保育園にお迎えに行き、「まるちゃん、今日でお人形の時計が終わってしまうから、これから見に行くよ」と声をかけました。

まる子は見に行くことに対しては喜びましたが、「何で今日でおしまいなの?」と納得いかない様子。

「お人形達がお人形の国から『もう帰ってきなさい』と言われたから、帰ることになったんだよ。明日からは会えなくなっちゃうんだって」と説明しましたが、「いやだ〜。まるちゃんお人形好きなんだもん」と寂しそうな様子。

18時の回に間に合うように行きましたが、平日のこんな時間にも関わらずたくさんの人たち(親子連れだけでなく普通の大人も)が最後のからくり時計を待ち構えていました。

終了のお知らせ


始まる直前の時計。
始まる前


18時4分前になって時計が動き始めました。
時計1
時計2
時計3


全部人形が出てきたところです。
時計4


まる子は無言で見ています。
時計5


そして消えていく人形達。
さよなら時計
さよなら時計2


ついに全部お人形の国に帰って行ってしまいました。
消えた人形


「お人形がみんなお人形の国に帰っちゃったね」と声をかけたのですが、やっぱり承服しかねる様子で「嫌だよ〜。また会いたいよ〜」とつぶやいていました。

さよなら、そごうのからくり時計。

今までどうもありがとう。

きっとまる子が大人になって、「子供の頃、そごうの時計見たよね〜」なんて話すようになるのでしょうね…。


↓ブログランキングに参加しています。
banner_02
↓ワーキングマザーブログランキングにも参加しています。3位キープ中。ありがとうございます!!
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