子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

カテゴリ: 映画を見る

image

ルパン三世好きなので、4日(土)に封切りされた『血煙の石川五エ衛門』を観に行ってきました!

まる子も誘ったのですが乗ってこなかったので、夫と二人。

夫と二人で映画行けるようになるなんて、いつの間にかムスメも成長したものだわねー。

ということで、『血煙の石川五エ衛門』。

テレビ展開用なのか、前編・後編に分かれていて、前編が始まった時には、「よもや前編だけで終わり??」と焦ったのですが、ちゃんと後編も上映されました(笑)

LUPIN THE RDシリーズ、相変わらずスタイリッシュで格好良かったです!

ただねー、怖いシーンが多くて、怖いのと痛そうなのが苦手なワタクシとしては、背筋を凍らせておりました

短編だからかチケットが1300円だったのですが、それならば見てもいいかなーという感じです。

image

上映後は、一応デートなので(笑)ローストビーフサラダなんて食べてみましたよ

映画って、気分転換としては最適ですよねー。またデートで(笑)行こうと思います(^^)



image

週末、二度目の『君の名は。』を見てきました。

一度目を見終わった時から、ムスメが「もう一度見たいね」と言っていたのですが、10月中ならばTOHOシネマズアプリ割引が効いて、400円引きで見られるので、じゃあ、今のうちに!と思って行きました。

同じ映画を映画館でもう一度見るのは、初めての体験でしたが、二回見て良かったです。

一回目では分からなかった伏線とか、細かい部分がよく分かりました。

音楽も、しっかりと聞けたしね。

ただ、始まった時から涙が出そうになって困っちゃいましたけど

ちなみに、今回は家族3人で見に行ったのですが、まる子は1人で座り、一応(笑)私と夫は並んで座りました。

映画って、結局は1人で見るものだから、1人で見た方がストレスないですよね

image

映画の後は、串揚げ食べ放題のお店に行ってランチ。

休日に、家族3人揃って行動することって少ないから、何だか新鮮でした(^^)

image

映画づいている我が家。

ということで、週末に『聲の形』を観てきました。

今回も、ムスメの要望により別々の席に座り、各々独り映画を満喫

映画に集中できていいですね、このシステム(笑)

『聲の形』は、全く違う世界に連れていってくれた『君の名は。』とは違い、リアルな世界の切なさとかつらさを描いた作品でした。

原作漫画は読んだことないのですが、きっと原作からエピソードを上手く抜き出したんだろうな、と思いました。

原作があるものを二時間にするのって、難しいですよね。

とはいえ、なかなか見応えのある映画でしたよ。

同時期に、同じアニメというカテゴリーの『君の名は。』が公開されているのは、アンラッキーだとは思いますが…。

観客は若いカップルが多かったです。少年漫画原作というのもあるのかな。

両隣がカップルで挟まれて観たのでした

image

発端は、ムスメが「『君の名は。』が見たい。一人で映画館に行ってみたい」と言い出したことでした。

いや、確かに映画を一人で見てみたいという気持ちは分かるけど、ハハも見たいよ、『君の名は。』(笑)

ということで、一緒に行くけど席は別に座り、終わってしばらくしたら集合ということになりました

でも、結局は、前日になってお友達も一緒に行くことになったので、「まる子+お友達」「ハハ」というように、別々に席を予約したんですけどね。

さて、『君の名は。』です。

いや、本当に良い映画でした

評判が良いのは知っていたし、大枠の話も知っている気がしていましたが、想像を超えていました。

主人公男子役の神木隆之介も良かったなー。

RADWIMPSの音楽も。
そういえば、ロックロックこんにちは!で、生でRADWIMPSが「前前前世」歌うの聞いたんだよなー。

また、絵も綺麗で引き込まれました。

雨の路面に写ったスタバのネオンとか、日本のアニメって凄いと思いましたよ。

終了後しばらくしてムスメ達と集合しましたが、ムスメは「もう1回見たい!」と言っていました。

確かに、もう1回見てみたい映画ですね。

そして、映画館で見ることをお勧めします

なお、アニメですが、子供向けの映画ではないので、ある程度、ストーリーを理解できる年齢じゃないと一緒に行くのは難しいと思います。

image

週末、映画館でSHERLOCKを見てきました!

