厚労省:村木事務次官就任「仕事と家庭 実現する社会に」

厚生労働省の事務方トップに就いた村 木厚子事務次官(57)が2日記者会見 し、「女性の後輩に『昇進の話があった ら絶対受けろ』と言ってきたので引いて はいけないと思った。仕事をして家庭を 持つ当たり前のことが普通に実現する社 会にしたい」と抱負を語った。

村木氏は2009年に文書偽造事件で 起訴され、後に無罪が確定した。164 日間勾留されたことについては「入所施 設体験も、福祉をやる人間にとっては施 設の質を何が決めるかということが非常 によく分かった。勉強になった」と振り 返った。

同時に「大きな困難や支えてもらわな いといけない立場になった時、プロの手 助けや家族、周りの人の力が要ることを 実感できたのはよかった」とした。

村木氏は旧労働省出身。女性の事務次 官誕生は、全省庁を通じ1997年の松 原亘子旧労働事務次官以来2人目。【佐 藤丈一】

毎日新聞2013年07月02日 19時15分


厚生労働省の村木厚子さんが、事務次官に就任されたとのニュースを見ました!

一面識もない方ですが、本当に嬉しくて記事にしてしまいました

過去の免罪事件で起訴された時に閉ざされたと思われていた事務方トップへの道ですが、その力量をきちんと評価して就任させた厚生労働省って、ある意味すごいなーと思います。

子育て支援や雇用の問題等、厚生労働省の抱えている(というか国の抱えている)問題は大きいと思いますが、村木さんのような、理想があり、かつ現実もよく知っている方がトップに就任することによって、少しでも好転していけばよいなと思います。

過去にも色々村木さんについての記事を書いていますので、リンク貼っておきます。

よろしければご覧下さい

ドラマ「私は屈しない」を見ました

村木厚子さん「振り返れば充実の綱渡り」

お金は大事だけど必要な時には「生き金」使わないとね

「小一の壁」を壊すために