子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

生協の白石さん


言わずと知れた大ベストセラーを読みました。
昨年の社会現象と言っていいかもしれません。ブログから生まれた
ベストセラーの一つですよね。

この本を読んだ率直な感想としては、
「あえて買わなくてもいい本だな〜」ということ
(ちなみに、買ってきたのはベストセラー好きの夫ですので
悪しからず(笑))。

白石さんの回答は、江戸文化を彷彿とさせて秀逸ですが、本として
読むと、輝きを失ってしまう気がします。

やはり、ブログという媒体で、1日1日少しずつ読むのがいいような
気がします。

もしくは、日めくりカレンダーにするとか(笑)

白石さんは、様々な場で「お騒がせして申し訳ありません」と
非常に恐縮しておられますが、確かに何の気なしに書いた文章が
こんなに取り上げられたら恐縮しますよね。

しかも、今後は面白いのが当然のように期待されてしまうの
だから、大変ですよね〜。

こういうベストセラーが生まれるのは、時代なんでしょうね。

軽く読めて、クスッと笑える。
ブログ時代の申し子とも言える一冊でした。

4737c52c.jpg

小さいお子さんがいるみなさんは、暖房器具どうしていますか?

うちは、昨年娘が生まれた時に、デロンギの
オイルヒーターをもらいました。
乾燥しないし、ほんわかとした暖かさが続くの
で、新生児期は寝室で24時間つけっぱなし
で使っていました。

そして、また冬がやってきました。

寝室はデロンギのオイルヒーターをそのまま使うとして、
居間の暖房をどうしようか悩みました。

エアコンはあるので、エアコンで乗り切ろうかと思いましたが、
いまいち暖かくないし、乾燥するし。

子供が生まれるまで使っていた石油ファンヒーターを使おうかとも
思いましたが、動き回る子供には危険だし、灯油も昨シーズンに
比べて倍くらい高いし・・・。

色々研究して、結局オイルヒーターに戻ってきました。

ただし、今使っているデロンギのものは、触れると熱いので
日中遊び場にしている居間で使うのは、ちょっと怖い気がしました。

そこで、またネットでオイルヒーターを研究していたら、
スペインのハーバーランド社製「防護カバー付き」オイルヒーター
というものを見つけました。

【楽天市場】Oil heater:輸入セレクト【ベルメサージュ】

(↑今は、もう売り切れになってますが・・・)

普通、オイルヒーターは、フィンがむき出しになっているのですが、
これは、その上から金属のカバーがついているので、触っても
大丈夫とのこと。

注文して届いたので使ってみたところ、触っても「暖かい」
と感じる程度なので、子供がいじっても安心できます。

オイルヒーターなので暖まるのに時間はかかりますが、急ぐ時は
エアコンを併用すればOKです。

難点は、電気代が高いこと・・・。
先月の電気代は、通常の倍くらいでした・・・。

まあ、安心料だと思えば仕方ないかな。







卒乳12日目となりました。

新年にお酒が飲みたかったばかりに始めた卒乳ですが(笑)、
すっかり軌道に乗りました。

娘が夜中に何度か寝ぼけてくずぐず言うのは変わりませんが、
比較的、すぐに寝てくれるので救われています。

お正月休みで、夫も面倒見てくれるのが心強いです!

そして、大仕事を終えた私のおっぱいですが、あっという間に
元通りの大きさに戻ってしまいました・・・。

ピークの叶姉妹状態から考えると、急降下ですね・・・。

今回、母乳育児をしてみて、人間も動物なんだな〜としみじみ
思いました。

飾りではなく、実務で必要だから、おっぱいがついているんですよね〜。

必要な時に発達して、役目が終わると元に戻るなんて、上手くできてるな。

まあ、こんなにあっという間に戻らなくてもいいんですけどね(笑)





947293f7.jpg明けましておめでとうございます!

卒乳したのをいいことに、思う存分お酒を飲んでしまいました。

久しぶりに飲んだ日本酒はおいしかった
です〜。

やっぱり、お酒のない人生は考えられないな。

卒乳して良かった(笑)

厚生労働省:マタニティマークのデザイン募集について


新聞で、厚生労働省がマタニティマークを募集していると知りました。

取り組みが遅いなーとは思いますが、是非分かりやすいマークを
決めて、普及させてほしいと思います。

世間のイメージだと、「妊婦さん」というものは、「お腹が大きくて
大変そうな人」なのですが、実際のところ、一番つらいのは、
妊娠初期の5ヶ月くらいまでなんです。

通勤で電車を使っていた私も、安定期に入るまで、気が気では
ありませんでした。見た目では妊婦だと分からないから、
優先席に座るのも気が引けるし、かといって、お腹の赤ちゃんに
何かあったら困るし・・・。

一応、ベネッセが決めた妊婦マークをカバンにつけてはいましたが、
マークが小さくて分かりづらいし、公的なマークではないから
認知度は低いしで、「若葉マークみたいに、誰でも分かるマークが
あればいいのにな」とつくづく思いました。

我こそはと思う方は、マタニティマークを考えて応募してみて下さい。
私も応募したいところなんですが、絵のセンスがないものですから・・・。

マタニティマークが普及して、妊婦が安心して電車に乗れるように
なるといいですね!

こういう小さな取り組みが、少子化対策=子供を産みやすい社会に
つながるのだと思います。

厚生労働省に頑張ってほしいです!!

このページのトップヘ