子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

de98df4e.jpg


またまた100円ショップネタです・・・。

子供が生まれてみると、自分で買ったり、いただ
いたりして、知らぬ間におもちゃが増えていまし
た。

最初は小さなカゴに入れていたのですが、どうに
もならなくなり、「どうしようかな〜」と思っていた
ところ、100円ショップでランドリーバッグにお
もちゃを入れて展示しているのを見ました。

「あ、これだ!」と思い、さっそく真似。

軽いし、子供がぶつかっても痛くないので、とても便利に
使っています。

そして、9ヶ月になった今では、子供が自分でこれを横に
倒しておもちゃを取り出して遊んでいます。

同じようなものがキャラクター絵付きの「おもちゃボックス」
として西松屋で売っていましたが、私はキャラものじゃ
ないほうがいいので、100円ショップの「ランドリーバッグ」に
軍配を上げたいと思います!




赤ん坊が生まれるまで、寝かしつけがこんなに大変なものとは
思ってもみませんでした。

大人でもたまには「今日は眠れない」ということはありますが、
赤ん坊は毎日「今日は眠れない。オギャー」って泣くんです
ものね・・・。

人が眠りにつくのはそんなに大変なことなんでしょうかね。。。

ということで、9ヶ月になる娘は、まだまだ一人では眠れません。
おんぶや抱っこしているうちに眠るか、おっぱいを飲みながら
眠ります。

そんな私が、色々と寝かしつけ術を試みて気付いたことですが、

一番大事なのは、

※寝かしつけの時は目を合わせるな!!!

ということ。

抱っこしながらも、ひたすら無視、です。
可哀想な感じがするかもしれませんが、目を合わせていると構って
もらえると思ってはしゃぎだしてしまい、なかなか寝ないんです。

時々、そおっと様子を見つつ、寝付くまではそ知らぬふりでいることです!

その他いくつか挙げると、

/佳作戦
 やっと寝かしつけた時に、布団に下ろしたため一瞬目を覚ましてしまう
 ことがあります。その時は、「寝息作戦」です。
 赤ちゃんの耳元で「スースー」と寝息をたててみましょう。
 そのまま寝てくれることが多いです。

夫に頼む
 どうしても寝ない時は、別な人に寝かしつけてもらいましょう。
 私ではどうしても寝ない時に夫に頼むと、すんなり寝てくれたりします。

A歃機作戦
 おんぶしながら掃除機をかけていると、何故か寝てしまうんですよね。
 あの吸い込み音と掃除機を動かす振動がいいんでしょうか。
 謎です・・・。

せ曲
 歩いているとその振動で寝ることが多いのですが、家の中でやって
 いると煮詰まって嫌になります。
 そんな時は、さっさと外に行くに限ります!
 自分の気分転換にもなるし、一石二鳥です。

赤ちゃんによって色々な寝かしつけがあると思います。
何か良い案があったら教えて下さいね〜。 


  

33d012ba.jpg


なんだか『素敵な奥さん』みたいになってきましたが(笑)。

言わずと知れた100円ショップの人気商品「一人用土鍋」です。
これは一人用鍋をする時に便利なのはもちろん、実は離乳食を
作るのに最適なんです!!

離乳食って、とても少ない量をコトコトと煮込まないといけませんよね。
大きすぎる鍋だと底の面積が広すぎてすぐに水分が減ってしまい、困る
んですよね。

そこで「一人用土鍋」の登場です!
土鍋だから、少ない火力でじっくりと煮込むことができます。
野菜もふっくら煮えますよ〜。

次は「穴じゃくし」の出番です!
離乳食初期から中期は、煮た野菜を潰してあげますよね。
土鍋に直接「穴じゃくし」を入れて潰すと、なかなか上手く潰れます。

軽く潰すだけでなく、ちゃんとすり潰したい!という方には、ミニ
すり鉢がお勧め!

直径5センチくらいのものですが、離乳食にはちょうどいいサイズです。
使わなくなったら、ゴマをするのにも使えます。

こんなに便利な100円グッズ。
土鍋は季節限定商品なので、是非とも冬の間に手に入れて下さい!!
100円ショップに急げ!





私は、「一人合理化委員会」を自称するほど、仕事の合理化が好きだ。
無駄な仕事をするのが嫌いだし、少しでも早く仕事を終わらせて自分の
ことをやりたいからだ。

しかし、こと育児に関しては合理化できないこともたくさんある。
そりゃあ、言葉の通じない赤ん坊相手なのだから、自分の意志だけでは
どうにもならないことのほうが多い。

でも、できることについては、なるべく合理化したいと思っている。

この「育児合理化委員会」のカテゴリでは、私の気がついた育児合理化策を
ご紹介したいと思う(合理化策というほどたいしたことではないが・・・)。

また、夫から「便利グッズ好きだよね〜」と呆れられている私でもある。
使ってみて役に立った育児グッズも紹介していきたいと思う。

ブログを読んだ方で、よい合理化策や便利グッズがあったら是非コメントして下さい。
よろしくお願いします!

3a2af319.jpg


親が鹿児島出身のため、芋焼酎は子供の頃から身近にあった。
よく「芋臭くて嫌い」という人がいるけれど、私にとってはあれが
アルコールの匂いだと思っていたので、臭いという意味が分からな
いくらいだ。

先日、法事で鹿児島に行ってきた。
現在は授乳中のためアルコールは飲めない(ことになっている)ので、
大好きな焼酎も舐める程度で、つまらないことおびただしい。

たまたま焼酎「森伊蔵」の話になった。

天下のトヨタの奥田会長がフランスのミッテラン大統領(当時)に贈ろう
として「売って欲しい」と言ったが、「抽選で売っていて余分にはない
ので売れない」と突っぱねたという話だ。

へー、森伊蔵も鼻息荒いな〜。と思った。

すると、地元鹿児島の叔父が言った。
「親戚の○○ちゃんが抽選で当たって買ったんだけど、お酒飲めないから
うちに持ってきて一緒にちょっと飲んだんだ。でも、特別おいしくないか
らそのまま置いてあるよ〜。飲む?」

ということで、しばらく放置してあった森伊蔵を飲んだ。
(焼酎は蒸留酒なので、置いてあっても劣化しない)

確かに普通においしかった。

また叔父が、
「私がいつも飲んでいるのはこれなんだけど、森伊蔵よりおいしいでしょ?」
と「富乃宝山」を出してきた。

確かに「森伊蔵」より芋の味がしておいしかった。

ということで、東京で飲んだら時価総額3万円くらいの酒盛りをしたのだが
(あくまで私は舐めるだけ)、焼酎ブームって何なんだろうと思った。

私が飲んだ限り、「まずい」芋焼酎というものはないと思う。
それなのに、一部の有名焼酎が意味もなく高額で取引される不思議さ。

叔父が嘆く。
「ちょっと有名になると、地元でも抱き合わせ販売するんだよね。」

焼酎ブームが早く去ってくれないかなと思う。

ブームで引く手あまたになって調子に乗り、中国産のサツマイモを使って
焼酎を造ったら地元から総スカンを喰らった「黒伊○錦」という銘柄も
あるらしい。

普通のおいしい焼酎を普通に飲めるように早くなってほしい。
心からそう思う。


※写真は、私がこよなく愛す「八幡」。
 卒乳したら飲もうと夫にも飲ませず(笑)秘蔵しています。

マクシミリアンの日記:この芋焼酎に合うブラジル音楽3 - livedoor Blog(ブログ)

このページのトップヘ