今日は4月1日。

エープリルフールですね。

いや、そういうことが言いたいのではなかった(笑)

今日から職場復帰される方も多いと思います

私は職場復帰して8年経ちますが、8年前を思い起こすと、「遠距離通勤でフルタイム。親とも同居じゃなくて、やっていけるだろうか…」と心配でなりませんでした。

振り返ると、復帰直後に娘が半月保育園休んで入院したり、夏には私が帯状疱疹になって休んだり、色々ありましたが(笑)ここまで何とかやってくることができました。

ということで、アドバイスというのにはおこがましいのですが、働くお母さん達にエールを贈りたいと思います

働く母というのは、決められた時間の中で最大限の結果が出せる(出さざるを得ないというのが真実ですが。笑)、人財だと思っています。

どうか自信を持って

そして、一時的なパワーダウンは仕方ないと割り切って、その上で自分に何ができるか、何を人にお願いするべきか考えて動くといいと思います

以下は以前の記事ですが、よろしければご参照下さいね



働く母としての私のモットーは「為せば成る。でも無理しない」「全部足して100%になっていればいい」です。

これまでの記事をまとめてあるので、よろしればご覧下さい↓

全部足して100%になっていればいい

仕事が完璧じゃなくても、愛され主婦じゃなくても、素敵ママじゃなくてもいいじゃないですか。

そんなの全て叶えている人がいたら、そりゃあ別世界の人だと思うことにしましょう(笑)

そして、とにかく自身の健康を第一にして、日々を乗り切っていきましょう。

私に唯一の取り柄があるとしたら、「健康であること」。

自己管理できていると言えばかっこいいですが、無理できない我儘キャラなので、限界に達する前に勝手に休息取っちゃうんですよね。

でも、お蔭で、周囲に迷惑かけることは極力回避できているように思います。

自分が元気でなければ、どうにもならないですものね。

疲れた時は、お惣菜の活用、全然問題ないです(疲れてなくても活用してますけど。笑)

私は限界に達すると娘に「お母さんさ、今日は疲れちゃったからお外でご飯で食べて帰ろうか」とカミングアウトすることにしており、そうすると娘は「わーい♪」と大喜びしてます。

「絶対に自分が食事作らないといけない」とか、そういう無理はしないほうがいいと思います(世の中に「絶対やらないといけないもの」なんて、そうないですから)。

もしそれで何か言うような人がいたら、それは耳を畳んで聞かなかったことにしましょう(^_-)

そうそう、働く母には「鈍感力」も必要ですねー。

自分が元気でいられれば、たいていのことは結構何とかなるものです。

だから、どうか無理しないで自分のペースでやっていきましょう。

でも最後に、忘れないでいてほしいのが、周囲への感謝。

気兼ねしすぎて何も言わない、のは一番良くないです。

なるべく前倒しで色々相談して、協力してもらった時には感謝の気持ちを伝えると、フォローした側も気持ちよく過ごせますよね。

「働く母」は、特別ではありません。

もちろん、会社として配慮はしますが、それを当然だと思うのではなく、感謝する気持ちを持って過ごすことが、最終的には自分にもプラスになると思うのです。