image

マーライオン公園から、歩いてラッフルズホテルへと向かいます。

「この距離ならばすぐに歩いていけるんじゃない?」と思って歩き出したのですが、そもそも歩く想定がされていないのか、途中で歩道が分断されているし、暑いしで、難儀な道のりでした。

でも、途中で道に迷っていたら、親切な女性が道を教えてくれて、本当に助かりました。

国の印象って、こういうことの積み重ねで決まりますよね

image

ちなみに、シンガポールの信号も残り時間方式でした。

これ合理的でいいですよね。

image

image

ようやく、ラッフルズホテル到着!

おー、これかー。綺麗な建築物ですね

で、何のために、わざわざラッフルズホテルまで来たかというと…。

image

そう、シンガポールといえばの、シンガポールスリングを飲みに来たのです

image

image

由緒あるホテルのバーではありますが、すっかり観光スポット

欧米系の方も、日本人も、全員観光客でしたー(^^)

確か一杯35シンガポールドル(2600円)くらいだった記憶。

えーっと、今回のシンガポール旅行で一番高い飲食代となりました(^^;

普通に美味しかったし、普通に雰囲気も良かったですが、まあ、これは観光の一貫ということでね