那覇の泊逃避港から、ナガンヌ島に向けて出航した我々。

ちなみに、船はこんな感じ(写真はナガンヌ島のHPからお借りしました)。

cruiser


そんなに大きくないですが、結構立派な船でした。

image


ところで、我々が向かっているナガンヌ島がどんなところかと言うと…


■ナガンヌ島の基本データ

行政区 渡嘉敷村
面積 19.6万平方メートル(東西約1.7km、南北約200m)
位置 那覇市の西、約15km
北緯26度12.6分/経度:東経127度21.8分(渡嘉敷村)
交通 専用クルーザーによる定期便が就航。
那 覇=泊港から約20分
通信 携帯電話の電波圏内(キャリアにより不安定)

那覇から20分で行ける慶良間諸島ということで、乗り物酔いしやすいまる子でも耐えられるかなーと思って選びました。

また、小さな島なので、観光客向けの設備はありますが、基本、無人島とのこと。

main2014

こんな景色が眺められるのを楽しみにしておりました。

さて、途中波が高いところがあったものの、20分程でナガンヌ島に到着。

が、やはり、雨が降ってます

まずは、予約してあったコテージを借りる手続きをして、その後、更衣室で着替えます。

着替えも終わり、ビーチに行こうかと思ったら、あり得ないくらいの土砂降りていうか、嵐??


ビーチに出られず、屋根と壁のある売店で雨宿りです

本来でしたら、借りたコテージ
で(↓写真はイメージです。笑)、読書したりしてのんびり過ごすつもりだったんですけど…

cot01


cot02

(写真はナガンヌ島のHPからお借りしました)

壁のないコテージなので、雨が真横に吹き込んでくるから、とてもいられません

しばらく売店にいたのですが、11時からツアーについているランチが食べられるとのことで、レストランへ。

既に凄い混雑でしたが、相席で何とか座るところを見つけて、ランチを取りにいきました。

image


で、これが微妙なランチで(笑)

パニーニなんですかね…。

これだったら、コンビニのポークたまごおにぎりの方が100倍嬉しいんですけど

ちなみに、飲み物(別売)は、あまりの寒さに(日差しがなく、雨に降られているので、体が冷えていて)、ホットココア(笑)

まさか、真夏の沖縄の無人島でホットココア飲むことになるとはね

image


ランチを食べ終わり、しばしまったりしておりましたが、まる子が「海に行きたい!」と言うので、夫と私が交代でまる子と一緒に海へ。

雨は降り続けていますが、海にいる分には問題ありません。水温は程々にあるし。

でも、当初の予定だと15時の船で帰る予定だったのを、一時間前倒しでで14時の船にしてもらえるよう変更しました。

だって、お天気が良くなる気配が全くないのだもの。

なお、結局1分も滞在できなかったコテージの代金5000円ですが、窓口の方にダメ元で聞いてみたところ、全額返金していただけました

本当に良かった

これが返金されなかったら、ナガンヌ島の印象が最悪なまま終わるところでしたから(笑)

image


雨がひどかったので、写真を撮る余裕もありませんでしたが、最後に撮った写真を。

きっと、お天気が良ければ、海がキレイで過ごしやすいところなんでしょうけどね…。