子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

卒乳12日目となりました。

新年にお酒が飲みたかったばかりに始めた卒乳ですが(笑)、
すっかり軌道に乗りました。

娘が夜中に何度か寝ぼけてくずぐず言うのは変わりませんが、
比較的、すぐに寝てくれるので救われています。

お正月休みで、夫も面倒見てくれるのが心強いです!

そして、大仕事を終えた私のおっぱいですが、あっという間に
元通りの大きさに戻ってしまいました・・・。

ピークの叶姉妹状態から考えると、急降下ですね・・・。

今回、母乳育児をしてみて、人間も動物なんだな〜としみじみ
思いました。

飾りではなく、実務で必要だから、おっぱいがついているんですよね〜。

必要な時に発達して、役目が終わると元に戻るなんて、上手くできてるな。

まあ、こんなにあっという間に戻らなくてもいいんですけどね(笑)





947293f7.jpg明けましておめでとうございます!

卒乳したのをいいことに、思う存分お酒を飲んでしまいました。

久しぶりに飲んだ日本酒はおいしかった
です〜。

やっぱり、お酒のない人生は考えられないな。

卒乳して良かった(笑)

厚生労働省:マタニティマークのデザイン募集について


新聞で、厚生労働省がマタニティマークを募集していると知りました。

取り組みが遅いなーとは思いますが、是非分かりやすいマークを
決めて、普及させてほしいと思います。

世間のイメージだと、「妊婦さん」というものは、「お腹が大きくて
大変そうな人」なのですが、実際のところ、一番つらいのは、
妊娠初期の5ヶ月くらいまでなんです。

通勤で電車を使っていた私も、安定期に入るまで、気が気では
ありませんでした。見た目では妊婦だと分からないから、
優先席に座るのも気が引けるし、かといって、お腹の赤ちゃんに
何かあったら困るし・・・。

一応、ベネッセが決めた妊婦マークをカバンにつけてはいましたが、
マークが小さくて分かりづらいし、公的なマークではないから
認知度は低いしで、「若葉マークみたいに、誰でも分かるマークが
あればいいのにな」とつくづく思いました。

我こそはと思う方は、マタニティマークを考えて応募してみて下さい。
私も応募したいところなんですが、絵のセンスがないものですから・・・。

マタニティマークが普及して、妊婦が安心して電車に乗れるように
なるといいですね!

こういう小さな取り組みが、少子化対策=子供を産みやすい社会に
つながるのだと思います。

厚生労働省に頑張ってほしいです!!

Tateru Yoshino


1年ぶりにちゃんとしたフレンチを食べに行って来ました。

無事に卒乳もでき、お酒を飲んでもいいということだったので、
そのお祝いも兼ねて、妹と汐留のパークホテル東京にある、
「ガストロノミー フランセーズ タテルヨシノ」で
ランチを食べたのです。

娘は、夫とお留守番です・・・。夫に感謝、感謝!!

コースは、6000円のもので、
・一口のお楽しみ「チーズのシューと、一口コロッケ」
・アミューズ「半熟たまごと生クリームはちみつ風味」
・アミューズ「エビの包み揚げ」
・前菜(選択)「鴨のフォアグラのポアレ」
・メイン(選択)「仔鴨のロースト」
・プレデセール「チーズのデザート」
・グランデセール「ケーキ3種とアイス盛り合わせ」
・プティフール「マカロンやチョコを好きなだけ」
と、結構ボリュームのあるものでした(メニュー名は私の適当な記憶
ですので悪しからず)。

パリで活躍する吉野建シェフのお店だけに、やっぱりメインは
肉がいいなと思い、仔鴨に。
そして、前菜はバランス的には魚が良いところですが、魚系で
あまり心引かれるものがなかったので、色々悩んで、これまた
鴨のフォアグラに。

鴨づくしのメニューになってしまいました・・・。

アミューズも凝っていておいしかったですが、やっぱり肉が
おいしかったな〜。
メインの仔鴨のローストは、シンプルな味付けだったけど、
焼き加減も良く、鴨好きには堪らない一品でした!!

自家製のパンもおいしくて、パン好きには嬉しい限り。

3種類あり、ミニバケットみたいなのと、丸パンは
味わい深く、いくらでも食べられそうでしたが、
フォッカッチャは平凡なので、無理して食べなくてもいいかも。

また、残念なのは、いまいまちデザートにインパクトがないこと。

おいしいのだけれど、もう一工夫ほしいところです。

ただ、最後のプティフールは好きなものを好きなだけいただける
のが良かったです。

デザート3


しかも、食後のコーヒーのお代わりを勧めてくれ、プティフール
まで再度勧めてくれたのは、とても嬉しかったです。

女性は、こういうサービスに弱いですよね〜。

デザートの写真しかないのは、他の料理は温かいうちにと思って
すぐ食べてしまい、撮る暇がなかったのです・・・。

ただ単に、食いしん坊なだけなんですけど・・・。

お店自体は、とてもこじんまりしていて落ち着いているので、
ゆっくり食事したい時には良いかもしれません。
パークホテルの雰囲気もいいですしね。

とてもリフレッシュした半日でした。

食べすぎで、夕食になってもお腹すかなかったな〜。
フレンチって、やっぱりパワーありますね。


卒乳8日目です。

昨晩は、早く寝かしすぎたのがいけなかったのか、夜中の
2時頃からぐずりはじめ、抱っこしても何をしても寝て
くれず、途方にくれました。

仕方ないので、最後の手段、疲れて眠りこけている夫を
起こし、「お願い!!」と託してしまいました・・・。

夫もかなり悪戦苦闘していましたが、娘も「パパには
おっぱいがない」ということが分かっているので、
しばらく泣き喚いてから寝ました。

昼間は、3日ぶりにおっぱいマッサージに行ってきました。

触らなければ痛くない状態ではありましたが、マッサージ
されるとかなり痛くて、「アイタタタ」と叫んでしまいました。

しかし、マッサージが終わると、張っていたおっぱいが
落ち着き、触ってもあまり痛くありませんでした。

やっぱり、助産師さんの技はすごいです!

そして、「もうお酒を飲んでもいいわよ」とのお墨付きを得た
ので、楽しいお正月を迎えられそうです!!

おいしいお酒飲むぞ!!(笑)

このページのトップヘ