e1aa44b5.jpg
おはようございます。昨日、あんなに盛大にレインハット愛用ハハの会会長辞任について書いたのに、今朝もまんまと雨だった子連れ狼です…。

いやはや、神様は最後まで私がレインハット被ることを望んでおられるようで(笑)

さて、タイトルですが。

常々私は、まる子から「ママ」と呼ばれることに違和感を抱いてきました。どう考えてもキャラと合わないし(-.-;)

でも、言葉が遅かったまる子が「ママ」と言い出しただけで嬉しくて、特に矯正しなかったのも自分なわけで。「お母さん」に変えてほしいけど、どのタイミングで変わるかなと見守ってきました。

月曜日のこと。

お風呂の中でご近所のKくん(2歳)の話になり、まる子が「Kくんは、まだちゃんとお話できないんだよ(語尾が赤ちゃん的ということが言いたいらしい)」と言い出しました。

そりゃあ、2歳だからね〜。

狼「あ、でもさ、Kくんは、まだ2歳なのに『パパ、ママ』じゃなくて、『お父さん、お母さん』て言うよね。まるちゃんも、『お父さん、お母さん』て呼んだら?」

今までいくら言ってもパパママを貫いてきたのに、『Kくんは2歳なのにお父さんお母さん』が悔しかったのか、突然「まるちゃんも、『お父さんお母さん』て言う!」と宣言!

それから一応、「お父さん、お母さん」と言っております。

ただ、まだ慣れないので「ママ」と言うこともあり、私がからかい気味に指摘すると「眠い時は『ママ』でもいいの」と開き直るのはご愛敬(笑)

多分、これからは普通に『お父さんお母さん』になるんだろうな。

願わくば、思春期になった時に「ババア」等と呼ばれないことを(-.-;)

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
写真は、結婚式でせっかく可愛い格好しているのに、やっぱり石が気になって仕方ない子供達(笑)どうして子供はあんなに石好きなんだろうf^_^;