子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

まる子は、今日明日と期末テストです。

昨晩は頑張っていたようですが、さて、どうなることやら…。

20時頃には、塾の先生からお電話をいただきました。

別に何かしでかしたわけではなく(笑)まる子の塾では、定期的に電話してくれたりするんですよね。

昨日は、「明日からテストだけど、どうですか?」という確認のお電話でした。

もちろん、親と話すわけではなく、まる子本人と話をします。

途中、口頭試問みたいなことにもなってましたが(笑)色々とアドバイスいただき、発破もかけていただいたみたいです(^^)

まる子は、やる気がないわけではないのだけど、気が緩みがちなコドモなので、こういうフォローは本当に有り難いです。

結果はどうあれ、最善の力を出せるといいなー。

月曜日から工場出張の子連れ狼です、おはようございます(^^;

そんなワタクシ、先週金曜も出張で、懇親会後宿泊、翌土曜日はゴルフコンペという、サラリーマンらしい日々を過ごしております

土曜日は雨の予報だったし、インド出張の疲れはあるしで、コンペ中止にならないかな…と思ったのですが、やりたい方が多くて雨天決行!

[画像:83fe0671-s.jpg]

晴れ女のワタクシのパワーがちょっと弱っていたみたいで、残念な限りです

そして、雨だけでなく気温も低くて。

ダウンベストとヒートテック持っていって正解でした。それにレインコート着て、何とか寒さをしのぎました。

でも、やっぱり体が冷えていて…。

[画像:675d1e42-s.jpg]
体温維持のためにホットウイスキー飲みました。笑

もうね、それくらい飲まないと風邪ひきそうだったのでね。

そして、コンペの結果は安定のブービーメーカーで

疲れに行ったようなものです(*_*)

でもね、終わった後に入ったゴルフ場の温泉が貸し切り状態で生き返った気分だったりとか、ブービーメーカーとくじ引きの賞品もらえたりしたとか、良いこともあったので、まあ、こんなのも悪くないかな、と思ったりして。

あ、でも、次回は晴天でお願いしたいです!笑

[画像:ac1e9ca6-s.jpg]


インドと日本の時差は3時間30分。

この30分単位というのが分かりづらくてね(^^;

海外旅行時には必須のダブルフェイスの時計がいつも以上に役に立ちました。

出張後のフォローでインドとやりとりすることも多いから、しばらくこの時計を使おうと思います(^^)

[画像:610ed4bb-s.jpg]

今朝はメチャクチャ寒いですね(>_<)

私が行ったインド・アーメダバード、乾期だったので30℃弱で過ごしやすかったですが、暑いときは50℃近くになるらしい…。

50℃って(*_*)

インドの朝!

[画像:943ba2cd-s.jpg]

寝たのは遅かったのですが、7:30にはピックアップなので、インド時間6時には起床して、朝食。

泊まったホテルはクラウンプラザ系列でかなり立派なホテルでしたので、朝ごはんもインド・洋・和と充実してました。

和食コーナーがあるのは、日本企業が多く進出している証でしょうね。

で、まず和食を少しいただいてみたのですが…。

[画像:765cd2fa-s.jpg]

うーん、小袋に入った海苔が湿気てる。笑

それ以外は、まあまあでしたが、敢えて食べなくてもいいかな、という感じ(^^;

で、他に何を食べようかビュフェ台をウロウロしていたら、インド人コックさんが何やら写真を指差して、「これがお勧めですよー」的なことを言ってくれたので、それをお願いしました。

クレープみたいなもので、その場で焼いて持ってきてくれます。

[画像:ceecebc7-s.jpg]

これがね、メチャクチャ美味しかった!!!

皮がしっとりしているのだけど、端の方はサクサクで。

お代わりしそうになりましたが、最初から飛ばすとお腹壊しそうなので、止めときました(笑)

ちなみに、この次の日の朝にも食べたこれ。

[画像:db6c9cd5-s.jpg]

マサラドーサという食べ物らしいです。

このクレープみたいな皮がドーサ、その中にスパイシーなマッシュポテトが入ったのがマサラドーサらしい。

Wikipediahttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/ドーサに載ってました。

南インドで、朝ごはんとしてよく食べるらしいです。

インドも地域によって食事が違うと聞きますか、こういうことなんですね。

日本でも南インド料理店で食べられるようなので、機会があったら、是非また食べたいです

このページのトップヘ