580339b2.jpg

2929ad23.jpg

94ad65ce.jpg

博多二日目。今日は、従兄弟の結婚式でした。

親族の末席に連なる我々なので、本来ならば目立たぬようにお祝いさせてもらうところだったのですが、結婚式五日前に、突然のオファーが!

それは、「挙式の際、まる子に花嫁のベールを持ってほしい」という重大任務。

聞いた瞬間、「無理でしょ、三歳児には…」と思いましたが、せっかくのご用命なので、頑張ることにしました。

まず、まる子の衣装をチェンジ!

冬の結婚式なので、黒いベルベット風のワンピースを着る予定だったのですが、急遽仕事帰りにサンキ(駅前にある激安の店)に寄り、1990円で白いドレスをゲット。上に着るケープは、私が七五三の時に着たものがあったので(相変わらず物持ちのいい実家です)それを合わせたらピッタリでした。

ちなみに靴は、GAPのセールで720円(定価2900円)で購入。アクセサライズで買ったネックレスとブレスレットを合わせても4000円でおつりのくるコーディネートでございました。

まあ、披露宴の際ドレスにミートソースこぼされてもイライラしなかったので、サンキ万歳!って感じです。

さて、見た目の準備は整い、本人にも「お嫁さんのお手伝いしてあげてね」と仕込みはOK。親戚の皆さんにも「あら可愛いわね〜」と褒めていただいたりして、ノリノリになっておりました。

そして、リハーサル。一枚目の写真の通り、堂々たるベール持ちぶり。これなら本番も大丈夫かな〜と思っていたのですが…。

そうは問屋が卸さないのが三歳児。

直前になって、「まるちゃん、やらない。もう疲れちゃったよ!」と言い出しました。

「待っている間、ママが抱っこしてあげるよ」と抱っこして待機していましたが、機嫌は治らず。

花嫁さんが入場のスタンバイをして、その後ろに立っても「まるちゃん疲れたんだもん。やらないよ!」と主張。

「じゃあ、ちゃんとできたらアイスクリーム買ってあげるよ」と物で釣ってもダメ。

「もうすぐ、扉開きます」と係の方。

あーー、絶体絶命。

「まるちゃん、きちんとできたらプリキュアの絵本買ってあげるよ。でも、できなかったら何も買ってあげないから!」と最終手段に出て、まる子が頷いた瞬間にチャペルの扉がオープン!!!

神妙な顔をしたまる子が、ベールを持って花嫁さんの後に続いたのでした。

ふー。寿命が縮まるかと思いましたよ。

あんなにくずったものの、最後まで静かにベール持つことができて本当に良かったです。

まあ、式の間の不規則発言(神父さんのお話の途中で「変な人がいるよー」と叫んだり…)は、許していただくことにして(-.-;)

その後の披露宴でも、自由人ぶりを発揮し続けたのでハハは疲れましたが、まあ今日は大役果たしたからよしとしましょう…。

ちなみに、「アイスクリーム」と「プリキュアの絵本」という約束は、しっかり覚えていて、矢のような催促を受けております。アイスクリームはホテル近くのコンビニで買ってやりましたが、プリキュアの絵本はね〜。本屋が見つかりまで延々言われそうです(-.-;)

banner_02

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←三枚目の写真は、ウェディングケーキがおいしくて、上を向いて喜ぶまる子。ドレス着ていても、お姫様にはなれそうにもないです…。