12時ちょっと前にミラコスタをチェックアウトし、リゾートラインに乗ってレストラン「シェフミッキー」に向かいます。

この日のプライオリティシーティング(予約ではなく優先的な案内)は12時20分だったのですが、着いた時にはすごい行列になっていました。

月曜の昼間から、これだけの人がいるんだ〜とびっくり。

でも、さすがはネズミー、案内はテキパキとしていて、割とすぐ店内に入れました。

席に案内されると、すぐそこにミッキーが。

まる子は「ミッキー、ミッキー」と大興奮!子供ってピュアよね〜。

シェフミッキー


この日登場したのは、ミッキー・ミニー・ドナルド・プルート。

1時間ほど店内にいましたが、それぞれ2〜3回来たかな〜。何だかローテーションみたいでおかしかったです。

ちなみに、ここはビュッフェレストランなんですが、ランチで大人3800円、4歳以上の子供1800円となります。料理は、まあ普通かな〜。

まる子が食べたのは、フライドポテト少し・小さい唐揚げ2個・パン1口・ミッキー型のホットケーキ2口・ケーキ少し・ゼリービーンズ。以上!

ううむ、1800円…。

まあ、場所代だから仕方ないですね〜。まる子はとっても嬉しそうだったし、来てよかったと思います。

BlogPaint

2回目にミニーちゃんが来た時に、まる子がダッフィーを見せると、ミニーちゃん大喜び(ダッフィーは、ミッキーのためにミニーちゃんが作ったテディベアという設定)。

ワタクシが「ミニーちゃんがミッキーのために作ったんだよね」と補足すると、チクチクとお裁縫する小芝居(もといジェスチャー)をしてくれました。

まる子は、これがとっても嬉しかったらしく、その後ずっと「『ダッフィーはチクチク縫って作った』ってミニーちゃんが教えてくれたんだよね〜」と言っておりました。

ただのぬいぐるみから、「ミニーちゃんが作った特別なぬいぐるみ」に昇格したようです。子供って、単純だけど可愛いなf^_^;

ワタクシが観察した限り、キャラ達は大人のネズミーファンの方々のテーブルでの滞在時間が長かったように思います。

それは多分「ミッキー!ミッキー!」としか言わない子供には定型の対応しかできないけれど、ネズミー情報に詳しい大人の皆さんとは小ネタで盛り上がるのではないかと。

積極的にアピールしないと、サラっと終わってしまうので、交流したい場合はガンガンいったほうがいいみたいです。

とはいえ、ワタクシとしてはキャラと一緒に写真に収まるだけで精一杯…。これでも、かなりチャレンジしたと思うんですが…。夫なんて、一枚も一緒に写ってないですから(笑)

1時間程で周りの家族連れは退却。我々も、あまり長居しても仕方ないので帰ることにしました。

子連れが多いと回転早いですよね〜。ランチは3回転くらいするのかしら??すごい収益率だわ!

舞浜駅で少し待ちましたが、14時過ぎの電車は空いていて座って帰れました。座ったと思ったら、まる子は爆睡していましたが…。

眠ったままのまる子を夫が抱っこして電車を乗り換え、最寄り駅に到着。雨が降っているし、タクシーに乗りましたが、家に着いた瞬間にまる子お目覚め(-.-;)まあ、こんなものでしょう。

ふー、ようやくこれで、片道50分、1泊2日の旅は終了!

家族三人、全く初めてのディズニーシーだったので、どうなることかと思いましたが、なかなか楽しめました。

2月ということで、日曜でも比較的空いていたのが良かったのかもしれません。

まあ、いわゆる主要アトラクション(タワーオブテラー等)には全く乗らなかったから、ゆったりしていたのかもしれませんが。

まる子はショー系が好きなので、次回来る時はショーをメインに見て回りたいと思いました。

また、シーは夕方過ぎるとビビり屋の子供の乗れそうなアトラクションが少なくなるので(船とか)、それは注意してスケジュール立てたほうがいいかもしれません。

ここまでお付き合いいただいてありがとうございました!長々と書き連ねた旅行記もこれでおしまいです。また、次なる旅立ちの時まで、さようなら〜。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←現在3位。クリックよろしくお願いします〜。

banner_02←180位前後を探してみて下さいね。