最近、私の周りで妊娠・出産される方が多いので、妊娠中の思い出を何回かに分けて書きつづってみたいと思います。

まず初回は、「食べ物編」。

とにかく食べつわりがひどくて、一日中何か食べていました・・・。

(カツサンドにはまっていた話は以前書いたのでこちらをご参照ください→

毎朝、会社の近くのおにぎり屋さんで小ぶりのおにぎりを3つ購入し、

1つ目・・・8時半に会社に着いてすぐに食べる。

2つ目・・・10時すぎに気持ち悪さに耐えられなくなってまた食べる。

3つ目・・・午後になって再び空腹で気持ち悪くなり、3時のおやつに食べる、

というような日々を送っておりました。

うちの娘が妙にご飯好きなのは、この頃の私の影響があるのかもしれません(笑)

その他、セルフのうどん屋さんにも大変お世話になりました。

私の母も食べつわりで、会社と自宅の途中にあるラーメン屋にはまってたらしいのですが、麺類が食べたくなるのも家系なのかな〜。

とにかく、塩気と温かいスープが食べたくて仕方ありませんでした。

その他、ベッカーズのスパイシーポテトや超辛い柿の種にもはまっていたな・・・。

そして、産休に入ってからは、「子供が生まれたら好きなものを食べに行けないので、今のうちだ!」と決意して、平日のお昼に食べ歩きしていました。

まず自宅から駅前まで散歩がてら30分くらいかけてのんびり歩き、ランチタイムのお店で食事。食後はお腹が重いからバスで帰宅というパターン。

ランチだと値段も安いし1人でも入りやすいので、

1人フレンチ

1人カウンターで揚げたて天ぷら


というのもやりました。

このように妊娠中食べつづけた私でしたが、最終的には体重10キロ増加で収まり、むくみや糖とは無縁だったのは、仕事を続けていて体を動かしていたからかもしれません。

今となってはあの当時の食べっぷりを思い出して「ありえない!!」と思うのですが、「お腹にもう1人人間がいる」というのはそういうことなのかもしれませんね。

ところで、育児休暇が終わり今年4月から仕事に復帰したわけですが、職場の人からは、

「相変わらずいつも何か食べているね〜」というツッコミがありました(笑)

もしかして、単なる食いしん坊なのかもしれません。。。

しかし、もうお腹の中には誰もいないので、ちょっと自重しないとマズイです。

まあ、取りあえず今日はいいとして、明日から気をつけたいと思いまーす(笑)

↓ブログランキングに参加しています。
 よろしければ、クリックお願いします〜。
ブログランキング