飛行機は17時到着予定でしたが、16時40分にはソウル仁川空港に着陸しました!

image


が、到着した場所が離れたゲートだったようで、沢山歩き、かつシャトルにも乗りました。

image


入国審査も混んでいて、17時40分にようやく外に出られました。

すると、出口前に「Mr.Ookami」という紙を持った男性が!

そう、今回は初めてのソウルだったので、日本語対応可能なタクシーを予約してあったので、そのお迎えの運転手さんでした♪

インターナショナルタクシー
仁川空港→ソウル市内 定額制75,000ウォン(5,714円)

で、運転手さんに会うなり「車を停めているところと離れているので歩きますよ」と言われ、すごい勢いで歩き始めたので、必死についていき、空港内を端から端まで歩き、ついには外まで出て、また相当歩き、ようやく運転手さんが車を停めていた駐車場まで来ました!

まる子、ぐったり(笑)

image


ということで、17時54分、タクシー乗車。着陸から1時間以上経過してしまいました。

やっぱり、LCCは辺鄙な場所に到着するからねー。

実は、今回泊まるソウルロイヤルホテルには、無料の空港シャトルバスがありました。

でも、その時間が18時30分発と17時到着にしては開いてしまうからタクシーを予約したのですが、これならホテルのシャトルバスでも良かったかも(^_-)

さて、インターナショナルタクシー。

ソウル市が運営している外国人向けのタクシーで、日本語や英語が話せる運転手さんが乗車しています。

韓国のタクシーは白タクのようなぼったくりタクシーが頻発しているようなので、予約制でかつ日本語が話せる運転手さんだと安心感があります。

仁川空港からソウル市内までは高速道路を使って1時間。イメージとしては、成田空港と東京都内の距離感です。

その間、運転手のキムさんと色々お話できて、勉強になりました。

あ、でもキムさんに「明日帰るので、あまり時間がないんです」と言ったら、「え?」と驚愕されましたけど(笑)

また、今日泊まる明洞近くでおいしいサムギョプサルが食べられるところはないか聞いたら、「明洞は、ぼったくりばかりだからね…」と言いながらも、電話で色々聞いてくれたのですが、やはり明洞にはお勧めのお店はなく、明洞から一駅離れたところにあるお店がいいと教えてくれました。

一部渋滞していた道路もありましたが、そもそも定額制なので気にならず。

多分、普通にタクシー乗るより割高だと思うのですが、万が一の際に「いくらかかるか分からない」という心配がないのはいいですね(^_^)

ちなみに、キムさんは3年程日本で働いていたことがあるのだとか。

失礼ながらその割には日本語はあまりお上手ではなく(意味を真逆に取り違えることあり…)、あまり込み入った話はできませんでしたが、「韓国の方は朝ごはん何食べるんですか?」等というよもやま話ができて、楽しかったです♪

朝ごはんには、やっぱり、ご飯とキムチと海苔を食べるそうですよ。野菜と海藻類なんて、パーフェクトな健康食ですよね。

なお、タクシー運転手さんですから、当然営業トークしてきます。

空港送迎だけでなく、観光タクシーとして時間制の貸切り利用もできるようなので。

でも、何せ我が家は明日帰る身なので、あまり営業されませんでした。貸し切るような時間ないしね。

乗車してから1時間10分後の、19時5分にソウルロイヤルホテル到着。

約束通り75000ウォン(5,714円)をカードで支払って、キムさんとお別れしました。

家族三人で乗って、この金額なら全然問題なし。キムさん、お世話になりました!