ホテルに戻る途中に、またまた八百一に寄り、閉店前のセールで大トロ半額で買い、日本酒やビールも買って、まる子が寝た後に(笑)部屋で二次会しました

八百一、素敵ですホテルの近くにあって良かった



さて、ぼちぼちお風呂に入らなければ…。

もちろん、部屋のお風呂に入るのもアリなんですが、ここは、ホテル最上階にある温泉に

温泉

そう、京都の街中に温泉があったのです。

冬の旅行ということもあったので、ホテルを決める際の大きなポイントは、「温泉がある」ということでした。

今回の宿泊プランには温泉入浴料は含まれていないので、別途支払います。

■天然温泉付きスパ「トリニテ」

大人1日1,725円(2日間使うには+1,075円=合計2,800円)

子供1日1,575円(2日間使うには、+925円=合計2,500円)

image


↑画像はホテルのホームページからお借りしました。

浴槽は程々に大きいのですが、洗い場が少ないので、少し待ちました(入口に「入浴の際には、かけ湯だけではなく必ず体を洗って下さい」との注意書あり)。

室内の浴槽と、露天風呂があり(といっても、外からは見えないように完璧にガードされています)、気持ち良かったです!

やっぱり、大きいお風呂かつ温泉だといいですね

また、有料なだけのことはあり、バスローブやタオル、化粧品やお水が完備。

そして、服を着た後に使える、男女共用のラウンジもあり、軽食や飲み物が楽しめます。

飲食しなくても、ただ座ってのんびりすることも可能で、まる子と二人でボヘッとしていたら、冷たいお水を出してくれました。

寒い日だったら、外に出ないで、ここでのんびり過ごすのもありだと思います