最近、マンガの紹介ばっかりですが(笑)

『銀の匙』が家畜の生と死、そしてそれを食べて生きている人間を扱ったマンガだとしたら、この『山賊ダイアリー』は、野性動物のそれを描いたものと言えます。

作者は実際に猟師をしている若者で、自分の狩猟生活をリアルにマンガにしています。

私の中で、現代生活で狩猟をしている人というのは、狩る楽しみだけのために命を弄んでいるイメージがあったのですが、そうではなく、食べるために狩りをし、感謝の念を持ってそれを食べる姿に、これまでの不見識を詫びました。

本当に、食べるための狩り、なんですよね。

狩りをし、それを解体して食べることの難しさ。

自分はそれを見て見ぬふりしているけれど、日々それと向き合うのはしんどいだろうなと思います。

とはいえ、作者は特段ストイックな感じでもなく、マンションに住み、ベランダで鳥の解体なんかをしたりします。

その折り合いの付け方が面白いなーと思いました。

なお、職業漫画家なのかどうか分かりませんが、絵は下手ウマです(笑)

でも、そこに味があってよかったりしますのでご興味のある方は読んでみて下さいね