新聞で、千葉県佐原市が山田町・栗源町・小見川町と合併して
「香取市」になるという記事を読んでショックを受けました・・・。

父の仕事の都合で、幼稚園から小学校1年生まで佐原市に
住んでいた私としては、ふるさとの名前が変わってしまう
ような気がしたのです。

佐原市は、小江戸とも言われており、伊能忠敬を輩出した由緒ある街です。

その街の名が、市町村合併で消えてしまうなんて残念で仕方
ありません・・・。

お祭りで山車を引いた思い出も、佐原文化幼稚園・佐原小学校に
通った思い出も、薄れてしまうような気がして寂しいです。

「平成の大合併」、合理化もいいけれど、街の名前がどんどん
消えてしまうことには反対です!

今でも覚えている子供の頃住んでいた家の住所、「佐原市佐原
イ1929」も、今年の3月26日で消えてしまうんだな〜。

あーあ、どうにかならなかったのかな・・・。
本当に残念です。