image


銀閣寺参拝の後は、哲学の道を歩き、南禅寺を目指します。

image


雨も上がり、寒くもなく暑くもない、散策にはよい日和です。

道沿いにちょこちょことお店があるのですが、「この辺に住んでいたら、日曜だけカフェとか開きたいねー」なんて話ながら歩きました。

結構歩き、ようやく南禅寺付近まで来たところで湯豆腐の有名店「奥丹」を発見。

南禅寺付近は湯豆腐のお店が多く、どこにしようか悩んでいたのですが、疲れていたこともあり、最初に見つけたこちらに入りました。

13:30頃だったこともあり、さほど並ばずに通していただけました。

image

image


通されたのは、一階の広間の奥の席で、正直、景色はあまり望めません。

こちらのお店は、湯豆腐のコースしかないとのことだったので、それを二人前とお酒を注文しました。

胡麻豆腐ととろろ。
image


とろろは、そのまま食べても、後で出てくるご飯に掛けて食べてもよいそうです。

精進揚げ。
image


豆腐田楽。
image


豆腐田楽は、山椒が効いていて独特の風味があります。

そして、湯豆腐!
image


正直、「え?二人分でこれだけ??」という気持ちになりましたが(笑)

image

こちらの湯豆腐は、山椒の効いた七味を掛けて食べるとのことで、確かにやってみたらおいしかったです

他のお客さんが七味について尋ねていたので、聞き耳をたてて(笑)情報収集。

有名な「七味屋」のものをブレンドして使っているとのことだったので、最終日に京都駅で買いました。

湯豆腐に七味って、合いますね

その後、ご飯が出てコースは終了。

お会計は下記の通りでした。
image


約8000円。

正直、これならば龍安寺の湯豆腐の方がおいしかったし、雰囲気も良かったなーというのが正直な感想

別にコースじゃなくていいんですよね…。

湯豆腐好き一家としては、とことん湯豆腐を楽しみたいという

とはいえ、「南禅寺で湯豆腐」というお題はクリアできたので、良かった!

靴を脱いだので、濡れていた靴下も乾いたしね