SHERLOCKはイギリスのテレビシリーズなんですが、最新作を映画館で上映するとのことだったので、これは行かないわけにはいかないな!と

ご覧になったことがない方のために説明すると、SHERLOCKは、シャーロックホームズの話を現代に置き換えたもので、馬車の代わりにロンドンタクシーを、電報の代わりにスマホを駆使して事件を解決していきます。

なのに、じゃあ↑何でこの写真はTHEシャーロックホームズの格好をしているのか不思議になると思いますが…。

そう、私も事前知識に乏しかったので、映画が始まって、主役のベネディクトカンバーバッジが、THEホームズの格好で出てきたので、「あれ?SHERLOCKってこんなだったっけ?」と一瞬錯覚してしまったのですが(笑)

まあ、簡単に言うと、SHERLOCKがビクトリア朝シャーロックホームズのコスプレをしているということですね(笑)

そして、これがメチャクチャはまっていて、もし次にビクトリア朝ホームズをやるとしたら、カンバーバッジしかないでしょという格好よさでした

ちなみに、今回の映画はBBCの特別番組だったようなので、SHERLOCK本編とは少し異なります。

なので、単純にカンバーバッジのコスプレを楽しめばいいように思います

image


ゴールデンウィークですね。

昨日は家庭訪問だったので1日休みましたが、今日は通常出勤の子連れ狼です、おはようございます

先日、まる子のお友達グループを引率して、ディズニーのシンデレラ実写版を見に行ってきました。

知っているお話だし、話の展開も順当なのですが、実写だからこそ楽しい場面が沢山あって、予想より(失礼!)楽しめました。

脇役が、継母→ケイトブランシェット、魔法使い→ヘレナボナムカーターですからね、なかなか豪華な配役でした。

少し残念だったのが、日本語版声優の高畑充希のシンデレラが舌ったらずの幼い話し方だったこと。

シンデレラ=お姫様=可愛らしくということなんでしょうか??

リリージェイムスの演技を見ていると、もっと芯の強い女性のような気がするんですけどね。

ところで、映画にはまる子を含めて女子4人と一緒に行ったのですが、学校のお友達と一緒の時って、家にいる時と違うものだなーと思いながら、観察してました。

ていうか、まる子って、もしかしていじられキャラ??

ずっと、「まる子さー」「まる子お腹減ってる?」「まる子ー」と、いじられ続けていました。

また、映画の後に我が家に遊びに来たのですが、まる子の机の引き出しとか開けられたり、やられ放題で…。

本人も後で憤慨していて、「他のお友達の家に行ったときはそんなことしないのに…」と嘆いていましたが、「まる子ならばこれくらいやっても大丈夫」と思われているのかな

まあ、仲良しなのでいいんですが、これ以上エスカレートしないことを祈ります…。

image


まる子が、アイカツからプリパラに鞍替えしたことは先日書きましたが、週末はプリパラ映画に行ってきました…。

普段行く映画館ではやっていないため、少し離れた映画館まで、片道370円かけて行きました。

観る前は、「話は全然知らないけど、楽しめるといいなー」と思って見始めたのですが…

ええとですね、アニメに出てくるアイドル達が歌を披露するという設定なので、延々と歌が続き…

ストーリーが殆どない映画を見るのはキツイですね。

不条理映画かと思いましたよ(笑)

そして、生まれて初めて映画館で寝そうになりました

しかし、客席は結構埋まっていて、人気はあるんだなーと思いました。

殆どが親子連れか女の子同士だったのですが、中に1組、大きいお友達がいたので(笑)ちょっとびっくりしました。

こういうアニメでも、ファンになる男の人いるんですねー(あ、でも多分、高校生〜大学生くらいでしたが)

かなりの苦行でしたが、当日券でも大人1400円、子供800円と、被害総額は低かったのでまあ、よしとします(交通費のことは考えないことに。笑)

いやしかし、母親になるって大変だわ

image


いやー、アナと雪の女王人気、続いてますねー。

ああいう普遍的な話に、みんな飢えていたのかもしれないですね。

DVDも凄い勢いで売れているようですが、ファミマにはアナ雪パン↑までありましたよ

アナだけでなく、白パンのエルサもありました

あと、びっくりしたのが、これ↓


image


アナ雪チェスト(笑)

やるなー、アイリスオーヤマ

image


夏休み、始まりました!

