cd484157.jpgおはようございます。予告通り、今朝はタクシーでセレブ登園(笑)でした。

道路がガリガリに凍っていて、自転車なんてもってのほか。まる子には長靴をはかせ「滑らないように、ゆっくり気をつけて歩くんだよ」と手をつないで歩いたのですが、言ったそばから転びそうになってましたもの(-.-;)

タクシーを頼む人がいつもより多かったようで、電話はなかなか繋がらないし、普段は5分くらいで来るところを、15分近く待ちました。

やっとタクシーが来てくれて乗り込み、ふとメーターを見たら「710円」。

ああ、そうだ、初乗りが50円上がったんだわと、しみじみ見てしまいました。

悪天候時のまる子の登園があり、我が家は結構タクシーを使うから(年末にタクシー会社がカレンダーをくれます(笑))、影響は大きいのですが、これでタクシー運転手さんの賃金水準が良くなるのならば、仕方がないのかな。

いつも頼んでいるタクシー会社は、どの運転手さんも感じが良く、気持ちよく利用できるからそう思うのかもしれないですけどね。

最近、オフィス街でよく見る「250Express」。

リヤカーで荷物を集荷し、主要都市間ならば250円で翌日に配達してくれるという…。

元佐川急便の社員が始めたそうなんですが、250円で荷物の宅配って安すぎません??

結局、削られるのは人件費だから、働く人の待遇が悪くなる→良い人材が集まらない→利用者に対する対応が悪くなる。ということで、良いことはないような気がします。

実際、私が働く会社で試験的に250Expressを使ってみたのですが、「翌日の午前中までに届ける」という当初の約束が守れなかったため、結局利用を中止しました。

うーん、成長期の会社だから多少のバラツキがあるのかな〜。いずれにしても、「安すぎるもの」には注意が必要だと思います。

「安物買いの銭失い」。昔の人はよく言ったものです。

ちょっと話はそれましたが、賢い消費者になるためにも、健全な労働環境を保つためにも、適正な金額ということを心に留めて、選択していきたいと思います〜。

↓ブログランキングに参加しています。いつもどうもありがとうございます。
ブログランキング