みなとみらい線で、元町・中華街駅へと移動しました。

水曜の夕方に沖縄から戻り、夫は翌日から普通に仕事だったので、中華街で待ち合わせです。

金曜日の夜なので混んでいるのかな??と思いましたが、さほど混んでおらず。

ガイドブックと食べログで当たりをつけた中華料理店に行こうと思ったのですが、あるはずの場所になく…。

無くなったのか、お休みなのか、よく分からないので、候補として考えていた上海料理の「四五六菜館新館」に入ることにしました。

中華街には本当に沢山の中華料理店がありますが、ありすぎてどこに入っていいのか分からないですよね

大学時代に中国語の先生に美味しいお店を教えてもらったのですが、さすがに記憶になく(ちょっと外れた場所にあった記憶)。

今回は低予算で済ませたいなーということもあり、比較的お手頃なこちらのお店にしました。

カシューナッツ炒め・焼売・チャーハン・杏仁豆腐のセットを一人前と、単品でいくつか注文。

image

image


そして、こちらの名物らしい「孫麻婆豆腐」

image


上海料理のお店なんですけど、「上海料理ならではの麻婆豆腐を」ということで作られたそうです。

これが美味しくて

ただね、間違って唐辛子部分を食べてしまったようで、火を吹くかと思いました(笑)

珍しくお酒を飲まなかったこともあり、お会計は6000円程でした

なお、中華街だと接客がいまいちという話もよく聞きますが、こちらはお料理ごとに取り皿を持ってきてくれるし、お冷も嫌な顔せず入れてくれたので、悪くないと思います

私達にの口には入りませんでしたが(笑)まる子が焼売をお代わりしていましたので、点心も美味しそうでした。

むかーし、子供の頃に家族で中華街に行った時、空いているからと飛び込みで入った中華料理店のチャーシュー麺が驚くほど不味くて、「中華街って恐い」と思っていたのですが(笑)今回は当たりで良かったです