通知表は、なかなか見せてくれませんでしたけどね(笑)

取り敢えず、成績については、不問とすることにします(^_^;)

通知表にも「本が好きで休み時間にはよく読書してます」と書いてありましたが、四年生になってからは図書館の本を沢山読んでいるらしいまる子。

↑こんな賞状もいただいて来ました

恐らく、大多数が学習マンガ(〜の不思議シリーズ)かと思いますが(笑)何でもいいから、本に親しむ習慣が身に付いてきたのは嬉しい限りです

そして、三連休。

家族で仮面ライダー映画を観に行ったり、引っ越してしまう保育園時代のお友達の送別会に出席したり、フレンチ食べに行ったり、日帰り温泉に行ったりしました。

我が家にしては、予定の詰まったお休みでしたわ

ちなみに、仮面ライダー映画はどうも盛り込みすぎの消化不良で、愛之助さんの出番もいまいちでした。

image


そりゃあ、こんなにガラガラになるわけですな…(驚くことに、笑っちゃうくらい空いてました)

image


image

ゴールデンウィーク、終わっちゃいましたね

今年も近場で過ごした連休だったのですが、途中で予期せぬ事態が発生しまして…

ええ、歯痛です

このところ、何となく違和感はあったのですが、いつもながら、休みに入って体が油断したのか、急激に痛くなり…

せっかくのゴールデンウィークなのに、お酒飲めませんでした(って、そこか?笑)

幸い、休日でも診察している歯科があったので、応急措置してもらい、化膿止め&痛み止めを処方してもらいました

助かったー。

この映画を観た時は、まだ痛くなかったので、ビール飲む余裕があったんですけどね

image


ということで、『アナと雪の女王』です。

ゴールデンウィークということもあって、映画館は激混み。

映画自体も、前評判通り、とても良かったです。

感想については、ネタバレになるといけないので、「続きを読む」で続きを読む

image


既にシーズン3まで作られているようですが、今更ながら『シャーロック』にはまっています!

あのシャーロックホームズが現代にいたら、という設定なのですが、とにかくドラマの質が高くて、見ていて楽しくて仕方ありません。

そして、これまでは「変わった顔の人」というカテゴリーだったベネディクト・カンバーバッジが、格好よく見える(笑)

ホームズのイメージ通りだし、すごい役者さんなんだなーと思いました。

なお、「現代にホームズがいたら」という設定なので、お話はかなり大胆にアレンジされています。普通に、スマホとかパソコンが出てきますし。

すると、気になるのが「原作どうだったっけ??」ということ。

シャーロッキアンではありませんが、子供の頃から程々のホームズ好きだったので(探偵小説が読書の原点です)、何となく話は覚えているのですが、詳しい部分は忘れてしまっていて…。

ということで、久々にシャーロックホームズ買いました!

せっかくなので、光文社文庫の新訳です。

旧訳と比べていないからよく分からないけど、昔ながらの回りくどい表現がなくなっているのかな??

何十年ぶりの(?)シャーロックホームズですが、やはり小説も面白くて

シリーズ全部読んでしまいそうです

image


我が家の「大きなお友達(笑)」である夫の希望により、封切り翌日の仮面ライダー映画を観てきました!

最近仮面ライダーはノーチェックなので、いまいち分からない部分もありましたが、まあ、たまには家族3人で同じ映画を観るのもいいかなと思います。

映画の後にフットサルに行かなければいけないというタイトなスケジュールだったので、エンドロールの後、慌てて立ち上がったら突然テンションの高いお姉さんが出てきて「皆さん、こんにちはー」と始まりました。

何だろう??イベント?と思ったのですが、見ていく時間がなかったので、そっと退出しようと思ったら、通路に仮面ライダー鎧武がいるじゃありませんか

わわわ、と思ったものの時間は迫っているので、横を通って行こうとしたら、鎧武が手を出してくれたので、家族3人、ハイタッチして帰ってきました

背が高くスタイルも良かったし、普段から中に入っているようなスーツアクターさんなのかな??

なかなかの存在感で格好良かったです

写真は映画館から出る直前に慌てて撮った後ろ姿なので、ボケボケですが、雰囲気だけは分かっていただけるかな??

