■グアム旅行2日目:8月28日(木)

朝、私の横で寝ていたまる子が「ママ、お腹痛いよ〜」と半泣きで起きだしました。

うんちかな?と思ってトイレに連れていくと、突然嘔吐。

ヒェーと思って体を触ると熱い…。明らかに発熱しています。検温したら、37度台後半でした。

って、おい、今年も旅行2日目に発熱ですか(>_<)

少し落ち着いたところで、整腸剤と抗生物質を飲ませたのですが、30分位たってからまた嘔吐…。

取り敢えず、ほんの少し水分補給してから寝かせることにしました。

本当なら、朝食をクラブラウンジで食べられるのだけれど、それどころでないので、夫1人で行ってもらいました。

私もまる子と一緒に爆睡。
ラウンジから戻ってきた夫が「代わるよ」と言ってくれたのですが、もしまる子が目覚めた時に私がいないと大泣きするだろうなと思い(体調不良の時は私にベッタリになります…)、やめておきました。

代わりにホテルのデリでパンとコーヒーを買ってきてもらい朝食にしました。

ハイアットは、ゴールドパスポート会員という制度があって、誰でも申し込めば会員になれるのですが、その特典でコーヒー1杯は無料になり嬉しかったです♪

さて、目覚めたまる子の機嫌は悪く、食欲もなければ飲み物も飲みたがりません。

困ったな…思ったら、いい物を持ってきていたことを思い出しました。

それは金平糖!まる子は金平糖大好きなんです。

旅行前に会社の先輩から高級そうな金平糖を1袋いただき、たまたま旅行の荷物に入れていたのですが、それが今回のまる子の命綱となりました。

「金平糖食べる?」と聞くと、今までずっと首を横に振っていたまる子がコクンと頷きました。

何粒かあげるとすごい勢いで食べます。

砂糖だからダイレクトに栄養補給できるし、胃に負担はないしで、パーフェクトな病人食でした。

私も昔から海外旅行には和三盆でできたお干菓子を持っていくのですが、疲れた時には本当に効きます。砂糖って、素晴らしい!!

途中、熱が少し下がると機嫌も良くなり、『おともだち』の付録の粘土で遊んだりしました。

drawing

その後、嘔吐はなく胃の調子は落ち着いたようだったので、デリでハーゲンダッツを買ってきて食べさせました。

がしかし、午後になって熱が上がってしまい38.5度越えたので、解熱剤を投入しました。結構しぶとい熱です。

夫は心配して「病院に連れて行こう」と言うのですが、薬はあるし、異国の病院に行って疲れるほうが絶対に良くないと思ったので断りました。

ランチは、出かける気力もなかったので持参の赤いきつねでも食べようかと思ったのですが、夫が「どこかレストランに行っておいしいものでも食べてきなよ」と言ってくれたので、ホテルのデリでラップサンド($8)とフルーツサラダ($8)を買って部屋で食べました。

ランチ
ホテルで作っているだけにおいしく、疲れていた私を元気にしてくれました。ここで赤いきつね食べていたら、きっとブルーになっていただろうな(笑)

その後、夫にはプールへ泳ぎに行ってもらい、私とまる子は部屋でのんびり過ごしました。

ハイアットはベランダも広くて椅子が置いてあり、ベランダに出て外を見たりできたので、気分転換できて良かったです。

そろそろ部屋の掃除もしてもらわないとな〜と思って「起こさないで下さい」の札をドアから外すと、少ししたらハウスキーピングの女性2名がやってきました。

「子供が病気で発熱しているので、タオルとシーツだけ交換して下さい」と言うと、「大丈夫?」と心配そうにまる子の首筋を触ったりしていました。

しかし、この会話、去年もどこかでしていたような…。デジャヴかと思いましたよ(笑)

大分落ち着いたので、プールから戻ってきた夫と「夕食は、ホテルのビュッフェに行ってみようか」なんて話していたのですが、夕方になってまた熱が38度台後半まで上がり、まる子の機嫌の悪さは絶好調に(>_<)

再度、解熱剤投入です。それもなかなか飲まないため、心配のあまり夫がブチ切れました。

「病院連れて行かなくて、このまま熱が下がらなかったらどうするんだ。水分も取れていないし!」

「心配なのは分かるけど、こういう場合、病院に行っても薬処方されるだけだよ。それならホテルで寝ていたほうがいいよ」

「点滴してもらえばいいだろう。少なくとも脱水症状は防げるよ」

「金平糖をたくさん食べているからブドウ糖点滴したようなものだよ。アイスクリームも3つ食べたし、水分もそれなりに摂っているから、脱水症状になる心配はないよ。とにかく大丈夫だから」

と言い合いに。

まる子はそれを聞いてビビったのか大人しくなり、薬も利いたようでそのまま寝てしまいました。

夕食は、結局ルームサービスを頼むことに。

ルームサービス

夫はステーキ$39、私はステーキサンドイッチ$17を注文。サービス料入れて合計$61.6。

私はサンドイッチを注文したのに、すごい量のパンが運ばれてきました。これって何人分なのかしら??さすがにアメリカだね〜。

料理はできたてで温かく、なかなかおいしかったです。こういう時でもないとルームサービスなんて頼まないから、良かったかも。値段も安くはないけれど、妥当な金額だと思います。

ふー、しかし今日は1日中部屋で過ごしてしまいました。

去年グアムで発熱された時はかなりアタフタしたけれど、今回は2度目なので妙に肝が据わり「休息日だと思ってのんびりするしかない」と思ったんですよね。

元々、私はインドアの人間なのでこの状況で室内に缶詰でもそんなに嫌じゃないしね。海大好きとかじゃなくて良かったわ、本当に(笑)

まる子が寝ている間は、一緒に昼寝するか本を読んでいました。今日だけで1冊半読んだかな。

今日はゆっくり過ごしたから、明日はまる子の熱が下がるといいな。いや、絶対に下がる気がする。と思いながら2日目の夜は眠りについたのでした。

→3日目,紡海。
←1日目△北瓩襦

◆グアム旅行記をまとめてご覧になる場合はカテゴリ「2008夏 子連れグアム旅行」をクリックして下さい。

↓ブログランキングに参加しています。
banner_02
↓ワーキングマザーブログランキングにも参加しています。クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