病み上がりで既に4キロくらい歩き、疲労も限界となったところで、湯島駅に到着しました。

「お腹に優しくて甘い物が食べたい(もちろん、和菓子)」と、ずーっとボヤいていましたが、時刻は19時…。

「まさか、そんなお店ないよねー」と言っていたら、なんと湯島駅出てすぐのところにありました!

image

(写真はお店のHPからお借りしました)

和菓子の「つる瀬」です

もうねー、砂漠でオアシスを見つけたくらいに嬉しかったです(大げさ。笑)

和菓子屋さんが多いのも、この界隈の特徴ですよね

image


メニューをよく見ずにあんみつを頼んだんですが、後からよく見たら、粟ぜんざいがあることを発見…(粟ぜんざいが大好きなのですが、なかなか食べられるところがなく)。

あーー、いま食べたかったのは粟ぜんざいだったーと思ったのですが、後の祭でした

image

でも、あんみつもおいしかったです

image

まる子は栗ぜんざい、夫はクリームあんみつを頼みました♪

イートインのお客さんは殆どいなくて、ゆっくりと過ごすことができました。

19:30がラストオーダーだったので、いいタイミングでお店に入れたようです。

で、つる瀬を出てからまた宿まで歩いたわけですが、振り返ると「タクシー使えば良かった…」。

流石に、今日は散々歩いているので、まる子も私も限界でした。

普段から平気で何キロも歩く夫は、一人で元気でしたけどね(笑)

でも、ブーブー言いながらも何とか歩き切り、鳳明館に帰還。

image

旅館ならではのペラッペラタオル(まる子初体験。笑)を持って、大浴場に行ったのでした。

お風呂はお湯がかなり熱かったのですが、やっぱり足が伸ばせる大きなお風呂に入ると疲れが取れますね。

脱衣場なんかが微妙で、まる子はびびってましたが(笑)大浴場のある宿で良かったです