322bbc8c.jpg夫の入院生活も、丸一ヶ月を超えました♪

って♪つけている場合じゃないんですが(笑)、ぼちぼち退院できそうです。

病院と職場が近かったせいか、職場の方が沢山お見舞いに来て下さったようで、有り難いことです。

お見舞い金やお花、お菓子等、色々いただいたのですが、1番ナイスだったのが、とある課の課長さんからいただいた、

ビーフジャーキー!!!

しかも4袋(笑)

何の説明もなく、「はい、これお見舞い」と手渡されたそうなんですが、夫も「何故、ビーフジャーキー??」と悩んでいました。

病院では食べないので、私が家に持ち帰り食べてみましたが、おいしかったので、結構高いものなんだと思います。

食べながらも「何故にお見舞いにビーフジャーキー??」という思いは、頭の中を渦巻いていましたが(笑)

さて、三連休最終日の昨日は、まる子を連れて夫の病院に行ってきました。

退院に備えて不要な物を整理し、宅急便で送りました。本がかなりあり、荷物を出しに行くのが大変でしたが…。

まる子は、先日来た時に病院の隣で公園を見つけたことをしつこく覚えていて、「公園で遊ぶ!」とうるさい。仕方ないので連れていきましたが、写真のバイクの遊具が気に入ったらしく、なかなか帰ろうとしません。

そんなに時間もないので無理矢理引きはがしましたが、眠かったらしく、そこからグスグズ絶好調(-.-;)

30分以上騒いでようやく寝たので、夫のベットに寝かせたのですが、1時間程して起きた時に「パパのベットに寝ている自分」に気付き、びっくりしていました。

よほどインパクトがあったようで、後で「パパのベットに寝たんだよね〜」としきりに言っていました。

帰りがけ、夫が松葉杖をついてエレベーターまで送ってくれました。ドアが閉まる時に「バイバイ〜」と手を振ったにも関わらず、1階に着いた時にエレベーター前に夫がいないのが納得できなかったらしく(ドアが開いたらそこにパパがいると思ったらしい)、「パパなんでいないの??」を連発していました。

一緒に帰るつもりだったのかな。ちょっと可哀相でした。

退院後もしばらくは通常の生活を送るのは難しいと言われていますが、取り敢えず帰ってきてくれればいいです。あと数日、まる子と二人で頑張ります〜

↓ブログランキングに参加しています。いつもどうもありがとうございます。
ブログランキング