子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

DSC_5358

3日目の朝。

お部屋の温泉で朝風呂して、朝ごはん!

贅沢すぎます

DSC_5360
DSC_5361

今朝も美味しゅうございました💕

チェックアウトが12時なのでそれまでのんびりして(夫とムスメは、再度ジェラート食べに行った)。

チェックアウトの時に気付きましたが、掛軸が素敵だった!

DSC_5367
DSC_5368

別所温泉駅には宿の車で送っていただき、電車で上田まで向かいます。

で、ここで奇遇なことが(いや、勝手に奇偶なんだけど)。

去年、同じように上田までの電車を待っている時に、非常にインパクトがある服装の男性がいて。

ムスメと私には強烈な印象が残っていたのですが、なんと、今回も同じ電車でした!

もうね、何だか懐かしくて(勝手に)。笑

きっと、あちらは毎日この時間なんでしょうね。

ふた旅は、再びが沢山ある旅でした(^^)

IMG_20180926_075217

本日、クリープハイプのニューアルバム「泣きたくなるほど嬉しい日々に」発売です!

えーっと、私は当然のことながら特装盤(完全受注生産限定)を予約していたので、発売日前日に届きました✨

昨夜聴きましたが、クリープハイプ、きっともっともっと売れちゃうね。

そんな予感しかしません。

そして、このアルバムの曲を10月からのツアーで聴けるかと思うと、楽しみすぎます

三連休に、家族みんなで父の喜寿祝い旅行をしてきました。

旅行記は別途書く予定ですが、まずはハイライトをご紹介(^^)

お祝いの特注ケーキを旅館に持ち込んだのですが、旅館の方に、「どこにロウソクを刺したらいいでしょうか?」と聞かれました。

そりゃそうだよね

18-09-25-07-45-38-185_deco

だって、顔に刺すわけにはいかないし。笑

父と母の顔で作ってもらったケーキ、立体的で素晴らしい出来ばえでしょ?

18-09-24-16-35-11-708_deco

で、問題は、誰がこの顔を切るかということで。笑

家族間で揉めた結果(笑)父本人が切ることになりました。

18-09-24-16-38-10-187_deco

悲鳴のような歓声をあげて一同見守りましたよ。笑

この後、写真が載せられないくらいに切り刻まれ、みんなで美味しくいただきました

別所温泉散策から帰ってきて、各自温泉に入ったり、本読んだり、昼寝したりしてのんびり過ごしました。

さて、お待ちかねの夕食です。

連泊すると、どんなメニューになるのか楽しみでもあります。

IMG_20180921_072626

今日も名前入りの献立表がありました💕

では、ここからは写真を見て下さい、コーナー。笑

DSC_5312
DSC_5314
DSC_5315
DSC_5316
DSC_5317
DSC_5318
DSC_5321
DSC_5322
DSC_5324
DSC_5325
DSC_5327

最後まで大変おいしゅうございました(^^)

前日とは全然違うお料理なのは流石ですね。

なお、この日は前年同様「別所温楽」という音楽イベントが旅館の隣の観音様で行われていて。

DSC_5357
DSC_5332
DSC_5346

ただですね、この日、すっごく寒かったんですよ。

旅館の浴衣に少し羽織っているくらいでは耐えられないくらいの寒さで。

なので、お客さんも少なかった気がするし、とてもビール飲もうという感じにはなれなかったですね。

何なら、ホットウイスキーとか欲しかったですもの。笑


お蕎麦をいただいた後は、ぶらぶら歩きながら宿まで戻ります。

前日に駅から宿までバスで来た際にジェラート屋さんがあったのをムスメがしっかり覚えていて、そこに寄り道しましたけど。笑


イートインスペースが室内と屋外にあり、私は屋外に行きたかったのですが、夫とムスメは「暑いからイヤだ」とのことでしたので、別行動。笑

DSC_5306

私はコーヒーしかいただかなかったのですが、ジェラートを食べたムスメは大絶賛してました(最終日、父娘で再訪したくらい)

コーヒーも美味しかったです

こういうお店あると街歩きが楽しいですね。

そして、クールダウンの後は…

DSC_5308

足湯!!!

宿に帰ればすぐに温泉に入れますが、足湯って、また別の良さがありますよね。家族揃って入れるし。

別所温泉は、あまり大きな温泉街ではありませんが、散策すると楽しいところが点在しているし、歩いて回ることができるので、のんびりと過ごすには最適なところだなと思います

このページのトップヘ