別所温泉は長野の鎌倉と呼ばれているそうで、由緒ある寺社が沢山あります。

ということで、2日目はお寺めぐり。

まずは安楽寺に行ってみます。

DSC_5268
DSC_5272

ここには、国宝の八角三重塔があるとのことで。

別所温泉のサイトから引用します↓

木造八角三重塔は、木造の八角塔としては全国で一つしかないという貴重な建築で、昭和27年3月29日、文化財保護法の規定により長野県では一番早く国宝に指定されました。
立年代は鎌倉時代末期から室町時代初期までのあいだと言われてきましたが、平成16年、安楽寺の依頼を受けた奈良文化財研究所埋蔵文化センター古環境研究室の光谷・大河内両先生の調査の結果、三重塔用材の伐採年代は正應二年(1289年)ということが判明しました。

これにより少なくとも1290年代(鎌倉時代末期)には建立されたことが明らかとなり、わが国最古の禅宗様建築であることが証明されました。

初重に裳階(もこし=ひさし又は霧よけの類)をつけた珍しい形式であるうえに細部も禅宗様の形式からなり、類例が少ないです。


DSC_5284
DSC_5282
DSC_5281

墓所の中に突然現れる三重塔は、なかなかの迫力です!

ここの檀家さんにとってはこれが日常の風景かと思うと何だか不思議。

こんな高い場所にこれだけの建築物を作ろうと思う気持ちってすごいなーと信心というものについて考えてしまいました。