昨日、学校から職場に電話がかかってきました。

「まる子さん、お腹が痛いと言っていて、ひどく痛むようです。迎えに来られますか?」

「これから会社を出ても1時間程度かかるので、それまで保健室で休ませていただけますか」

という話を担任の先生としていたら、電話代わった保健の先生から「あまりに痛がるので、場合によっては救急車で病院に連れていきます」と言われ、えええ?と。

近くの病院に連れていってくれる感じだったので、慌てて帰宅準備していると再度連絡があり、「N市の○○病院になりました。場所はスマホで調べて下さい」とのこと。そして、背後には救急車のサイレン音…。

病院の場所も分からないし、救急車って、どういうこと??と思いながら、慌てて病院へのアクセスを検索。

何とか最短ルートをたどって向かいました。

途中、保健の先生から電話があり、「検査してもらいましたが、特に問題はなく、痛みも落ち着いたようで、大丈夫そうです」とのことで、緊張が解けました。

普段、病気しないのでね。救急車なんて、何事かと思いましたよ…。

駅からタクシーで病院に向かうと、少し顔色が悪いものの、割と普通な様子のムスメが。

婦人科で診てもらったそうなのですが、特に問題はなかったそうです。

私の推測ですが、女性特有の日に、梅雨寒が重なって体が冷え、極端にお腹が痛くなってしまったのではないかと思われます。

本人も相当痛かったようで、「あの時は入院することになるかと思った」と言っていたので、普通に電車で帰って来られて、本当に良かったです。

女子に冷えは大敵ですね。

これまでかなり薄着でいて私に注意されていたムスメですが、大分懲りたようで、少しはまともな格好をしてくれそうです(^^;