子連れ狼が斬る!〜人事担当ワーキングマザーの日記〜

仕事することは好きだけど、所詮、仕事は仕事。そう思って日々を過ごすテキトーな母の日記です。 (※旅行記等の完結した記事は、カテゴリ別に見ると時系列になるような設定にしました。少しでもご参考になれば幸いです♪)

主要SNSのアカウントは一応持っているのですが、最近は主にツイッターを活用しています。

何故ならば、音楽関係の情報を集めるのに非常に有効だから。

同じ趣味の方とつながるには便利なツールだなーと思います。

先日のスピッツ静岡ライブのチケットもツイッターのフォロワーさんに譲っていただきましたしね。

で、ツイッター見ていると、取れなかったあのチケット、このチケットが、直前になって「行けなくなったので安価でお譲りします」と出ているのが多くて!

まあ、玉石混交で詐欺みたいなこともあるようなので、信頼できる方とやり取りする必要があるんですが、上手く使うと本当にいいツールだなと思います。

ただね、「〜のチケットあります」と見ると、つい行きたくなっちゃうのが危険すぎます。行きすぎに注意しないと。笑

image

ムスメは今日から塾のサマースクールです。

といっても、勉強合宿のようなものではなく、芋掘り・ペットボトルロケット作り・自然公園散策等、知的好奇心を刺激してくれるような活動がめじろ押し。

もちろん費用はそれなりにかかりますが、楽しんで学んできてくれるのならば、何よりだなーと思います。

ちなみに、集合場所は隣の駅にある教室でして。

何度か行ったことあるので、「一人で行ける?」と聞いたら、「電車の乗り場が分かれば行ける」というので、出勤時に一緒に出掛け、「この電車に乗るんだよ」と念押ししてホームでバイバイしました。

こうやって一人で色々できるようになるんだなー。楽になるなーとほくそ笑んでいます(^^)

image

週末は、地元の夏祭りでした。

といっても、まる子も部活と塾で忙しいし、西尾維新展には行かないといけないしで、1日目にちょっとだけ見て回って終わりました。

ビールは飲みましたけどね

2日目に夫に声を掛けてみたところ、混雑が嫌いですからねフラれましたので、趣向を変えて近所にできたイタリアンに行くことにしました(^^)

様子見で軽く頼もうかな、と思っていたら、夫が「コース頼む」と言うので、じゃあ、と二人分コースを注文(まる子は塾のため不在)。

image

これがね、大正解

前菜から既にひらめきが感じられるお料理で!

シュー生地にゴルゴンゾーラチーズといちじくジャムが入っているのが美味しかったなー

ワインが進むくんですね

デザートまで全て美味しかったです

オープンしてまだ1ヶ月弱ですが、サービスも落ち着いていて(オープンキッチンなので、シェフの目配りが利いている)、気持ちよく食事できたのもポイント高いです

ということで、再訪決定。

今度はまる子も連れていってあげないとなー、と思います

月曜日。

まる子が卓球部の県大会の応援に行くというので、お弁当用意。

6:30に家を出るってどういうことなんですかねー(笑)

ということで、週初めから早起きだったのですが、そんなこと置いておいて、ライブに行ってきました

いえね、クリープハイプの尾崎さんが出演している#ハイ_ポールというテレビ番組のフェスがありまして。

14時からなんて無理だよなーと思っていたら、2部制で、クリープハイプのライブは19時以降ということが分かったので、ギリギリになってチケット入手したのでした。

公開収録兼ねているから2500円と破格

普通に仕事してから新木場スタジオコーストへ。

image

都内勤務で良かったと思う瞬間です(^^)

既に他のバンドの演奏は始まっているので、そっと入って見始めます。

そして、19:40にクリープハイプ登場。

いやー、フェスと言いながら、レア曲ばかりのすごいライブでした。

セトリは以下の通り。

1.愛の標識
2.イノチミジカシコイセヨオトメ
3.リバーシブルー
4.あ
5.ラブホテル
6.かえるの唄
7.火まつり
8.5%
9.マルコ
10.イト
11.二十九、三十

アンコール
12.オレンジ
13.さっきの話

13曲、1時間で終了!

気が付けば前から4列目くらいまで来てまして、汗だくでした


image

なお、グッズがついてくるというので、何かな?と思ったらこんな感じ。

image

粗品感バリバリで(笑)もし、これが無地のタオルだったらどうしようと思ったのですが、ちゃんとロゴ入りタオルでした(^^)

image

image

週末はムスメの付き添いで、西尾維新大辞展に行ってきました。

掟上今日子シリーズで有名な作家・西尾維新の展覧会です。

作家の展覧会って、どんな感じなのかな?と思いましたが、取り敢えず入場料が大人1300円、中学生500円、音声ガイド700円でした(笑)

大辞展と銘打っているだけあり、五十音順に西尾維新のことを巡っていきます。

文章の世界の人の展覧会ですが、若者で大混雑。

人気あるんだなー、本を飲むのは世代の問題というか、嗜好性の問題なんだろうな、と思いました。

image

ただ文章を掲示しているだけではなく、こんな感じで文章に動きを与えてました。

挿絵も人気で、文字と絵でその世界を形作っているんだろうなと思います。

image

ちなみに、展覧会の最後にグッズ売り場がありまして、まんまと色々買わされました。

まあ、本を読むのが好きになってくれたのは良かったから、その副産物と思って許容することにします

このページのトップヘ