あれから4年。

もう4年なのか、まだ4年なのか…。

人によって捉え方は異なると思います。

私のように、地震には遭遇したけれど、少し大変だった時期を過ぎたら、日常生活に戻った者としては、日々の暮らしに追われてあっという間の4年間だったように思います。

電車が止まったり、計画停電したりなんてのもありましたが、どうにかなることでしたからね。

でも、親しい方を亡くした方にとっては、長い長い4年間だったのだろうな、と震災関連の報道に接して感じました。

人が亡くなるということは、こんなに周囲を悲しませることなんだな…と実感します。

娘によく言い聞かせていることは、「人は死んでしまったら、もう元には戻れないんだよ。だから、命は大切にしないといけないよ」。

そうなんです。当然のことなんですが、大怪我からは復活できるけど、亡くなったら元に戻れないのですものね。

今の自分にできることって、娘にそれを伝えるくらいかな。

でも、それは大切なことだと思うので、しつこく、しつこく、伝えていきたいと思います。