後から調べたところによると、公開記念の特別イベント(クイズ大会)だったようです。

分かっていれば、何とか都合つけて最後まで見たんですけどね。

でも、ハイタッチできたから逆に良かったかな

ちなみに、変身後の鎧武は格好いいと思うのですが、変身前はブラックマヨネーズにしか見えないのは私だけでしょうか(笑)

image


週末にドラえもん映画を見てきました!

子供向け映画といえども、ドラえもんは別格。ハハも、いそいそと映画館へ

何ででしょうね。ドラえもんを見ていると幸せになれます。

映画の内容はこれまでの名作ドラえもん映画に比べれば平凡てしたが、それでも楽しかったです

この間、年齢が一回り下のネイリストさんと話していて思ったのですが、20代の彼女にとってはクレヨンしんちゃんが私にとってのドラえもんポジションにあるようで。映画のしんちゃんはヒーローだと言っていました。

リアルタイムでしんちゃんを見ていない私にとっては、しんちゃんて、いまいち感情移入できない存在なんだよなー。

そう言ったら笑われましたが(笑)

アラフォー世代にとってのドラえもんて、夢であり、叶えたい現実なんですよね。

日本のロボット技術者は、「ドラえもん」という可視化された目標があるから話が早いというのも聞いたことがあります。

あの22世紀みたいになればいいなー、と思ってここまで来ましたものね。

テレビ電話や携帯電話が実現できている今って、着々と22世紀に近付いているような気がします

と、意味もなく熱くドラえもんを語ってみましたが、映画の前売り券が売り切れていたことから、やっぱり同じような思いの大人は多いんじゃないかなーと思います。

そして、それが自分の子供世代にまで受け継がれていることを嬉しく感じます



久しぶりに一人で映画を見てきました。

前々から気になっていたフランス映画『最強のふたり』です。

シネコンで見たのですが、さすがに観客の年齢層が高く、普段の仮面ライダー映画とは別世界(当たり前か)。

熟年?カップルが多かったです。

見終わった後に、その熟年カップルのお一人が「思ったより淡々としていたわね」とおっしゃっていましたが、確かに「泣くために映画を見る」人にとっては、淡々とした作品かもしれません。

でも、私はこの映画大好きです。

主役のふたり、特に黒人青年役のオマール・シーが素晴らしい!

実はミュージシャンだったりするのかな?と思ってWikipedia見たら、コメディアンでした。

フランス映画って、コメディアンが俳優として素晴らしい成果を出すこと多いですね。

お話しについてはネタバレになるので紹介しませんが、フランスに旅行した時に、クリニャンクールの道端で金属製のショッピングカートを引っくり返して焼きとうもろこし売っていた黒人青年や、地下鉄のゲートを飛び越える人達を見た身としては、リアルに感じられました。

ゴールデンウィークなので(笑)仮面ライダー映画に行ってきました。



何気に、毎回家族三人で仮面ライダー映画観に行っている我々。まあ、一番見たがっているのは夫なんですが(^_-)

観た後の感想としては、「こりゃ、ディエンドのための映画だわ!」

つまり、ディエンド好きの私のための映画ということ(笑)



すみません、訳分からない方のために説明すると、ディエンドとは、仮面ライダーディケイドで出てきたもう一人の仮面ライダーで、↑この戸谷公人さんという方が演じています。

全編ディエンドが出ずっぱりで、他のライダーよりも何よりも出ているので、この映画の影の主役はディエンドかと☆

ということで、ハハ、ホクホクした映画鑑賞でした!



まる子が鼻風邪気味のため、今日は室内でということで、仮面ライダー映画に来ています。

今回はちゃんと前売り券買ってきましたよ。

しかし、最近、映画館で映画って、仮面ライダーしか見ていないような(笑)昔は、よく単館ロードショー見に行ったんだけどね…。

28f827db.jpg
昨日で仮面ライダーオーズが終わってしまいましたね。

うちでは、夫が一番気合い入れて見ていたので(笑)非常に残念そうです。

とはいえ、ライダー交代の度に残念がるも、1年たつと新しいライダーに愛着が湧いて離れがたくなるのだから、不思議なものですよね。

今度のイカライダー(我が家ではそう呼ばれております)にも、じきに慣れて、映画見に行っちゃったりするのかな〜。

そうそう、先日、オーズの映画見に行きましたよ!

