一番初めにMかばん店で「水色でハート模様のついたランドセル」を見て以来、まる子はずっとそれを買うのだと言い張っていました。

背負いやすそうだし、悪くはないのだけど、社長の強引な売り付け方が嫌だったので、あそこで買うのは嫌だな…と思っていたハハ(しかもハートは少々やりすぎかと)。

何とか回避しようと誘導してみたのですが、頑として聞き入れません。

号を煮やして、「『ピンクでハートのランドセル』と、『水色でハートのついていないランドセル』だったら、どっちがいいの」(つまり、ハートにこだわるのか、水色にこだわるのか)聞いたところ、回答せず。

一体どういうことなのかと詰問すると、「だって、あのランドセルじゃないと、頭から血が出ちゃうんでしょ!?」と涙声。

頭から血?何のこっちゃと思ったのだけど、思い当たる節がありました。

Mかばん店の社長が「うちのランドセルの留め具には当たっても痛くないようにカバーがついているけど、他の店のにはついていません。これが額に当たってパックリ割れちゃった子もいるんだから」と言っていたのです。

大人は聞き流していたけど、まる子はしっかり聞いていて「このおじちゃんの店のランドセルじゃないと、頭から血が出る。絶対ここのじゃないと」と思い詰めていたようなのです。

まあ、この単純さが子供なんだけどさ…。

自社の優位を主張するために他社をおとしめる手法が大嫌いなハハ。

Mかばん店では絶対買わないことにしました(笑)

まる子には、「あのおじちゃんのお店のランドセルじゃなくても頭から血なんて出ないから大丈夫だよ」「あのおじちゃんはね、来たお客さん全員に買ってもらおうと思ってあんなこと言うんだよ。何で全員に買って欲しいかというと、お金が欲しいから。みんなが買ったら、お金が沢山もらえるでしょ」「ほら、普通、お店を見ても、見るだけで買わな人が多いけど、来た人全員が買ったら、あっという間にお金が沢山もらえるでしょ」と説明しました。

まる子も納得したようで、あそこのランドセルじゃなくてもいいと言ってくれました。

ということで、最終的にはオーダーメイドできるクラリーノランドセルに落ち着きそうです。

しかし、Mかばん店。思い返しても結構ひどいです。

だって、わざわざ某有名ランドセル工房Tのランドセルを用意して、「こっちより、うちのほうがいい」とか(多分、かなーり古いモデルだと思うけど…)、ゾウが乗っても大丈夫とか(笑)

3人で買えば3000円引きだけど、もう1人連れてきてくれれば4000円引きとも言われたな…。ネズミ講じゃないんだからさ。

でもまあ、まる子の社会勉強になって良かったかな。あれ以来、宣伝が激しい商品には疑いを持つようになったようですから(^_-)

◆ワーキングマザーブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