image


朝食の後は、最後の観光ということで、二条城へやってきました。

image

混んではいますが、他の観光地ほどではなかったです。

二条城なんて、修学旅行以来かな??

メジャーすぎて、逆になかなか行かない場所ですよね。

image

image


二の丸御殿に入り、有名な鶯張りの廊下を歩いて、修学旅行を思い出しました。

しかし、二の丸御殿て、言わずもがなですが、メチャクチャ豪華ですよねー。

image

image

お庭を散策していると、「→本丸御殿」という表示があったので、「そういえば、二条城の本丸って、どんななんだろう??見たことあったっけ?」と言いながら行ってみると…

image

image

えっ?これですか?



何だか普通の民家みたいなんですけど(笑)

調べてみたら、↓こういう事情でした。

 内堀に囲まれた部分16,800平方メートル(約5,200坪)を本丸と呼びます。
 創建当時の本丸御殿は、二の丸御殿にほぼ匹敵する規模をもっており、内部は狩野派の障壁画で飾られていました。
 また、本丸には五層の天守閣がそびえていましたが、寛延3年(1750年)落雷のため焼失、さらに天明8年(1788年)には市中の大火のため殿舎をも焼失してしまいました。

 その後永らく本丸御殿の再建はならず、幕末に15代将軍慶喜の住居として、本丸御殿が建てられましたが、明治14年に撤去されました。
 
 現在の本丸御殿は、京都御苑今出川御門内にあった旧桂宮邸の御殿を、明治26年から27年にかけて本丸内に移築したものです。
 この旧桂宮御殿は京都御所にあった当時、仁孝天皇の皇女和宮が14代将軍家茂に嫁がれる前、約1年8ヶ月にわたって住まわれた建物で、1854年(嘉永7年)内裏が炎上したときにも延焼を免れ、孝明天皇の仮皇居に使用された由緒深い建物です。


なるほど、旧桂宮御殿なんですね…。

image


正面入り口から見ると立派で、さすがに普通のお家ではありませんでした

団体旅行だとこんなところまで見ないけど、逆にこういうのが印象深かったりしますよね

散策の後は、休憩。

image

image


お腹いっぱいだったにも関わらず、ついついみたらし団子なんて食べちゃいました

image


1人1本ずついただきましたが、軟らかくておいしかったです