松平健が暴れん坊将軍役で出るとのことで、かなりワクワクしながら(子供の頃から時代劇好きなので!)。

思っていたより出番が少なく残念でしたが、決め台詞満載で、往年のファンとしては堪らない感じでした。

当然、暴れん坊将軍など見たことのないまる子としては、何故に両親がこんなに盛り上がっているか分からなかったようですが(笑)

と、映画自体は楽しかったのですが、チケット代やら軽食代やらで、かなりの出費。

特に、台湾旅行の直後だったので、「これだけのお金があれば、どれだけおいしいもの食べられるか…」と考えちゃいました。

だって、ゲキマズのラップサンドが600円とか…。

日本て、レジャー施設の食べ物が、高い上にまずいですよね。

あれは、いい加減に根絶してほしい。他に選択肢がないから、まずくても、高くても買うだろうと…。

飲食業界の方は、良心が痛まないのだろうかと、いつも思います。

あ、仮面ライダーオーズの話が、いつの間にか食べ物話になっちゃいましたね。

すみません、食いしん坊なので(笑)

台北旅行記も、まだまだ続きます。お次は、真打ち登場ですよ(^_-)

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキンーグマザー育児へ

dfd45fa9.jpg
今日は、まる子の希望で(いや間違いなく夫の誘導で)仮面ライダー映画を見に行ってきました。

仮面ライダーW&オーズ、ぼちぼちかな…。

後半、まる子は飽きてましたけど(-.-;)

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

今更ながらですが、映画『SP野望編』を見てきました。

テレビ版にはまり、映画化するらしいという話を聞いてから予想以上に時間がかかりましたが、野望編、革命編という二部作になったようです。

で、見る前から分かっていたことですが、「テレビで見てもよかったな」というのが鑑賞後の率直な感想です(笑)

まあ、アクションはかなり盛大になっていましたが、「こんな状態なのに他から援護ないのか…」とかツッコミ所満載でしたから。

出色だったのが香川照之。

やっぱり彼は上手いなーと思いながら見ていました。ケビン・スペイシーみたいになってきました。

あと、個人的にツボだったのがダイヤモンド☆ユカイ。

唄うトラックの運ちゃん役なんだけど、そういう人にしか見えない(笑)

でも、これってダイヤモンド☆ユカイだよね??と思ってエンドロール確認したら、確かにそうでした。

リアルタイムでレッドウォーリャーズを知っている世代としては、感慨深いものがあります(笑)

しかし、この映画、話はどんどん本来のSP業務から離れてきますね。

知り合いに元SPがいるんですが、彼らの忠誠心って本当にすごいんですよ。真顔で、「何かあったら命に代えて守る」と言っていたし。

それが仕事って凄いなと思います。

まあ、映画SPはかなり横道にそれちゃったけど、結末は気になるので革命編も見る予定です(^_-)

http://mobile.fujitv.co.jp/ar/mv_sp-movie

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

51b4c2bf.jpg
昨日に引き続き、「さよなら」ばっかりですが(笑)今日はくだらなネタです。

仮面ライダーWの霧彦さんがついに死んでしまいました!

ていうか、「霧彦さん、誰??」という方も多いと思いますが(笑)

あのですね、仮面ライダーの敵方の婿養子となった敏腕営業マンという設定だったんですが、ネタが多くてファンだったんですよね〜。

ただのスカした男だと思いきや、妻に対する熱い思いを突然語りだしたり、風都くんのデザインをしていたり。

その変さがたまらなかったのですが、何と最後は妻に殺されて終わってしまいました…。



嗚呼、本当に残念です。

ちなみに、霧彦さんを演じていた君沢ユウキさんのブログを見てみたら、追悼コメントが700件くらい入ってました。

みんな君沢さん演ずる霧彦さん大好きだったんですね〜。

君沢さん自身もかなり気になるので、今後チェックしたいと思います。

しかし、霧彦さんてすごい得な役だったと思います。ある意味、主役食ってますわ(^_-)

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

霧彦さんはメモリ(小型の細長い機械)を使って、ナスカというドーパント(怪物?)に変身するのですが、まる子は細長いクッキーを腕に当てて「ナスカ!」と変身ごっこしていました(笑)

このページのトップヘ