ee7b4ca7.jpgぽぽちゃんを始め、色々な人形のお世話を焼きたがるまる子。

真っ裸のぽぽちゃんに、お薬(キティちゃんのお菓子のブーツがそうらしい)を塗っています。

「ん?かゆいの?」「大丈夫?」等、普段自分がされていることをそのままやっています。

何せ「まるちゃんは、ぽぽちゃんのママなんだ〜」らしいですから。

ま、お母さんごっこは見ていてほほえましいですよね。

日曜の午後、新聞を読んでいました。

まる子が「お外行こうよ〜」と言ってきたのですが、昼食の直後だったので「ご飯食べたばかりだから、食休みしようね。すぐに動くとお腹が痛くなるよ」と言ったら一応納得したのか、遊び始めました。

一人遊びしているので、しめしめと思って新聞読みを続行。しばらく読んでいたら、まる子が私の後ろに来て何やら言ったかと思うと、「ジョキッ」。

えっ、ジョキッ?そしてこの感触って…。

「ギャー、髪の毛切れている!!!まるちゃん、何やってるの!!!」

そうなんです、まる子が突如、私の髪をジョキッと切っちゃったんです。30本位は切られたかな…。まあ、髪型に変化を与える程ではなかったので良かったですが(>_<)

もちろん私にこっぴどく叱られましたが、まる子的には私をお世話しているつもりだったみたい。

普段私がハサミと櫛を持ってまる子の髪を切るのでその真似だったようです。しかし、本当に切るとは…。

三歳児、恐るべしです(-.-;)

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師


↓ブログランキングに参加しています。いつもどうもありがとうございます。
ブログランキング