Yahoo!ニュース - 時事通信 - 厚労相問題、世論の風向き判断=愛知、北九州両選挙を注視−与野党

世の中を騒がせている柳沢厚生労働大臣の「生む機械」発言ですが、私の中では「バカだな〜、この人」としか思っていません。

日本の閣僚って、くだらない不用意な発言が元で辞任に追い込まれることが多いのだけれど、今回もまさにそんな感じ。

大臣ともなれば、自分の意図を超えて言葉が一人歩きしてしまうこと位、分かっているべきだと思います。

そして今回、不思議で仕方ないのが安倍総理がいつまでも柳沢大臣を庇い続けていること。

厚生労働大臣は柳沢さんじゃないとダメな理由があるのだろうかと経歴を見てみましたが、大蔵官僚出身だし、特別な理由は見つけられませんでした。

このまま引っ張り続けているのは、政権にとっても柳沢大臣にとっても得策ではないと思うのですが、どうなんでしょ。本気で心中するつもりなのかしら??

しかも、地方選挙の結果を見て対応を変えるのだとしたら、安倍総理への批判も一層高まりそうな気がするんですが・・・。

ところで、少子化問題。

子供が劇的に増えることなんて在り得ないのだから、その中で成り立っていくような社会保障政策を考えてほしいと思います。

社会保障を成り立たせるために女性が子供を産むなんて、本末転倒です。

娘を産んだ時に、色々な人から「少子化対策に貢献して偉いね」と言われましたが、「私は自分が子供を産みたかったから産んだだけで、少子化対策のために産んだわけじゃないわよ」と非常に違和感を持ちました。

まず人あってこその国家です。そこをお間違いなく!!

↓ブログランキングに参加しています。
 よろしければ、クリックお願いします〜。
ブログランキング