今日はお休みいただいている子連れ狼です、おはようございます(^^)

この三連休で、スピッツの香川テアトロン公演2daysに行って参りまして、正に興奮冷めやらぬといったところです。

まずテアトロンという会場ですが、

image

このような場所にあります!

香川県高松市から臨時シャトルバスで1時間(公共交通機関なし)、目の前は美しい瀬戸内海!!!

image

そこに行くだけでも大変なんですが、最後にこの急な長い階段を降りた先に会場があります。

会場内は撮影不可なので、公式サイトの写真をお借りして、雰囲気だけでも皆様に。

image

もうね、夕暮れをバッグに歌うスピッツなんていう夢のような眺めでした。

ここは屋根の全く無い野外音楽堂なので、ファンの関心事は「雨が降りませんように!」でした。

ワタクシは強烈な晴れ女なわけですが、ツイッターでのお知り合いにはそれを頼りにしていただいていたので、責任重大でしたが(笑)2日間とも有り得ないくらいの晴れで(暑くて倒れそうでしたけど)、何とか責任を果たすことができたのでした

では、公演1日目の様子を徒然なるままに。

1日目の座席はスタンド席の田村さん側一番左、前から10数列目。

ステージ近くて素敵でしたが、ほぼ真横から見る感じなので、正面から全体の雰囲気を見ることはできません。

17:30開演予定が、お客さんの誘導等上手くいっておらず始まったのは17:45過ぎ。

まず、主催者のDUKEの社長による前説。2日間で12000人を動員したそうです。

ということは、1日6000人。交通手段ないところにこれだけ集めたら、そりゃあ大変なことですわな…。

で、本編ですが、そりゃあもう、常に最高ですから、こんなスペシャルな場所で聞いたら何だか判らないくらい最高なわけで。

かなりトリップしていたので、記憶曖昧ですが、覚えているMCを書き残しておきます(でも、ネタバレ満載なので、ご注意下さい)。

マサムネさん「テアトロンていうこの会場、自分が観客だったらどうなんだろう?ってスタレビとか観にきてみたかったんだけど。
でも、ここまで来るの大変だったよね。本当にありがとうございます」

マサムネさん「今は名前変わっちゃったけど、21年前に来た時は、『志度町』っていって、いい名前だなーと思っていたんですよね。シドって、ほら、シド・ビシャスとかそういうイメージでカッコいいじゃん」
テツヤさん「そういえば、今日、車でここまで来て、志度駅の近くまで着たときに、車に乗り込む家族連れがいたんだよね。お父さん、お母さん、子供二人だったかな。そしたらさ、お父さんの髪の毛、真赤なんだよ。すごいよね、さすが志度町。俺が住んでも目立たなくていいかな」
マサムネさん「ロックの街、みたいな町おこしもありだね」

田村さん「日が明るい時は本当にみんなの顔が見えるんだよね。そしたら、すっごく真剣にスピッツ見ていてくれていて。もっとボケッと見ていると思っていたら(笑)」

メンバー紹介の時に散々話したテツヤさんが、突然「UFOを呼ぶ会」と言って、みんながシーンとしたところで(シーンとさせることを言うのが好きな方)「ボーカル!草野マサムネ!!!」とマサムネさんを紹介。

マサムネさん「今日はジャケットTシャツの方も多くて。それぞれのアルバムを出した時のことを思い出します」
(ジャケTとは受注販売で売った、スピッツの歴代アルバムジャケットをプリントしたTシャツ。ちなみに私はこの日、フェイクファーで参加)
image


マサムネさん「スピッツは夏らしい歌が少なくて。盆踊りとか音頭とかあるといいんだけど。
(と言ってギターを持ち)♪き〜みをわすれない〜 ♪まがりくねったみちをいく〜 」
テツヤさん「それ、チェリーじゃん!」
マサムネさん「そう、ちぇりー音頭。このステージの円形のところで、浴衣着た奥様方が踊るという。意外といけるんじゃないかと」
テツヤさん「ちぇりー音頭とか作るようになったら終わりだろ」

マサムネさん「インディーズ時代の国道353号のうた、というのがあるんですが、それのパーパーパパーパーパーのところを歌った下さい」と、今回も観客とコール&レスポンス。

『けもの道』の出だしは、「志度町の日の出すごいキレイだな」

『俺のすべて』で、田村さんが客席乱入!お客さんが入っていない座席のとこを駆け上がってきたので、私のかなり近くまで。それゃもう、盛り上がりました

アンコール1曲目は、テアトロンといえばの『恋のうた』。

21年前にテアトロンで公演した時に『恋のうた』の映像があって、そのイメージがファンには強くて、みんな聴きたいと思っていたんですよね。

始まった瞬間、泣きました。

そして、アンコール2曲目が終わり、メンバーも退場してしまったのですが、観客が再度アンコールの拍手をしたところで、何と花火が!!!

もうね、完璧過ぎて、涙倍増。

しかも、「花火大会?」っていうくらいの打上数で。本当に綺麗でした。

全てが最高過ぎまして、何だか分からない夜でした。

ということで、セトリは、「続きを読む」に載せておきます。



image