型でした!

夫、AB型。ハハ、A型。なので、この自由人気質はAB型だろうと勝手に思っていたので(笑)意外でした。

でも、AB型の夫は「A型だと思っていたよ」と言うのだから、そんなものなのかもしれません。

うーむ、何となく今後の接し方に変化がありそうな予感です(笑)


金曜日のお昼休みに、携帯が鳴りました…。

表示は、「小学校」!

嫌な予感がしつつ出ると、予感的中。保健の先生からでした…。

給食前に、まる子が嘔吐してしまい、保健室で休んでいる。熱はないけど、インフルエンザの流行る時期でもあるし、お迎えに来て下さい。

了解です(>_<)

でも、今日は産業医の先生が来る日かつ給与計算の〆日…。

どうしようかと思い夫に連絡したら「自分が行くから心配なく」との返答だったので、ホッ…。

13時半に職場を出るとのことだったので、学校には「14時半頃お迎えに行きます」と連絡を入れました。

で、夫がお迎えに行って、そのまま近くの病院へ。消耗しているので点滴して、吐き気止めの薬を処方されて帰ってきました。

帰宅後に一度も嘔吐したものの、その後はぐっすり寝て、翌土曜日にはすっかり元気に。

さすがにスイミングは休ませましたが、ピアノには行くと言うので連れて行きました。

すると、ピアノの先生が「まる子ちゃん、今のところ皆勤賞ですよね!このまま1月中休まなければ、皆勤賞ですよ!」とのこと。

おお、小学校の皆勤賞に引き続き、ピアノの皆勤賞ですか☆

今日のレッスン休まずに来て良かったね!

正直、ピアノの進度は遅々としておりますが、まあ、続けることに意味があるということで(^_-)-☆

学校も、このままならば月曜から普通に登校できそうだから、三学期の皆勤賞も狙えるかな?




2学期の通知表について書くのを忘れていたので、今更ながらですが記事にしたいと思います。

1年生の1学期は評価がないので、初めての評価となった今回の通知表。

「よくできた」が生活と音楽合わせて3つ、残り全部が「できた」となっておりました。

自分の子供の頃の通知表を思い出すと、殆ど「よくできた」だったような気がして、教員をしている友人に「小学校の通知表って、絶対評価だよね??」と確認すると、「そうだよ。私も子供の頃は『よくできた』ばかりだったから、そう言いたくなる気持ちは分かるけど、普通そうじゃないから」と慰められました(笑)

そっか、「がんばろう」がなく、「できた」ということは、できているということなのね(笑)

そして、↓のように、自分の気持ちを表現できるようになったようだし、



1学期に引き続き、皆勤賞☆だったしね。



もちろん、ハハは君が頑張っていることをよく知っているからね(^_^)

このページのトップヘ