ANA、LCCを一本化 エアアジアとの合弁解消へ :日本経済新聞

ANA、LCCを一本化 エアアジアとの合弁解消へ
「ピーチ流」移植、テコ入れへ 2013/6/10 23:09

 アジア最大の格安航空会社(LCC)エアアジア(マレーシア)がANAホールディングスとのLCC合弁事業を解消する方針を固めた。鳴り物入りで国内市場に参入したエアアジアだが、利用率の低迷が響いた。ANAは合弁会社を100%子会社化して、同社系のピーチ・アビエーションとのブランド一本化を検討する。

 「長い歴史を持つ航空会社と若い航空会社が理解し合うのは難しい」。エアアジアのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)は10日、クアラルンプールのホテルで日本経済新聞記者の質問に答え、こう語った。提携解消については「まだ決まっていない」としつつも、ANAとの溝の深さをうかがわせた。一方、ANAホールディングスは「(合弁解消が)正式に決まった事実はないがなるべく早く結論を出す」(幹部)とした。

 エアアジアとANAが合弁解消に踏み切る理由はエアアジア・ジャパンの低迷だ。昨年3月に関西国際空港を拠点にするANA系のピーチ、同7月に日本航空が出資するジェットスター・ジャパン、同8月にはエアアジア・ジャパンと、LCCが相次いで就航した。だが3社の中でエアアジア・ジャパンは平均利用率で唯一60%台と低迷。4月には50%台と回復の兆しが見えなかった。

 低迷の理由としてネット予約システムの使い勝手の悪さがあげられる。他社に比べ時間がかかるうえ、英語の表現が多いなどでリピーターが広がらなかった。国内の航空券販売では旅行会社経由が一定割合あるにもかかわらず、ネット予約だけに固執したことも痛かった。ネット予約も販売手法も、エアアジアが東南アジアで成功した格安モデルだが、日本では本領を発揮できなかった。

 一方、同じANAグループのピーチは事業開始にあたり、利用者の動向を綿密に調査した。バーコードで手軽にチェックインできるなどの独自システムを導入し、高齢者など利用者取り込みに成功している。

 今後ANAは、エアアジア・ジャパンを100%子会社化してピーチブランドへの一本化を検討する。ピーチとは独立した会社として運営し、首都圏のLCC事業をテコ入れする。

 ただエアアジアの拠点である成田空港が抱える問題は残る。都心から遠い成田空港は早朝深夜のアクセスが悪く、国内線の拠点として認知度もまだ低い。しかも、離着陸の制限時間があるため機材の稼働にも限界があり、運営上の障害が多い。「施設の使用料など空港コストの引き下げもお願いしなければならない」(ANA幹部)だけに、経営改善には時間がかかりそうだ。


この記事を読んでびっくりしたのですが、エアアジアジャパンて、他のLCCに比べて搭乗率が低く、経営不振だったんですね。

この半年間で2回、エアアジアジャパンを使った我が家としては、何だか不思議な感じです。

2回とも、結構混んでいるなーという印象だったし、特に問題も感じなかったので。

今後、同じANA傘下のピーチと統合される可能性もあるようですが、どうか撤退だけはしないで欲しいなと思います。

従来のフルサービス航空会社とは別に、LCCの選択肢は是非とも確保しておきたいので。

しかし、安くてもそれなりのサービスを求めるのは、日本ぽいですよね。

ネットだけでの販売でも、全く問題ないように思うんですが、それが障壁となっているというのとは、ネットのメインユーザーでもある若年層が、意外と使っていないんでしょうか?

100円ショップで丁寧な接客を受けると、「日本のソフト力は凄いなー」と、いつも思います。

まあ、それが良い部分でもあり、時に悪い部分にもなるんでしょうね。チップのない文化の弊害というか。

安い=最低限のサービス

というように捉える人が少なくて、「安くたって、それなりのサービスがあるんでしょ?」思っちゃうんですよね。

チップって、海外旅行に行くと煩雑で嫌なんですけど、「労働の対価を金銭で評価する」という意味では、シンプルでいいのかもしれないですね。

なお、話は変わりますが、関空を拠点としているピーチが、ついに関空→成田路線を飛ばすようですね。

関空からの格安海外航空券て多いから、関東在住者の選択肢が広がりますね