8b3929ed.jpg

新居に引っ越すに当たり、部屋のレイアウトには悩みました。

限られた空間に、どうしたら必要な物が置けて、くつろぐスペースが確保できるのだろうと。

結論としては、リビングダイニングには、食卓のみ置いて、ソファは置かない。電子ピアノも置かなければいけないので、テレビは和室に置く。

お陰でリビングダイニングは割とゆったりした空間になったのだけど、じゃあ、テレビ見てくつろぐ時はどうしよう?

和室に置くようなローソファを検討していましたが、無印に行った時に素敵なものを見つけました!

それは、「体にフィットするソファ」。

いわゆる大型のビーズクッションなのですが、カバーが2種類の生地でできていて、どちらの面に座るかによって座り心地が違います。だらーんとした座り方と、割ときっちりした座り方、両方できるのです。

これなら和室に置いても畳が傷つかないし、お客様が泊まる時は動かして布団を敷くこともできる。

おお、素晴らしい☆と購入することは決めたのですが、ネックはお値段。

カバーとセットで、1つ15000円します。

家族三人分買うと、450000円か…。まあ、ソファを買うことを考えたら安いし、これくらい仕方ないかと思っていたら、ある日無印のチラシが入りました。

「体にフィットするソファ、数量限定で9990円」

これだ!と勢い込んで無印に行きました(笑)

だって、数量限定だし。

まだ引越し前でしたが、とにかく3つ購入して、旧宅に配送してもらいました。

ちなみに、数量限定9990円は、その後1ヶ月くらい続いていました(笑)先日見たら通常価格に戻っていましたが。

さて、新居で実際に使ってみた感想ですが、やっぱりこれ、すっごくいいです。

好きな場所で各自のんびりできるし、3つあるから誰かがソファを占領していることもないし。

また、思わぬ使い方も。

まる子が自分のベッドから落ちてしまい、夜中に起きてしまうことが多発していました。低めのベッドなんですが、落ちるとショック大きいようで。

ある朝は、起きる直前に落ちて肘をぶつけたらしく、「痛いよ…」とさめざめ。

それならと思って、夜寝る前に体にフィットするソファをベッドの横に移動させ、落ちた時のクッションにすることにしました。

これが安心感を与えたのか、まる子はそれから毎日、朝まで自分のベッドで寝ています。

昨日は「まるちゃん、ちゃんと一人で寝られたよ!」と主張するので「凄いね~」と褒めたたえると、「あのクッションのお陰だよ」と。

これのお陰で親子共々安眠できてるとは♪

見た目は布団袋みたいですが(笑)使ってみると、本当にいいです。オススメ☆

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